今週のお野菜

野菜セットの中身のご案内です。

7月28日(月)~8月3日(日)

たくさんあるもの

ジャガイモ、ピーマン、ゴーヤ、キューリ、ミニトマト、バジル

まあまあたくさんあるもの

玉ねぎ、トマト、ピーマン、モロヘイヤ、空芯菜、セロリ、伏見とうがらし、

少しはあるもの

キャベツ、枝豆、インゲン、オクラ、ナス、米ナス


春人参は収穫おわりました。先日撒いた人参が、10月にはの間引き人参
としていれられると思います。

もう少ししたら、カボチャがはいります。

ナスが、ムシ&暑さで元気がなくなってきました。
2,3本ずつはいれられるとは思います。

ゴーヤが大豊作状態です。たくさんいれすぎたら、ごめんなさい(苦笑)

トマトの大豊作状態、おわりました。
今は、ぼちぼちと実をつけています。
たくさん食べていただいて、ありがとうございました!

スポンサーサイト

2008年07月28日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

手が回らん

7月27日(日)

毎日暑いです。

畑の様子です。

途中まで順調だったカボチャですが、元気がないです。

080726カボチャ

6月の終わりの豪雨で病気がはいったようです。葉っぱが黄色くなって枯れ始めました。
8月に入って収穫期になるまで、葉っぱが持ちこたえてくれれば、
実は熟して何の問題もないのですが・・・。
どのみちかれるにはかれるのですが、ちょっと早いです。

080726カボチャわれた

まだ熟してきれていない実が猛烈な日光を浴びて、悲惨なことに・・。

大慌てでとりあえず草で日よけしました。

今のところ、全体の2割くらいの被害です。

もっとはやく気が付けばよかった。
でも、とりあえず気が付いてよかった。
まあ、しょうがないしょうがない。
なんでもかんでも完璧にこなすのは、カラダひとつでは無理ですなあ。

大豆も、草だらけ。

080726大豆

人参も、芽が出ました。
でも、さっそく草だらけ。

080726人参

手前がうちの畑です。夜峰山がきれいです。

080727上畑

左から、ねぎ、ゴーヤとキューリのネット、草だらけの畦(笑)、トマトハウス。

080727上畑2

ゴーヤの回廊がきもちいいです。

080727ゴーヤ

秋に向けての種まきが本格化してきました。
キャベツやブロッコリ、レタスなどの苗です。

080727苗


さてさて、とにかく畑は草だらけ。

まったくもって「手が回って」いません(笑)

ま、しょうがないしょうがない。

あせらず、ゆっくりと、歩んでいくことにします。



えー、唐突ですが(苦笑)例によって唐突ですが今日の言葉。

「本当は、生きることは次の世代への「つなぎ」でしかないのに、そこに意味を
見出そうとするから、人はもがき、苦しみ、悩む。深く考えないでいい。
今を、一生懸命生きよう」  

大分に、野生のサルの群れで有名な高崎山自然動物園という公園があります。
そこに長年お勤めになり、サルの観察をつづけてきた河野光治さんの言葉です。
昔の新聞記事の言葉が手元にあったのをたまたま発見しました。

一生懸命生きる、ということと、肩の力を抜く、ということの
両立がなかなか難しいなあ、と感じる今日この頃です。

まあ、難しいことほど面白いです。
やれることをやっていきましょう。


冬に時間をみつけて、高崎山&別府の温泉にいこうかな。

例によって、またささやかな楽しみが増えました(笑)
 

2008年07月27日 田畑 トラックバック:0 コメント:2

最近みかけた生きものたち

7月27日(日)

カラムシの葉っぱは、みんな大好きです。

080726カラムシ

袋状の巣をつくっているやつがいます。
ちょっと拝見。

080726アカタテハ

アカタテハの幼虫です。


こんな蜘蛛も。

080726カラム視の蜘蛛


畑では、

トノサマガエルに

080727トノサマガエル

ツバメシジミ。

080726ツバメシジミ


耕していると、いろんなバッタの仲間がわんさか土のなかから飛び出してきます。

アゲハチョウやキチョウが舞い、なかなかにぎやかです。


タヌキらしき獣が草むらに逃げていくのもみかけました。

畑のとうもろこしは、ほとんど彼らの食べ物となってしまいました。

獣よけまで手が回らなかったこちらの落ち度とはいえ、ちょっと悔しいです。

でも、まっ、いいか。

そんな感じで夏はにぎやかであります。

2008年07月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

いい感じです

7月22日(火)

ここ数日、昼過ぎまでは快晴でひたすら暑く、夕方には激しい夕立がふる、
という毎日です。

新しい畑が、とにかく水はけが悪く、いったん雨が降ると、なかなか畑に
入れません。

こまった(苦笑)

機械を入れられないので、鍬でやや強引にカボチャの定植準備をすませました。

かなり心地よい疲労感です。


昨晩、夜のクヌギ林に出かけてみました。


ニホンアマガエル。

080721ニホンアマガエル

シュレーゲルアオガエル。

080721シュレーゲル

クヌギの樹液にあつまる小さなムシを狙っているのでは?と一緒にいった
メンバーの談。なるほどー。


ヘビトンボ。やはり樹液を吸いにやってきます。

080721ヘビトンボ森にて

うちに戻ったら、うちにもいました。

レオさんのおもちゃとなっていました。

080721ヘビトンボ家にて

ミヤマカミキリも、家に中にとびこんできました。

080721ミヤマカミキリ

キーキーと鳴いていました。

この牙だったら、クヌギの幹にも穴をあけられますね。なっとく。痛そう。

080721ミヤマカミキリ拡大

森にしろ、家にしろ、夜の撮影は、なかなか難しいですね。

カブトムシやきれいな蛾もいたけど、うまく撮れませんでした。

でも、面白かったです。

いろいろ教えてくれたMちゃん、Yさん、いつもありがとう。


ここのところ、なんだかいい感じです。

相変わらず畑は草だらけで、かろうじて出荷と畑仕事をまわしている、という
感じですが、気分はなかなかよいです。

「ムシ」と、いいお付き合いができているようです。

  「ムシ」の知らせ。
  「ムシ」が好かない。
  腹の「ムシ」がおさまらない。
  「ムシ」の居所が悪い。    

昔から日本人は、ココロのなかの、理屈や言葉でよく言い表せない
ような感情や直感を、「ムシ」を使って表現してきました。

  俺が怒りたくて起こっているのではない。
  ムシがそうさせているのだ。

  自分でもよくわからない。でも、ムシがしらせているのだから、
  あのヒトの身に何か起こったのかもしれない。

今の世代の日本人のなかには、カラダのなかの「ムシ」とうまくお付き合い
できていないヒトも多いのでは、と感じます。

なんでも思い通りになる、理屈で説明できる、などと思うヒトのアタマも
やはり自然の一部。
自然は、ヒトの都合などお構いなしに、あるがまま移ろっていきます。

ヒトの体など、まさしく自然の一部。ムシがいて当然です。

思い通りにならないのが当たり前。うまくいけば、ラッキー。

昔のヒトは、何万年も、そういうふうに生きてきたのでしょう。

全てを、受け入れる。

地に足をつけた暮らしを続けていけば、そういうことが自然とカラダに
染み付いてくるのかなあ、などと思います。
まだまだ、いつもいつもそういう気持ちでいられる、というわけではない
ですが、

少しは、カラダのなかの「ムシ」と仲良くなれてきているようです。

以上、ほとんど養老猛さんの受け売りですね(笑)
でも、昔読んだ氏の著書の言葉が、最近はカラダで理解できるように
なってきているように感じます。

なかなか、面白いなあ、と素直に感じます。
そんなときは、シアワセだなあ、とも思えるのであります。

いやー、ムシさまさまです。


2008年07月22日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

今週のお野菜

野菜セットの中身のご案内です。

7月21日(月)~27日(日)

たくさんあるもの

トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン、ジャガイモ、

まあまあたくさんあるもの

玉ねぎ、キューリ、バジル、伏見とうがらし、セロリ、キャベツ、モロヘイヤ、
エンツァイ、人参(春まきのものが終わりかけです。)

少しはあるもの

ゴーヤ(実がなりはじめました)

なんとか入れられるかどうかな、というもの

枝豆、



トマト、ミニトマトがまだ絶好調です。

トマトピューレを作りたいから5kgぐらいほしいわー、というお声お待ちしています。

お問い合わせは

tkabashima@hotmail.comまでどうぞ。

2008年07月20日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

ご近所にお出かけ

7月17日(木)

正午過ぎに雨が降り出しました。

畑が乾きすぎていたので、めぐみの雨です。

でも、例によって激しくふっています。

先日撒いた人参の種が流されないかちょっと心配。


朝のうちは快晴でしたので、衝動を抑えきれず、スーパーカブでご近所
ツーリングにいってしまいました。

ちょっとした息抜きが大事ですしね。




ほっとします。

080717のどか

カワラマツバ。

080717カワラマツバ

オカトラノオ。

080717オカトラノオ

ノハナショウブ。
公園などの池に群生してあるハナショウブの原種です。
山野の草原や湿原に生えます。

080717ノハナショウブ


卵を産み始めたニワトリさんが1,2羽いるようです。
予定では9月の終わりごろからのはずなのですが、気の早いやつがいるものですね。

080717フライング

まだまだ販売できるほどの量がでそろうには時間がかかりますので、
自家用でぼちぼち頂くことにします。

ありがとー。いただきます。

2008年07月17日 草花 トラックバック:0 コメント:0

ネコさんごめんなさい

7月15日(火)

今日も暑いです。

今日も昼休みに書いてます。

すっかりこのリズムになってきました。

今日は午前中に、出荷作業、人参の種まきをすませました。
午後は、明日の出荷の準備、カボチャ定植の準備、キューリとインゲンの播種、
ナスの剪定、誘引、ねぎの定植の続き、を行いたいですが、どこまでいくかなあ。

朝の収穫の時の軽トラの荷台。

080715収穫風景


農業をとりまく現状は厳しいですが、まあ、やっぱりこういう光景は理屈ぬきに、
「豊か」だなあ、と感じてしまいます。


左から、トウガン、エンツァイ(空芯菜)、モロヘイヤ、草に埋もれたジャガイモ(苦笑)。

080715エンツァイ、モロヘイヤ


エンツァイの葉についていた、ハムシ。

080715エンツァイのハムシ


ルリハムシかな?よくわかりません。

ハムシは、決まった種類の植物しかたべないベジタリアンです。
エンツァイについていたのでエンツァイハムシかな?と思ったけど、そんなやからは
調べても出てきません。

エンツァイはサツマイモの仲間なので、その線でしらべてもよくわかりませんでした。

まー、名前はどうでもいいや。

とにかく、ハムシのメタリックな輝きは、きれいだなー。

カブトムシくらいの大きさだったら、むちゃくちゃに高値でうれるぞ、こいつは。
などと思ってみたり(笑)
でも、そのぶん農作物の食害も半端じゃなくなりますなあ。
そうそううまい話はないものですね。

ところで、しょもない話をひとつ。

昨晩、夜にコンビニにお便りのコピーにいきました。

道中、やってしまいました。

突然飛び出した猫を引いてしまいました。

がつん、という衝撃にあせってしまいました。

後ろから車が何台も来ているし、狭い道だし、「うわー、どうしよー」
と考えながらも、そのままコンビニにいってしまいました。

コピーをしているうちに冷静になり、「とりあえずどっかに埋めてあげるしかないなあ」
と思いました。

帰り道、ネコはすでにいませんでした。

誰かが処理してくれたのか、それとも、実はまだ生きていたのか。

人家が続く国道での出来事でしたので、どこかの飼い猫だったのかもしれません。

泣きじゃくる飼い主さんの顔が頭に浮かびます。

それとも野良猫で、草むらでひとりで苦しんでいるのか。

うーん、まいった。


どんなに立派なジンセイを歩んできたとしても、一瞬でそれが崩れていくことが
あります。

理不尽な犯罪に巻き込まれたり、大怪我をおったり・・・。

逆に、衝動的に犯罪を起こしたり、怪我を負わせたり・・・。

よく、「今日にでも、明日にでも、車を運転していて子供が飛び出してきて、轢いてしまう
ことがあるかもなあ」「そのとき、自分はどういう態度をとるのかなあ」
などと想像することがあります。

誰も見ていないとき、はたして逃げてしまうのか。
とりあえず急ブレーキをかけて、車をとめて、駆け寄って救急車を呼ぶのか。

そのとき、もし一滴でもお酒を飲んでいたとしたら?

昨晩の僕の態度からすると、まあ、ネコでも人でも一緒なのかなあ、と思って
ちょっとへこみました。

自分は、とりあえずあわててしまい、しばらく車を走らせた後に現場に戻るタイプの
弱い人間だなあ、と感じてしまいました。

でも、まあ、しょうがないか。

あんまり自分に期待するとろくなことはないですしね。

やっぱりこれもありのまま、ですなあ。

でも、「すぐに救急車を呼ぶようなひと」になりたいなあ、という憧れはあります。

いい人ぶりたいだけなのかな、と思いもしますが、

そういう自分の気持ちには素直になろう、とも思います。

ありのままの自分を受け入れつつ、憧れは大切にする。

そんなスタンスでいかがでしょうかね。

それにしても、ネコさんには悪いことをした。

しかも、アイスを片手に運転していて、なおかつ手術の影響でまだ夜の視力が
少し落ちた現状での事故なので、かなり苦い気持ちなわけです。

でも、一晩寝たら、あとに引きずることなく普通でした。

そこで、いつまでも「ネコに悪いことした」と思っていられるような「やさしい人」
にあこがれる気持ちはありますが、自分はそうではないのだなあ、ということですね。

まあ、すべてのことが、もう、しょうがない。ありのまま。素のまま。

ネコさん、ごめんなさい。気をつけます。

以上、ちょっとしたお話でした。

いやー、暑い暑い。




2008年07月15日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:2

暑い暑い!

7月14日(月)

暑いです。

昼間は、暑くてお話になりません。

事務仕事をしたり、日陰で出荷の用意をしたりしてます。

外仕事は、明け方~午前中、夕方~日没までときめてやってます。


新しく借りた畑の植え付け準備をしています。

080714参った!


眺めと日当たりと家からの近さ、それにまとまった面積(900坪)は、
なかなか魅力的です。

でも、とにかく痩せていて、畦が多く、石も多いです。
15年ほど前に土地改良で、4枚の畑を一枚にしたそうです。
それ以来、草が生えないように耕していたのみで、作物は作ってないとのこと。

石を拾いつつ灼熱の太陽の下で耕していると、ほとんど気分は開拓農民(笑)
ブラジルか、北海道にでもいる気分です。
でも、実際にはいくらなんでもそれほど大変な状況というわけではないので、
まあぶつくさ言わずにやるのみですなあ。

まあ、どのくらい作物が育つかわかりませんが、とりあえずやってみます。

まずはためしにカボチャの定植準備です。


ねぎもほとんど草の中・・・(苦笑)

080713ねぎやばい


でも、仕事は「やれば終わるし、やらなければ終わらない」。
実にシンプルです。

080713ねぎ復活


あー、すっきり。

でも、どうせまたすぐに草だらけですなあ。ま、しょうがないです。


昨日は、集落の神社の清掃作業でした。

080713西宮


来週にお祭りです。

くじ引きで、僕は、若い衆(消防団員)が担ぐみこしを先導する「猿田彦」という役を
もらいました。

少しずつ、集落の中に溶け込めてきているようです。

それにしても、田舎の情報網と人情?はすごいものです。

掃除をしていて、失礼ながらこちらは名前を存じ上げない、というおじちゃんおばちゃんから、

「あんたのとこの、ズッキーニ、ようなっとるね。どぎゃんしてたぶっとね」
 
 (おお、みんなよく畑をみてるなあ!)

「あんまがまだしよる(頑張っている)ごたるね。ろくに休んどらんど。ん、梅雨には休んだって?
ほんなごつね。目の手術で休んでからは休んどらんとじゃなかとね」

 (おお、なんで目の手術したことまでしってるんだ!)

まあ、悪い行いはできませんなあ(笑)

神社のケヤキ。ご神木です。

080713西宮けやき



最近、「ささやか、小さな楽しみ」を大事にしようと心がけています。

遠くの、未来の、「実現できるかどうか分からない大きな楽しみ」よりも、
今日できることや、近いうちに実現できそうな「目の前の小さな楽しみ」を大切に
したいものです。

今の僕の目の前の楽しみ。

終わらせてしまいたい畑仕事をバンバン進めること。

たまっている事務仕事をガンガン終わらせること。
特に、栽培管理の記録表をしっかりとしたものつくって、品種の管理や
無駄のない作付けができるようになること。

お客さんの皆さんともっとちゃんとコミュニケーションをとっていけるように、
自分から(苦手だけど・苦笑)電話するようにすこと。

愛車スーパーカブで、近くの山に息抜きツーリングにいくこと。

便所をリフォームして、快適な洋式便所にすること。

北阿蘇の大観峰にいって、星空を眺めること。

「書きたい」という衝動のままにブログをかくこと。
もっともっと、いきもののことをしること。きれいなしゃしんをとること。

天草の夕陽か日向の朝陽を見にいくこと。

ツタヤのDVD宅配サービスの(とりあえず)無料お試しで観たい映画をみること。

男やもめなりに、もう少し料理をしっかりしておいしいものをたべること。
あんまりにも「自給自足」にこだわらず、下の街まで降りたときには、
新鮮な魚でも買って帰り、友達と一緒に晩飯でも食べること。

うーん、なんとささやかな楽しみなのでしょうか。

でも、大きな楽しみも、小さな楽しみの延長線上にしかないように思えます。

そんなことを気づかせてくれた、Hべーさん、ありがとー。

というわけで、アマゾンで注文した、この本!

080713ノンノ


レシピだけでなく、こんなふうに、食材図鑑としても楽しめます。

トマトのページも、

080713トマト


お肉のページも、

080713お肉


こんなかんじ。

調べ物がだいすきな僕としては、もうたまりません。

絶対お勧めです。ご注文はこちらから(笑)

アマゾンのページにリンクしてます。

http://http://www.amazon.co.jp/non%E3%83%BBno%E3%81%8A%E6%96%99%E7%90%86%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E7%99%BE%E7%A7%91/dp/4083090030

おっと、そろそろ涼しくなってきました。

書きまくってすっとしたあとには、汗だく外仕事がまってます。

でも今日は、野菜セットのお便り書きもあります。

今書いてしまうか、外仕事の後に、夜に書くのか。

そして、結果的に朝起きるのが遅くなって、明日の昼の外仕事がはかどらなくなるのか。

いろいろ考えてしまいますが、まあ、体はひとつなので、どう行動しようとも
おんなじことなのかなあ。

一番の時間の無駄は、このブログを書く時間だと分かってはいるのですが(笑)
もうこれは、どうしようもないですもんね。

いやー、やっぱりどうにもこうにも僕は書くのが好きなようです。

2008年07月14日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

いきものいろいろ

7月14日(月)

最近みかけた生きもの達。

チャバネせせり。なんと、鳥の糞らしきものをなめていました。栄養補給かな?

080713チャバネセセリ


山菜の王様、タラの木。

080713たらの木


葉っぱの裏をみると、アブラムシと、蟻がびっちりついていました。

0080713タラの木は裏から


080713あり拡大


何かの意図があって、必然があっての光景でしょうかね。それともたまたま?


田んぼにて。

ヤゴ。

080714矢後


赤とんぼのなかま。

080714アキアカネ?


赤とんぼの仲間は、20種類くらいいます。
羽の紋や、ムネの模様でだいたいわかるみたいです。
なので、これじゃあよくわからんなあ。

種類によって、好む生息環境が違います。こいつがいたということは、きれいな水路が
あるんだ、とかいうふうに、トンボを見れば環境がよめます。

というふうになりたいものです
でも、その前にとにかく、うつくしいものを見たい、という気持ちが先なのかな。

知ることと、感じることの両方とも、僕は好きなようです。
知ることで感じることが深まり、感じることで、知る喜びも増していきます。


自然観察の世界に足を踏み入れたばかりの頃に参加していた観察会で、
主催者Wさんがおっしゃっていました。

「トンボをみることは、宇宙とつながること」

Wさんは、陶芸家さんでもあります。
本職の陶芸の世界でも独自の作品を創られ、ものすごく高い評価を得て
おられるそうです。

でも、観察会ではそういうことを一言もおっしゃられなかったです。

すごい方だなあ、と思っていました。

Wさん、ご無沙汰しております。お元気でしょうか。僕は元気でやってます。


レオさん。去勢の効果が出て、また昔のように人懐っこくなりました。
手術代8400円を出したかいがありました(笑)

080713れおさん


暑くてだるだるのようです。


:::追記:::::

家の前を流れる川にて、カワセミに遭遇!
カメラを持っていればなあ、と無念です。

2面コンクリートばりの川も、長年土砂が堆積して、草が生え、
蛍が飛ぶ川となっています。そりゃあ、カワセミだってやってきます。

自然の回復力って、すごいです。絶滅さえなければ、野生のいきものたちは
生息域を盛り返す力をもっているものなのでしょうか。

それとも、カワセミのような適応能力の高いものだけがそうなのでしょうか。

あまり楽観的に物事を考えすぎるのもいけませんが、
悲観的にならずに希望をもつこともまた大事なことだと思います。


2008年07月14日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

今週のお野菜

野菜セットのご案内です。

7月14日(月)~20日(日)

たくさんあるもの

ナス、米ナス、ピーマン、トマト、ミニトマト、キューリ、ジャガイモ、人参、
玉ねぎ(赤玉ねぎもいれます)

まあまあたくさんあるもの

伏見甘長、セロリ、キャベツ、モロヘイヤ、空芯菜、バジル

少しはあるもの

ズッキーニ、インゲン、パプリカ

そろそろとれるもの

オクラ、ゴーヤ、とうもろこし、枝豆


夏野菜本番です。

トマト、ミニトマトがたくさんなっています。
もう少ししたら酷暑とムシで、あまりとれなくなると思います。

トマトピューレを作るので5kgほどほしい、というようなお声、お待ちしております!

2008年07月14日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

感謝!

7月12日(土)

今日も暑い一日でした。

今日の作業。

サツマイモの土寄せ。畦草刈り。ジャガイモ掘り。秋冬野菜の畑
の準備(堆肥入れ、ロータリーがけ)。

ジャガイモは、やっぱり多く植えすぎたようです。
天気に恵まれたせいもあり、あまりに豊作。うーん、まいった。
ちゃんと販売できるのか!?
なかなか気が重いですが、まあ、授業料といったところでしょうか。



作業をしていて、やぱり南阿蘇は、中山間地だなあ、と感じてしまいます。

平野部と比べて、決して作業効率は良くないです。
畦は多いし、軽トラックしか畑に入れない、というところもあります。

堆肥を撒くのも、袋詰めしてから、というところもあるので、大仕事です。

周りの方に、なんでも借りることができれば、少しは効率が上がるのでしょう。

でも、借り物やもらい物に頼ってばかりというのも、何か違うかなあ、と感じます。

自分の鋸やかんなを持たない大工さんがいないように、
やっぱり農家もある程度は自分の機械や道具をもたないとなあ、と思います。

でも、やっぱりもらい物に期待しちゃうなあ(苦笑)

それに、僕の性格だと、なかなか自分から気軽には「トラクター借りていいですか」
といえません(苦笑)

こういうのは、性格だからもう、しょうがないですね。

幼稚園のときも、自分のところに牛乳がきてなくて
「せんせー、僕の牛乳ないよー、ちょーだいよー」といえずにしくしく泣いている
ようなタイプの子供だったなあ(笑)

三つ子の魂百までですね。

でも、ありのまま、素のままにしていれば、それでいいのかな、と・・。

少なくとも「よそからきたあいつはずうずうしい」と集落の方には思われることは
ない性格ですし、

長所は短所、短所は長所、です。

結果的には、なんだかんだで、いつも周りに助けられてばかりです。

まあ、なんとかなるものなのですね。


お客さんSさんから、メールと写真を頂きました。

送らせていただいた野菜セットの「色がきれい」だったので、写真に撮ったので
おくります、とのこと。

野菜写真


旅立ったわが子の姿をみるようで、とても不思議な感じです。

でも、すごく嬉しいです。Sさんありがとうございました。

同じく、Iさん干物ありがとうございました。

Hさんハムセットありがとうございます。

それに、久しぶりに手伝いに来てくれた両親に感謝です。

いやー、まあ、なんとかなるものですね。

ありがたい、ありがたい。

2008年07月12日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

7月10日(木)

今日も、快晴でした。暑かった。

今日の作業。

ひたすら草刈り。堆肥を注文、散布してもらう。袋詰め。
出荷の用意。トマトの芽かき。


草がどんどん生えてきます。

キューリとゴーヤのネットの横の畦草を刈っていたら、

080710キューリとゴーヤ


コジュケイがいきなり草むらから飛び立ちました。

よく見てみると、巣がありました。

080710コジュケイ卵


080710卵拡大


大きさは、鶏の卵の半分くらい。綺麗な卵でした。

いやー、気づかなかったこっちも悪いけど、こんなところに巣を作る
お前さんもあほだよー。
と思ってみても、コジュケイさんには伝わりません。

とりあえず草で隠してあげて、様子をみてみることにしました。

まあ、こうなっちゃうと、もどってはこないんだろうかなあ、とか
いやいや、母性本能で、またもどってくるだろう、などとひとりごち・・・。

ひととおり草刈を終えて、小1時間後に見にいくと、

こちらの足音で、蛇が逃げていました・・・。
巣は、からっぽ。ひとつも卵がありません。

おいおい、いっぺんに6個も食べるのかよぉ・・・。この大飯ぐらいがっ!



庭においている木材。片付けたいけど、後手後手(苦笑)

よくみてみると・・・、

080710庭の木材


マイマイガの♀が、羽化したてでした。

080710マイマイガ?


スモモの木にて、アオスジカミキリ。

080710アオスジカミキリ


モモや、先日ご紹介したねむの木の「害虫」です。



自然の、野生の、生きものたちの営みに惹かれます。

素のまま、あるがまま、一瞬一瞬を、無心でいきていますもんね。

飾りもせず、なんの評価も求めず、食べて、寝て、
子供を作り、土に還ってゆく。

なんと、美しくいきているのか、と思います。

人はどうなのかな?

もっとシンプルにいきられないのかな、と感じたりもします。
人がいきていくということは、政治や経済や国家というようなもの
よりも、もっと、大地と密接にかかわっていくことなのでは、
とも思います。

でもね、でもね、

コジュケイやアオスジカミキリと同じように、人だって一生懸命
今をいきてきて、「明日はもっとよくなる」といきてきて、
「子供達のために」といきてきて、

農耕を始めたんだろうと思います。
産業化を進めたんだろうと思います。
IT社会を作ってきたんだろうと思います。

その結果としての、今のグローバリゼーションであったり、アメリカ型の
物質主義社会の繁栄があるのでしょう。

と同時に、その負の側面として、貧困であったり、民族紛争であったり、
環境問題があるのでしょう。日本の社会を揺るがす、不可解な犯罪が
あるのでしょう。

誰か悪いことをしよとたくらんだ結果として、負の問題が発生したのでしょうか。

そうではない、と思うのです。

人類や、いきものすべてのシアワセまでは願っていなくても、
少なくとも身内や仲間のシアワセは願うのは人として普通のことです。

それは、他のいきものと、まったく同じことです。

カミキリムシは、自分の本能的シアワセと、種(遺伝子)の繁栄だけ
願っているはずです。おそらく、いきものすべてや地球環境のしあわせ
などまったく願ってないです。

人も、カミキリムシと同じようにしているだけなのに、なぜこんなにも
他の人や他のいきものを不幸にしてしまうのか。

人は、地球にとって、がん細胞のようなものなのか。
地球環境のためには、人がいないのが一番なのではないか。

確かにそんな考え方もできます。

でも、人がなぜここまでの存在となってしまったのか考えてみると、
一概に「人がいないほうが地球のためにはいい」とはいえません。

やっぱり何かの必然があって、サルから人になったのだろうと、
思いたい。

森に住んでいたサルが、「おっ、できるできる。けっこういけんじゃん」
といって最初に二本足歩行を始めた瞬間。

「あちっ!」とかいいつつ、最初に火をおこした瞬間。

「この麦、うちのまわりに撒いとけば、簡単に集められるね。よし、まいてみよう」
とかいいながら、農業を始めた瞬間。

その一瞬一瞬から、今のこの瞬間まで、一本の糸でつながっていると思うのです。




未来の世代の何かを、
どこかの国の誰かの何かを、

奪わない暮らしをしていきたいものです。



「欲無ければ一切足り、求むる有れば万事窮まる」
良寛さんの言葉です。


でもね、

霞をたべて生きていけるわけじゃないですしね。

できることから、少しずつ、少しずつ、ですね。

まずは、素のまま、ありのままの自分で、地に足をつけていこう。


お隣のばあちゃんの花畑。なんだかいいです。

080710おばあちゃん花畑

2008年07月10日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

暑い!

7月8日(火)

暑いです。酷暑です。

例年よりはやい梅雨明けだけに、酷暑も長いのでしょうか。
うーん、まいった。

しかしながら、こころもちは晴れやかです。

今日、感じたこと。

就農していらい、今まで、勢いで突っ走ってきて、それなりに形になってきては
きましたが、ちょっと慢心があったようです。

何もかもうまくやろうとするのは、体ひとつでは無理です。

息抜きも遊びも必要だし、人や地域とのお付き合いもものすごく大事です。
何かをしていれば、他の何かはできません。

優先順位をつけて、動くことの大切さを感じます。

なので、どこはしっかりと抑えて、どこで手を抜くか、というポイント
を抑える、ということの判断が日々とわれるなあ、とおもいます。

そこで、思うこと。

手を抜いていいところで手を抜くのはいいのですが、
手をぬいていけないところで、手を抜くのは、気持ちが良くないです。

手を抜いてしまったときは、だいたい後ろめたい気持ちになる。

自分に負けているという事実をみたくないから、
心の中で「忙しすぎる」などの言い訳をしてしまいます。

でも、やっぱり自分にはうそはつけないです。

後回しにすればするほどみたくなくなる仕事に、おもいきってちゃんと目を向けて、
頭で考えて、体を動かす。
そうすると、いい気分になります。

しっかり働いて、しっかり息抜きして、しっかりおいしいものを食べて、
しっかり寝る。

他に何も望むものはないなあ、という気持ちになります。

よしよし、だいぶん調子を取り戻してきたようです。

よかった。よかった。

さて、

ねむの木の花が咲いてきました。

080707ねむの木


080707 ネム


淡い色。風にそよぐ葉の音。ほのかに漂う香り。
五感をくすぐる木です。

ちなみにねむの木は、典型的なパイオニアプラントです。
荒れ地に真っ先に芽を出して、あっという間に大きくなります。
根を張り、葉を落とし、土を肥沃にしてくれます。

お借りしている畑の畦にもすぐに幼木が伸びます。

敢えて、わざと、刈り取らずに残しておくのですが、いつのまにか地主さんが
刈り取っていることがあります。

ねむの木はひどい日陰を作りはせず、淡い日陰を作るだけなので、畦にあっても
そんなに邪魔にはならないと思うんですが、なかなか理解はしていただけないなあ(笑)

トマトハウスに迷い込んだ、ウズラの♂。

080707ウズラ♂


突然のニンゲンの来訪にパニック顔です。

ごめんねー。

 追記

  コジュケイじゃないの?というご指摘。コジュケイでした。
  だろうなあ、と思いつつ図鑑をみてウズラかな?と。でも、チョットコイ、チョットコイ、
  と鳴いてるしね。ちゃんと見てみたらやっぱりコジュケイでした。
  目の上と、ムネの青色が逆光でよくわかんなかったなあ。
  
  すみません、完全に趣味の世界のひとりごとでした。 
  ご興味のない方には、もうしわけないです(苦笑)

  勉強、勉強!

2008年07月08日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

今週のお野菜

今週のお野菜

7月7日(月)~7月13日(火)

たくさんあるもの

ナス、ピーマン、ジャガイモ、玉ねぎ、キューリ、トマト、ミニトマト、

まあまあたくさんあるもの

人参、モロヘイヤ、空芯菜、伏見とうがらし、(間引き)セロリ、

少しはあるもの

パプリカ、インゲン、ズッキーニ、キャベツ、

今後の予定

人参は7月いっぱいくらいまであります。
ズッキーニは、もうすこしで終わりです。
トマト、ミニトマトが絶好調です。でもそのうちムシと酷暑で収量落ちてきそうです。

ゴーヤ、オクラはあと2週間くらいで出荷できそうです。

2008年07月08日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:2

梅雨明け

7月6日(日)

九州北部が梅雨明けしました。

もちろん嬉しいことは嬉しいのですが、いくらなんでもちょっと早すぎるのでは・・・。

6月の大雨の次は、7月には日照りかなあ。

これからの農家は、極端な天候にも、だまって我慢していくしかないようです。
もう、なんでもこい!という感じです(笑)

今日の作業。

カボチャの種をまきました。だいぶん遅れてしまいました。

鯉を田んぼにいれました。友人Oファームの田んぼから鯉を引き上げて、
移動しました。暑さにやられて、かなりくたっとしていました。ちょっとやばかった(笑)

そして、鯉を入れるのが遅れたので、田んぼの草がけっこうやばいです(笑)

草を見ないうちにとるのが上農。
草を見て取るのが中農。
草を見てもとらないのが下農。

なかなか上農にはなれないなあ。


さて、ゆっくりゆっくりではありますが、だいぶん調子をとりもどしてきました。

メッセージを頂いたみなさん、ありがとうございました。

自分のペースで、しっかりと歩んで生きたいなあ、と思っています。


体もココロも調子がいまひとつ、という時。

そんなときこそ、物事の本質が見えてくるように思えます。
そんなときこそ、自分自身と、より深く深く向かい合うことができると思えます。

大切なこと。

自分の気持ちに嘘をつかないこと。正直になること。
自分自身に、負けないこと。気分に、まけないこと。
自分自身を、さらけだすこと。

そしたら最後には、自分自身のことを、朗らかに笑えるようになります。
そしたら、まわりの人のことも、朗らかに笑えるようになります。

そしたら、まあ、なんの問題もないですね。
あらゆることが、なんとかなる。

そう思えます。


阿蘇の山並みが美しいです。

080705両併から阿蘇山


友人K家のパルさん。キューリ大好きです。

080705パル


息抜き。渓流。

080705沢


ご馳走様でした。素人でも釣れるような穴場って、あるものですねえ。

080705やまめ


釣りにいっても、ついついムシが気になる・・・(笑)

この、黒川虫は、ヒゲナガカワトビケラの幼虫です。
信州では、佃煮にして食べるそうです。ところ変われば食変わりますなあ。

080705クロカワムシ







2008年07月06日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

あさっぱらから

7月3日(木)

朝っぱらから書き込みです。
書きたいという衝動は抑えられません!

今朝は快晴です。 
夕方からまた降るようです。

どうも最近、いろんなことがとにかくめんどくさく感じ、ネガティブな発想がでてきて、
だましだまし働いているなあ、という感じでした。

弱気になると、とことん弱気になってしまいます。

そういう時は、過去のいやなことばかり思い出してしまいます。
いやーな感じの何かが体を縛るようです。

でもね、

今がすばらしい、充実している、「思い」や「夢」でいっぱい。
そして、目の前の、実現可能な具体的なことに意識を集中させている、
という状態なら、過去はすべて、今のためにあのときがあったんだ、と感じられます。


今がうまくいってないとき、そう、目の前のことに集中できないで、
今考えてもしょうがないような、遠くの漠然とした未来のことを考えて
いるような状況なら、
あの時の過去のせいで、今こうなってるんだ、と感じてしまいます。


気が付きました。

目の前の忙しさに、負けちゃいかん。

今は、こういう時期、と割り切って、ふんばらないかん時期ってのは、ある。

踏ん張っているうちに、淡淡とやれることをやっているうちに、

きっと、何か新しいものが見えてくるはず。そしたら、また次の段階に足を

踏み出せばいい。

その時まで、何かに期待するわけでもなく、ただ、静かなココロで

「待って」みようと思います。



心を亡くす、と書いて忙しい、です。

あまり無理をしちゃいかん。
ココロはなくしちゃいかん。

そして、目の前の小さな忙しさにとらわれて、大きな大きな思いや願いから
目をそらすようになっちゃ、もっといかん。

と同時に、ほっとくつろぐ時間や、穏やかな時間、リラックス時間はかならず
守らなくちゃね。
「ああ本当に今日は幸せだ」と思える時間が、毎日1分ずつでもあればいいですね。
「ああ明日の朝起きるのが本当に楽しみで楽しみでしょうがない」というような夜が
ひと月に一回でもあればいいですね。

いま、ここで、今の自分が、生きているということに感謝できなければ、
おそらく将来のシアワセなどないのだろう、と思います。

さてさて、踏ん張りどころの時こそ、いのちの根っこが、ごりごりごりごりと
音を立てて、太く太く伸びているはず。(ちょっとみつを風ですね・笑)

なので、目の前の忙しさにはまけません!
負けるかもしれないけど、少なくとも、あきらめません!


でも、そろそろ一回きちんとした息抜きお出かけでもしないと集中力が
切れそう(笑)
さてさて、どこにいこうかな。うきうき。
海か、山か。


毎日毎日をしっかり生きていけたらいいですね。

その結果として、「ジンセイ行き当たりばっちり」になれたら、いいですね。

うーん、なんだかちょっと重い文章となりましたね。
まっ、いっか。



2008年07月03日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:4

いきものたくさん

7月2日(水)

昨晩からかなり激しく降り続いた雨も、夕方にあがりました。
明日の晩、また降るようですが、まあひと安心です。

今のところ、夏野菜の生育は順調でなにより、といった感じです。

むしろ、少し野菜が取れすぎてあまり気味です。

たくさん箱に詰め込みすぎてご迷惑をかけていないかとちょっとひやひや
してます(苦笑)


カボチャが特に元気です。

080701カボチャ


いいつやをしてます。きちんと敷き藁をして排水溝を掘ったので、大雨にもまけずに
いい感じです。8月からのお届けとなります。

080630カボチャ拡大


鶏も元気です。草が大好きです。

080630鶏


キアゲハの蛹の色がだんだん変わってきました。あと数日で羽化かな?

080701キアゲハ


この糸でぶら下がっているのですね。うーん、おしゃれだなあ。

080701糸


畑でみかけた、シオヤアブ。

080701シオヤアブ2


肉食性で、ハエやガなどの他の小昆虫を捕まえて、さして体液を吸います。

でもね、今日はトマトの花に顔をつっこんでいるのを見たんですが、それは
やっぱり何かの気まぐれだったのでしょうか。
受粉に役立っているのでしょうけど、別に蜜を吸ってるわけではないのかな。
今度はもっときちんと観察してみよう。

オスの腹端には、白い毛の塊があるので「塩屋虻」が語源のようです。

080701シオヤアブ


なのでこいつはオスですね。

ヤマトシジミです。

080630ルリシジミ


カタバミという草を食べて育ちます。どこにでもいる蝶です。
どこにでもいますが、よくみてみると、うーん、きれいだなあ。

 追記。間違いでした。ツバメシジミでした。後ろ羽にツバメの尾っぽのような突起があるので
     ツバメシジミ。修行がたりんなあ(笑)

キツリフネが咲いています。山地の湿地に生えるとされます。

080701キツリフネ2


花の形が、舟を吊り下げたようにみえるので、黄釣り舟、だそうです。

080701キツリフネ


畑の畦にはえていました。
杉の木が畦に植えられていて、なおかつ北向きの畦なので、じめじめしています。

確かに、湿地を好む、と辞典に書いてあるとおりです。

畑の「雑草」と、山地にはえる「野草」はあいまいではありますが、区別できうる
と思います。

長い間人の手が加わり、人が草刈をしたり、耕したりすることで畑や畦や道端で
生きながらえている草は、雑草。

もともと、人の手が今のように濃密に加わる以前からそこに生えていた草は、野草。

同じ畑の畦でも、平野部の畑の畦と、山間地の畑の畦とでは、
はえている草の種類と多様性がずいぶんことなるなあ、と感じています。

野草も雑草も、人や栽培作物と、うまいこと共生しています。

特に、山間地は、作業効率は悪いですが、野草がおおく、畦の「豊かさ」は
すごいなあ、と感じています。

そんなこんなで、やっぱり今の季節はいきもののにあふれてるなあ。



2008年07月02日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

今週のお野菜

今週のお野菜  

6月30日(月)~7月6日(日)

たくさんあるもの

ジャガイモ、ナス、ピーマン、キューリ、セロリ(間引き)、玉ねぎ

まあまあたくさんあるもの

人参、キャベツ(雨と高温でやや痛みかけてますが)、トマト、ミニトマト、
伏見甘長、

すこしはあるもの

ズッキーニ、モロヘイヤ、空芯菜、インゲン、バジル、


夏野菜がでそろってきました。
夏の間は、こんな感じの中身でいくかとおもいます。

あとは、もうしばらくしてゴーヤ、枝豆、とうもろこし、
8月にはカボチャ、といった感じです。

今のところまだそんなに暑くないのでムシも少ないできれいなものを
お届けできています。

つゆがあけて暑くなってくると、どうなることやらです。
ああまた手でムシを取る日々がはじまるのかなあ(苦笑)



2008年07月02日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |