高崎山にて考える

2月1日(水)

今月のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ(キタアカリorメークイン)、人参、九条長ネギ、キャベツ、大根、里芋、ゴボウ、サツマイモ(ベニハルカor安納)、白菜、

(その他入る可能性のあるもの)
小松菜、カブ、ヤーコン、チンゲン菜、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

今年も、例年通りに春の端境期のお休みをいただきます。3月中旬~ゴールデンウィーク頃を予定しております。今年はこの寒さで葉物が品薄です。まあ、天気を言い訳にしてはいけないんですけど、あまりにも寒いです・・・。詳細はまた個別にご連絡いたしますね。


なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
さて、1ヶ月ぶりのブログです。とりあえず1ヶ月に1回と決めたので、何か気の利いた事をかかなくちゃいけないな、と少々プレッシャーを感じていますが、まあ気負わずに淡々ぼちぼちと続けてまいりますね。



寒いですねえ・・・。何なんですかね、この冬のこの寒さは。

東京都心で−4℃、さいたま市で−9℃になったというニュースを聞いてたまげてしまいました。もちろん、阿蘇も冷えてます。先日も−8℃になりました。

その日の朝、ちょっとだけ鶏の世話をして家に戻って玄関で作業着を脱いでいると息子の叫ぶ声が聞こえてきました。

「おとーさん、すごいのがあったよ。来て来て。」

呼ばれるがままに台所に行ってみると、

qIMG_20180127_073906.jpg

こりゃ確かにすごいわ(笑)

凍結防止のために蛇口をすこし開けていたのですが、まさかの光景に家族みんなで大笑い。家の中ですからねえ~・・・。断熱材など入っていない昔の家の恐ろしさですね。

まだまだ寒さは続きそうですね。どうぞ皆様、お風邪を召されませんようにご自愛ください。


さて、先週家族で一泊旅行に行ってきました。

「一度は爺ちゃん祖母ちゃんも一緒に家族で温泉旅行行きたいね」
「そうだよね。まだ若いとはいえ、いつ何があるかもわからないもんね。行ける時に行こう」
「そうだそうだ、行こう行こう」
「やっぱ農閑期、冬だよね」
「一月、お母さんの古希祝ということで行こうか」
「どこがいい」
「子供達がまだ小さいしなあ、ファミリー層大歓迎な無難なとこがいいな。どこでもいいよ」
「近めの温泉がいいね。」
「よし、じゃあ、別府だ。」

という会話を経て決定したのが昨年の晩秋。

生き物を飼っていると、家を空ける段取りが大変です。鶏や猫の世話を留守番を近所の友人に頼んだり、凍結防止のため水道の元栓も止めて行ったり、南瓜やジャガイモの貯蔵小屋のヒーターの段取りをしたりと、リストを作って漏れの無いようにチェックします。なぜだか出発直前に原因不明のプリンター不調が生じて当日発送の伝票をすべて手で書き直したり、関東の大雪の状況をチェックして対応したりと、疲労困憊で出発。

その日の午後は、うみたまご水族館。

qIMG_20180123_151246.jpg

セイウチのショーのクオリティーにびっくりでした。「どなたか、手伝ってください」と飼育係のお兄さんの投げかけに、ちょっと強引に春人にてを挙げさせて、セイウチさんと触れ合ってきました。

緊張で途中ちょっと涙目になっていましたが、最後はやり遂げた達成感か、じつにいい顔をしてました。息子の成長にうるっときました。(帰宅後数日、お風呂でのセイウチごっこが父としてはなかなかハードでしたが)

ちなみに「私も子供の時お父さんから水族館のイルカのショーで、なんだか手を挙げさせられて緊張した記憶があるわ~。いい思い出だけど」とのりこさん。ま、親は良かれと思っていろいろ思い付きでやってしまいますねえ(笑)

夜は、九州ではその名を轟かす杉乃井ホテル泊。これぞ、庶民のためのリゾートホテル、という見事なホスピタリティー、豪華なお風呂と(入ってないけど)プールと、バイキング料理。見事なコストパフォーマンス。圧巻。

そして、翌日訪れたのが、ここ。

高崎山自然動物園。

qIMG_20180124_130309.jpg

正直言って、特に期待もしてなかったのですが、むちゃくちゃ面白かったです。

高崎山は、本当にユニークな場所です。別府湾からそそり立つような山容の標高600mほど、面積にして300ヘクタールほどのエリアに現在1300頭ほどのサルが棲んでいます。

もともとは、太平洋戦争後、高崎山周辺に200頭ほどのサルがいたそうです。周りの集落の田畑に現れては農作物を食い合わらすサルが増えてきて、その対策として当時の大分市長が「餌付けをして農業被害を減らし、観光地にもしよう」と発案したのが高崎山自然動物園の始まりです。

その後、餌付けの影響で生息数が増えてしまって一時は2000頭位にまで増えたそうです。いろいろな変遷の後、今B群と呼ばれるグループとC群と呼ばれるグループに分かれて生活しています。

勢力争いは、群れのリーダーの雄ザルがどれほど強く勇敢かで決まります。今は、B群が強くて、C群が餌場には現れないそうです。C群のサルにとっては、この冬の寒さは本当に厳しいものだと思います。

そもそも、餌付けをしている時点で「野生の猿」とはいいがたいです。スタッフの方に尋ねたら、「餌付けをしなければおそらくこの山域の自然が養える野生の猿の数は200頭位だと思う」とおっしゃってました。

難しい課題です。一度人間が手を付けてしまうと、その後彼らとどう付き合うのかは本当に難しいです。山に食べるものが無くなれば、里に下りて行って害獣として駆除される対象になります。適正な頭数を越えないように、この冬には飢えや野犬との闘いで命を落とすサルも沢山いるでしょう。

ちなみにサルは完全な母系社会で、オスは大人になる4~5歳頃には群れを離れます。そして、山の中を放浪し、別の群れに入るのだそうです。そうすることで、血が濃くなるのを防いでいるのだそうです。ちなみに雄ザルの群れの中での序列は、蒸れに入った順番らしいです。下っ端は、野犬との戦いの見張り役で群れの輪の端っこにしか居場所がないそうです。餌場、すなわち群れの輪の中心にいるような雄は序列が上の方の数匹しかいなく、あとは雌と子ザルです。

厳しい掟ですね。そして、確かに餌場にいた雄ざるは凛として美しく、見事な姿でした。歴代のボス猿の中でも一番と評判だったベンツという猿を讃える、こんなポスターも貼っていました。

qIMG_20180124_124423.jpg


高崎山は、まさにリアル版「ダーウィンが来た」という感じで、知的好奇心が満たされワクワクしました。

そして、猿の生態に勝るとも劣らないほど感動したのは、

qIMG_20180124_122640.jpg

スタッフの方の解説です。聴き惚れてしまいました。本当に、猿達のことが好き、というお気持ちがバシバシ伝わってくる解説に時間を忘れてしまいました。あの雌は、序列何番目の雄の元の恋人で、その子供があの3歳の子ザルで、あの雄は何年前にどこそこでどういう喧嘩をして‥‥、と語る姿は神々しくも見えるものでした。

そもそも、僕にはまったく猿の区別などつきません。どうやって見分けているんだろうかと不思議になるほどでした。人が何かを好きになって、それにかかわることを仕事にするって、なんて気持ちのいいことなんだろうと感動したのであります。

入口から餌場までのちょっとした道をショートカットするモノレールがあり、乗ってみました。モノレール係のお兄さんとの立ち話で、再び感動!お兄さんにいくつか質問をしたら、なんでも分かりやすく説明してくれたのです。

思わずもう一つ質問。

「やっぱり、スタッフの方はみんさん動物がお好きなのですか。大学で動物行動学など勉強されてるんですか」
「そうですね。みんな、好きですよ。そして、やっぱり学問と現場は違いますよ。みんな、入ってから勉強しますよ。」

そのお顔は、とてもいいお顔をされていました。餌の量により猿の適正頭数をコントロールするということは、間接的に猿を殺すということです。野生の猿の行動をこれだけじっくりと観察できる場所は本当に希です。猿を知ることで、人間とは何かをしる手がかりにもなります。

しかし、その代償としての、適正頭数のコントロールがあります。難しい課題を抱えながらも、その現場で働き、調査や管理、解説などの日々の仕事を誇りをもって行っているんだなあ、とお兄さんの眼差しに熱い熱い何かを感じました。熱い、熱い、何か。そう、それは、一言で言うと、

いい仕事してるなあ。

ということ。目の前の課題に粘り強く、じっくりと向かい合い、淡々と働く人の姿。現場の、姿。

「あ、そういえば」

ふっと思い出しました。昨日行った水族館で、閉館間際にカワウソのガラス張りの小屋の中を掃除していた若い女性スタッフがいたなあ。あのこの手、ひどいあかぎれだったなあ。痛そうだったなあ。でも、いい顔してたなあ。これから、いろんな経験を積んで、ベテランになっていくんだろうなあ。

みんな、いい仕事してるなあ。世の中は、名の知れた人や全体のデザインを出来る人だけが回していってるんじゃないもんなあ。名もなき庶民が支える現場がないと、世の中は回らないや。僕も、そんな、現場のひとりの名もなきオジサンでありたいなあ。いい仕事をしていこう。





しかしながら、雪の舞う高崎山は寒かったです。海風がビュンビュン吹き付ける中での2時間は、なかなかハードでした。寒さいっぱいの記念撮影。いい思い出になりました。

qIMG_20180124_130927.jpg

そして、時を忘れている場合ではありませんでした。この後、子供たちは見事にダウンしました(笑)子供たちが風邪ひいたらいろいろストップしますね。ここのところ、出荷作業以外何にも出来てない・・・。うーん、やっぱ焦るな~。ジャガイモの堆肥も入れないと。早くレタスの種蒔かなくちゃ~。ああ、生きてるって感じがします。生活の現場は大変ですねえ(笑)



スポンサーサイト

2018年02月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

あけましておめでとうございます

1月7日(日)

今月のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ(キタアカリorメークイン)、人参、九条長ネギor下仁田ネギ、キャベツ、大根、里芋、ゴボウ、

(その他入る可能性のあるもの)
かぼちゃ、ルッコラ、ほうれん草、小松菜、ターツァイ、わさび菜、かぶ、さつまいも、白菜


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************

新年あけましておめでとうございます。

暮れの宣言通りに、今年からブログ書きのペースを落とします。ぼちぼちとは書き続けていきますので、お時間がございましたらお付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします。

皆さまは、年末年始はどのようにお過ごしになられたでしょうか。うちも、出荷のお休みを1週間頂き、家族のゆったりとした時間を作ることが出来ました。



義兄の門松づくりをほんのちょっとお手伝い。

aIMG_20171230_084425.jpg


阿蘇のお山が美しい正月でした。

aaIMG_20180101_163847.jpg


近くのお宮さんに初詣。

aaaaIMG_20180101_110439_BURST010.jpg

時代が時代だけにだいぶ崩れてはきたそうなのですが、まだまだ集落の中で「お宮当番」という感じの係があって、交代でお宮の役を果たしていきます。

今年も、数名の方が大晦日の晩から元旦の朝にかけて、火を焚いて参詣の方を待っていてくださってました。わいわいと賑わう大きな神社の初詣もいいけど、ちいさなお宮の氏神様を詣でるのも、なんだかとても気持ちがよいです。


のりこさん、初めてのおせち作り。

aaaIMG_20171231_130036.jpg

といっても、近所の方の「みんなで何品かずつ持ち寄っておせちをつくりましょう」という企画に便乗させてもらっての、手作りおせち。いやはや、ナイスアイデアですね。感謝です。いろいろ後手後手な感じすごいけど、豊かといえば実に豊かです。


ですが、野菜の出荷が終わったと思ったら、地主さんあいさつ回りして、消防団の夜警行って、親戚の家や実家に行って、急ぎの薪の片付けして、てな感じで過ごしてたら、

aaaIMG_20171231_130054.jpg

大体いつもこんな感じになりますわね。正月もね。何かを諦めないと何かが出来ないですね(笑)



地区のどんどや、消防の出初式も無事すんで、

aIMG_20180106_150622_1.jpg

明日の成人の日の休みが終われば、ようやく日常生活に戻ります。早く普通のリズムにもどって普通に仕事がしたい!と、思える自営業の暮らしは幸せなんでしょうね。

さてさて。

今月末にはもう種まきスタートです。まだ今年の作付け計画仕上がってないのに、うーん、焦る(笑)。

まだ1月。焦るにはちと早い。やれることやって、ぼちぼち行きます。

2018年01月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

卒業

12月25日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、人参、九条長ネギ、キャベツ、カブ、大根、里芋、ゴボウ、

(その他入る可能性のあるもの)
かぼちゃ、ルッコラ、小松菜、水菜、ターツァイ、玉ねぎ、さつまいも、白菜


※寒波が居座り続けており、葉物が調子悪いです。根菜中心のセットになります。

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。いろいろ思うところがあって、来年からブログを、基本的には月に一回の更新にします。そこにいたるまでの思考のプロセス、長々と書いてます(笑)




今年最後のブログ書きです。

今年も、なんだかあっという間でした。常にいっぱいいっぱいなので(笑)、家の掃除やら年賀状書きもまだ手付かずですが、家族みんなで無事にお正月を迎えられそうです。

今年も、沢山の方との出会いや、そして別れもあり、その中でいろいろなことを感じました。

農業や暮らしのありかたについても、模索の一年でした。

去年の年明け頃、「よし、就農して10年たったし、一息ついて周りを見わたしてみよう」と思っていた矢先に4月の熊本地震がありました。行きつく暇もないまま時間が流れ、その中で沢山のことを学びました。

そして今年、年明けの内観を経て、少しペースを落として子供と過ごす時間や、勉強や研修に行く時間を作るぞ、と決めました。

とはいえ、農繁期の間はいつもどおりにとにかく忙しく、帯状疱疹にもなりました。

それでも、それなりにあちこち見学に伺ったり、研修会に参加したり、本を読む時間を作りました。そして、常に常に問い続けました。

「いったい、自分たちが本当に大事にしたいことは何なのか」
「どういう農業がしたいのか。どういう暮らしがしたいのか」

人生をどうやって切り開いていくべきか、考えすぎて苦しくなる時は、初心に帰るのが一番です。

僕は、頭が良くないです。先のことを考えていたら苦しくなります。「ああするためにはこうしなければならない。そのためには今○○しなければ」というのもすごく大事ですが、バランスが大事です。最近、ちょっと偏っていました。

不思議なものです。ずっと考えて、ずっと悶々としていた1年間だったのですが、ふとした瞬間に、光が差し込んだのです。迷いがない気持ちになりました。

「これをやってみたらこんなご縁がひろがった。気が付いたら、思いもしなかった出会いもあったし、いよいよそのタイミングが来た」という生き方ができたらいいな。と、思い返しました。

人生、狙うべきストライクゾーンは、「いきあたりばっちり」です。

長い目で見れば、損もなければ得も無い。今やれることをやります。今やるべきことをやります。

先々やってみたいことはいろいろあるんですが、「野菜の品質をあげる」ことにまずは真剣に向かい合います。野菜を通して、自然や生命の仕組み、宇宙の法則、原理原則、というものをしっかり学んでいこうと思っています。

曼荼羅のように複雑に絡み合っている森羅万象の姿が少しでも立体的に「分かる」ようになれば、その結果として、いい野菜が育てられるようになるはずです。これまで出会ってきた諸先輩方のお姿を見ていて、強くそう感じます。


「うわ。わかった。そういうことか」という知る喜びと、「よっしゃ、出来た」実際に作る喜びとの両方を大事にしていこうと思っています。

農業を仕事としてやる以上、とにかく安心、安全な、そして食べて美味しいものを育てていきたいです。硝酸が少なく、ビタミンなどの抗酸化物質が多く、そして日持ちが良いものを安定して供給できる農家でありたいです。

この時代にあって、必要半分楽しみ半分で、自分の色や個性を出していこうと続けてきました。でも、出していこうとして出る個性なんて、本当の個性ではないのではと思うようになりました。個性を出すよりかは、勉強して、勉強して、とにかく上手な方に教えを請うて真似をして、あとから始めた方にはその知恵をシェアしていき、全体のレベルの底上げを図るためのただの一つのファクターになれればそれでいいや、と最近は思います。

夫婦で力を合わせて楽しく働いている姿を子供や地域の方に見せられたらそれでいいや、と思います。地味に地味に人知れずいぶし銀のいい仕事をするおっちゃんになりたいです。その結果として、ぽろっとこぼれる、じわっとあふれるのが個性なのだ、と思うのです。


人生にいろいろなステージがあり、人の心も変わっていくものです。その時、その時で、何に集中すべきかも変化します。思えば、この10年半の間、僕は「書く」ことに多くのエネルギーを使ってきました。大げさに言えば、ある意味では作物を育てることよりも真剣に取り組んできたと思います。

書くことで、いろいろなご縁が広がりました。それこそ、結婚だってこのブログがなければしてなかったかも、とさえ思います。お客様とのご縁も、書くことで広く深いものにしてこれたのだと思います。

でも、ここ数年は書くことが「楽しい」と思うより、とにかく「きつい」と思うことが増えてて来ました。今の暮らしでは、どうしても文章のネタとなるようなものに関してはインプットよりアウトプットのほうが多いですし、何よりも、子育ての様子などを綴っていたらよほど気をつけないとただの「リア充アピール」ばかりになってしまいます(笑)。

何かを強く主張すれば必ず誰かを否定することになりますし、意図せずとも誰かの心を悪い方に刺激してしまうこともあります。本当に、書くということは難しいことだなと感じ続けてきた10年半でした。

どんな方でも、その人生や知見や思いを綴れば一冊の本になります。でも、何冊も書けば、たとえ何かをなした著名な方や作家さんでも、なんとなく同じような内容や表現ばかりになってしまうものです。いわんや、普通の人をや、一介の百姓をや、です。

そして、決めました。今のペースでこれまでのような感じでこのブログを書き続けるのは、とりあえずいったんやめます。

これまでブログを書くことに使っていたエネルギーと時間を、子供との時間や、勉強の時間、作物や生き物と向かい合う時間、仕事のシステムを作る時間に使います。ただ、やっぱりこういう暮らしや農業をしていると発信も大事です。

その中で、森羅万象から学ぶ中で感動したことや、こころ潤う出来事や、子育ての中で感じたことなど、自分という器の中に納まりきらずにあふれ出たものだけを少しだけ書いていくことにします。偏っていたバランスを修正します。

なので無理のないペースにしていきます。とりあえず、思い切って、年明けから、基本的には月に一回、というペースにします。ブログ頭の「今週のセットのお野菜」のご案内も、「今月のセットのお野菜」という感じでご案内してまいります。やっぱりいろいろ書きたい、と思ったら随時書いていくことにしますが、基本は月に一回にします。

この決断を、僕は敢えて、ひとつのステージからの「卒業」と呼ぶことにします。書くことにエネルギーを使っていたステージから卒業して、本当の実力のある農家になるためのステージへ移ります。

妻のりこは、変わりなく楽しそうにFBを開いて楽し気にいろいろ書き込んでいます。FBでの、のりこの発信という形でも、今時の農家のたしなみのひとつとしての情報発信は続けては参ります。僕のようにネチネチした感じではなく、ライトな感じです、ライトな感じ。うーん、夫婦のバランス、いい感じだあ(笑)


長くなりましたが、そういうわけで、今回の文をもって、「毎週更新」をいったんやめさせて頂きます。長い間、毎週ご覧くださっていた皆様、時々ご覧くださっていた皆様、長い間、本当にありがとうございました。

ぼちぼちは続けてまいりますので、また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末の寒さでお風邪を召されませぬよう、ご時代下さいませ。どうぞ良いお年をお迎えください。

2017年12月25日  椛島剛士

aaaIMG_20171224_164754.jpg
近所のクリスマス会にて


2017年12月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

SHARE THE LOVE

12月18日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、人参、九条長ネギ、キャベツ、カブ、大根、里芋、ゴボウ、かぼちゃ、ルッコラ

(その他入る可能性のあるもの)
小松菜、水菜、ターツァイ、水菜、玉ねぎ、さつまいも、白菜


※寒波が居座り続けており、葉物が調子悪いです。根菜中心のセットになります。

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。

寒いですね~。この冬は季節がひと月ぐらい早い感じがします。もう年の瀬ですね。うーん、はやいはやい。

この週末は、用があって、単身東京へ行ってきました。たまにしかない東京行きなので、メインの用事の他に、ついでにいろいろ予定を詰め込んでかなりのドタバタスケジュールでしたが、いい時間となりました。

こういう上京の時って、いつも気を使って疲れます。あそこにも顔を出したいし、あの方にもお会いしたい。こちらに行ってあちらに寄らないのは申し訳ないな。などなど・・・。でも、体はひとつ。時間は有限。予定を組む段階でいっぱいこっぱい。結局「いい人」がしたいんだよなあ、まったくおれったら。ま、100点目指さず60点位でよかろう。とかなんとかつぶやきながら予定を立ててたら妻のあたたかな視線。ありがたや・・・。

そんなこんなで土曜日は、神奈川県愛川町の農園NO-RA さんへ。代表の千葉さんは、知る人ぞ知るハイレベルな農家さん。うちのような野菜セットではなく、生協やレストラン、スーパーなどに出荷しているバリバリの方です。忙しい中丁寧に畑を案内して頂きました。

それはそれはもうレベルの高い畑で、キレイな野菜が畑を埋め尽くしていました。千葉さんは、ホームページもお持ちでないし、FBでの発信もほとんどされてません。「うちは品質で勝負してます」と。かっこいい・・・。最近、「一定のペースでずっと書き続ける」ということにけっこうな疲れを感じている椛島としては、ズンッと響く言葉でした。

日曜は、マルシェの見学のあと、大学の友人たちと会ってごはん。みんな年をとって、仕事に家庭に忙しく、世の中を支えている世代になったなあ、と感じるひと時でした。

そして、メインの用事というのが、これだったんです。

キャプチャaaaa

ひじょーーーーーうに、説明しにくくて今まであまり人に伝えていなかったのですが、せっかくのご縁なので、ちょっとだけ紹介します。

アメリカンスピリットという銘柄のタバコがあります。僕はまったく吸わないのですが、オーガニックのタバコ葉を使用していることで有名です。製造販売は、アメリカのトゥルースピリットタバコカンパニー。ここでは略してトゥルースピリットさんと書きます。

トゥルースピリットさんがCSRとして行っているのが、環境保全型の農業を行っている農家さん達のサポート。その活動プロジェクトの名前はずばり、

SHARE THE LOVE for JAPAN ~大地にやさしい農業のために

2011年の震災で、それまで続けていた農業を続けられなくなり、新しい土地で再スタートをするという選択を余儀なくされた農家さん達が幾人も幾人もいました。彼らをサポートすることをきっかけにはじまり、新しく就農する有機農家さん達のサポートや、ネットワーク構築、販売促進の支援、技術向上のための手助け、援農、などをしている活動です。

オーガニックのタバコ葉を使用しているたばこ会社さんならではの取り組みなのかなあ、と思うのであります。

で、その活動と椛島農園の何がどう関係するのかというと、実は椛島農園も、SHARE THE LOVE のサポートを頂いてる農家のひとつなのです。きっかけは熊本地震。「何か熊本でお手伝いをしたい」ということで、いろいろなご縁があって「椛島さん、どなたか紹介してください。地震の被害があった農家さんで、前向きに頑張っている方を紹介して冊子にします」という相談をいただきました。

「いいですよ。どなたかいらっしゃるでしょう。任せといてください」といってしまったものの、「SHERE THE LOVE?たばこ会社のCSR?何だかなあ・・・」という反応ばかりで、結局「じゃあ・・・、僕でいいのであれば」と参加申し出をいたしたのであります。

そして、サイトの中の「熊本地震支援」のとこにも椛島農園が紹介されているのであります。

で、ともあれ、そんなスタンスだったので特に何もしていなかったし、集まりにも行ってなかったのですが、今年まとまった量の人参の買い取り先のお世話を頂いたので、ご挨拶だけはしておかねば、ということで年末の勉強会と交流会に参加してきました。全国から集まった農家さんは数十人。トゥルースピリットさんや関連会社さんのスタッフさんで十数名。

勉強会の間も思うことは一つ。「うーーーーーん、やっぱり微妙だ。そもそも、今の時代、大地にやさしい農業、というのを全面にだすのって違和感ある。有機です、無農薬です、といって虫に食われたボロボロの野菜を出すより、食べてみて美味しくて、あら無農薬だったの、と思われるようなそんなスタンスで勝負したい。大地にやさしい農業という言葉が冠にくるって、なんだかなあ、なんだかなあ」と頭を抱えました。

そして、場所を居酒屋に移しての交流会。思い切ってぶっちゃけて、周りの農家さんやトゥルースピリットの方に聞きました。

そこで帰ってきた皆さんの声・・・。

「やっぱり、そう思いますよね!名前も、SHARE THE LOVEって、いったい・・・」「そう、そう、ははは」「僕も、そう感じてました。」「私も同じですよ。やっぱりいいものを作っていくことですよね。結果として、環境負荷の少ない農業がもっと広がるといいですよね、そりゃもうもちろん」と異口同音。

ちょっとほっとしました。いろんな話をみなさんとしているうちに、各々の持っているストーリーの面白いこと、面白いこと。技術的な話。環境の話。販売の話。地域地域の暮らしの話。

お、なんだかんだで、こうやってご縁が広がっていけば、それでいいんだ、と。とりあえず、とりあえずでいいからやってみるのがいいんだろうなあ、と。なんでもとりえず受けとめて、活かしていくのだ、と。

とある農家さんと技術的な話をしていて、盛り上がりました。

「それ、いいですね。もっと詳しく知りたい。勉強会したいですね。」
「全国あちこちのメンバーと、どうしたものですかねえ」
「そうだ、オンラインでやりませんか」

横にいたトゥルースピリットの方が「それ、具体的に企画してくださいよ。私たちも、皆さんがやりたいと思ったことをサポートしていきたいんですよ。なんでも言ってください。うちでできることはやりますよ」

とおっしゃって下さいました。具体的には、講師の方の講師代とか、ネット環境作りのサポートとか、そういうサポートを頂くことになるのでしょうかね。お、こうやって、何が何だかわからないけど、何かが動いていくのかな、よっしゃ!と思う夜でした。

すみません、少し強引にちょっといい話にまとめた感じはありますが(笑)、以上、SHARE THE LOVE の紹介でした。続けていればいろんなご縁を頂きますね。

2017年12月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

サーカス

11月27日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、人参、九条長ネギ、キャベツ、カブ、大根、里芋、ゴボウ、さつまいも、

(その他入る可能性のあるもの)
南瓜、セロリ、春菊、ブロッコリ、カリフラワー、レタス、水菜、小松菜、ターツァイ、原木椎茸、ルッコラ間引き菜、玉ねぎ


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。

先週の寒波はすごかったですね。南阿蘇でも-4℃にまで冷えました。霜よけ不織布をかけておいたにもかかわらずセロリやレタスはけっこう傷みました。またいったん暖かくなったのでまだ盛り返すとは思いますが・・・。

寒くなって、ほうれん草もようやく食べごろになってきました。来週から入れられると思います。夏に仕込んだ米ぬかボカシの窒素の効きの読みがちょっと甘くて、生育が遅れてました。そして10月の日照不足でヒョロヒョロに。でも、ちゃんと盛り返しました。夏に入れた養分が今じわっと効いているようです。これから寒くなってどんどん甘くなってきます。復活万歳。

aIMG_20171127_100305.jpg

人参、本格出荷スタート。今日は50㌔の収穫。甘くなってきました。

aIMG_20171127_095738.jpg


先週、お得な券をいただいたので、家族でサーカスを見に行きました。

aキャプチャ
(木下大サーカスHPより)

多分人生初のサーカス鑑賞。まったく事前情報を入れないで見に行ったのですが、それゆえに!!!!!の連続でした。有名な木下大サーカス。ライオンやシマウマ、象が登場する演目や、バイクを使った曲芸、空中ブランコ、ジャグリング、マジック、ピエロのコントなど、超てんこ盛りな2時間の公演でした。

芸のひとつひとつは、それはもうすごい迫力で、圧巻でした。感動しました。子供も、微動だにせず芸に見入っていました。

が、・・・。

これまたいつものパターンだなあと思うのですが、

曲芸そのものよりも、気になる、気になる、もっと気になるいろんなこと・・・。

空中ブランコや綱渡りなどのアクロバティックな芸をしている人たちは、どう見ても若い人たちだけど、何歳くらいで引退なんだろじか・・。これだけのことが出来るようになるまで、どれくらいの質と量の努力を続ける必要があるんだろうか・・。

やっぱり体操や新体操の経験者ばかりが入るんだろうなあ。大学体操部のツテなどでリクルーティングするだろうか。仮に35歳で引退するとしたら、その後はスタッフとしてどのくらいの人が残れるんだろうか。セカンドキャリアってどうなんだろう・・・。

体操が好きで、体操を続けられる仕事につきたいと願う学生さんがいたとして、就職先をサーカスに決めて、そんでもってそれを親に報告したときにその子の親はどんな気持ちで何を言うのかな、怪我の可能性や将来の安定を考えて心配するのかな、それでも好きなことを続ける子供の気持ちを嬉しく思い背中を押すんだろうなあ。

給料は何で決まるんだろうか。年功序列なのか?いやいや、芸の難しさ?だとしたら、今日のこのステージで登場した数十人の中で、ライオンつかいのイギリス人の方が一番高給取りなのか?

そう、こういう仕事の方って、生命保険ってどうなんだろう。死ぬことはそうそうないだろうけど、怪我や入院ってけっこうあるだろうし。普通に入れるのかな。業界の共済みたいなものってあったりするのかな。

とかなんとか、そんなことが気になってしょうがないのでありました。いやはや・・・(笑)

こんな時だよねえ。人は、「お疲れ様でした。一杯飲みにいきましょう。話を聞かせてください」と声をかけたくなるんだよなあ。作家さんなら、話のひとつでも書きたくなるんだろうなあ。ま、僕はほぼ飲みませんが、それでもそういう気持ちになります。

こんな気持ちも、ひとつの感動の表れなのかな、と思ってみたり。

人と話すのは苦手だけど、人生というものの面白さにはメロメロなんだなあ。サーカスにやられました。団員達に幸あれ!!


2017年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |

» 次のページ