太陽熱養生&ことぶき農園

7月16日(日)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、ゴボウ、トマト、ミニトマト、にんにく

(その他入る可能性のあるもの)
キュウリ、キャベツ、空心菜、つるむらさき、バジル、枝豆、大葉、ゴーヤ、オクラ、かぼちゃ


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下ブログ本文記事です。田畑の様子と、太陽熱養生処理についてと、ことぶき農園の紹介。


夏本番の到来ですね。ほんとに、ここ数年の夏の日中の気温の高さにはお手上げ感いっぱいになります。日中の激しい作業は、ちょっと命がけなものを感じます。体を激しく使う作業は、朝夕に。

というわけで、日中のブログ書き。ありがたや。どんなに暑くても8時~17時で作業せざるを得ない建設土木関係の方々にはただただ頭が下がるなあ、と思いつつ農家の特権をかみしめてます。

畑の様子。

自家用の、ポッポコーン用トウモロコシ。台風で完全に倒れてしまいましたが、見事に復活。トウモロコシは強いです。いつの間にか起き上がって花も咲き始めました。

aP7160027.jpg

茎の上でぽにゃぽにゃ伸びているのが雄花です。上から花粉が落ちてきて、この

aP7160021.jpg

雌花に触れると、受粉成立となります。雌花のひげ一本一本が、とうもろこしの粒一粒一粒から伸びています。ということを最初に知った時はえらく感動したのを覚えてます。


2回目に蒔いたキューリ。台風で傷んだ時はまだ小さい苗の状態だったのでダメージも大きくなく、復活しました。これまたひと安心。今週の金曜の出荷分から入れられそうです。

aP7160022.jpg


草に負けそうになりながらも、まあなんとかなった感がでてきた稲。あと1回は除草に入りたいなあ・・・。この時期、小道や畔の刈った草がすぐに太陽の熱で焼けて赤茶色になります。緑と茶のコントラストに、農繁期のダイナミズムを感じます。

aP7160016.jpg


田んぼでヒラヒラ。ハグロトンボの雌。ちなみに雄は、メタリックな緑色。

aP7160009.jpg


冬人参のための、太陽熱養生処理をしました。簡単に言うと、土壌をビニールで覆うことで何年もかかる土作りを数週間で行うという技術です。

aP7160033.jpg

決め手は、適切な量と質の有機物と、酵母菌を入れることと、水分が多い状態でビニールを張ること、なのだそうです。酵母菌は、パンや酒造りでその働きが活かされるのと同じように、土壌中でも二酸化炭素を発生させます。その、二酸化炭素がポンっ!と弾ける力で土の固い部分を壊していく、というイメージ。

さらにそうやって出来た空間に、堆肥中にある納豆菌のネバネバ力で保水力やホコホコ感がプラスされると、団粒構造のすばらしい土となります。ビニール内は高温になります。その日の最高温度×日数で900℃~1000℃位が仕上がりとしてはベスト、と言われてます。50℃で、20日。カビなどの土壌中の病原菌も死んじゃいます。野菜にとっては天国のような土となります。

おまけに、雑草の種も焼けちゃいます。機械で張る場合にビニールが使い捨てになることだけが問題ですが、プラス面とマイナス面を考えた時に、「そりゃ、やるでしょ」というわけで、いまや有機農業者の中での基本的な技術となっています。と、なんだか偉そうにうんちくを書きましたが、うちもまだまだ試行錯誤手探り中。今年は、400m位張りました。あともう少しは張ります。初めてしっかり酵母菌を入れ込んだので結果が楽しみではありますが、さてはて、うまくいくかな・・・。



最後に。

一年前に、うちでの研修を経て近所で独立新規就農したトシマ君の畑が元気です。つい、嬉しくなったので一枚パシャリ。

aP7160035.jpg

この畑の土も、なかなかに痩せていて夏野菜がうまく育つかどうか心もとない感じだったのですが、いい感じです。トシマ君が、しっかりと世話をしている賜物だと思います。うちの畑よりも、世話が行き届いてます。

人は、やるべきことに集中していると、いい顔をしますね。人それぞれ持ち味やら長所といったものがありますが、トシマ君の場合は、強味のひとつが「目の前のことに集中して、背伸びしない」という姿勢なのかな、と見てて感じます。

「こういう勉強会、一緒に行く?」「あそこの田んぼ植えていいっておっしゃってるけど、自家用にでも植えとく?苗やうちの余り苗で足りるし、植えときなよ」と言っても、

「いや、とりあえず今の自分にはまだはやい内容だからやめときます」「まずは野菜に集中したいからやめときます」と。僕は「いや、いいから、とりあえず行こう。植えときなよ、自家用だし」と強く勧めるようなタイプではありません。人を自分の土俵に無理にあげたり、人の土俵にずかずか上がるのは嫌いです。いやいや、人に何かを強く勧めるほどには自分のやってることに自信がないというのが正しいかな。

ま、とにかく、そうやってあれこれ手を広げすぎずに目の前のことに集中して手をかけていくと、露地栽培のミニトマトもこんなに茂って病気も入らず、こんなに美味しいのか、と関心しました。

吉川英治氏が、作品中で宮本武蔵の言葉として語ったこのフレーズ、「我以外みな我が師」が思い出されますなあ。

トシマ君と奥さんのひろこちゃんの農園、ことぶき農園さんのFBページはコチラです。おしゃれな雰囲気や、色とりどりのお野菜が、うちとは全然違った雰囲気。いい感じです~。うちのお野菜をとってくださっている方でも「もっとカラフルな野菜のセットなど食べてみたいわ」という方はどうぞご注文されてみてくださいね~。

スポンサーサイト

2017年07月16日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

オロオロ願う

7月10日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、モロヘイヤ、ゴボウ、トマト、ミニトマト

(その他入る可能性のあるもの)
キュウリ、キャベツ、空心菜、つるむらさき、バジル、インゲン、大葉、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下ブログ本文記事です。


福岡・大分の大雨は、大変な被害をもたらしましたね。梅雨の後半のこの時期の雨の降り方は、恐ろしいものがあります。5年前の7月12日は、阿蘇で一晩に500mmという壮絶な雨量がありました。うちから10分位行った地区でも亡くなった方もでました。

今回被害が大きかった地域では、5年前の大雨でも川があふれたそうです。なんとも言葉がでません。これからまだしばらくは大気が不安定な状態が続きそうです。どうぞお手柔らかにと願うばかりです。

南阿蘇も、今回の被災地と比べるとなんてことない状態ですが、台風や大雨の影響がありました。あちこちで木が折れたり、ビニールハウスが潰されたりしてました。うちも、トマトのハウスが危うく飛ばされそうになったり、夏野菜が風にあおられてボロボロになったりしました。一時的に夏野菜の生りが悪くなりそうですが、結果的にはそれほど大きな被害にはならなそうなので、よかったです。

心配した川の氾濫や土石流も起こらず、よかったです。地震で地割れが入った山の斜面もまだ不安定です。もし、今回の福岡・大分のような雨が阿蘇にふったら、間違いなくどこかでまた大きな被害がでたことでしょうから、とりあえず一安心。まだ油断はできませんけど。

そんなわけで、台風・大雨・その後も降ったりやんだりでスッキリせず、蒸し暑さだけは増す一方。そんな感じの毎日です。夏空が恋しい・・・・。


畑の様子。

土が全然乾かず、畑に入れない日々・・・。ネギも、草に負けそうな雰囲気に・・。うーん・・・。

aP7090030.jpg

南瓜がそろそろ収穫スタートです。品種は、昨夏に好評だったケイセブン。甘みが強く、ホクホクした食感は栗のようです。

aP7090026.jpg

葉っぱが傷んで苦しい状態の夏野菜を横目に、水が大好きな里芋は絶好調。

aP7090045.jpg

野菜によって、「どのくらい水に浸っても根が傷まないか」という時間は異なります。日本で今普通に食べている野菜は、乾燥した地域が原産のものが多いので、加湿には弱いです。丸一日水に浸ったらダメになるものも多いですが、里芋は丸3日はOKなのです。

畑の水はけが悪い一角に、緑肥を播いてます。緑肥とは、イネ科やマメ科の草(牧草)で、茂らせた後に収穫をせずにそのまま粉砕してすき込んで肥料として活用するようなものです。

P7090049a.jpg

この一角に蒔いたのは、、セスバニアというマメ科の草です。2m位の高さに茂り、根っこもグングンとまっすぐのびて地表の下数十センチにある、水を通さない層を突き破ると言われています。根っこが枯れた後はそのままその空間が水の通り道となり、表層の水はけが劇的に改善するのだとか。今回初めて播いてみました。

aP7090052.jpg

このまっすぐ伸びた太い根と、細いひげ根についている粒粒がポイントです。この粒粒には、根粒菌という細菌がついてます。

根粒菌は、空気中(つまり、土の中にある空気中)の窒素を固定します。大気の8割は窒素なわけですが、気体では植物は吸収できません。それを、気体ではなく植物が根っこから吸える形に変えてくれるわけです。窒素は動物でも植物でも菌体でも、細胞の材料となる重要な元素なのです。化学肥料がなかった時代にはマメ科牧草は重要な窒素供給源だったのです。根粒菌さん、頼みますっ!

蛇足ですが、空気中の窒素が、雷によって水溶化され、雨で大気中に落とされるということは有名な話です。昔から、雷が多い年は稲が豊作だったとか。むろん、すべての原子についてもそうですが、特に人間になじみの深い窒素や炭素がどのように地球の表層と大気を循環しているかに関心をむけると面白いです。

突き詰めて考えると、やっぱり般若心経の世界なんだろうなあ。色即是空。空即是色。あなたはわたし。わたしはあなた。わたしもあなたも星屑が形をかえたもの。

別に僕は全然スピリチュアルな感性は無いですが、目の前の慌ただしさにココロが折れそうになった時は、そんなことに思いをはせてはっと正気に戻ります(笑)

そういう意味で、知人が勧めてくれたティック・ナット・ハン氏の講和はジーンときました。氏は、ダライラマ14世に並ぶ現代の高僧と称される方です。今はやりのマインドフルネスの指導を世界中の方に長年行ってきたことでも有名です。こういう話がお好きな方はこちらもどうぞ。。あっ、やっぱ気が付くとこういう話になっちゃうなあ(笑)



雨にも負けず、元気な野のいきものたち。

ホタルブクロに、

aP7090034.jpg

ラミーカミキリ。

aP7090041.jpg

息子がラミーカミキリ大好きとなり、狭いかごの中にうじゃうじゃいます。シュールな光景・・・。


それにしても、はやく、梅雨があけないかなあ。オロオロ願う位しかできませんが、ま、そんなもんでしょう。ボチボチいきます。

2017年07月10日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

畑の様子&種子法

7月2日(日)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、きゅうり、キャベツ、トマト、ミニトマト

(その他入る可能性のあるもの)
モロヘイヤ、空心菜、バジル、インゲン、セロリ、間引きごぼう、大葉、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下ブログ本文記事です。畑の様子をアップしてみます。



蒸し暑い日が続いている南阿蘇です。結局今のところ空梅雨状態です。ほどよい降り方で、野菜は大喜びしてます。火曜日には台風がやってくるので、まとまった雨になりそう・・・。そして、強風で野菜が傷まないような対策も必要です。

あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ。今日はせっかくのいい天気だったけど、急ぎの雑用や地区の草刈りで畑に入れず。どんどん時間が無くなっていくのを実感中の40歳であります。いやはや・・・。この夏も、手が回ってないなあ。おかしいなあ、今年はペースを落としてるはずなんだけど。農繁期、恐るべし!(笑)



今年は、自作の肥料の効きが良すぎて夏野菜にアブラムシが来てました。ちょっとまずい雰囲気だな、と思っていたところにほどよい雨が降ってアブラムシもいつのまにかいなくなり、いい感じです。

自然の仕組みというものは、面白いです。アブラムシの数もすごかったのですが、少しずつアブラムシを食べるテントウムシがどこからともなくやってきて、みるみるうちにこれまたものすごい数になりました。

きゅうりも、見事に復活。台風で傷まなければいいけど・・・。

aP7020197.jpg


ナスも、復活。

aP7020190.jpg

その立役者。ナナホシテントウ、の蛹。うじゃうじゃいます。ありがとう~!

aP7020193.jpg

検品の時に外しますが、こんなのも時々あります。

aP7020186.jpg

aP7020169.jpg


ジャガイモ収穫中。とりあえずすぐに出荷する分だけをちょこちょこと掘ってます。梅雨明けに、機械でいっきに掘りあげる予定です。新しく借りた畑で土に力が無く、こんなに天気がよかったのに収量はボチボチ。でも、美味しい。ま、よしとしましょう。

aP7020103.jpg

aP7020104.jpg



畑の片隅の、ゴボウ。去年の春に種を播いて、冬に収穫していた大浦ゴボウの残り。そのまま畑に放っておいたもの。

aP7020205.jpg

花が咲き始めました。花の後に出来る種を採る予定です。

aP7020200.jpg

去年採った種も春に蒔きました。今のところすくすく育ってます。間引きゴボウとして出荷しております。てんぷら、サラダ、チャーハンの具に、炊き込みごはんに。特に香りが最高です。

aP7020207.jpg

あまり自家採取には熱心ではない椛島農園ですが、時々はやってます。やっぱり、気持ちが良いものです。

種子と言えば・・・。今年の春に「種子法」という法律の廃止が決定されました。あまり話題にはのぼりませんでしたが、有機農業関係者にとっては大きな出来事でした。

状況をかいつまんで説明するとこんな感じです。

これまで米や麦、大豆などの品種改良は、国が責任を持って行っていました。そのことを明記していたのが種子法です。戦後に、食料の安定供給を確実なものにするために作られた法律とも言えます。

「もうそういう時代は終わった」「種子法の存在で民間の参入を事実上拒んでいるのはおかしい。野菜の種子がそうであるように、自由競争にすべきだ。」というのが廃案に至る論理だったようです。そういう政府の主張に対して、反対の声ばかりがあがっていたにも関わらず、大した審議も行われずあっというまに廃止法案が通ってしまいました。

そもそも種子は長い長い時間をかけて人類が作り上げてきた「公共財」だったのですが、現状では種子会社による「種子の私有化」が進みつつある、というのが一番の問題であるともいえます。種子法の廃止は、その傾向をますます強めるのではないかと危惧されています。

考えてみたら、お米は毎年種を取り続けています。考えたら、モミにくるまれたお米というものは、そのまんま種子ですもんね。生命そのもの。何千年の間、種子は基本的には買うものではなくつなぐものだったのかも。

aP7020151.jpg
(田植えから1か月弱。だいぶ大きくなってきました)

反対する側の意見として分かりやすかったのが、龍谷大学経済学部教授・西川芳昭さんの説明。参考までにどうぞ。


さて、いよいよ本格的に暑い時期を迎えますね。皆様熱中症にはお気を付けくださいまし~。

2017年07月02日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

農繁期

5月15日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、間引き人参、レタス、スナップエンドウ、新玉ねぎ、(間引き)大根、カブ、にら、セロリ

(その他入る可能性のあるもの)
ブロッコリー、(間引き)白菜、キャベツ、チンゲン菜、春菊、小松菜、二十日大根、にんにくの芽、ズッキーニ


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

暑くなってきましたね。昨日は今月3回目の25度超えでした。まだ体が慣れてないので水分補給に気を付けながら、黙々汗汗焦焦の農作業の毎日です。

それにしても・・・・。いろいろ作業が重なってしまう今の時期はどうしても目の前の作業に追われ、気持ちに余裕がなくなってくるなあ、と今年もまた痛感中です。視野も狭くなってくるのが良く分かり、踏ん張りどころ。まさに、農繁期、です。田植えと玉ねぎの収穫が終わるまでのあと2、3週間ぐらいが山場かな。

大体このブログも「いろいろ書きたいことあるけど、やめときます」ということが多いけど、すんません、今日は特に書きたいことも思いつきません(笑)

ま、こんな日もあっていいでしょう。何でも、続けていくというのは大変なことですねえ。

峠の先にはどんな景色が見えるんだろうか・・・。それを思い描き、今日もまた一歩一歩、だな。

aP5140308.jpg

aP5140329.jpg

aP5140333.jpg

aP5140319.jpg

aP5140334.jpg


2017年05月15日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

南畑に涙する

10月2日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ピーマン、ニラ、長ネギ、四角豆、間引き人参葉、

(その他入る可能性のあるもの)
ナス、オクラ、つるむらさき、にんにく、間引き大根、かぼちゃ、いんげん、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


秋の端境期に入ってしまいました。夏野菜はくたびれてきて、なおかつ秋野菜はまだ仕上がっておらず・・・。そんな期間です。10月半ばにかけて、箱数を減らしての出荷をいたします。まことに申し訳ありがませんが、発送スケジュールを調整のうえ「今週(来週)お休みを下さい」のご連絡をさしあげますね。急な連絡となってしまう場合もあります。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。



稲刈りと、新米のお届けまであと3週間ちょっととなりました。いい具合に、昨年のお米の在庫がちょうどなくなりそうです。感謝申し上げます。まだもうだけ少し余裕があります。ご注文、お待ちしております。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、今現在は野菜の種類や量が少ない時期です。単発のセットご注文、定期購入の新規お申し込みは今月半ば以降までお待ちくださいますようにお願い申し上げます。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。


ひどい!!!!!!!

ひどい、暑さです。10月に入ったというのに、今日の日中は30度を超えました。そしてすごい湿気。そしてまた台風接近中。うーん、うーん、厳しい・・・・。

9月中旬では、西日本~東日本ではかなりの日照不足でした。関東の一部の地域では、この60年ほどの観測史上で最小だったとか。そして福岡では9月の降水量が観測史上2番めだったとか。昨日今日の気温は、各地で10月の最高記録を更新したのだとか。うーん、うーん、やっぱり厳しい・・・。

というわけで、影響をもろにうけて、涙がでそうな状況になってます。

水はけが悪い「南畑」。白菜やキャベツやブロッコリを植えてます。

aaIMG_9137.jpg

白菜はこんな感じに。

aaIMG_9115.jpg

ダイコンサルハムシや、

aaIMG_9141.jpg

キスジノミハムシが、

aaIMG_9102.jpg

大発生中。ちなみに日本には「○○ハムシ」と呼ばれる仲間のハムシが500種類いるそうです。イタドリハムシ、ヤナギハムシ、ウリハムシ、etc・・・。それぞれ食べる植物が違います。競合しないように進化するという生存戦略。人間にとってもハムシの戦略は見習うべきものがあります。

って、感心してる場合ではありません。ひたすらに、ダイコンサルハムシを潰します。潰して潰して潰します。すまん、本当に。ごめん、本当に。この10日くらいで軽く1000匹以上はは潰しました。

この南畑に限らず、いまうちのアブラナ科秋冬野菜の一番の課題がこのダイコンサルハムシです。おそらく、昔は阿蘇にはあまりいなかったムシです。なぜなら、寒くて越冬できなかったから。ところが、温暖化で成虫が越冬できるようになり、数がガンガン増えてると思われます。防虫ネットをしても、太陽熱養生処理をしても、結局土の中からポコポコと湧いてくるように出てきます。

だとしたら、ムシが食べたくなくなるような野菜にしていくしかないです。窒素肥料を控えめにして、しっかりと光合成をしてもらい、炭水化物を作る。炭水化物で丈夫な繊維を作り、ムシが細胞の液を吸いにくくする。てな感じの理屈です。

そしてその大前提となるのが、水はけです。根っこが呼吸をできないと、光合成をしようにもその活動エネルギーが得られません。この南畑、水はけが悪いのでかなり高畝にしたのですが、それでもまだこの天気のもとでは甘かったようです。根がふやけて萎んでいく「根腐れ」の白菜も多発しました。ムシがつくから元気が無くなるのではなく、根っこが酸素を吸えずに元気がなくなるからムシがくる、という因果関係なのです。

畑の面積が足りずに、家のすぐすぐ近くなのでつい借りてしまった畑なのですが、もとは田んぼ。しかも、地下水位が高く土が乾きにくいいわゆる湿田。畑として使うには、かなり手をかけて溝を掘ったりしないと無理みたいです。

と、わかってはいたのですが、どこかで楽観的になりすぎてたようです。去年じゃがいもや里芋を植えて梅雨に水浸しになって散々な結果だったので、「梅雨をはさむ作物は無理。夏以降に植える秋冬野菜なら高畝にすれば大丈夫だろう」という判断をくだしました。そもそも、他の畑に一部を植えるというリスク分散をしたかったのですが、地震の影響で植え付け可能な畑の面積が今年は減ってしまって苦肉の策で南畑にけっこうな量の植え付けをしました。

キャベツやカリフラワーも、生育悪し・・・。ほんとに、今朝も涙が出る一歩手前の状態で畑にたたずんでしまいました。

まあ、やれることだけはやっておきます。孫守りと畑の手伝いに来てくれた父にお願いしてとりあえず草はとっておきました。

aaIMG_9138.jpg


というわけで、この冬の白菜はほとんどお届けできないかもしれません。キャベツも少なめになってしまうかもです。ああ、苦しい・・・。でもまあ、前をみていきます。今年から借りて、今は緑肥を撒いている畑は水はけはよさそうです。気を取り直して来年に向けての土作りをしていきます。


なんとか救いなのは、「南畑」はボロボロですが、「家の前畑」や

aaIMG_9153.jpg
(早植えしたキャベツがだいぶ膨らんできました。収穫まであと2週間かな・・・)

「上畑」はまずまずの雰囲気。やはり長雨の影響で土が締まってしまい、ちょっとやばいかなという畝もありますが、しっかりと準備をしておいた人参や玉ねぎ苗などはかなりいい感じで、癒されてます。

aaIMG_9150.jpg

aaIMG_9146.jpg



ひさしぶりのウーファーさん、なゆこちゃん。

14527571_1774846546137251_1505823738_nk.jpg

1週間、いろいろ手伝ってくれてありがとう。お世話になりました。ダイコンサルハムシ潰しも頑張ってもらったのに、結局白菜だめになりそうで、申し訳なさいっぱいです。ごめんなさいねえ。

普段あまり学生さんと接する機会も少ないのですが、いろいろ将来やりたいこととか、今行ってるインターンの話などきかせてもらい、若いのにしっかりしてるなあ、と感心しきりでありました。

てなことを思わず書いてしまうあたりが、すっかりオッチャンになってしまったなあ、と自分を客観視して思うのであります。いやー、歳をとって、自分の成長の無さに思わず笑えてしまうなあ。ま、いっか。

2016年10月02日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |

» 次のページ