FC2ブログ

怒号

6月14日(火)

ただ今野菜セットの発送につきまして、お休みを頂いております。発送の再開は、梅雨明け頃を予定しております。

皆さまいつもありがとうございます。先日ご案内いたしました育児休暇&ボロボロ宣言に関して、ご理解を賜りまして本当にありがとうございます。

変わりなく、予定通りに、子育て&農作業にいっぱいいっぱいの毎日で、マイナートラブルは連発中ですが(笑)、一応元気に暮らしています。梅雨明けの出荷再開のための植え付けは進んでおります。もうしばらくの間、皆さまにはご迷惑をおかけいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

お休みの間も、お米や卵のご注文は承っておりますが、お米の在庫が少なくなってきましたので新しいお客様からのご注文につきましては、今年の秋の新米の時期までお待ち頂けますようお願い申し上げます。

いろいろとご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。梅雨明け以降のご注文、お待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
皆様いかがお過ごしでしょうか。

5月の後半はすごい暑さでしたね。そして6月の半ばの時点ではなかなかの空梅雨…。豪雨はこりごりですが、あんまり降らないのも困ったものです。農家泣かせの天候が相変わらず続いている南阿蘇です。


今月も、ひと月の間にとった写真にたらたらと文章を添えております。なーーーんの脈絡もテーマもない書きなぐりブログです。ひさしぶりに、ちょっと長いです。お付き合いいただければ幸いでございます~。


**************************************

田植えも無事に終わりました。

aaIMG_20190612_063618.jpg

米作りのことを何も知らない時は、田植えが米作りのスタートぐらいに思っていましたが、ところがどっこいです。うちの場合、秋の稲刈り直後の土づくりに始まり、4月に種もみの準備や苗床の準備をし、肥料をまいて、水が漏れないための代掻きをし、6月にようやく田植えです。

うちの場合、稲刈りと乾燥は委託でお願いしているので、感覚的にはこれで半分はもう田んぼの作業は終わりかな、という感じです。今年は、田植えに至るまでにいろいろマイナートラブル連発でどうなることかとヒヤヒヤしましたので、うえ終わってほっとしてます。残り半分は、ひたすら除草と、畦草刈と、水管理です。がんばらねば…。

地下水をくみ上げて田に流しています。おいしい地下水です。ぜいたくなことです。

aaIMG_20190612_064617.jpg

田のカエルやイモリや昆虫たちもいきいきする季節です。

aaIMG_20190529_184015.jpg

これは、コオイムシ。タガメなどに近い仲間です。背中に卵を背負っているのがオスです!イクメン昆虫です。


稲は、とにかく水を必要とする植物です。調べるといろいろな数字がでてきますが、 「公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構」による計算では、お茶碗一杯のご飯(米)を栽培するのに必要な水の量は、450キロにもなるとありました。
これだけ雨が少ないと、地下水の水位が下がらないかちょっと心配です。適度に降ってほしいなあ…。

aaIMG_20190605_173445.jpg

そうそう、2015年から16年にかけて椛島農園で研修されて、すぐ近所で就農した「ことぶき農園」のとしま君が、今年からコメ作りを始めました。

としま君にいろいろアドバイスをしている中で、自分も最初は初めてでドキドキしながら田植えしたなあ、となりのハウスのおじさんに田植え機を借りて手取り足取り教えてもらったなあ、と懐かしくなったひとときでした。

南阿蘇村でも、ここ数年すごい勢いで農家のリタイヤが増えてきました。そこで、私たちのような新規就農者に「田んぼやらんか~」と、よく声がかかるようになってきました。そういうことの増えたこと増えたこと。子育てが落ち着いて、いろいろ働く環境を整えたらもっと田んぼを広げたい、地域の期待に応えたい、お客さんの期待に応えたい、という思いはありますが、とりあえず今は手が回ってないのでガマンガマンなのであります。

それにしても、13年前に移住したときと比べると、時代の変化を感じます。都市部もそうなのでしょうが、村の少子高齢化の勢いは、なかなかすごいものがあります。移住して農業をしたいと思う方にとっては、ある意味今はチャンスの時代です。南阿蘇で農業をしたい、という方どなたかいませんかねえ。




出荷のお休みをいただいているおかげと、今の時期らしくないおてんとさんのおかげで、畑の作業もなんとか大体おっついています。ありがたや~。


ナスやピーマン、ミニトマトの畑。

aaIMG_20190613_120543.jpg


今年は、畝間にあらかじめじわっと効く肥料(米ぬかや、鉱石を砕いたミネラル肥料や)を入れ込み、草除けのシートを張りました。うーーーん、殺風景ですね(苦笑)土がみえん!!

でも、やっぱり仕事として畑を回していると、草取りに使う時間こそ一番の無駄です。おお、中東のきな臭さや、マイクロプラスチックによる海洋汚染が顕在化しているこのご時世において、こんな畑の姿でいいんかい、という自分に対するツッコミもかなり感じております。いやはや、いろんなことにバランスをとるのはほんとに気を使うし難しいことです。

で、せめてもの罪滅ぼしのために、畝間一本だけは、草や落ち葉やもみ殻で覆ってみたり。おお、ビューティフルだ。

aaIMG_20190612_072239.jpg


うーん、でも、これを運び込む手間と時間はかなりのもの。防草シートがどんどん売れてゆくご時世であることに納得。まあいいの。この一本だけでも私は頑張ったから。落ち葉やもみがらの布団の下で、微生物が欣喜雀躍狂喜乱舞していることでしょう。なすの根っこも小躍りしていることでしょう。


ミニトマトも、収穫スタートまであと少し。

aaIMG_20190612_072415.jpg

去年は、赤くなってきた実を次々にヒヨドリにつつかれてしまいました。あと、息子にかっさらわれてしまいました。息子には「全部ととらないで。お客さんの分残しといて」と言えばいいとして、問題はヒヨドリです…。

そこに、今年は強力な(?)助っ人が。

aaIMG_20190612_153601.jpg

隣の隣の家庭菜園の、鷹です。原産地はホームセンター。菜園のおじさんの知恵にあっぱれ。釣り竿を据え付けることで、本当に見事に本物の鷹のような舞い方をしてくれます。あっぱれ、ナイスな商品だ。これで、ヒヨドリたちもビビッてミニトマトにはこないでしょう。

ですが・・・、ミニトマトから鷹までは50mほどあります。さらに、鷹のすぐ横を、ツバメたちは何食わぬ顔で飛んで行ってました。さてはて、どうなんだろ・・・・(笑)。


オオバは採れ始めました。ずらしずらしで種をまき、9月下旬まで出荷していきます。この緑、うつくしいなあ。僕の最近のお気に入りは、玉ねぎをさっと炒めて、鰹節を散らして、オオバを刻んでどっさりとかけて、卵をおとして食べる「オオバ丼」。絶品です。

aaIMG_20190612_072515.jpg




早生の玉ねぎは大豊作でした。カラカラ天気で、乾燥も100点満点。

aaIMG_20190531_131614.jpg

ただ、晩生の品種は最後の最後で葉っぱにビョウキが入ってしまい、収量も乾燥もいまいちになってしまいました。とほほ。天気次第ではまだこれからパリッと乾くと思いますが、どうかなあ。乾燥のレベルで、保存時の品質が決まるといっていいので、おてんとさんに祈ってます。




3月にまいた牧草を機械で粉砕しました。これから、肥料を入れてトラクターですきこんで、秋冬ニンジンを植えます。

aaIMG_20190612_065837.jpg

これだけの草の繊維が、2か月後には土に還り、まったく見えなくなります。微生物の餌となります。いろんな種類の微生物がわしゃわしゃいる土には、特定の(野菜にとって)悪い菌が異様に繁殖する、ということも少ないです。ビバ微生物です。

aaIMG_20190612_065917.jpg

そして、この手の作業をしていると、たいてい彼らが逃げてゆく姿を目にします。

aaIMG_20190525_162305.jpg

あまりにかわいいのでちょっと捕まえてみました。すまん!!!





先月紹介した、高菜のたねです。

aIMG_20190614_123527.jpg

種、というと、土にまくもの、というイメージが浮かびますよね。でも、よくよく考えてみると、種は食べるものでもあります。

お米は、稲という植物の種。

大豆も、種。

小豆ももちろん、種。

麦も、そう。

そもそも穀物とはそういうものです。

では、高菜の種は、食べられるのでしょうか?

答えは、イエスです。

高菜は、からし菜の仲間です。マスタードの原料は、からし菜の種です。ということは、高菜からもマスタードっぽいものができるはず、ということで作られたのが、

aatop_img01.jpg
(阿蘇さとう農園さんのHPより)

新しい阿蘇の特産品、「阿蘇タカナード」なのです。製造・販売を行っているのは阿蘇さとう農園さん。おすすめです。




ズッキーニの葉をむしゃむしゃ食べているウリハムシ。今年は、乾燥やら爆弾低気圧やらでいたんだズッキーニに、けっこうたくさんついています。ズッキーニは自家用+αくらいしか植えてないのでまあいいんだけど、そこから、梅雨明け出荷予定のキュウリに飛んでいってるのでちょっとよろしくない感じです。うーん・・・。

aaIMG_20190612_070605.jpg

ちなみに、このウリハムシ、僕は好きなんです。

もちろん、ズッキーニやキュウリを食べられるのは頭にきますし、ぶちぶち手でつぶします。そんな父を見て、息子もぶちぶちつぶしてます。でも、好きなものは好きなんです。

ウリハムシは、基本的には、ウリ科の植物の葉しか食べません。なので、ズッキーニも、キュウリも、カボチャも、食べます。スイカも、マクワウリも、メロンも、ヘチマも、食べます。カラスウリや、アレチウリも食べます。

なので、ウリ・葉虫 という名前なのです。

ほかにも、

ヤナギハムシは、柳・葉虫 という名前の通り、ヤナギ科の植物の葉を食べます。

ヤマイモハムシは、山芋・葉虫 で、ヤマイモ科の植物の葉を食べます。

という感じで、それぞれ食べるものが細分化されていて、お互いに争わなくていいすみわけができているわけです。実にお見事、あっぱれな共存共栄の生存戦略じゃないですか!

さて、ここで問題。

この、葉虫の仲間が、日本だけで何種類いるのでしょうか。

答えは、

約500種類!

人間もかくありたいものです。と、敬意の念を抱きつつ、今日も朝の収穫のついでにプチプチとウリハムシを潰してきました(笑)



最後に。

ちょっとびっくりなものを発見!

aIMG_20190614_113309.jpg

これ、うちの洗濯物干し場のイラストです。

孟宗竹を切ったものに竿を縛り付けています。なんと、春先にシジュウカラがこの竹の周りをうろうろしている姿をよく見かけました。

「お父さん、シジュウカラが巣をつくってるんじゃない?」

「いやいや、だって、竹の中に入ったって、雨があたるやろ。そりゃないだろう」


が、


いかにも巣の材料になりそうなものや、芋虫を加えて出入りする姿も見かけるようになりました。

でも、子育てをしているにしては出入りの回数がそれほどでもないし、ひなの声が聞こえてくるわけでもない。うーん、なんだかよくわかない。

そうこうしているうちに、超農繁期に入ってしまい、頭の中からすっかりシジュウカラのことは抜けておりました。

そこに、思い返したように息子が「気になる。竹を割って中がどうなってるか見てみたい。」と。

ま、いっか、また新しく竹を切ってきて洗濯物干せるようにしよう、と思い、


カパッとナタで割ってみました。


うおっ!

aIMG_20190601_123626.jpg


こんなの初めてみました。

結局、ここで雛が育ったのかどうかはわかりませんでしたが、巣を作ったのは確かでした。雨は気にならなかったのかな?雨が気になって「やっぱやーめた」と出て行ったのかな?

真相は全くの謎です。



数日後、


「ちょっとー、洗濯物干せないじゃないのー!」

梅雨前の貴重な晴れの日に、ひびく妻の怒号。

案の定でした。

ちゃんちゃん。


それでは皆様ごきげんよう。空梅雨とはいえ、降るときはすさまじく降ることでしょう。皆様、身のご安全を第一に~!











スポンサーサイト

2019年06月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ハナグモ

5月15日(水)

ただ今野菜セットの発送につきまして、お休みを頂いております。発送の再開は、梅雨明け頃を予定しております。

皆さまいつもありがとうございます。先日ご案内いたしました育児休暇&ボロボロ宣言に関して、ご理解を賜りまして本当にありがとうございます。

変わりなく、予定通りに、子育て&農作業にいっぱいいっぱいの毎日で、マイナートラブルは連発中ですが(笑)、一応元気に暮らしています。梅雨明けの出荷再開のための植え付けは進んでおります。もうしばらくの間、皆さまにはご迷惑をおかけいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

お休みの間も、お米や卵のご注文は承っておりますが、お米の在庫が少なくなってきましたので新しいお客様からのご注文につきましては、今年の秋の新米の時期までお待ち頂けますようお願い申し上げます。

いろいろとご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。梅雨明け以降のご注文、お待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

令和の幕開けとなりましたね。ゴールデンウィークの10連休も過ぎてみればあっという間でした。うちは忙しい時期なので、全然連休気分とは程遠かったですが、観光地でもある南阿蘇は大賑わいでした。よかったよかった。

気が付けば、じわじわと梅雨前線も近づいてきて、九州ではあと2週間もすれば梅雨入りです。季節はあっという間に廻っていきますねえ。


今月も、田畑の様子や暮らしの様子を写真でお伝えしてまいります。しばしお付き合いを頂ければ幸いでございまする。




借りて耕作し始めてから3年目となる畑が絶好調です。もともと「地力がある」とは聞いていたのですが、まさにその通り。最初はミネラルが全然足りなくてまともにできなかったのですが、去年からぐっと良くなり、今年も実にいい感じです。


ジャガイモ。右手の草は、すき込んで冬人参の肥料にするための麦。

aIMG_20190511_080504.jpg

南瓜。

aIMG_20190511_080622.jpg

畝と畝の間に蒔いているのは、草を抑えるための麦です。ジャガイモに関しては、初めて播いてみたけど、ジャガイモの成長スピードを考えると、麦は要らなかったなあ、という感じでした。

それにしても、逆に、何年やってもなんだかよくできない、という畑もあります。あの手この手で土壌改良してますが、なんだかいま一つ、という感じ。まあ、いろいろありますね。ぼやきだすと書き出すと長くなるので、カツアイします(笑)


トマトの花も咲き始めました。

aIMG_20190515_072908.jpg

ゴボウ。これまたマルチ麦利用です。おお、そろそろ間引きをしないと……。でもあれもせねば、これもせねば……。うーん、後回しにしよう。 という感じの日々ですわ~。

aIMG_20190511_065448.jpg

稲の苗です。田植えまで、あと2週間ほど。ちょっとした失敗はあってひやっとしましたが、持ち直していまのところまあまあの苗になっている感じです。

aIMG_20190515_072836.jpg


冬野菜のあとの畑。耕して、肥料にするための牧草でも蒔いておきたいのですが、これまた手が回らず…。

aIMG_20190511_064641.jpg

もしゃもしゃ生えているのは、3月に収穫していた小松菜やのらぼうなやほうれん草が伸びたものです。

で、冬をこした菜っ葉たちは「寒い冬を乗り越えたわ。花を咲かせましょ」「種をつけましょう。子供を残しましょう」

と思うようです。


こちらは、ほうれん草の花。

aIMG_20190511_064041.jpg

こちらは、菜の花のあとに出来た種のさや。

aIMG_20190511_064129.jpg

中は、こんな感じ。

aIMG_20190511_064228.jpg

今年は種を大量にとって、秋の稲刈り後の田んぼに蒔いて、来年の春先にすき込んで稲の肥料にしてみようかなと計画してます。田植えの前の、黄色いお花畑。素敵でしょ。

まあ、今までもいろいろ試してみたけど、あまりうまくいかないし、続かない(苦笑)。でも、それでもいいのです。いろいろ試してみることこそが農業の楽しみですもんね。


ほんっとに、生活しているといろいろ思わぬことがありめげそうなことも多いですが、つくづく幸せだなあと感じることもあります。


先週末の母の日。

「今日は、お母さんに感謝する日なんだぞ」と子供に教えたら、

息子がひそひそと僕の耳元でささやきました。

「お母さんに花束を作って渡そう!」

眠くて機嫌が悪くてキレッキレでごねてる妹は(申し訳ないけど)ちょっとほっといて、二人で花を摘むこと20分。

シロツメクサ、キンポウゲ、スイバ、ハルジオン、へび苺、ネギ坊主、麦、ノビル、タンポポの綿毛、大根…。

「あ、タンポポの綿毛は部屋の中で飛び散るからちょっとだけにしとこうか」

「うん、そうだね」
珍しく聞き分けのいい息子…。

寝室でのりこさんが赤ちゃんの寝かしつけをしている間に、いつもならあり得ない様相で「じゃあ今のうちに部屋を片付けよう。おとうさん、上の電気も消して」と。

指示されるままに動で、小さな灯りで花をライトアップ。

のりこさんが居間に戻ってくるのを待つこと10分。

aIMG_20190512_192340.jpg


「お母さんありがとう」という子供たちの声。

感激するのりこさん。

そして、花の上に鎮座していたハナグモ(笑)

090627ハナグモ♀
(写真撮りそこなったので昔取った写真)


翌日。

「お母さん、昨日の花、鶏にあげるね」と息子。

「え、お母さんにくれたんでしょ。まだ飾っときたいよ」

「いやだ。鶏にあげる!!!」

「そ、そんな~!!」

言い出したら聞かない息子。折れる母(涙)

鶏に草をあげるのが好きな息子は、ふと、どうしても、この花束を鶏がどういうふうにたべるのか見てみたくなったようです。深層心理は分かりませんが。昨日で終わっておけば美談になったのに、息子らしいオチがついたのでありました(笑)



さてさて、農繁期も前半の山場といったところ。

目の前のやることの多さに頭がくらくらして、現実逃避しました!ちょっと息抜き。

こういう時は山だなあ、やっぱ。ただただ、黙々と歩く。みどりに包まれながら、ただ歩く。

a4300190513_162931.jpg

次は、歩こう。あの頂まで。

aIMG_20190513_150730.jpg

風が轟く。

体を刺す。

地球が回っているのを感じる。

そしてまた帰る。

帰ったら急いで野菜の収穫だ(笑)

いろんなことに折り合いをつけながら、なんとか日々やっていく。

それで、いいのだ。うん、それで、いいのだ。




みなさん、お互いぼちぼちがんばっていきましょう~。

2019年05月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ネコ

4月12日(金)

ただ今野菜セットの発送につきまして、お休みを頂いております。発送の再開は、梅雨明け頃を予定しております。

皆さまいつもありがとうございます。先日ご案内いたしました育児休暇&ボロボロ宣言に関して、ご理解を賜りまして本当にありがとうございます。

変わりなく、予定通りに、子育て&農作業にいっぱいいっぱいの毎日で、マイナートラブルは連発中ですが(笑)、一応元気に暮らしています。梅雨明けの出荷再開のための植え付けは進んでおります。もうしばらくの間、皆さまにはご迷惑をおかけいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、卵やお米のご注文はお休み期間中もいつもどおりに承っております。

いろいろとご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。梅雨明け以降のご注文、お待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今月は、いろいろ最近感じていることをポエムふうにしてみます。



忙しい時期がやってきた。

霜が降りなくなったら

トマトや

aaIMG_20190412_074721.jpg

南瓜の苗を

aaIMG_20190412_074937.jpg

畑に植えよう

気が付けば

春爛漫

山わらふ

足もとの草たちも花盛り

ネギも

aaIMG_20190412_075249.jpg

踊子草も

aaIMG_20190411_154243.jpg

みどりがまぶしい

aaIMG_20190412_075416.jpg

今の世の中

みんな忙しいが

百姓もまた忙しい

出荷のお休みを頂いている間に

普段できないアレコレを

いろいろやろうとしても

aaIMG_20190406_060951.jpg

aaIMG_20190411_082533.jpg

aaaIMG_20190412_125526.jpg

そんなには進まないなあ

子育て世代だもん

末の娘は順調に

ダッコ星人

とにかく時間がありません

ちょっと無理をしてしまい

長引く腰痛

このままずっと痛かったらどうしようと

不安もふくらむ

でも

百姓は

食べ物を

育てて、売って、なんぼ

ものがあれば

不安も減るもの

春野菜の発送は

お休み中だけど

お米の定期便に

自家用位の野菜も詰めてみたら

aaaIMG_20190412_093005.jpg

いいセットになった

さつまいも さといも
ゴボウ 玉ねぎ
人参 山東菜
のらぼう菜 ネギ
チンゲン菜 カブ
キャベツ

そして

お米 たまご


うん。この時期でこれなら

いい感じ。手ごたえアリ。

新しいことを試してみて

上手くいったらうれしい

aaIMG_20190412_064718.jpg

よし

あとは量を作れるかどうかだ

来年からは

4月も休みなしでいけそうだ

と意気込んでみたり

やっぱ前をむかないとね

一歩一歩だね

買って下さる方に感謝

運んでくださる方に感謝



日の出から日暮れまでが、動く時間

今日はまだ暗いうちに目が覚めた

空気がしっとり。春だ

外に出て、腰痛を和らげるためのウォーキング。

ほっほ ほろっほほっほ

東の森からだろうか フクロウの鳴き声が聞こえてくる

カマキリ、蜘蛛、ネコ、ゴミムシ、恐竜、イモリ、サメ…。

息子は、生き物が大好き。

最近は特に



フクロウが大好き。

aaaIMG_20190412_124907.jpg

動物園で何回か見たり

本を読んだり

テレビの生き物番組で見たりして

すっかり心を奪われたらしい

フクロウは木のうろを巣にして子育てする

巣となるような大木を

息子と二人で探してみたけど

そう簡単にはみつからない

こだわりが強すぎたり

ひとのことなどお構いなしで

すきなことをしゃべり続けたり

慣れない場所や場面では

完全に固まってしまったり

ああ、この子も、どちらかというと

ちょっと生きにくいタイプかなあ

と思うことが多い

でも

あなたは遊びの天才

毎日楽しそう

卒園おめでとう

入学おめでとう

aaIMG_20190409_083412.jpg

そのまま、今のまま、

まわりの空気など読まずに

好きなことを大切にする

人生を送れるといいね

固まる自分を客観視して

うまくやりすごす力を

つけていけるといいな

そしてそういうあなたを

優しく受け入れてくれる

世の中であるといいな

あなたの中にある

おてんとさんが

きらきら輝けるといいな

大丈夫

あなたは

友達がたくさん

aaIMG_20190412_071601.jpg

あたたかな大人たちに見守られて

すくすく育っていけるさ

行ってらっしゃい!




上の娘よ

すごく手のかかるお兄ちゃんに

ついつい付き合ってしまい

気が付けばあなたとの時間が

少なくなってしまっていた

ごめんなさい

そして妹が生まれて

喜んでくれたあなた

赤ちゃん返りには手を焼いたけど

妹のことは

可愛がってくれたね

ありがとう

ゆっくり

ゆっくり

あなたらしく成長していってくれたら

それでいい

保育園の先生のあたたかな眼差しに

まもられながら

あなたは育ってきた

そして

この春から

さらにもう一歩

踏み出しますね

aareceived_379847312865092.jpg

ここでもまた

たくさんのあたたかな

大人たちに見守られながら

お友達と遊んで

あなたの人生の宝となる

時間がおくれたらいいですね

aaIMG_20190410_101313.jpg

大地とおてんとさんの間で

たくましく育っていけますように

あなたのなかにある

おてんとさんがさんさんと

輝けますように

今日のお弁当には

おとうさんが育てたお芋と卵が

入ってるよ

おかあさんがおにぎり握ってくれたよ

あなたが大人になって

どこで暮らすようになっても

あなたの大好きな

おいもと

かぼちゃを

送ってあげるからね

おとうさんがもう畑をできなくなるまで

ずーっと

ずーっとね

aaaIMG_20190412_085921.jpg

いってらっしゃい!



いつも見ているものでも

aaIMG_20190412_124958 (1)

本当に見えているのは

そのほんの一面だけなのかも

「あ、ネコだ」

みかさんのそのひとことに

彼の顔を見てみたが

aaIMG_20190412_081100.jpg

違う

あ!

こっちのネコのことだった

aIMG_20190412_125130.jpg

わたしも

あなたも

まだ見えてない世界を

見ようとする

やわらかな心で

毎日を送っていけますように

2019年04月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

すみません、予定より早めにお休みに入ります

3月12日(火)

お休みのお願い

皆さまいつもありがとうございます。先月ご案内いたしました育児休暇&ボロボロ宣言に関して、ご理解を賜りまして本当にありがとうございます。

当初、ゴールデンウイーク頃~梅雨明け頃という期間でのお休みということで予定しておりましたが、まことに恐れ入ります、お休みに入るのを早めさせていただきたく思います。

3月の末頃には、野菜の定期発送のお休みに入らせていただきます。

4月末まで切れ目なくお届けできるつもりで種まきをしていたのですが、暖冬&この1か月ほどの日照不足で、切れ目がでてしまいそうです。

また、まだまだのりこさんも授乳や夜泣きで睡眠不足が続いていますし、僕もちょっと無理をして何年振りかに腰痛をこじらせてます。そんなふうに、宣言通りにボロボロしております(笑)。ここは、じたばたするよりも、皆さまのご厚意に甘えてスパッとお休みをいただくことにいたしました。梅雨明けの、夏野菜モリモリの時期には復活いたします!

なお、卵やお米のご注文はお休み期間中もいつもどおりに承りますね。

いろいろとご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。



3月中下旬のセットに入るもの

お米(ご注文いただいた方のみ)、卵、人参、長ネギ、さつま芋、大浦ゴボウ、ほうれん草、セロリ、原木椎茸、菜の花


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************

そんなわけで、いろいろいっぱいいっぱいな毎日ですが、淡々と日常の暮らしをまわしております。今月は無秩序にパシャパシャとった写真を並べるだけにします。手抜きですみませぬ~。


ヒヨコを入れました。ピヨピヨピヨピヨすごい声量です。子供たちも大喜び。

aaIMG_20190308_115347.jpg

8月に入る事には卵を産み始める予定です。ちょうど出荷再開のタイミングと合うようにしました。

こちらは、今産んでもらっている鶏達。だいぶお年を召されてきましたが、がんばって頂いてます。

aIMG_20190312_124953.jpg

麦や米ぬか、くずかつお節などを混ぜた餌の他に、雑草、屑野菜などをあげますが、キャベツやブロッコリの外っぱが一番の好物です。それにしても、鳥のくちばしやつめは立派です。鳥は恐竜の末裔だなあ、とつくづく思います。

aIMG_20190312_125020.jpg


ナスやピーマン、トマトなどの種まきも始めました。こちらは、ナスの種。

aaIMG_20190311_100808.jpg


去年の春に買った強力な相棒。

aaIMG_20190312_124745 (1)

畝を立てる機械です。うち位の規模で元を取れるのかなあ、と悩みましたが、思い切って購入。設定を見直して、今年からは、ジャガイモ、サツマイモ、里芋、ゴボウ、長ネギ(の一部)を、全部同じ大きさの畝ですませることにしました。

厳密にいうと、作物ごとに適した畝のサイズは異なりますが、いちいち設定をかえる時間的なコストよりかは、多少スペースがもったいなくても統一幅で、というふうにしました。これで、ぐーーーーーんと、楽になります。

aIMG_20190312_124757.jpg

作業機メーカーの、ササオカの通称「小うねちゃん」。

aaIMG_20190312_125548.jpg

ジャガイモも植えました。

aaIMG_20190312_130059.jpg

去年豊作すぎて収納場所にも困ったので今年は控えめにしました。さてさて今年はどんなかな。



2年ぶりの、味噌づくり。

aaIMG_20190310_090718.jpg

遊びに来たお友達も一緒に、にぎやかな時間でした。

aaIMG_20190310_140246.jpg

今年は、30㌔の仕上がりです。食べ始めは梅雨明け頃かな。楽しみだなあ~。


ところで。

3・11からもう8年。正直なところ、九州に住んでいて、地震や原発事故に対する意識がどんどん薄れている自分を感じます。それでも、11日にはいろいろなことを感じました。

3年前の熊本地震の時に感じたことも思い出しました。

なんでもない日常こそが、宝物なんだなあ、と。ちょっと疲れがたまってここのところ調子が上がらずにいたのですが、11日にずっとラジオを聞いていて、はっと我に返ったような気持ちになったのであります。よかった。

みなさん、生活しているといろいろなことがありますが、一歩一歩ぼちぼちいきましょう。あなたと、あなたにとって大事なひとたちが笑顔でありますように。

2019年03月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

再度お休みのお願い~椛島農園ボロボロ宣言!

2月4日(月)

2月前半のセットに入るもの

お米(ご注文いただいた方のみ)、卵、ジャガイモ、人参、長ネギ、里芋、さつま芋、大根、大浦ゴボウ、ターツァイ、小松菜、カブ、春菊、チンゲン菜、ほうれん草、ケール、からし菜、サニーレタス、セロリ、原木椎茸

2月後半のセットに入るもの

お米(ご注文いただいた方のみ)、卵、ジャガイモ、人参、長ネギ、里芋、さつま芋、大根、大浦ゴボウ、ターツァイ、小松菜、カブ、春菊、チンゲン菜、ほうれん草、ケール、からし菜、水菜、サニーレタス、セロリ、半結球レタス、菜の花(野良ぼう菜、高菜、小松菜など)

畑の様子を見ながら、このうちの10~13種類位を入れてまいりますね。


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************

この冬は、なんともまあびっくりする位の暖冬でしたね。

aaIMG_20190119_101404.jpg

谷の冬景色ももう終わりかなあ。


例年ならば日差しこそ春を感じつつも気温はまだまだ真冬といえる2月の頭なのに、急に春いてきた感じがする南阿蘇です。
少なく見ても3週間くらいは早く季節が進んでいるように思えます。

早々に梅の花も咲き、畑でもちらほらと菜の花が咲き始めました。うーん、ちょっと気持ちが悪い位の暖かさです。このまま一気に春めくのかなあ、さすがにそれはないかなあ、と空と天気予報に目を凝らす今日この頃です。

今月は、

・5月~7月のお休みのお願い~椛島農園ボロボロ宣言!~
・冬の終わりの畑の様子

*******************************


5月~7月のお休みのお願い~椛島農園ボロボロ宣言!

去年の秋のお産の際に出荷のお休みを頂いたばかりで恐縮なのですが、再度、子育てとの両立のために出荷のお休みを頂きたく思っております。ちょっと先の話になりますが、早めのご案内をいたします。

卵が多いお客様や、毎月のお米のご予約があるお客様、毎週必ずお届けをしているお客様にのみ通常通りのお届けを予定しております。それ以外のお客様には大変なご迷惑をお掛けしてしまうことになります。 申し訳ありません。

4月半ばまでは貯蔵している芋類やネギや菜っ葉も沢山あるので通常通りにお届けできます。なので、お休みの期間は、天気・野菜の状況次第ではありますが、大型連休頃~梅雨開け頃の間を予定しております。詳細はまた後日その時期になってご案内申し上げます。



というのも、先月のブログにも書きました通り、ある意味予定通りにこの冬は本来やるべき作業が何もできておらず、まったくもって準備不足のまま種まき時期に入ってしまいました。

出荷と子育て作業以外は、この冬はほぼ何もしていません!

本来ならば、のりこさんが箱詰め作業をしてくれるおかげで僕の身体が空いて、そういう片付け作業やら、この時期にしかできないちょっとした大工仕事やらビニールハウスの新設やら大掃除やらをしたいところですが、まったくのお手上げ状態でした。夏野菜の支柱やらビニールマルチの片付けなどもこれからです。

とにかく一年を通して時間がかかっているのが収穫と箱詰めの作業です。出荷作業をしながら、田畑での農作業をこなしつつ、子育て…。どう考えても今年の春~夏にかけての農繁期は厳しいです。

菜月の産後に無理をしすぎて、菜月との時間をあまり作ることが出来ずに、のりこさんに無理をさせた3年前の反省が頭をよぎります。「もう~、トラウマよ、トラウマよ(笑)」と今では笑ってくれてますが。

2年前の熊本地震の後のように、僕がまた寝不足で動いて怪我をしたり車をぶつけてしまったりしたことの反省も忘れられません。

そして、自分自身なんともびっくりしているのですが、先日はとうとう疲れが溜まっているからか、「ぎっくり腰」ならぬ「ぎっくり首」をやってしまいました。寝違えの痛みが消えかかったタイミングで調子に乗って重い物を運んでしまい、何もできない程の痛みで寝込むこと1日半。天気のよい日に子供の相手も仕事もできずに、ただぼーっと布団の中ですごしました。やれやれ、です。

無理をするとこの先もこんな感じになってしまうのでしょう。ここはいろいろグッと我慢して、優先順位を再確認して出荷のお休みを頂くことにいたしました。春野菜の出荷がなければ、農作業自体をしっかりすすめていくことが出来て、夏野菜以降は通常の体制に戻していけます。

 これだけポロポロとお休みばかり頂いてどうなるかなあと、正直言ってちょっとビビってます(笑)。お客様方が離れてしまうんじゃなかろうか~、でもそれはそれぞれのご家庭のご事情がおありだろうし、そうなったら残念だけどしょうがないことだもんな~、とも思ってます。タイミングというものもありますし。

はい、そんなわけで、いろいろと揺れる気持ちに対してはらをくくるべく、久しぶりにここでいっちょ宣言します。

椛島農園ボロボロ宣言!
                          2019年2月1日 椛島剛士・のりこ

子育てがもうちょっと落ち着くまでは、とにかくうちはボロボロです。子供が風邪を引くだけでいろいろストップしてしまいます。良くも悪くも、「家族経営の直販農家」そのものです。背伸びをせず、いいかっこうしいをせず、ありのままの等身大の自分たちで歩んでまいります!もうちょっとしたらこのボロボロ状態を抜け出し「今日もいい仕事したぞ!」と笑顔で皆さまのもとに美味しく元気な食べ物を沢山送れるようになると思いますが、それまでしばしガマンして、今のボロボロ状態をのりきります~!!


とりあえず今うちは、良くも悪くもシンプルな家族経営です。そのマイナス面(こういうお休みなど)よりもプラス面(業者さんの商品よりも、もっと深い信頼関係)が嬉しいな、とご判断いただけるのであれば私たちにとっては幸いです。いろいろと、今は我慢の時期のようです。

もうしばらくして落ち着いたらやりたいように仕事をして「ああ~、今日もいいセットだ~。沢山送れたぞ~。よっしゃ~。今日もいい仕事ができたぞ。ごはんがうまいな~。」と、鼻歌を歌いながら楽しそうに仕事をする両親の姿を子供たちに見せたいものです(そしたらもっと手伝ってくれるかな、ぐふふ)。

 それまでご無理が無い範囲でお付き合いいただけるのであれば本当にありがたく思います。たびたびご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。とりあえず、梅雨明け以降は通常の出荷体制には戻しますね。

最近毎月同じようなことを全然まとめきらずに大げさにくどくどと書いてしまってすみません~(><)

長文ご覧下さり感謝申し上げます。



冬の終わりの畑の様子

そんなこんなですが、とりあえずいつものように写真を少々のっけておきます。


春野菜の種まきスタートしました。今年の春野菜は、そういうわけで、自家用+αぐらいの量です。でもまくべき時期にまいて、ばちっと芽がでると嬉しいものです。

aaIMG_20190202_101859.jpg

ビニールハウスの中は、出荷しごろのレタスやセロリが出来てます。ただこの暖かさで、いっきにトウ立ちしてしまいそうな雰囲気でちょっといやな感じ…。

aaIMG_20190202_100107.jpg

これまた、一気にトウ立ちしてきそうな菜っ葉たち。あ、でもこの畑の野菜は小松菜やチンゲン菜や菜花なので、菜の花としてお届けの予定です。やっぱり旬が一番。春は菜の花が本当に美味しいです。

aaIMG_20190127_145406.jpg

肥料として、くず大豆を畑にまいています。

aaIMG_20190129_140210.jpg

大豆は「畑の肉」と言われるほどタンパク質が豊富です。タンパク質というのは、いうなればアミノ酸であり、窒素です。細胞の中身そのものです。

この畑は、去年イネ科の牧草を育てて粉砕してすき込んだ状態です。繊維たっぷりです。土の中の微生物にとっては、ごはんがいっぱい、の状態です。

彼らの声が聞こえるとすると、こんな感じなのではないかと…。

「ん、今年はもう暖かいな。そろそろ動きだせる気温だな。」

「あー、腹減った。冬眠前と一緒だ。まだ食べきれないご飯が沢山あるぞ」

「いやー、ご飯がうまいうまい。でも、おかずが欲しいなあ。ごはんだけじゃ増殖できないや。肉(窒素)が欲しいぞ。でもないなあ~」

「お、いいところに大豆が入ってきたぞ。肉みたいなもんだ。ん、粒が大きくてこりゃ食べるの大変だなあ。でもありがたいや。バンバン増殖しちゃうよ~。」

そんな声をイメージしながら、畑の土にいろいろ牛糞堆肥やら菜種油粕やら米ぬかやらもみがらやら雑草やら鶏糞やら牡蠣殻やら牧草やら鉱石を砕いたものなどを入れています。

ご飯(繊維)とタンパク質(窒素)の量とバランス、両方が大事です。カルシウムも必要です。一般的な野菜が根から吸う量は、窒素もカルシウムも同じくらいです。作物に吸い取られる分は足してあげなくてはいけません。

ちなみに、ゾウやキリンが草や葉っぱしか食べなくてもあんなに大きくなるのは、当たり前ですが、草や葉っぱにそれだけタンパク質やカルシウムがあるからです。野菜のカルシウムも侮るべからず、です。でも土の中にカルシウムが多すぎると、同様に大事なカリウムやマグネシウムや鉄やマンガンなどが吸えません。バランスがやはり大事なのです。

というようなことを踏まえつつ、定期的に行っている土壌分析の数字を見ながら、何をどのくらい入れるか考えています。でも、そもそも、どんなものを入れても、水はけが悪いところでは発酵(ヒトにとって都合の良い分解)ではなく腐敗に向かいます。一番大事なのは、水はけと水持ちのよい土にすることです。

入れた有機物や鉱物を構成するどういう元素が、どの位時間をかけて微生物にどのくらい分解されて、実際にはいつどのくらい植物に吸われるのか…。それらをイメージしていくのは楽しいです。

分解されるスピードも、その土の微生物の質や量、水はけや水持ち、気温や水分量によって全然違います。数字だけみていても、あれれ?となることも多々あります。上手く読みがあたった時は嬉しいですが、はずすと残念です。

とにかく奥が深くて、楽しい世界です。一年一年、経験を積む喜びを感じます。

さて今年はどんなふうになるかなあ。

わくわく。



2019年02月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |

» 次のページ