畑&レオさん

6月28日(日)

最近、朝方生活にはまっています。

日が暮れるまで外で働きます。
風呂に行きます。
その日のうちにしなければならない事務仕事(電話など)だけ終わらせます。
ご飯を食べます。
頂きもののビールがあるときには飲んでみたり・・。
9時半か10時には寝るようにしています。

朝は、いつの間にかだんだん早くなり、今朝は3時に目が覚めてしまいました。

これで、昼寝を1時間くらいすると、いいリズムで毎日が流れていきます。

何か考え事をしたり、スケジュールを組んだりするときも、夜ではなく
朝がいいなあ、と思うようになってきました。

とりあえず何があっても一晩おいてみることで、しょうもない考えが消えて、
ポジティブなアイデアや思考が生まれるようです。

果報は寝て待て。うーん、先人の言葉は深い(笑)

もともと、どちらかというと夜型なだけに、いつまでつづくかな。

北京オリンピック観戦で夜型生活になってしまうのか、と今からちょっと危惧
です(笑)まあでもそんなには観ないかな。時差もあまりないし・・・。
などとまたしょうもない妄想ですね。

また、ここ2,3日のことをまとめてupです。


畑の様子。

ジャガイモです。早く植えたものはどんどん掘っています。
遅く植えたものは、こんな感じで草の中です(苦笑)

080627ジャガイモ


雨が激しいのと、土寄せが足らなかったのとで、こんな感じでイモが出てしまってます。

080627ジャガイモ出てます


きちんとほりあげるには少し早く、そして一気に掘る手間もとれないので、
応急処置的に再度土寄せです。

080627ジャガイモ土寄せ


いまさら、という気もしますが(笑)、やれることをやったあとは気持ちがいいものです。


サツマイモも、

080627さつま


雨にうたれてだんだん畝がなくなってきたぁ。
天気をみて土寄せしないといけませんなあ。

サトイモも、

草の中。うーん、まいった。

080627サトイモ


なんとか見られるくらいにはしました。

080628サトイモ


草取りも、リズムに乗ってくれば、座禅か瞑想かマラソンでもしてるような脳波
が流れてくるようです。淡淡と、淡淡と。
手は動かしているけど、頭の中はまったく別のことを妄想してます(笑)


春の種まきに使った踏み込み温床をばらしました。

080626温床ばらし


落ち葉や鶏糞、米ぬかが発酵をして、もう少し山積みにして寝かしておけば、いい土になります。苗作りには欠かせないものです。

080626温床ばらし2



レオさんの去勢をしました。

近所の動物病院にむかう軽トラの中にて。
不安顔のレオさんです。

080628レオ不安顔


動物病院の先生から、「かごに入れてきて下さい」といわれ、友達に借りたかごに
いれて助手席にのせました。

相当いやだったらしく、かごをこじ開けて脱出。
ひざの上でおとなしくしていました。
なんていじらしいんだよぉ。

夕方、引き取りにいったときも、帰りの軽トラのなかでやっぱりひざの上。
なんてかわいいんだよぉ。
痛かったろうなあ。よく我慢したぞ。

2,3日は家の中での生活です。外に出たくてたまらない様子です。
すっかり隣のネコと仲良くなり、ひとりだとやっぱりさびしいんだなあ。

まあ、しばらく我慢してくださいな。

さて今日はこれから地区の草刈です。
雨で順延ばかりなので、はやいところ終わらせてしまいたいものです。

なんとか降るなよー。

おっと最後にもひとつ。

コミスジ。

080627コミスジ


080627コミスジ展翅


最近、Y師匠からコツを教わり、アップの写真を撮ることになれてきました。
接写万歳!


以上、朝ブログでした。



スポンサーサイト

2008年06月29日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

いくらなんでも長すぎ(苦笑)

6月26日(木) 

今日と明日は、貴重な晴れ間。

今日は、いろいろと草刈、除草、ジャガイモほり、と大汗の一日でした。
明日の朝は出荷が10箱。今の自分にとっては、10箱だとてんてこ舞いです。

朝のうちにすませて、雨の前に外仕事をどんどんすませたいなぁ。

でもまあ体はひとつ。一日は24時間。
あんまり欲を出さないように、でもやれるだけやる、というバランスが
なかなか難しいものです。


この1週間、なかなかupできずにいた写真。

手短に・・・。

畑の様子。

大雨にも負けずに、キューリも元気です。

080623キューリ


080623キューリ実


キューリは、種を3回撒いて、夏の間ずっと収穫できるようにします。

ミニトマトが赤くなってきました。

080623ミニトマト


今年は、アイコ、という品種です。名前がチャーミングです。


梅雨は、人の生活にとってはなかなかうっとおしいものですが、
いきもの達にとっては、いのちが輝くの季節であります。

ユキノシタ。

080622ユキノシタ


ネズミモチ。

080622ネズミモチ


ヤマボウシ。

080622ヤマボウシ


ウツボグサ。

080622ウツボグサ


ウメモドキ。

080619ウメモドキ


こんなに地味な木ですが、かわいい花を咲かせます。
でもやっぱり花も地味です。うん、地味なのがいいですねえ。

080622ウメモドキ花


花には来客も。いろいろ調べたけど、わからん!君は誰だい?

080619シリアゲ?.JPG?


南阿蘇のらくだ山の眺め。

080619らくだ山ぼくや


ハナシノブ。阿蘇にしか生息しない草です。氷河期に、大陸から渡ってきたそうです。
絶滅が危惧されています。

080619ハナシノブ


この、植物が、「わたってくる」ということの意味を、植物の勉強を始めた当初は
よくわかりませんでした。

植物は、あの手この手で生息域をひろげようとします。

竹や屑のように、地下茎でどんどん広がっていくものもあります。蕨は、1ヘクタールくらいの
蕨が全て同じひとつの株、ということもあるそうです。

種で広がるものもあります。虫や鳥が種を運んでくれる、というわけです。


アカメガシワも、なかなかのつわものです。

アカメガシワの雌株。オスの木とメスの木があります。

080622アカメガシワ雌株


雌花。きれいです。

080624アカメガシワ雌花


こちらは、雄株につく雄花。

080624アカメガシワ雄花


アカメガシワは、荒地や、乾燥地などにまず最初に入ってきます。
入ってくる、というのは、鳥が果実を食べて、糞をおとしていくことで種が拡散する
ということの結果です。

そこで、すごいことは、

アカメガシワの種子は、一定の高温の条件を経ないと発芽しないそうです。

たとえば、山火事の後などに、他の植物が燃えてしまったときに
「おっ、いま芽をだせば他のやつらに勝てるぞ。」と目が覚めるというわけですね。

それまでは、じーっと、ひたすら土の中で目覚めの時を待っているわけですね。

そして、アカメガシワのような、日当たりのよいところにまず入ってくる植物
(パイオニアプランツといいます)は、寿命は短いです。

数百年も数千年もいきる樹木があるなかで、彼らは数十年で寿命を終えます。

しかし、個体としての寿命は短くても、種の拡散能力と発芽能力に長けている
ので、種としてはずっとずっと生き延びていくわけですね。

なかなか考えさせられます。

太陽の光をもとめて争う植物たちの営みは、感動的です。
それぞれに、いろんな戦略をもって生存しています。

その戦略が、偶然なのか、必然なのか。学者さんでもない僕には、わかりません。

ただひとついえることは、自然、ありのまま、素のままであるということは、
美しい、ということですね。

そして、ヒトも含めて、動物たちは、すべて植物が光合成で生み出すエネルギー
に依存して生きているのだなぁ。

石油だって、天然ガスだって、もとは植物。
食べるものも、着るものも、やっぱりもとをただせば植物から。

身の丈にあった暮らしをしていきなさい、と草木が教えてくれているようです。


ああ、長くなった。


もう少し(笑)

クサフジ。

080624クサフジ


クマノミズキ。

080623ハナミズキ


080622ハナミズキ花


蛇足ですが、ミズキつながりで、一青窈さんのハナミズキ、いい歌ですね。
友達から借りたCDにアレンジ曲が入っていて、世間からは数年遅れましたが、
自分の中で大流行です。(笑)

最近、出荷箱詰め作業の際にかける音楽にこってます。
友達にCDをかりまくってます。
どうせ働くなら、たのしくやらないと、損ですしね。

家に飛び込んできた、セスジスズメ。
先日ご紹介した、サトイモの「害虫」です。大人になるとこうなります。
この、スズメガの仲間には、美男美女が多いので好きです。

080623セスジスズメ


近所の林道でみかけたキジの♀。
オスは派手ですが、雌は地味です。猟師さんに捕まるなよー。

080622キジ♀


成体になったばかりのカエル。シュレーゲルアオガエルなのかな?
まだおたまじゃくしの尻尾がのこっていて、かわいいですね。

080619シュレーゲルアオガエル?


ゾウムシも、恋の季節です。ハナウドのつぼみにて。

080619ゾウムシ交尾



いやー、さすがにてんこ盛りおなかいっぱいといった感じです。

満足満足(笑)

お付き合いありがとうございました。

2008年06月26日 草花 トラックバック:0 コメント:4

愚痴と弱音

6月25日(水)

九州地方では、今のところ、なかなかの雨量の梅雨です。

だいたい6月はしとしとと降り続け、7月はドバーっと強く降るのですが、
今年はすでにドバーっと降り続けてます。

7月はどうなるでしょうか。まあ、なるようになるのでしょう(笑)

この1週間、なんやかんやで忙しく、なかなかupできませんでした。

畑の写真、ムシの写真、草木の写真、いろいろ撮りためているのでupしたくて
たまりませんが、時間がかかるので、寝不足防止のためにちょっと我慢(笑)

今日は、新しく借りる畑の地主さんに改めて挨拶に伺いました。
阿蘇のおっちゃんおばちゃんは、気さくで、いいなあ、と思いました。



先週、どうにもこうにも疲労が抜けなかったので、3日間ほど、出荷作業以外は
これといって仕事もせずに、休んでいました。

急ぎではないけどやらなくちゃ、という仕事もたまっていてきてました。

なんとなくどんよりとした気分が続き、ネガティブなことばかり考えて
しまってました。まいったなあ、という感じでした。

そこで、

友達に弱音をたくさんはきました。

すっきりしました。

気が付けば、いい気分になっていました。


愚痴は嫌いです。

「自分はこうしているのになんでみんなは・・・」

というような発想になるのは美しくないです。

見返りを求めたり、評価を求めたりして、他の誰かや自分自身に過剰に期待
してしまうと、ろくなことはありません。

でも、疲れたときには、ネガティブなものを、自分の中に抱え込むと、
それがココロの中で、へんちくりんな発酵をしてしまい、良くないです。

綺麗さっぱり、外にだしてしまったほうがいい。

なので、愚痴は吐かないで、そういう時は、ただ単に、「弱音を吐く」ようにしています。

いつも弱音を吐いてばかりじゃしょうがないけど、たまにはいいもんです。

いいところ、強いところばかり他人にみせていたって、面白くないです。
弱いところ、恥ずかしいところを他人にみせられる強さをもちたいものです。

誰にでも、っていうわけにはいかないですけど、そういう人間関係は
大切にしていきたいものです。

敢えて「甘える」「迷惑をかける」。

そういうコミュニケーションも、いいものですね。

ヒトが生きていくということは、知らず知らずのうちに迷惑をかけて
かけられていくことなのかな。

それを恐れていては、何も始まらないのだな、と思います。

まあ、とはいいつつ、やっぱり「いいヒト」してみたり「かっこつけ」してみたり・・。

美しくいきるのは、なかなか難しいものですねえ(笑)


2008年06月25日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:2

今週のお野菜

今週の野菜セットのご案内です。

6月23日(月)~29日(日)

たくさんあるもの

ナス、ピーマン、新ジャガイモ、新玉ねぎ、グリーンリーフレタス、サニーレタス
キャベツ

まあまあたくさんあるもの

大根、伏見甘長、キューリ、

少しはあるもの

ズッキーニ、セロリ、コールラビ、カブ、人参、山東菜、米ナス、モロヘイヤ、
ミニトマト、

今後の予定

これからどんどん夏野菜が出揃ってきます。
長雨にも負けず、今のところどれも順調です。

春一番で撒いた人参が終わり、2回目に撒いたものは、まだ少し小さいです。
なので、今週は人参はおおむねお休みとします。

7月に入ったら、気温や天候を見ながら、順次クール便利用としてまいります。

2008年06月24日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:1

休み

6月19日(木)

3,4日間晴れや曇りが続いていましたが、今日からまた梅雨空です。

「おっ、梅雨に入っても畑にはいれる。仕事進められるぞ」
という感じで体を動かし続けたら、どうにもこうにも体が疲れてきました。

メリハリがあまりにないと、体の疲れが気持ちの疲れにきちゃいますね。

というわけで、今日は、最低限の収穫や餌やり以外はお休みです。


昨日出会った生きものたち。

田んぼの畦にて。コガタノミズアブ、というアブです。

080618コガタノミズアブ2


最初見つけたときに、「おおー、なんだこの色は」とびっくり。美しい・・・。

080618コガタノミズアブ


ウツギ。

080619ウツギ


の花にとんできて蜜を吸う、キマダラセセリ。

080618キマダラセセリ


先日のキアゲハ。

080618キアゲハ蛹


蛹になりました。

羽化する瞬間をみたいものです。

いつも見逃してばかりです。

梅雨で、少しゆったりしてるから、今回は見られるかなあ。

ささやかな楽しみです。

2008年06月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

独身者のひとりごと&蝶

6月16日(月)

降ったり曇ったりですが、なんだかんだで雨が降り続けています。
入梅後からの累積雨量も450mmくらいはいったようです。なかなかのハイペースです。


今日は、友人Kの、結婚1周年の記念の日でした。

Kは、(失礼!)誰もが認める、おっちょこちょいなキャラクターです。
お人よしで、何事につけ失敗が多いです。
仕事で大出世をすることもおそらくなさそうです(重ね重ね失礼!)

でも、誠実です。
人の悪口をいうのを、少なくとも僕はきいたことがありません。

彼は、笑ったときの目じりのしわがすごいです。おじいちゃんのようです。
かなりほめて言うならば、平井堅のようです。ほめすぎかな(笑)

彼の奥さんは、彼の目じりのしわがすきだそうです。

なんだか、ほっとします。
こころあたたまります。



物騒な世の中になってきました。

こころいたみます。

いろんな対策を、いろんな方が考えておられます。

僕は、僕なりに、やっぱり考えてしまいます。
ベストではないかもしれないけど、少なくとも間違ってはいないだろう、
と思うこと。


地に足をつけて生きる。
家族、家庭を大切にする。

その根幹にあるべきものはやっぱり、しっかりとした夫婦の関係なのかなあ、
とも思います。

お互い、対等な関係として、お互いの世界を尊重しつつ、ふたりで新しい世界を
作っていく。
そんな両親の姿と、認め合うという雰囲気を、子供は敏感に感じ取ると思います。

条件付きではなく、全体を受け止める愛情。
弱い部分を安心して見せることができて、それを責め合わずに助け合う関係。
失敗を、楽しく笑いに変えられるような、家族みんなが無理な緊張を覚えることなく、
ありのままでいられる関係。場。

その、根幹にあるのは、「しわが好き」といったような感情なのかなあ。

昔は地域社会や、自然の中で居場所を見つけられた子供達も、今は学校と家
と習い事の場しか居場所がない、ということが多いようです。
親に怒られても、おばあちゃんがフォローしてくれる、ということも難しいです。

だったら、なおさら、やっぱり、夫婦の関係が基本なんだろうなあ、と思います。

というわけで、結婚1周年おめでとうね。K夫妻。

以上、衝動を抑えきれずにいつものようにとりとめのないことを書いてしまい
ました。


それにしても、独身者の言葉だけに、説得力ないですね。理想主義に走ってます(笑)

いつも、主張めいたことを言ったり書いたりするときには、後ろめたい気持ちを
同時にかかえてしまいます。

自分の言葉が、誰かを攻めることになっていないか、傷つけていないか。

多分、傷つけています。

でも、人が生きていき、人とかかわりあうということは、そういうものだとも
思います。それを恐れていては、なにも始まりません。

でも、やっぱり恐れたり、あとからこっそりと反省したり、後悔したり・・・。

そんな気持ちの螺旋の中で人とまじわっていくことが、すごく面白いと思います。

何かを言葉で表現するということは、時として身を削るような行為だし、
重みをもつし、責任をともなうものだと思います。

夫婦の関係、家庭が大切だとはみんなが思っていることです。
でも、やっぱりそれが現実には難しかったりします。

理想は理想。

現実は現実。

身の丈にあったほどほどの理想を持てば、希望を持つことができます。

希望を持たなければ、いざというときに明日を信じることができません。

と同時に、現実を、ありのままに、受け入れる強さと覚悟がなければ、
今日という日をしっかりと生きることができません。

諦めて、望むことをやめて流れに身をまかせれば願いがかなうこともあるし、
何が何でも諦めてはいけないという時もあります。

ヒトが生きるというのはなかなか大変なことですね。

でも、だからこそ、面白いのかなあ。



さてさて、田んぼの除草をしました。

「田車」で、畝間を押して歩きます。

080616田車


080616田車拡大


やっぱりいつも思うこと。

昔の道具は、美しい。


田んぼにいた生きもの。

手足が生えてきたおたまじゃくし。

080616オタマ手足はえてきた


君は誰だい!?

080616このひと誰かな?


ベニシジミ♀。

080616ベニシジミ♀


ツバメシジミがクローバーに産卵しています。

080616ツバメシジミ産卵


表から。

080616ツバメシジミ表


もひとつ蝶シリーズ。

セロリの葉にて。キアゲハの幼虫。

080616キアゲハ


なかなか力強くつかまっています。

080616つかまってます


このふんばり。

みならっていきたいものですね。

2008年06月16日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:1

今週のお野菜

野菜セットのご案内です。

6月16日(月)~22日(日)

たくさんあるもの

キャベツ、セロリ、大根、サニーレタス、グリーンリーフレタス、玉ねぎ、人参、

まあまあたくさんあるもの

ズッキーニ、ナス、カブ、小松菜、

少しはあるもの

ピーマン、玉レタス、コールラビ、伏見甘長、ししとう、ジャガイモ、チンゲン菜、春菊、ブロッコリ


人参がようやく大きくなってきました。

080616人参


ジャガイモを、試し掘りしてみました。まあまあの感じです。
まだまだ芋は大きくなるので、あともう少ししてから、本格的に出荷します。

080616男爵


ズッキーニが、

080616ズッキーニ


ちょっと調子が悪いです。

雨が続いて、日照不足のようです。あとは、受粉がうまくいってないようです。
きちんと人の手で受粉してあげられればいいのですが、なかなか手が回らない
ので、放任です。天気が悪いと、やっぱり結果にでちゃうなあ(苦笑)

080616ズッキーニ2


雄花が咲いています。雌花に花粉が付くと、雌花のもとで実が膨らんでいきます。
しぼんでしまっているのが雌花です。4,5日前に咲いた雌花でしょう。


畑の様子をみながら、箱詰め、お届けしてまいります。

2008年06月16日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:1

6月13日(金)

今日は快晴でした。

真夏のような日差しでした。

先日の雨は、予想通り300mm程度の雨となりました。
これから梅雨が明けるまでにはものすごい豪雨が来ると思います。

その前の、かるいジャブといった感じの大雨でした。

今日は、箱詰めを済ませたあとに、午後は配達で街まで降りました。
天気が良かったので、ついついいろいろ写真をとってしまいました。


今日目にしたもの。

日ましに緑の色が濃くなってきている北向山原生林と白川。

080614北向山


北向山の向かいの崖。どこにでもある何気ない緑。

080614北向山対面の崖


その、なにげない緑にあふれる生命力。
ミズキにもたれて伸びるマタタビ。

080614みずきにまたたび


マタタビという名前の由来は、疲れた旅人が、マタタビの果実を食べて再び旅を続けることが出来るようになったということから、「又旅」だそうです。

この時期、一部の葉っぱが白くなります。

989614またたび

080614またたび表


花です。

080614またたび花


猫にマタタビといいます。最近わが家のレオさんは、出歩いてばかりです。
家に帰ってきたと思ったら、ご飯をぺロっと食べて、またすぐに出かけます。
オス猫はそんなものなのでしょうかね。

秋に、実が熟したら、マタタビでレオさんの気をひいてみようかな。
少しはペットらしくしてもらわなくちゃ、なんだか最近はこちらのほうが完全に立場
が下だなあ、と感じてしまってます(笑)

お気に入りの眺め。阿蘇の南外輪山。と田んぼ。

080614南外輪山


玉ねぎをつるす作業がなかなか大仕事です。明日には終わるかな。

080613たまねぎ


夜は、蛍。

080614蛍


家から歩いて5、6分のところに、なかなかのいい穴場を発見。
かなりの数の蛍が飛んでいました。
「ここは夏には蛍がとぶだろうなー」と思っていたら、案の定でした。

蛍が住める環境を守って、蛍で町おこし、というのもなかなか素敵です。

そして、遠くからわざわざ見に来る人がいるわけでもなく、ただただ、静かな
日常の風景として蛍が飛んでいるというのも、また素敵なものです。

どうかこの場所が、「隠れた」蛍の名所として、ひっそりと、静かに、
今のままでありますように。


2008年06月13日 風景 トラックバック:0 コメント:0

大雨にて思うこと

6月11日(水)

梅雨に入った矢先、なかなかの大雨です。

そこそこの強さの雨がずーっと降り続ける雨です。

ボディーブローのように効いてくる感じです。

昨晩の降り始めからの累積雨量が200mm近くになりました。

明日の予報も考えると、まあ250~300mmの雨といったところ
でしょうか。

6月の平均降水量が、僕の住む南阿蘇村で大体500mm位です。

数字をみてみると、やっぱりなかなかの大雨だなあと感じます。

累積雨量が100mmを超えてくると、畑に水がたまってきます。

入梅前に済ませることができなかった、畑の排水の溝掘りを大あわてで
カッパをきてやりました。

とりあえずこのくらいやれば今回の雨はしのげるかな、というところで
時計を見たら、5時間くらいノンストップでやってしまってました。

当面、メタボの心配はなさそうです(笑)

しかしながら・・・、ここまで降ると水をはききれず、
去年の梅雨も同じでしたが、うーん、お手上げです(苦笑)

家の横を流れる川も、こんな感じです。

080611家の前の川


ねぎも、水浸し。

080611ねぎ


まだ定植していないニラやねぎの苗、人参、大根なども、水浸し。

080611ねぎ苗、人参


でも、このみずみずしい感じが、なんだかいいですね。

さてさて、この雨があがったらまたしっかりと排水の溝を掘りなおすことにします。

玉ねぎを紐につるして干す作業もはやく終わらせないとちょっとまずいなあ。

梅雨に入ったら晴耕雨読、のはずだったのですが(苦笑)、
もうちょっと我慢のようです。

でも、なかなか実現できないからこそ、ちょっとした晴耕雨読の日が
本当に本当にものすごく嬉しかったりします。

鶏もいるのでなかなか家を空けられない、というのも同じことかな、
と思います。
なかなか家を空けられないからこそ、ちょっとしたお出かけが
本当に本当にものすごく楽しかったりします。

結局、どんな状況におかれていても、良いも悪いもなく、
ただありのままの状態を受け入れれば、シアワセになれるのだなあ、
と思います。

そして、何事も、いいほうにいいほうに考えていく、という習慣を大切にして
行きたいものです。

これからまたバンバン大雨が続いて、たとえ野菜が全滅したとしても、
それはそれで、またひとつ経験をつんで、新しい世界が見えてくるのかなあ、
と感じます。

まあ、飢え死にするわけでなし、なんとかなるでしょう。

百姓生活の師匠Uさんがよく口癖でいっていました。

「何の問題もない」

なんとなく、その意味が分かってきたのかなあ。

うわっ、またものすごい雨音です。

さてさて、もう好きなだけどんどん降ってくださいな。

今日はさっさと寝ることにします。

お疲れ様です!

2008年06月11日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:1

入梅

6月10日(火)

例年より遅れていましたが、とうとう阿蘇も今日入梅です。

予想通り、今日は午前中に出荷を終わらせた後は、ダウン。

たくさん昼寝をしたらまた元気になり、夕方からひと仕事。いい気分です。

なんとか梅雨前に終わらせたい仕事の7,8割はまにあったかな、

という感じです。

まあ、及第点でしょう。


先日、サトイモの草取り中にであった生きものたち。

ケラ。

080603ケラ


土の中で穴を掘るのに適した前足をしています。ケラはコオロギの仲間ですが、
哺乳類であるモグラと同じような形の脚です。
そのような進化のことを、収斂進化というそうです。面白いですね。

セスジスズメ、という蛾の幼虫。

080603セスジスズメ


サトイモの害虫とされます。

でも、ある程度芋が大きくなってしまえば何の問題もないので、基本的には
ほったらかしです。

共存共生といきたいものですね。できる範囲で。


最近みつけた素敵な言葉。

「明日とは、明るい日と書く」

さて明日も、自分にでも、できることを、淡淡と、少しずつ、やっていきたいものです。

その繰り返し、繰り返し。

2008年06月10日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

へろへろ

6月9日(月)

へろへろです。

入梅が遅れていた阿蘇も、明日から本格的な雨続きの予報です。

なので、今日は気合をいれて梅雨前の最後の追い込み仕事に励みました。

ジャガイモ畑1反3畝の手取り除草、トウガンの畝たてと播種、ささげ豆ようの支柱用意、
サツマイモ1000株の植え付け、せっかくの晴れなので収穫後の玉ねぎを
再度天日干し、鶏の餌やり、出荷の用意、事務仕事諸々、原稿書き。

いつもは、疲れがあとに残らないように、毎日同じペースで淡淡と働くように
しています。じゃないと、体がもちません。それに、疲れすぎるとココロも湿ってきます。

ですが、どうせ梅雨に入れば畑に入れない日も多いです。

なので、今日は「敢えて」「あとからがくっと疲れがくることをみこして」
労働モード全開でした。

なかなかいい気分です。

畑もにぎやかです。

080609下畑の上


手前から、ズッキーニ、オクラ、カボチャ、スイカ、マクワウリ、ツルムラサキ、とうもろこし、
サニーレタス、玉レタス、グリーンリーフレタス、コールラビ、キャベツ、etc・・・。

手間はかかりますが、たくさん種類があるのはやはり楽しいものです。

今日の生きものたち。

セイタカアワダチソウでムカデが丸くなっていました。

080609セイタカアワダチソウ


080609ムカデ


ゴミグモが巣をかけていました。

080609ゴミグモ


ゴミを運んできて、中に隠れています。なかなかの知恵ですね。

080609ゴミグモ拡大1


スイカズラの花にて。クロハナカミキリの仲間。
だと思うのですが、よくわかりません。どなたか教えてください!

080609クロハナカミキリの仲間?


  後日加筆:
     スイカズラの葉を食べる、ニセリンゴカミキリというカミキリムシのようです。
     カミキリムシは、日本で約600種類いるそうです。
     驚くべきその多様性。すごい。

近所の田んぼや川原で、蛍が飛んでいます。

うちの庭にもたまに飛んできます。

いい季節です。

2008年06月10日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

今週のお野菜

今週の野菜セットのご案内です。

6月9日(月)~15日(日) 

たくさんあるもの

大根、カブ、キャベツ、サニーレタス、玉レタス、グリーンリーフレタス、水菜、小松菜、
とうだち新玉ねぎ、、山東菜、

まあまあたくさんあるもの

人参、チンゲン菜、セロリ、ズッキーニ

少しはあるもの

ブロッコリ、スナックエンドウ、グリーンピース、ナス、ピーマン、ほうれん草、
コールラビ、伏見甘長、

これからの予定

ズッキーニをたくさんいれられそうです。(でも収穫期間は1ヶ月くらいと、短いです)
ナスやピーマンも、今月末にはある程度入れられそうです。
ジャガイモも今月下旬からとなります。

2008年06月09日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

にぎやか

6月5日(木)

さてさて、いよいよ梅雨です。

阿蘇では、日曜から本降りとなりそうです。そしたら、畑に入れない日が続くと思うので、
しばし夏の農繁期に向けてちょっとした休息といった感じです。

それまであともうひとふんばりです。

昨日自家用田んぼの田植えも終わり、一安心。
今日は、除草と、夏野菜の剪定。サツマイモを植えるために畑の準備。

晴れるのは土曜日まで。明日、明後日中にいろいろ終わらせるぞー。



昨日の田植え。

手伝ってくれたみんな、ありがとー。

080604田植え


田んぼは、米を生産する場所だけではなく、生き物たちの住む場所でも
あります。

シマゲンゴロウ。

0


ご近所Hさんの田んぼにいた、すっぽん。

080603すっぽん1


田んぼの水は温かいので、川から上がってきたのだろう、とのこと。

080606すっぽん3


080603すっぽん2縮小


すっぽん鍋を想像して大喜びしていたのですが・・・、

調べてみると、野生のすっぽんは100年くらい生きるものもいるそうです。

するとこいつはひょっとしたら40歳位か?俺より年上か?

などと想像するととても食べる気がなくなっちゃいました。

家の隣のコンクリート張りの川の法面。

080605渋谷川の法面


テイカカズラと、

080605テイカカズラ


スイカズラが、

080605スイカズラ


咲き始めました。

スイカズラは、吸い蔓、ということで、昔はその蜜を砂糖代わりとしていたそうです。


手が回らずにほったらかしになっていたナス。

080605ナス


畑に地力がないので、どっさり堆肥をいれました。

堆肥がききすぎて、すごい勢いでおおきくなっています。
これからきつめに剪定していけば、まあなんとかなるかな、と思っています。

ナスの株もとにいた、ヤマイモハムシ。

080605ヤマイモハムシ


その名のとおり、山芋につく虫ですが、気まぐれにナスにきたようです。

ヤマイモにはヤマイモハムシ、ウリにはウリハムシ、桑にはクワハムシ、イチゴにはイチゴハムシ。

その棲み分け、多様性、前ばねの光沢。
いつも、ハムシには惚れ惚れしてしまいます。

ご近所さんから頂いた、ウドの地下茎。大きさが分かりにくいですが、30センチ
くらいあります。ウドの大木、のウドです。大木、とありますが、木ではなく草です。

080605ウド


ちょこっと芽がでています。
確かに地下にこんなに栄養を蓄えていれば、どんなところでももろもりと
大きくなるのも納得ですね。

さて、どこに植えつけようかな。来春には新芽を楽しめます。

忙しいけど、生きもので賑やかな今の季節は、いいものですね。

2008年06月05日 昆虫 トラックバック:0 コメント:1

今週のお野菜

6月2日(月)~8日(日)

今週の野菜セットのご案内です。

たくさんあるもの

大根、サニーレタス、グリーンリーフレタス、カブ、チンゲン菜、水菜、とう立ちの新玉ねぎ、

まあまあたくさんあるもの

玉レタス、絹サヤがふくらんだ(鞘ごと)グリーンピース、キャベツ、人参、春菊、セロリ

少しはあるもの

コールラビ、スナックエンドウ、ブロッコリ、ほうれん草

今後の予定

ズッキーニが2週間後には入れられそうです。
新ジャガイモも、あと2,3週間で入れられそうです。
今の春野菜が終わってくる頃に、7月の上旬からナスやピーマン、トマトといった夏野菜
がスタート、の予定です。

畑の様子を見ながら、お届けしてまいります。

2008年06月02日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:1

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |