カレーライス

12月18日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、人参、サトイモ、大浦ごぼう、大根、ほうれん草、カブ、セロリ、チンゲン菜、かぼちゃ、

(その他入る可能性のあるもの)
キャベツ、春菊、小松菜、水菜、みぶ菜、ルッコラ、サツマイモ、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、この冬は野菜の不作につき、ぼちぼちお休みをいただきながらの出荷を続けております。定期購入の新規のお申込みや、単発のご注文も、来春5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんだけぼちぼち入れてください」というご注文は冬の間も承りますね。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。

なんだかもうすっかり年の瀬ですね。いろいろと年末的な忙しさを味わいながら日々を送っております。

今朝も冷えました。

aPC180031.jpg

納屋の温度計は、-6度。凛とした山里の空気。好きだなあ。


昨日は、我が家で大勢集まっての忘年会。こういうのかなり久しぶり。大人17人、こども14人。子供はずっと氷点下の夜空の下で遊んでましたけど(笑)、よくぞこの人数が狭い家に入ったもんだなあ。

aPC170017.jpg

企画者のりこは「こんなのいつ以来だろう」とたくさん飲んで超ごきげん。

aPC170020.jpg

たまたまのタイミングで来てくれていた祖父母パワーも借りて、いい感じで酔っぱらってました。妊娠、出産、授乳、寝かしつけ、という子育て期間はそうそう深酒はできませんもんね。子供の群れに入って遊ぶ長男や、みんなとはしゃぐ妻を見ながら、「お、いつのまにやら、もうそういうステージに入ったのかあ」としみじみ夫としてもうれしい夜でした。まっ、僕は風邪気味&食べ過ぎ、飲みすぎ&(自分ちなんだけど・笑)人の多さに酔ってグデグデでしたけど。



さて。ちょっと映画の紹介です。

最近の邦画ブーム、すごいですね。「君の名は」とか「この世界の片隅に」とか、見に行きたいなあ。

と思いつつ、紹介したいのはコチラ。


320.jpg




武蔵野美術大学のゼミの活動を記録した映画です。その活動とは、タイトルにあるように、「カレーライスを一から作る」というもの。野菜やお米はもちろんのこと、使う塩も海水から作り、お皿も土をこねて陶器を作るというこだわり様。もちろん、飼った鶏をさばいて肉にしていただくのも全部自分たちの手で行います。

仕掛け人は、武蔵野美術大学の教授である関野吉晴さん。関野さんは、探検家でもあり、医師でもあります。探検家として様々な活動を40年以上にわたり続けてこられきた人です。アフリカで生まれ、南米大陸の南端まで移動していった人類の旅を、逆ルートで自転車やカヌーや犬ぞりを使って行うという「グレートジャーニー」は、関野さんの行った大冒険として有名です。


関野さんのHPはコチラ

キャプチャaaa


こういう映画ですから、上映されるところは少なく、全国でも数館しかないようです。僕も見られていませんが、関野さんがこの映画について語るラジオ番組を聞きました。

本当は、大学生にではなく、もっと若い子供のうちにこういう体験をさせたいのだけど、とおっしゃっていました。確かに、子供のうちにこういう体験ができたらステキです。

うちの暮らしも、まあまあこの映画の世界観に近いことをやってますが、良くも悪くもなんだかすっかり「慣れて」しまい、「いただきます」と口に出していうだけで、普段の暮らしではもはやあまり「命をいただいている」ということを意識しながらご飯を食べるということはあんまりないのが現状です。家畜の肉だけでなく、野菜だってお米だって細胞核の中にDNAを持つ「命」であるんですけどね。

植物以外のあらゆる生き物は、結局ほかの命を食べることでしか生きていくことは出来ないのが事実です。悲しい事実だなあ。生きて、死んで、他の生き物のエサになり、残った有機物やミネラルは微生物のエサとなり分解され、その微生物もまた死んで肥料となって植物に吸収されていきます。農業に携わっていると、物質の循環ということをものすごく意識します。

とにかく、食べることは生きることであります。この悲しい業から逃れることは出来ない。なので、僕は思うのです。死んだら、畑の肥やしにしてもらいたいし、微生物のエサにしてもらいたいなあ、と。死ぬのも、やりたいことやって後の世代に繋ぐものを繋いだら、昔の人がそうだったようにあっさり死にたいなあ、と。うむ、我ながら過激だ(笑)。あんまり過激なのも何なので、ま、土葬にしてもらえたら最高だなあ、と。

まあそうやって微生物に食べられていく自分を想像していくと、なんだか気持ちがふわっとしてきます。わかります、この感覚?。ちょっと変かな(笑)。考えてみれば、僕らの体を構成する元素は、もともと宇宙のちりや星屑だったものなわけです。

うーん、妄想思索がとまらん。この変でやめとこうっと。

皆さま、年の瀬の忙しさ、がんばってまいりましょう。お風邪などめされませぬように。


スポンサーサイト

2016年12月18日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

7月20日(金)

大雨から1週間が過ぎました。すっかり暮らしは元のペースにもどりました。まだ、被害が大きかった阿蘇市の一部の地域では落ち着いた状況ではないところもあるようですが、周りはのどかな雰囲気をとりもどしてきています。

それにしても、なかなか梅雨があけません。ここ数日も、昼ごろには雷がごろごろ鳴り出し、激しい雨が降っています。大雨が降り続く、という天候からは抜けたようですが、梅雨明け快晴、というまでにはまだしばらくかかりそうです。

1ヶ月以上、まともに畑が乾いていない状態が続いています。秋の野菜を植えつける畑を耕して、草をやっつけたいところなのですが、後手後手になってます。隙をみて耕せども、その度に雨で表土が流れ、地が固まり草がまた元気になる、ということを繰り返すこと数回…。ああ、むなしい(笑)ほんと、天気ばかりはどうしようもありません。もうちょい我慢かなあ。

それでもまあ、なんとかなってはいます。

畑の様子。

キューリの2回目。今年は支柱をひと工夫しました。いかに時間をかけずに、お金をかけずに、それでいて丈夫な支柱を立てるか、いつも頭をかかえています。

DSCF0047kyuri.jpg

ミニトマトはいまのところ元気です。

DSCF0012mini.jpg

ゴーヤも元気です。来週から、セットに入れられそうです。去年、この場所は秋かぼちゃを植えました。近くの耕作放棄田んぼに生えている葦を刈ってきて、敷き藁がわりに敷き詰めました。かぼちゃ収穫の後に、トラクターで耕して葦をすきこみました。おそらく、その効果だと思います。やっぱ、どれだけ有機物を畑にいれるかが重要なようです。改めて実感中。

goya.jpg

まあ、ゴーヤの横の草も元気ですけどね(笑)


里芋も、梅雨の前にしっかり土寄せしておいたおかげで、いい感じです。大体、大雨で畝が崩れるのですが、今年はなんとか大丈夫。よかった。

DSCF0053satoimo.jpg

畑からの帰り道。

DSCF0078noudou.jpg


しばらく前に見た、雲海。俵山峠から。

DSCF0007unkai.jpg




 雨



山が山であるのは

谷がそこにあるからだ。

谷が谷であるのは

雨が山を削るからだ。

削られた土は岩は

下に下に流され

積もり平らな大地となる。

いつしか森が生まれ

森は人の手によって

田畑となり、街となる。

そしてまた今日も雨が山を削り

谷は深まる。

僕らの祖先が二本の足で

はるか遠くからやってきて

この地で暮らすようになる

ずっとずっと前から

雨は降っていた。

その事実に気づいた時、

いかずちに頭をたれてみる。

傘をささずに雨にうたれてみる。

そう。もうひとつの時間を、よび起こすために。

雨よ、ありがとう。

2012年07月20日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:3

ひとりごち

1月28日(土)

日差しはいまいちでしたが、気温は高め、あたたかな一日でした。

作業は、出荷、来週の出荷の仕込み。

今年は里芋に余裕があるので、ご近所のお世話になっている農家さんに少しだけ卸すことにしました。が…、貯蔵の穴を掘り進めていると、思った以上に寒さで傷んでいることが判明。晩秋のあまりのドタバタで、里芋貯蔵作業のつめをぴしゃりとすることが出来ませんでした。そして、この冬の寒さ。ある程度は想定していたのですが、…。はぁ~、ため息。

何が哀しいかというと、傷んでしまったことはまあ仕方がないとして、芋の検品にものすごい時間がかかるということです。ちゃんと晴れた日の日中に作業しないと、土から掘り出した芋を干していると、寒くて乾かずにそのまんま土ごと凍ってしまう始末。そこまでいくと、笑えてきます。

厳冬を しらしめたるや 芋の土  


先日の光景。

1201雪


納屋の横の杉の枝打ちをしてます。

1201なや

あまりに日当たりが悪く、納屋の屋根が腐ってきています。大家さんと相談してなんとかせんば、と思いつつ、はや5年。こういう時は、「借家ではなく、自分の土地、自分の家だったらもっと大胆にいろんなことに踏み出せるのになあ」と若干ヤキモキです。

右の小屋は、出荷作業の小屋。



正面から。

1201こや

よりによって、真冬の冷え込んだ朝(-7度近くにまでいったようです)に、扉を開けっ放しにしてしまっていました。防寒の布団をかぶせていたとはいえ、中に置いていた里芋数キロがゴキゲンナナメちゃんに。
はぁ~。これまた失敗。

芋にへこんでいて、ふと目に付いた卵。

1201たまご

もともと「殻が薄いなあ。あやしいなあ」と思って小屋に置きっぱなしにしていた卵なのですが、見事に凍って破裂していました!恐るべし、朝の冷え込み。

もったいないので、卵ご飯にしていただきました。


・・・・。


なんと、びっくりの美味しさでした。フローズン状態にすると、黄身のうまみがぎゅっと凝縮されて味わい深くなるようです。正直、今までの35年の人生の中で味わったことのない味でした。おすすめはしたくないですが、おすすめです。



という何気ないことをかきとめつつ、新規就農的雑感。

自分の経験や周りの状況をみるにつけ最新規就農するということは、大変なことだなあ、と最近改めて感じています。親の後を継ぐ場合には、家なり土地なり機械なり、いわゆる「基盤」がそろっていることが多いです。「基盤」がある農家さんでさえ、経営に苦労する時代で、ないないづくしでのスタートは、やっぱりハードなことも多いです。

それでも、開業資金がほとんど要らない僕のような「少量他品目、宅配、有機」というスタイルだと、わりとローリスクである程度「なんとかつつましく楽しく暮らしてはいける」というレベルにはもっていけると言えます。

しかし、そこから先、家や土地などの基盤をしっかり作りたいとか、子供の教育費をどうするかとか、そういうことを考えると、ひと山ふた山待ち構えています。いまのままのスタイルだと、体力が低下してきたら続けられないのは確かだし、どっかでどうにか変えていかなくちゃ、と思ってアイデアは溜め込んでいます。

そんなことを考えていると、つい、どうしても、人のことがうらやましくなることがあります。ああ、あそこは基盤があっていいなあ、とか…。



しか~し、!!!!!!


恵まれているとかいないとか、そういうことは全て相対的なことに過ぎません。自分が、そういう愚かな(そして人間臭い)考えを頂いているといたら、その逆だってあるわけです。実際に、自分は(屋根が腐りかけているけど)納屋もあるし、出荷作業の小屋もあるし、畑も歩いていける距離でまとまっているし、獣の被害も無いじゃあないかぁ!


これから先、時代がどう動いていくかまったく分かりません。ちまちましたことにとらわれないで、もっともっと大局に立って、どんと構えて、「生き物として、しっかり背筋を伸ばして生きていく!」というくらいの気持ちでいかんとなあ。

物事を、ありのままに、きちんと、見ることができるようになれたらいいなあ、と思います。


ひさしぶりにひとりごちてみました。のりが「また何か書いてるのね~。ぐふふ~。」と笑っています。


いや~、楽しい(笑)

2012年01月28日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:1

9・11

9月11日(日)

乾燥した秋晴れの一日でした。

一昨日、「明日は雨が降るぞ~。よっしゃ。チャンス」と思い、キャベツ白菜わさび菜定植、大根、カブ、ほうれん草、春菊、チンゲン菜、みぶな、二十日大根、の播種。

が、雨の予報は肩すかしに。

昨日は水遣りが大仕事でした。空気もけっこう乾燥しています。うーん、ひと雨ほしいところ。


今日は、9月11日。

あれから、10年。あれから、6ヶ月。

いろいろ課題だらけ。未来も、これまでの数十年と比べるとそんなに明るいものだとは思えません。



でも


にもかかわらず 前を向いていく とか

にもかかわらず やれることをしっかりやっていく とか

にもかかわらず ひとりひとりが役割をはたしていく とか


そういう気持ちでいられたらよいなあ、と思います。


何かとネガティブな思い込みばかりしてしまう
私やあなたが

にもかかわらず いい思い込みをしてみる

というのも、よいですね。

 



さて。

鶏の餌のカツヲブシでお世話になっている問屋さんに対して、
ちょっとした失礼をしてしまいました。

同じミスを2回してしまい、さすがに大反省。

お詫びのお電話では、「いいのよ、そんなの」とおっしゃってくださるのだ
ろうなあ、と思い。

それならば

えーい、失礼を承知で、お詫びファックスだっ!

と書き書き。




IMGP3740.jpg


こんなんでいいのだろうか!?というソワソワ。

にもかかわらず、どうせなら、

笑ってもらおう。普通じゃ面白くないや、というワクワク。




それにしても…、



かなり頭皮が目立ちますねえ(笑)
そして、果たしてファックスの白黒プリントでうまく伝わるのだろうか、
という心配も。は~、結局ソワソワばっかりやんか。

まっ、いっか。


2011年09月11日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

臭くてすみませぬ

8月27日(土)

快晴の一日。
長らく続いたじめじめ空模様も終わり、晴れの周期にはいったようです。

一日中、地区のちょっとしたお祭りの準備。朝9時スタートで、夜の11時帰宅でした。

研修生時代から数えると、今の暮らしも7年目です。生き物とともに歩む少量多品目農家というスタイルですと、なんというか、とにかく時間の使い方が独特になります。農繁期の間は、丸々一日休み、という概念がそもそも無くなります。「よし、今日は休みっ」という日でも苗の管理や鶏の世話、収穫、お客さんから頂くご連絡への対応、などは休みというわけにはいきません。

例えばこんな感じ。朝最低限の仕事をこなし、苗の管理などがおちつく昼頃から出かけ。家に戻って、夜は事務仕事。あるいは、朝から夕方までは普通に過ごし、夕方からお出かけ。といった具合かな。人にいろいろお願いして、パーッと出かけてしまってもよいのですが、およそ半年の農繁期の間はついつい、家を空ける段取りを組むよりかは一定のリズムをキープしたほうが楽、という選択となることが多いです。

まあ、そういうメリハリの無さもどうなのかな、と自分でも思うことはあります。暮らしがこの先、ひとりではなく、例えば子供を授かったとして、このままのペースに付き合わせるとなると子供が寂しい思いをするだろうから、変えていこう、とも感じています。

ですが、夏にがんばってこそ、冬のゆったりが可能となります。メリハリにもいろいろあります。一日の中のメリハリ。週の中のメリハリ。季節の中のメリハリ。数年という時間の中でのメリハリ。いろんなことに折り合いをつけて、限られたジンセイの時間を有意義に使っていかんともったいないですしねえ。

はい、そんな状況な中、今日は久しぶりにほぼ丸々一日地区活動に時間を使いました。ついつい、こなれてきて「参加させてもらってありがとうございます。地区に受け入れていただいて、ありがとうございます」という気持ちを忘れてしまいがちになってしまいます。それじゃあ、いかんよ。

うだうだと、このブログにあるような内面の話ばかりが大好きな椛島としては、どうしても人が集まってワーワーする場の雰囲気に物足りなさやちょっぴり落ち着かない感じを抱いてしまいます。これは、田舎暮らしがどうこう以前に、昔からの自分の気質です。外見の超体育会系的なごつさ及びそれゆえに人から頂くご期待と、文科系な内面とのギャップに我ながら困ってしまいます。ジンセイ永遠の課題(笑)。そして、こんな性格でよく単身田舎暮らしをしているということに、いつも自分で自分にびっくり、感心ですわ。

地区の集まりについても同じです。単純に、にぎやかで楽しいなあ、子供がお祭りで喜んでいる姿はいいなあ、というだけでは僕のがっつり複雑な気持ちは収まりませぬ。

でもね、大事なのは、そういうことではないのだよね。人や場にかかわることで、自分が何を得られるかではなく、自分が何をさせてもらえるか、ということ。あるいは、ごちゃごちゃとした自分の感情は、それはそれで棚の上にでも置いておいて、具体的にちゃんととるべき行動をとるかどうか、ということ。仲良くなるかどうか、受け入れてもらえるかどうかということは、目的などではなく、その結果にすぎないのではと思います。それを、誠意というのだろうかなあ。なんてことを、感じております。うーん、恥ずかしげもなく、言葉が臭くてすみませぬ~。


まっ、こういうたわいもない独り言が、「これから田舎に移って農業をしようかなあ、でも俺の性格で田舎でやっていけるのか!?」という方にとって何かのご参考になればちょっと嬉しく思います。


普段僕はほとんど酒を飲みません。ひさしぶりにたくさん飲んだら、案の定夜中に目が覚めてしまいました。いつものことながら、そうなるともう寝付けません。おっさん化まっしぐら(笑)

というわけで久しぶりに、深夜書き書きとなりました。明日も午前中は祭りの片付けです。眠そうだなあ…。まっ、やれることをやっていきましょう。


日は昇り、畑を照らす。

110827畑


それで、いいのだ。


ちゃんちゃん。

2011年08月28日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |

» 次のページ