fc2ブログ

Good luck to Tony

2022年6月30日(木)

皆さまこんにちは!

7月の野菜セットの中身 

ジャガイモ、玉ねぎ、キャベツ、にんにく、ナス、ピーマン、伏見唐辛子、モロヘイヤ、ツルムラサキ、さやいんげん、パプリカ、キュウリ、トマト、ミニトマト、ミディトマト、セロリ、大葉、ゴーヤ

8月の野菜セットの中身 

ジャガイモ、玉ねぎ、キャベツ、にんにく、ナス、ピーマン、伏見唐辛子、モロヘイヤ、ツルムラサキ、パプリカ、キュウリ、トマト、ミニトマト、ミディトマト、大葉、サラダごぼう、ネギ、オクラ、ゴーヤ

中身は天候にもよりますが、大体こんな感じです。このうちの10~13種類くらい入ります。

卵も、あります~。

お米は、昨秋、豊作でしたので、まだ余裕あります。ご注文お待ちしております~。

新規のご注文、お試しのご注文はこちら↓からよろしくお願いいたします。

椛島農園ホームページ&オンラインショップ (クリックください。リンクはってます。)


=================

さて皆さまあためてこんにちは。またまた前回の更新から1か月半空いてしまいました。

この1か月半、いやーーー、忙しかったです。田植えの準備、田植え、夏野菜の植え付け、支柱建てや剪定などの世話、秋に収穫するさつま芋や里芋の植え付け、ジャガイモ掘り、玉ねぎの植え付けと乾燥作業、日々のの収穫出荷、鶏の世話、子供のあれこれに、地域の草刈り、実家のアレコレ、などなど…。こうやって羅列するだけでもなんだか頭がクラクラしてきます(笑)

僕の仕事時間は週あたり80時間を超えて、「う~ん、さすが最農繁期~!!」という感じでした。アルバイトさんにも来てもらってますし、ウーファーさん(農業体験のファームステイの方)も3人滞在して下さっており、手伝ってもらっていますが、結局僕しかできない機械作業なども多くていくら時間があってもたりません。

でも、実に面白いものです。働いている時間だけを見ると完全にブラックな状況ですが、ただ作業が重なってしんどいだけで、気を遣って大変な上司がいるわけでもなく、本音とたて前の狭間で苦しむということもなく、農作業自体にストレスはありません。シンプルに、どうやって作業を終わらせるか、ただそれだけなのである意味本当に気楽です。

通勤時間はゼロだし、家族で夕食を食べた後にまた残業、もしくは、朝4時には作業開始、という日々です。ちょっと余裕がある日には、家族で近所の水路まで蛍を見に行ったり、ちょいと作業の手をとめて小学校の授業参観に行ったり、子供のための家庭菜園を一緒にやったり、娘たちの泥団子づくりに付き合ったりと、豊かな時間を過ごせました。(まあ、だいぶ無理はしましたが・苦笑)。きついけど幸せだなあ~、と感じる毎日です。

おっと、そうそう、最農繁期、僕がこれだけ農作業に時間をあてられたのも、裏方サポートをしてくれるのりこさんのおかげです。感謝感謝です。この場を借りて盛大にアピール(笑)。

そして、ようやく、梅雨の大雨の時期。しばらくは、雨で畑には入れない日が多いので、ちょっと一息つけます!

と、いつもの年なら言える頃なのですが、なんと今年のこの天気・・・。

観測史上初という早さでの梅雨明け、そしてこの暑さ…・。連日の快晴。つい動いてしまって休めない…。そして全国的な雨不足。

でもまた九州では雨が戻る感じでもあるし、「やっぱり梅雨明けではありませんでした」という発表でもあるのでは、ということもあるのでは、なんて思わなくもなく…。

うーん、去年も、異常な早さの梅雨入り→空梅雨→8月に記録的な長雨、という変な天気だったので、今年もどうなるかとやきもきです。はぁ~。そういうわけで、天気がまったく読めん。困る‥‥。水がないと光合成ができないので野菜も米も元気なくなります。

まあ、百姓は、いついかなるときも、やれることを淡々と積み重ねていくのみです。ぼちぼちいきます。


というわけで、写真を少々。

里芋の畑。土寄せと追肥、草取りをウーファーさんががんばってくれました。

IMG20220623151720a.jpg

里芋の葉っぱについている水滴。

P6220169.jpg

ビューティフルですね。

里芋の葉っぱの水玉。葉っぱの表面には、小さな小さな粒粒が規則的にならんでおり、そのことで水の表面張力が働き、水滴がころころ丸くなって転がり落ちます。そして、葉についた泥や小さな虫などもからめとって、いつも葉が綺麗で乾いた状態でいます。

この、小さな粒粒によってもたらされる撥水作用を、ロータス効果といいます。ロータスとは、Lotus、つまりハスのことです。ハスの葉も里芋の葉と同様です。このロータス効果を身近に感じられるのは、「しゃもじ」です。プラスチック製のツブツブのついた、ご飯つぶがひっつかないしゃもじです。 以上、ちょっとしたウンチクでした。


家の前の田んぼ。朝焼けに染まる南阿蘇の外輪山。日の出のちょっと前のこの時間帯、空気もひんやり。とってもいい気持ち。

IMG20220629052533a.jpg



田植えの時の家族写真。親が働いている姿を見せられるのは、幸せなことだなあと思います。

line_60323287890007a.jpg


大葉。僕の大好きな野菜。この時期、まだ虫にも食べられず、本当につやつや。ちょっと醤油を垂らして、ご飯をまいてたべると絶品です。

P6220154.jpg


最後に。

キュウリの葉をむしゃむしゃ食べているウリハムシ。今年は、春の育苗時期に、コロナにかかったり家の引っ越しをしたりで手が回らず、キュウリの苗がうまく育ちませんでした。そのせいで、ウリハムシがけっこう来てます。とほほ。

aaIMG_20190612_070605.jpg

でも、このウリハムシ、僕は好きなんです。

もちろん、キュウリを食べられるのは頭にきますし、ぶちぶち手でつぶします。でも、好きなものは好きなんです。

ウリハムシは、基本的には、ウリ科の植物の葉しか食べません。なので、ズッキーニも、キュウリも、カボチャも、食べます。スイカも、マクワウリも、メロンも、ヘチマも、食べます。カラスウリや、アレチウリも食べます。

なので、ウリ・葉虫 という名前なのです。

ほかにも、いろいろ「〇〇ハムシ」という名前がつく仲間の虫が何種類もいます。

ヤナギハムシは、柳・葉虫 という名前の通り、ヤナギ科の植物の葉を食べます。
ヤマイモハムシは、山芋・葉虫 で、ヤマイモ科の植物の葉を食べます。

という感じで、それぞれ食べるものが細分化されていて、お互いに争わなくていいすみわけができているわけです。実にお見事、進化の結果として、お互い食べ物をめぐって無用な競合をしなくていいようになった、というわけです。すごい!

そして、その進化の瞬間を想像したら、ちょっと勇気をもらえるような気がします。お話にすると、こんな感じでしょうか…。

むかしむかし、ある森の中にマメ科の植物しか食べないマメハムシの群れがいました。群れの中で、変わり者のトニーというマメハムシの男の子がいました。

トニーは、いつもみんなと違ったことをして、「空気がよめない」とか「変わってるね」と言われていました。逆に、一目置かれることも時々ありました。トニーは「なーんかうまくみんなとかみ合わないなあ」と気持ちが落ち込むこともありましたが、お父さんとお母さんが「あなたはあなたのままでいいのよ。やりたいことをやって生きていいのよ。」と言ってくれました。

そして、「みんなと仲良くしなくてもいいし、友達も別にいなくてもいいと思うの。ただ、あなたもハムシの群れのひとりとして、あなたができる何かをやって、結果として群れの中の一人でも二人でも、はたまた多くのみんなが、ちょっとでもハッピーにみんななれるお手伝いができるといいね。たとえそれが本当に些細なことでも。」と教えたのでありました。

ある日、原因はわかりませんが、突然、森の中のマメ科の植物が枯れていきました。群れのみんなが次々に飢え死にしていきました。ところがトニーは、いつものようにひとりだけ変わった行動をとりました。

「そんなもの食ったら死んでしまうぞ」と他のマメハムシに言われましたが、気にせずに「たぶんいける。美味しそう」と、ウリ科の植物を食べてみました。そしたら、最初の何日かは下痢をしましたが、次第に体が慣れてきて、1カ月もしたらまったく問題なくなりました。体も元気です。

なんとか飢え死にせずに堪えてることができていた仲間たちも、次々にウリ科の植物を食べ始めました。そのうちの何匹化は死にましたが、何匹化は生き残りました。

トニーは、ウリ科を食べても大丈夫だったアンナという雌のマメハムシと結婚して、子供を残しました。子供たちはマメ科とウリ科の両方をたべることができましたが、その子、そのまた子供たちは、すっかり、ウリ科ばかりを食べて生きるウリハムシへと進化していたのです。

という感じで、つい物語を勝手に想像してしまいます(笑)

トニーに幸あれ!!


それでは皆様ごきげんよう~。戻り梅雨の大雨、お気を付けくださいね~。


スポンサーサイト



2022年06月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

家族のものがたり

2022年5月16日(月)

皆さまこんにちは!

5月の野菜セットの中身 

玉ねぎ、人参、レタス、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、水菜、小松菜、ズッキーニ、スナップエンドウ、カブ、大根、チンゲンサイ、白菜、にんにく、

6月の野菜セットの中身 
玉ねぎ、人参、レタス、キャベツ、カリフラワー、水菜、小松菜、チンゲンサイ、ズッキーニ、カブ、大根、にんにく、キュウリ、ジャガイモ、にら、セロリ、


中身は天候にもよりますが、大体こんな感じです。このうちの10~13種類くらい入ります。

卵も、あります!

お米は、昨秋、豊作でしたので、まだ余裕あります。ご注文お待ちしております~。

新規のご注文、お試しのご注文はこちら↓からよろしくお願いいたします。

椛島農園ホームページ&オンラインショップ (クリックください。リンクはってます。)


=============

さて皆さま、改めてこんにちは。

またまた2か月ぶりのブログ更新となりました。いやー、なかなか書けません・・・。ぼちぼちいきたいと思います。

昔と比べてあまりにも書けないので、さすがにこのままでは、「いったい今どんな野菜があるの?」ということをちゃんとリアルタイムでお伝えしきれている感じがしないので、しぶしぶ(笑)、インスタ始めました。

もともとアカウントはあったのですが、ほとんど動かしていなかったです。でも、ある程度ちゃんとやるようにがんばります~。

アカウントは
kabashima_nouen です。


さて、生活していると、いろいろなことが起こり、いろいろな気持ちになり、いろいろ書きたいことはありますが、とにかく今は、一年で一番忙しい時期です。いろいろ後回し!タイムイズマネー。いろいろ書くのは時間がある時に!

というわけで、写真をだぁーっと挙げてちょろちょろと書く手抜きブログでいきます!お付き合いいただければ幸いです♪



5月13日の野菜セット+卵。

DSC_4468.jpg

なかなかの充実っぷりです。自画自賛!



ブロッコリーとスナップエンドウと卵のサラダ。うまい!

IMG20220514120916a.jpg


田んぼの畔塗り。モグラの穴などで水が漏れないように、田んぼに水を入れる前に機械で畔の土を固めていきます。
うちは機械を持っていないので近所の方にお願いしています。感謝!

IMG20220512085746a.jpg


で、稲の種まき。大した量もないので、人を何人か呼んで人海戦術です。今年は、あっという間に終わりました。嬉しい~。そんな感じで、使っている道具も、作業の雰囲気も、わりと昭和な感じです(笑)。

IMG20220430104508a.jpg

このあと、田んぼの隅に並べて、田植えまで育てます。

IMG20220430110149a.jpg


さつま芋を植える畑に米ぬかをまいています。

IMG20220509150204a.jpg


かぼちゃ畑。

IMG20220508073458a.jpg


ジャガイモとレタスとセロリの畑。

received_533499608387543a.jpg


鶏さんたち。元気です。

IMG20220514085915a.jpg


玉ねぎ収穫。

before。

IMG20220514161837a.jpg

after。

IMG20220515093800a.jpg


天候に恵まれて、かつてない豊作です♪

IMG20220515153807a.jpg


毎年のことながら、ゴールデンウィークは、気持ち的にきつかったです…。

子供たちに、それっぽいとこに連れて行ったり、家族でゆっくり、という時間をもたせてあげたいのですが、いやーーーーー、無理っっっつ!!

とにかく、農繁期なのであります。

せめて、最低限は、という気持ちで、

近所の山にちょっとピクニック。

1652647648111a.jpg

こうやっておんぶも、あと少しかなあ。

1652647645661a.jpg

息子と近所の池で釣ってきたブラックバスを、天ぷらに。

IMG20220507123256a.jpg

小骨は多かったですが、なかなか美味しかった!


落ちた柿の花。so cute。

IMG20220514102929a.jpg


最後に。

母屋と離れの引っ越し、ようやく終わりました。まだまだリフォームしなくちゃならないとこが沢山残ってますが、とりあえず引っ越せてよかった!

というわけで、今まで住んでいた離れの家があまりにボロボロなので、ゲストに泊まって頂くために、離れのリフォームも早速始めました。


玄関のbefore。

IMG20220514085230a.jpg


after。

IMG20220516080802a.jpg


今も畳替えとふすまの張り替えをしました。考えてみると、和室って、手軽にピカピカにできるから優れてますよね。冬は激寒ですが…。

IMG20220426162715a.jpg


屋根。

IMG20220507105745a.jpg

中古のものをもらってきて設置して、それから15年間使ってきた太陽熱温水器が壊れたので屋根からおろしました。先日、太陽熱温水器のメーカーの方が営業で来られた時にはまだ使えていたのですが、その際、「おおーーー、このタイプ、まだ使っている方がいらっしゃったとは!」と驚かれていました。

ありがとう、温水器さん!今までお疲れ様でした。

とりあえず次どうするか、考える余裕が今はないので、とりあえず温水器なしでいこうっと。灯油代、高いからいやだけど、しょうがないや。それにしても、太陽熱温水器、ほんとうに素晴らしいです。この原油高の状況だと、あっとう的に低コストだと思います。今は、給湯システムに組み込めるタイプのものがあるので、新築の家などで使わない手はないと思います。

そして、ペンキ塗り。

息子と、ウーファーさん。

IMG20220507103358a.jpg

1か月滞在のウーファーさん、Aさん。

国籍は、ウズベキスタン。ルーツ(人種・血筋)としては、コリアンです。

Aさんの話から、いろいろなことを教えていただいております。ウズベキスタンは、カザフスタンやアフガニスタンと接する、旧ソ連邦です。ソ連にまつわるいろいろな話から、時の国家や政策に翻弄されつつ逞しく生き抜いている人々の暮らしというものを想像して、ちょっと胸が熱くなります。

時はスターリン時代…。Aさんの曾祖父と曾祖母は、極東から、中央アジアに強制移住させられたそうです。国策による、集約的農地の開発に従事し、激しい労働生活を送ったそうです。その後スターリンの死後に移動がゆるされて、家族はウクライナに移動…。

そして、紆余曲折を経て、家族はウズベキスタンに移りました。少年時代に、ソ連邦崩壊の際の激しい民主化運動を目にして、多くのことを感じたそうです。その後日本の大学院で国費留学生として学んだAさん。中東で長い間仕事をしてこられ、縁があっていまこうして、ウーファーさんとして南阿蘇へ。Aさんが語るファミリーのストーリーに、ただただ頭が下がるのでありました。


あ、結局なんだかんだで長くなっちゃいましたね。最後までご覧くださりありがとうございます。

それでは皆様ごきげんよう~。



2022年05月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ヤギは高いところが好き

2022年3月19日(土)

皆さまこんにちは。

4月は、どうしても野菜がそろわない端境期のため、「卵20ケ以上、およびお米のご注文を頂いている方以外への野菜のお届けはお休みの予定です。5月から、またセット野菜再開の予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

4月の野菜セットの中身 

ジャガイモ、ネギ、水菜、ワサビな、しろな、さつま芋、大根、かぶ、ルッコラ、レタス、

5月の野菜セットの中身 

人参、大根、カブ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、小松菜、水菜、ワサビな、スナップエンドウ、白菜、にんにく、玉ねぎ、

中身は天候にもよりますが、大体こんな感じです。このうちの10~13種類くらい入ります。

卵は、ぼちぼち在庫あります。

お米は、昨秋、豊作でしたので、ご注文お待ちしております~。

新規のご注文、お試しのご注文はこちら↓からよろしくお願いいたします。

椛島農園ホームページ&オンラインショップ (クリックください。リンクはってます。)


=============

いやはや、何と2か月以上ぶりのブログ更新となってしまいました…。

皆様お久しぶりでございます。

最近、出荷量が増えたことがあって、どうにもこうにも忙しく、本当に、まめな更新ができなくなってしまいました。もうちょっとコツコツやりたいのですが、力不足を感じる日々でございます。

2か月の間に、世の中いろいろ起こりましたし、我が家もいろいろ起こっております。

とにかく、ウクライナのこととか、原油高のこととか、コロナのこととか、気になります。ほんとに。ただ気にしててもしょうがないんだけどね。やれることやるのが大事なわけで。

最近のうちの出来事としては、家族みんなオミクロンにかかってしまったこと、でしょう。

インフルエンザの時とまったく同じように、家族間でどんどん移っていき、子供からスタートで、最後に僕がガツンと高熱を出して寝込む、といういつものパターンでした。3年ぶりだか4年ぶり位に39℃位熱がでてなかなかきつかったです。

この位のきつさなら、よく言われるように持病が無い人ならワクチンしなくてもいいのかな、毎年し続けるようになるのも嫌だな、とも思いますし、いやいや多くの人がワクチンをしているから自分もこの位の症状で済んでいるのだ、とも思いますし、いろいろ考えさせられる病状ではありました。

出荷のお休みも3回ほど頂きました。これまた久しぶりのことで、ご迷惑をおかけいたしました。

寝込んでいる間、どうにもこうにも何もする気になれず、これまた本当に久しぶりに立て続けに映画をみたりしました。ウクライナのことをふと思い、何かウクライナに関するものを見てみようと、と思って、

「ひまわり」を見ました。新婚のイタリア人男性が、第2次世界大戦でロシア戦線に派兵され、そこで九死に一生を得て、救出してくれたソ連の女性と家庭を築いてソ連人として生きていくというお話です。夫が生きていると信じて、イタリアからソ連に夫を探す旅にでる主人公の女性の強さと執念、凄まじい。戦争に振り回される人生、つらいですねえ。ほんとに。胸が痛みます。

で、この映画で有名なひまわり畑は、まさにウクライナの景色であり、撮影もウクライナで行われたそうです。冷戦下で、西側の映画がソ連で撮影されるということが異例のことだったみたいで、スターリン死後のいったん自由な空気感があった当時のソ連の雰囲気が伝わる映画です。


さて、田畑の様子。

ジャガイモを植えました。100㎏ほど。適当な大きさに切り分けて、

じゃがいきりa

マルチに穴をあけて落とし込んでいきます。子供たち、頑張ってくれました。

じゃがいもa


鶏糞の発酵処理。山積みにして、野菜にとってよからぬ菌をやっつけて、いい菌が増えるようにします。たい肥小屋を作ると、こういう作業も機械でできるんですが、とりあえず人力!!若者のお力をお借りしました。まっちゃんありがとう~。

たいひa


玉ねぎの草取り。これまた若者の力をお借りしました。あと、小学校をサボった息子にも頑張ってもらいました。

たまねぎa


どんどん種をまいて、苗を育て、どんどん植えております。

なえa


田んぼのトラクター掛け。天気がいいと気持ちが良いです。ちなみにこのトラクター、約45年前のものです。まだまだ現役。すごいでしょ。13年前に10万円で買ったものですが、ほんとうによく頑張ってくれています。感謝。

IMG20220222170633a.jpg

と、いい気持ちで作業していたら、この後ぬかるみにはまってしまいました。この田んぼ、水はけが悪くてこの時期ぐちゃぐちゃのままのところがあるのです。調子に乗っていたら、気づいたらはまってしまってました。どうにもこうにも抜けないので、2日間置きっぱなしにして、3日目の朝に−5℃まで冷えた時に、他のトラクターで引っ張りだしました。それもまたギリギリでしたけど。いろいろ起こります。まあ、よかったよかった。


ヤギは高いところが好き、です。

めいa

ミツバチは、寒い日は巣箱の中で固まっています。

a.jpg


母屋のリフォーム、いよいよ最終盤。珪藻土壁塗りようやく終わった~。結局、自分でやろうとしたけど、3月中に引っ越すという目標のためには、そうも言ってられず、セミプロの友人に頼みました。結果的に、よかったです。築65年の家を購入させて頂き、そこからさらに住み始めるまでに5年。いやー、長かった。あとは、洗濯機置き場の左官&排水工事と、キッチン小物収納棚づくり。ファイトや~。

かべぬりa

というわけで、ちょっとした空間のリフォームくらいは自分でやるぞ、と意気込んで、一気にしあげました。

昔の家の造りは、こういう使いにくいデッドスペースが多いです。ペコペコの床をはがして、限られた時間と予算でどういう風に仕上げるか…。いろいろ疲れて呆然としてる図。

IMG20220320085822a.jpg

床と壁まで完成。

IMG20220322095406a.jpg

勢いで、棚まで完成!よろこぶ妻!

IMG20220323111715a.jpg

ほかのところに予算を回しすぎて、ここはとにかくケチろう、という方針でいきました。かといって、もう農繁期に入ったので、時間はかけたくないし、うーん、ジレンマ~…。

納屋の2階に眠っていた廃材を利用して、総工費1万円位ですませたのはよかったのですが、やはり廃材利用は気を付けないといけませんね。表面を削っていたら、見えない釘があって電動カンナの刃が削れたりと、やれやれ、です。いろいろ買ってすませた方がよかったのかなあ。いつもこういう時は悩ましいです。時間がとにかくほしいなあ…。


さてさて、三寒四温、ですね。暖かくなったり、寒くなったり、またまた暖かくなったり。

それでは皆様ごきげんよう。皆様にとって、いい春の日が訪れますように。

#田舎暮らし #とまり木農園 #DIY #日本ミツバチ #ヤギ #春の畑

2022年03月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

グダグダですみません~

2022年1月11日(火)

皆さまこんにちは。

1月後半~2月の野菜セットの中身 

ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、白菜、ネギ、ほうれん草、ターツァイ、水菜、小松菜、里芋、さつま芋、ワサビ菜、チンゲンサイ、大根、紅芯大根、ルッコラ、南瓜、かぶ、芽キャベツ、アレッタ、大浦ゴボウ、

中身は天候にもよりますが、大体こんな感じです。このうちの10~13種類くらい入ります。

卵は、今産んでもらっている鶏さん達がちょっとお年を召されてきたので、来年2月頃まで少し不足気味の見込みです。ご予約分でいっぱいとなってしまいますので、在庫無としております。「どうしても、ぜひ」という場合は、なんとか調整いたしますのでご連絡下さい。2月頃からは、若い鶏さん達が沢山産み始める予定です~。

お米は、昨秋、豊作でしたので、ご注文お待ちしております~。

新規のご注文、お試しのご注文はこちら↓からよろしくお願いいたします。

椛島農園ホームページ&オンラインショップ (クリックください。リンクはってます。)


=============

(お正月からだいぶ経ってしまいましたが)新年あけましておめでとうございます。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
オミクロン株の動きが気になりますが、今年こそがつつがない年になればいいなあ、と願うばかりですね。


皆さまは、どのような年末年始をお過ごしになりましたでしょうか。椛島農園では、今年は年末年始のお休みを少し長めに頂きました。それぞれの両親の実家に行ったり、例年通りに美里の石段登りに行ったりしました。あとは、地域のどんど焼きや消防団の出初式に出たりと、コロナに気を付けながらではありますが、2年ぶりに、いつもどおりの年明けの時間となりました。

成人の日がすぎて、学校や保育園も通常通りになり、出荷作業も再開し、「ああ、やっぱり日常ってのはやっぱりいいものだなあ」としみじみつくづく思っております。

それにしても、ブログ書き、ここ数年、なかなか調子が上がりませんわ~。今自分の中で「アウトプット欲」的なものが本当になくなっていて、困っております。「インプット欲」ばかりです。youtubeにしろ、ブログにしろ、インスタなどにしろ、みんなすごいなあ、と感心してしまいます。こういう仕事をしているんだから、もっとちゃんと発信しないとだめなんだろうなあ、と思いつつも、いやはや…。

時代の波に乗りおくれていることだけは胸を張れそうです。妻がSNSでちょこちょことupしてくれてますが、子育てネタメインだしなあ~。栽培のこととかレシピのこととか、そういう「農園」っぽいことの発信もしないとなあ~。ま、背伸びしてもしょうがないや。まあいいや。というわけで、最低限の発信はこのブログでがんばります。というわけで、今月もちょいとグダグダな感じですが、ちょこちょこ写真のっけておきます~。



というわけで、さて。

冬越し大根の畑。

上畠

毎朝、葉っぱはがちがちに凍っています。どうやって冬越しさせるかというのが、うちみたいな農家にとっては大事なことなのですが、うちは、広々と間隔をとって種まきをして、沢山土をかぶせる、という作戦でいっております。

農家によっては、普通の間隔で栽培したものをほりあげて穴に入れる、という作戦をとっておられます。今年は、ちょっと大根に傷みがでてしまっているので、穴入れ作戦を来年は試してみようかなあ、と思案中です。近年は、真冬でも、気温の変化があまりに大きくて、貯蔵・保存する際の温度管理がとってもやりにくいです。

去年の1月にも、−6℃近くに冷えた日の翌日には16℃ちかい暖かさになるということがありました。その差、20℃…。ちょっとまいってしまう温度差です。

小松菜にも、びっちりと霜がおりております。昼にはシャンとして復活するから、あっぱれとしか言いようがありません。

こまつな


大晦日に、妻の実家のお寺で、

ほんいん

除夜の鐘をつかせてもらってきました。

かね


箱詰めのパートに来てくださっている友人ご家族と一緒に、お餅つきをしました。

もちつき

つきながら、丸めながら、食べるもちは美味しいですよね。今回、圧巻の美味しいトッピングは、クリームチーズとチョコをいれこんだお餅でした。言葉がでないほどの、美味しさ!

うまい

でもこれを最初に食べてしまったので、あとからの海苔餅とかが子供たちに受けない受けない・・(笑)。食べる順番は大事ですね~。



最近、下の子たちの散らかし力が半端なくパワーアップして、困っております。正露丸をバッグの中に詰めてあちこちにこぼして回ったり、どろどろになったお人形が庭に散乱してそのまま部屋にあげられたり、靴が無いといって探していたらヤギのメイちゃんの小屋の前でずぶ濡れになって放置されていたり…。

ガールズすごい

コンテナでオブジェを作ってみたり…。あのー、家の中に入れないんですけど…。湧き上がるイライラを抑えるために、クリエイティブ、と思うことにしよう。いや、したい。うーん、そうできるといいな…。

ま、いろいろ悩みはあるけど、元気だからよしとしよう。

さんぽ


近くにあるのになかなか行けなかった場所にようやく行けました。

229961301_5714873588583259_6534974780260527444_n.jpg
(垂玉温泉Facebookより)

垂玉温泉です。

すぐ上にある地獄温泉とともに、江戸時代から続く伝統ある温泉なのですが、2016年4月の熊本地震で甚大な被害を受け、閉鎖の危機にありました。4年の歳月を経て、地獄温泉、垂玉温泉ともにリニューアルオープンを果たされたことは、村民にとっても、大きな明るいニュースとなりました。

地震前までの温泉旅館という姿から進化し、「垂玉温泉 瀧日和」という、日帰り温泉として再スタートを切られた垂玉温泉。大きな滝を望む緑の山の中、伝統を感じる石垣の合間に新しくおしゃれな建屋が並んでいます。お湯も眺めも抜群です。カフェでは、椛島農園のお野菜も使っていただいております♪

こんなものもあります。

むしき

蒸し器です!

カフェで購入した、蒸し野菜と肉まんと卵のセットの蒸篭を、

せいろ

この蒸し器に入れて7分蒸します。美味しいです!楽しいです!


こんな素敵な温泉に気軽に行けるなんて、やっぱり南阿蘇はいいところだなあ、と感じるひと時でした。



最後に。

ここ数年、本をなかなか読めないでいるのですが、この年末年始はぼちぼち読めました。一冊一冊ああだこうだと書くエネルギーはないのですが、「お、これ私も読んだよ。椛ちゃんどうだった?」とでもお声かけ頂ければ、お話でもいたしましょう~。

toudaisotu.jpg

コンビニ人間

ファクト

理由



ではでは皆さま、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます~。

#子育て #冬の畑 #本の紹介 #田舎暮らし

2022年01月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

冬の畑&貯蔵小屋工事&マルシェ

2021年12月6日(月)

皆さまこんにちは。

12月の野菜セットの中身 

ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、白菜、ネギ、ほうれん草、ターツァイ、水菜、小松菜、サニーレタス、里芋、さつま芋、ゴボウ、カリフラワー、ブロッコリー、ワサビ菜、チンゲンサイ、ルッコラ、南瓜、かぶ、芽キャベツ、アレッタ

1月上旬の野菜セットの中身 

ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、白菜、ネギ、ほうれん草、ターツァイ、水菜、小松菜、サニーレタス、里芋、さつま芋、ゴボウ、カリフラワー、ブロッコリー、ワサビ菜、チンゲンサイ、ルッコラ、南瓜、かぶ、芽キャベツ、

中身は天候にもよりますが、大体こんな感じです。このうちの10~13種類くらい入ります。

卵は、今産んでもらっている鶏さん達がちょっとお年を召されてきたので、来年2月頃まで少し不足気味の見込みです。ご予約分でいっぱいとなってしまいますので、在庫無としております。「どうしても、ぜひ」という場合は、なんとか調整いたしますのでご連絡下さい。2月頃からは、若い鶏さん達が沢山産み始める予定です~。

お米は、稲刈りが終わりました。豊作でしたので、在庫有といたしました。よかった~。

新規のご注文、お試しのご注文はこちら↓からよろしくお願いいたします。

椛島農園ホームページ&オンラインショップ (クリックください。リンクはってます。)


=============

12月に入り、朝が冷え込む日が増えてきました。

11月までは異様な暖かさだっただけに、気温のギャップに人も野菜もたじろいでおります。

鶏さんたちは、全身ダウンジャケットにくるまれているようなものですから、まだまだ初冬位の気温では大丈夫です。8月生まれのひよこも、ずいぶん大きくなってきました。すごい食欲です。1月の終わりごろには卵を産みはじめてくれるかなあ。

とり



冬野菜の畑。手前の畑がキャベツ白菜大根水菜カリフラワーなど。右奥の段下がほうれん草やレタス、など。

うえ

冬越し大根。

だいこん

今年は白菜がとってもきれいです。

はくさい

-3.5℃の朝。ケールが霜にまとわれてます。日が当たるとシャンとするから本当にあっぱれ。寒さでどんどん甘くなってきてます。

ケール




さつま芋の貯蔵小屋拡張工事が、本格的な霜が降りる前のさつま芋の収穫にギリギリ間に合いました。よかった~。

小屋は、築45年のなかなかの代物。もともとは、元の大家さんがタバコの葉の農家さんで、この小屋は、たばこの葉の乾燥施設でした。

というわけで、鎮座しておられた乾燥機を外すことから始め、

はずし

腐っていた柱を外して作り直し、壁を張り、

かべ

乾燥機が据えてあったコンクリート基礎をカットし、

けずり

かっと


コンテナで足場を組んで天井を張り、

天井

天井施工

なんとか仕上がりました。

仕上がり

外壁はまだ終わってないのでまだ見苦しいですが、機能性はばっちりです。

外観

こちらは、去年仕上げた方のスペース。エアコンとオイルヒーターで、夏も冬も、10℃~20℃の間位の温度、50~90%位の湿度設定で、いろいろ貯蔵できるようになりました。今回の工事分も合計して、合計400コンテナ位分位の野菜を収納できるスペースができました。貯蔵が可能な野菜をこれから沢山作っていきたいと思います。

さつま

まあ、温度設定が中途半端といえば中途半端なので、必要に応じて冷蔵ユニットを取り付けたりと、いろいろ活用していこうと思ってます。ま、問題は、築45年なので、鉄骨のさびもけっこうあり、そもそもあと何年位使えるのか、という問題がありますが(笑)。




近所の農家仲間と、グランピング&キャンプ場「stay happy」さんが企画した「はぴねすマルシェ」。

すてはぴ

キャンプ場でのマルシェ、いいですね。

買った芋を自分で焼いて焼き芋。キャンプ場ならではです。

たきび

マルシェが苦手な僕は、出店お誘いを頂きましたがお断りして(笑)、雑用&駐車場&受付係を承りました。こういうのも、たまにはいいものですね。

何せ第1回目で、いろいろドタバタでしたので、「あ、入り口の看板がないですよね。欲しいですよね」ということになり、

うちに新しいコンパネがあったので取りに帰り、そんでもって、受付あたりにいた大人子供4名位で即席で作ったこの看板、

かんばん

なかなかいいですよね。



年末、ドタバタと忙しいですが、そんな感じで暮らしております。

めい

すべりだい

忙しい年の瀬、どうぞ皆さまお風邪など召されませんように~。

2021年12月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |

» 次のページ