隣人たち

4月11日(土)

蒸し暑い一日でした。日中ずっとTシャツでした。もうそんな季節なんだなあ、としみじみ感じてしまいました。

昨日、人参やごぼうの播種などでけっこう動いたので、今日はまた休息モードとしました。朝一番に、仕事のリストアップ、優先順位付け、農作業の予定の確認などを2時間ほどかけて行い、頭をかなりすっきりさせました。いい気分になったところで、昼からの来客の予定に備えて久しぶりに家の中をきちんと掃除して、これまた心地よい気持ちとなりました。

さすがにここまできちんと休むと、疲れの峠も超えてきたような気がします。ここで無理をしないで、敢えて、もうちょっとしっかり休息モードを続けることにします。


疲れない程度にちょこちょこと続けていたトイレリフォームも、大体仕上がりました。

100411トイレ

今回の施工で、針葉樹合板とオイルステインの相性の良さに気づきました。他の場所でも使えそうな組み合わせです。わくわくです。針葉樹合板は輸入材であることや、接着剤などの質が多少気になりますが、とりあえずのリフォームに見合った材ということで、「あり」といった感じです。素人なりに、見た目の綺麗な施工がローコストで出来るところはやっぱり魅力です。例えば、もっときちんとした家作りなどをするときは、やっぱり無垢材などを使いたいものです。まあ、そのうちですね(笑)

いやー、それにしても、家いじりは楽しいっす!




ご近所のさくらさん。とってもキュートです。レオのお友達です。

100411さくら


あのー、アスパラ踏んでいるんですけど。。。




お隣の婆ちゃんのネコ。

100411おとなりネコ

柄はレオさんそっくりですが、なかなかワイルドです。近づくと逃げるので、ズームにて撮影。なのでちょっとぶれています。

隙あらばうちの玄関を開けて、レオさんの餌を食べにきます。その間、レオさんは「おい、俺のご飯を食うなよ」という態度は全くみせずに、「どうぞどうぞ、食べて」と言わんばかりに彼らが食べるのを見ているようです。ネコがよいのやら、小心者なのやら。。。(笑)

あまりのワイルドさゆに最初は「なんて可愛げがないのだ」とあきれていましたが、そのふてぶてしい態度が一度はまると癖になってしまいます。彼らの鋭い眼光をみて、愛着と尊敬を覚える隣人椛島であります(笑)。いやはや、生きものがいる暮らしは、いいものですね。




スポンサーサイト

2010年04月11日 哺乳類 トラックバック:0 コメント:0

何ネズミ?

今日も寒かったです。

突然やってくる、かつ大事な仕事に対して迅速に対応できるように、先手先手で仕事を進めるように心がけています。

ご近所のお葬式とか、ちょっとした手伝いとか、「これ急いで片付けてくれるならあげるよ」などという話とか、はたまた突然の集中豪雨への対策とか・・・。

仕事に追われずに、仕事を逆に余裕を持って創造できるようになりたいものですね。

ここのところ、なんとか追われてはいないなあ、という感じがしてなかなかよい気分です。

今日も、ご近所でこういう光景を目にして、

0217takeyama.jpg


急きょ予定変更。竹を自分で切り出し、運ぶのは大変な仕事ですが、「片付けのため切り出した。燃やす前に、いるだけ持っていきな」ということだったので、こりゃラッキーだ、と思い

0217take.jpg


1時間半ほどでこれだけ調達。仕事に追われている状態だと、目の前の「今しなければならないこと」に負けてしまいます。そして、この1時間半が捻出できないばかりに、どっちみちやらねばならず、あとあとその数倍の時間をかけて切り出しから自分でやらなくちゃ、という状況になります。

いつもいつもは、こううまくはいきませんが、先手先手はやはり心がけておきたいですね。

さて、春を待ちわびて動き出す生き物達。

オオイヌノフグリ。

0217fuguri.jpg


どこにでもある草ですが、1890年頃にヨーロッパから入ってきたのだとか。

サトイモの在庫チェックのために、畑の脇の貯蔵穴を掘り起こしていたら、

0217hatuka.jpg


野ネズミ。残念ながら種類がよくわからないのが自分としては気分がすっきりしないです(笑)
ヒメネズミか、ハタネズミか、ハツカネズミか・・・。
いずれにしろ、都会の下水道を駆け回る大型のネズミたちとは大違いの可愛さですね。

でも、彼らはよく我が家の猫レオさんの狩りの餌食となっています。生きのびるというのはなかなかすごいことですねえ。

2008年02月17日 哺乳類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |