宮崎

8月27日(水)

先日、久しぶりに遠出をしました。

まる一日家を空けたのは、目の手術のとき以来7ヶ月ぶりです。
なかなか感慨ぶかいものがありました。

宮崎県の日向市まで片道3時間弱のドライブでした。
近くにいた有機農業の先輩Yさんが今春から宮崎に拠点を移して、新たに農場を開拓中
なのです。

山の中のハーブ畑。

080824ハーブ畑

農場の一番上の畑からは、尾鈴山の山並みが見えます。
宮崎は、海だけでなく、奥深い山もある、自然豊かなところです。

080824イヌビワとり

イヌビワがたくさん自生しています。
みんなで実をつんで、ジャムにしました。イチジクのような味です。
豊かです。

080824イヌビワの実

クサギの花も見事に咲いていました。

080824クサギ

お家の網戸には、ガの卵が。直径1mmのマクロのアート。
おそらく、オオミズアオだと思います。とりあえずお持ち帰りです(笑)
どんな幼虫がでてくるかなー。

080824たまご

夜は、程よく青臭い話(笑)で盛り上がりました。
人と話をするということは、とても楽しいことだ、と思う今日この頃です。
素敵な時間に感謝!

宮崎は川も綺麗でした。

080824川

短い川ですが、ダムの無い「生きている川」です。

何十年か昔は、日本中のすべての川が生きていたということを思うと、
ちょっと哀しい気分になります。

ダムのおかげで安定的に電力が供給され、水害が減ったのも事実です。
日本の経済発展に必要だったのも確かです。
でも、そのために失われたものがあるということも、忘れないようにしたいものです。

080824水中

せめて、今まだ生きている川を、これ以上つぶさないようにしないと
いけないなあ、と思います。

せっかくなので日向の海にも行きました。

080824日向の海

いい波がきてます。

080824いい波

Yさんに教えてもらってサーフィン初体験。

海水がしょっぱかった。
おなかがサーフボードにすれて痛かった。
当然、立てなかった(笑)

でも、波にもてあそばれ、「うわ、怖い。でもワクワクする」
という感覚が、すごく気持ちよかったです。
昔、山のぼりをしていたときに感じていた感覚に近いのかな、と思いました。

「怖い。でもワクワク。自分の小ささを感じる。ココロが軽くなる」
こういう時間は、必要ですね。


例によって、帰宅後は大慌てで奔走。
豆腐屋さんにおからを取りにいき、鶏舎と育苗ハウスをチェックして、
畑で種をまき、収穫して出荷の準備をして・・・。

いつものパターンです。
遊びに行くのもなかなか大仕事ですが、やっぱりいいものです。

不在中の鶏と苗の世話をしてくれたDさんとHさんにも感謝!です。


スポンサーサイト

2008年08月27日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:2

今週のお野菜

野菜セットの中身のご案内です。

8月25日(月)~31日(日)

貯蔵してあるもの
玉ねぎ、ジャガイモ、カボチャ

たくさんとれているもの
ピーマン、モロヘイヤ、

まあまあたくさんとれているもの
ゴーヤ、空芯菜、

少しとれているもの
ミニトマト、バジル、キューリ、ナス、オクラ、ツルムラサキ


なかなか厳しい状況です!
場合によっては、「1週間ずらしても大丈夫ですか」等のお願いをさせて
頂きます。

でも、卵はたくさんあります。
「たくさん入れてもいいわよ」というお声もお待ちしております。

もう少ししたら、トウガンができあがります。
9月の中ごろには、リーフレタスやサラダ菜がいれられそうです。

2008年08月26日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

「待つ」ココロ

8月23日(土)


ひとりごとを少々。久しぶりにかなりかなり長いです。


オリンピックの番組をみていると、異口同音にみなさんおっしゃいます。

「がんばれ、がんばれ」
「最後まであきらめるな。あきらめなければ夢はかなう」

確かにその通りです。

何かを達成するためには、まずは「出来ると信じる」ということからしか
何も始まりません。

そして何よりも、たとえ結果は残せなくても、精一杯あきらめないでやる、
という過程がもっと大切だということも誰もが感じていることです。

ヒトは、生まれたときには無限の可能性をもっています。

でも、生きていくにつれて、自分の無力さや小ささを感じていくものです。
これは自分には無理だなあ、とひとつひとつあきらめていくものです。

俺が努力しているのに、遊びでやっているあいつにまったくかなわない。
じゃあ、俺はもっと他の道をみつけていこう。

というような経験を子供時代に積むことは、すごく大切なことだと思います。

もし、いくつになっても、「自分には無限の可能性がある。努力すれば
夢は全部かなう」と思っていても、ちょっと違うかなあ、という感じはします。

ひとつひとつ「これは違うなあ」と選択肢を消していった末に、「これなら
自分にもできるなあ。一番になれなくてもいいけど、一番になるための
努力は続けることができるなあ」というような道がみつかったとしたら、
すごくシアワセなことだとおもいます。
他人との競争や比較ではなく、「このことにかかわって生きていけたら
嬉しいなあ」と思える何かを見つけられたら、シアワセなことだと思います。

そういう生き方をしているうちに、実際に出来そうなことしか夢見なくなる
のでしょうね。地に足がついて、等身大の夢をみる力がつけば、まさしく
「諦めなければ夢はかなう」ということなんでしょうね。


しかし、時として「あきらめないでがんばる」「夢はかなう」というような
ポジティブな生き方をするのが難しくなることもあります。

どんなに努力していても、ジンセイをとりまく理不尽に悩まされる人はたくさん
います。本人の努力や意志や思いとは無関係に、不運がやってくることも
あります。

人違いで刺されることもあります。
大地震にあうこともあります。
身内が飲酒運転で人身事故を起こし、莫大な借金を肩代わりする、ということもあります。


そんなとき、人は何を信じていけばいいのでしょうか。

答えは、十人十色。いろいろあるでしょう。

答えのひとつに、「待つ」ことがあるのかな、と思います。

他人や、運命や、神様に対して何かを期待して、「ああなったらいいなあ」
「もっとこうしてほしい」と思って「待つ」ココロではなく、

他人にも、運命にも、神様に対しても、何にも期待しないで
「まあどうにかなるでしょ」と流れに身をゆだねるように「待つ」ココロ。

それは、いい意味での「あきらめ」「落ち着き」のココロです。
肩の力が抜けた、自然体です。
自分の我を守るのではなく、むしろ自分を空っぽにすることで、
いろんな人や気や風やエネルギーが体を吹き抜けるような、ココロ。
できることだけやって、淡淡と過ごすココロ。

諦める、とは明らかに究めること。
落ち着くとは、落ちて地に足が着くこと。

なかなか赤ちゃんができなかった友達が、言っていました。

「ああ、また今月もだめだった・・。の繰り返し。もういいや、子供ができなく
てもそれはそれでいい。構わないや、ときれいさっぱり諦めたちょうどその月に、
この子を授かったんだよね」

まあ、そんなものなのでしょうね。

物事を計画して、目標をたて、計画を練り、実行して、達成する。
それはそれで、もちろんシアワセなことです。
イチロー選手のような、才能も努力もすごい人には、そのようなシアワセを
しっかり歩んでいって、周りの人にも力を与えてほしいです。

でも、物事が計画通りにいくことは、稀です。
明日死んでしまうかもしれないのが生きものの業です。

もしジンセイが計画通りに進むのであれば、計画したことしか起こらない、
ということになります。
計画通りにならないからこそ、計画や想像をこえるようなものすごく楽しい
ことも起こるのですよね。

どんな「思いもよらぬ楽しいこと」が明日のわが身に訪れるのか。
そのことにワクワクドキドキするほうが、われわれ凡人にとっては
楽しい生き方なのでは、とも感じます。
そして、身の丈にあった範囲で、自分の足の歩幅の範囲で
「諦めないでがんばる」ことが出来たらいうことなしですね。

そして、もし「思いもよらぬつらいこと」が明日のわが身に訪れたとしたら。
その時自分がどんな態度を示し、どういう行動をとるのか、ということに
ワクワクドキドキできたとしたら、われわれ凡人にとっては、それが救い
になることもあるのでは、とも思います。
それに、そういうときにもやはり「諦めないでがんばる」自分や、
「待つ」ことが出来る自分に出会えるとしたら、嬉しいですね。

僕の2008年のモットーは、「待つ」です。

大体、年始に掲げたモットーなどは、梅雨時には忘れられて
いるものです(笑)

いやー、「待つ」ことも、すっかり忘れていました。

今年も残りあと1/3です。
季節の移ろいの速さに、少しの焦りと、たくさんの安らぎを覚えます。

「待つ」ココロを思い出して、過ごしていきたいものです。

いやー、長かった(苦笑)

2008年08月23日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:2

秋の足音

8月23日(土)

雨が降らない日が続いたかと思えば、今度は連日の激しい
夕立と雷です。

畑がなかなか乾きません。

なんとか、タイミングを見て種まきや定植を進めています。


小松菜やカブの種まきもスタートしました。
ずらしずらしで何回かに分けてまいて、途切れずに出荷できるようにします。
虫除けネットの中には小松菜。カブ。
ネットの右には、極早生の白菜や、キャベツ、ブロッコリ、レタスなどです。
その右には、自家用の小豆と大豆です。

080821秋野菜

新しい畑に植えたカボチャが、まあまあいい感じです。

080821カボチャ

水はけの悪さはすごいですが、地力は少しはありそうです。
ちょっと一安心。

ねぎの追加定植。
水はけが悪く機械をいれられないので、全部くわをふるって溝を掘りました。
当分メタボには程遠い生活のようです(笑)

080821ねぎ追加

人参の間引きをしていたら、

080821ねむの木

芽生えたばかりのねむの木がありました。
樹高4センチ。
森への第一歩です。畑もほおっておけば、森になるんだよ、
と気高い自己主張が聞こえてきます。
自然って、すごいなあ。

畦には、キツネノカミソリ。

080821キツネノカミソリ

080821キツネノカミソリ2

彼岸花と同じ仲間です。
早春に葉っぱを広げて、光合成で蓄えたエネルギーを地下茎に蓄えます。
夏草が茂る頃には葉っぱはかれて、花を咲かせます。
キツネノカミソリはお盆の頃に。
彼岸花は彼岸の頃に。
花とともに、亡き人を偲ぶのもいいものです。

ヨウシュヤマゴボウも花を咲かせて、

080821ヨウシュウヤマゴボウ

濃紺に熟した実をつけています。

080821ヨウシュウヤマゴボウ実

アメリカ原産の帰化植物です。
葉っぱには毒があります。でも、実は無毒です。
鳥が実を食べて種を拡散してくれるようにしているのでしょうね。

確実に、秋が近づいてきているようです。

秋の夜長が楽しみです。

2008年08月23日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

たおやかな一日

8月19日(火)

朝から雷雨でした。
ここ数日、雨が続いて、畑がなかなか乾きません。

ねぎの定植、小松菜などの種まきをすませたいのですが、待ちぼうけです。

自然は、時にやさしく、時に厳しいものですね。

はやく種をまかないと、夏野菜の終わりから、秋野菜のはじめにかけて野菜の
種類がそろわなくなってしまうので、ちょっぴりあせります。

でも、
まあそんなに焦るなよ。まあなんとかなるって。

と、雷神様がおっしゃってるかのようにも感じます。

なので、今日は出荷仕事のあとにはもくもくと機械で草刈をしていました。
まあまあ、いい気分です。


トウガンが勢いづいてきました。

080819トウガンジャングル

早いものはあともう少しで収穫のようです。

080819トウガン

これで、種類がそろわないときにもトウガンさんに助けてもらえそうです。
感謝感謝。とりあえず種をまいといてよかったー。

雨のおかげで追肥がきいてきました。ナスも復活の気配です。

080819ナス復活

去年は大発生したニジュウヤホシテントウも、今年はまだ静かです。
これからどうなるかなあ。おてやわらかにね。

080819ニジュウヤホシ

サトイモの葉っぱの水滴が、好きです。

080819サトイモ水滴

鶏さんたちは、草が、大好きです。草をあげると、ぶぁーっと、よってきます。
自分の体に必要なものは、みんな分かっているのですね。
ヒトは、どうなのだろうかなあ、と感じてみたりして・・・。

080819草大好き

降るときには、とにかく激しく降ります。言葉がでません。

080819雷雨

雨上がりの玄関先に、イモリさんがいました。

080819イモリ

通称アカハラ。ちょっと失礼。たしかに赤腹ですね。

080819赤腹



時間が、静かに流れてゆきます。

なかなかいいものだなあ、と感じた一日でした。

2008年08月19日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

ご近所登山

8月18日(月)

先日、近くの根子岳に出かけてきました。

近所に、手ごろな山がたくさんあるというのは、嬉しいものです。

よし、のぼりに行こう、と思いつき、帰ってきて、3時間か4時間。

また帰ってきた後に、畑仕事。

うーん、なんと贅沢なんでしょうね。


根子岳です。 
阿蘇五岳の中でももっとも古い山で、崩壊が進んでいます。

080814根子岳

頂上からの、阿蘇高岳方面の眺めです。

080814根子岳東峰から高岳

天狗岩がかっこいいです。稜線はとにかくぼろぼろです。

080814天狗岩

生きものもたくさんです。

オミナエシ。

080814オミナエシ

名前がわからないけど、ガ。

080814ガ

ガマズミの実も赤くなっています。

080814ガマズミ

ゴマダラカミキリが空をみつめていました。

080814ゴマダラカミキリ

タチフウロは、しずかに咲いていました。

080814タチフウロ

ホソバシュロソウ。

080814ホソバシュロソウ

頂上はチョウやトンボの楽園です。
ひなたぼっこをするツマグロヒョウモン。

080814ツマグロヒョウモン

岩の基部でひっそりと咲く花。

080814天狗岩の基部

ヒヨドリバナのみつを吸うアサギマダラ。

080814ヒヨドリバナとアサギマダラ

アサギマダラは、沖縄から北関東あたりまで飛んで移動します。
捕まえて、番号をマーキングして、その移動のなぞを研究する試みが
多くの愛好家さんたちの手によって進められています。

それにしても、すごいですね。そして、きれい。いやー、すごい。


かごで飼っていたアカタテハの幼虫が羽化しました。

080808アカタテハ2

080808アカタテハ

適度な雨に恵まれ、先日撒いた人参もちゃんと芽をだしました。

080818人参

人参の種は、乾燥を嫌うくせに光を好みます。
なので、覆土を薄くして、なおかつ乾燥させないように鎮圧して、籾殻をかけたり
します。なによりも、天気をみてタイミングよく撒かないといけません。

芽が出てしまえば、あとは間引きと除草だけきちんとやれば、
あとはまあなんとかなります。

とりあえず、必要な量の人参の芽がでそろったので、感謝です!


長くなりましたが、最後に詩を。
例によって唐突です(苦笑)

なんどもご紹介している「祝婚歌」です。
たまに、忘れてた頃に、読み返すと、ほっとして地に足がついてくる。
そんな詩です。


    『 祝婚歌 』  吉野 弘

    二人が睦まじくいるためには
    愚かでいるほうがいい
    立派すぎないほうがいい
    立派すぎることは
    長持ちしないことだと気付いているほうがいい

    完璧をめざさないほうがいい
    完璧なんて不自然なことだと
    うそぶいているほうがいい
    二人のうちどちらかが
    ふざけているほうがいい
    ずっこけているほうがいい

    互いに非難することがあっても
    非難できる資格が自分にあったかどうか
    あとで
    疑わしくなるほうがいい

    正しいことを言うときは
    少しひかえめにするほうがいい
    正しいことを言うときは
    相手を傷つけやすいものだと
    気付いているほうがいい

    立派でありたいとか
    正しくありたいとかいう
    無理な緊張には
    色目を使わず

    ゆったり ゆたかに
    光を浴びているほうがいい

    健康で 風に吹かれながら
    生きていることのなつかしさに
    ふと 胸が熱くなる
    そんな日があってもいい

    そして
    なぜ胸が熱くなるのか
    黙っていても
    二人にはわかるのであってほしい

2008年08月18日 風景 トラックバック:0 コメント:0

今週のお野菜

野菜セットの中身のご案内です。

8月18日(月)~24日(日)

貯蔵してあるもの
玉ねぎ、ジャガイモ、カボチャ、(ほんのちょっとですが)にんにく、

たくさんあるもの
ピーマン、赤ピーマン、ミニトマト、バジル、

まあまあたくさんあるもの
モロヘイヤ、空芯菜、ゴーヤ、

少しはあるもの
キューリ、ナス、トマト、ツルムラサキ


なかなか厳しい状況です。
ようやくまとまった雨が降ったので、もう少しすればなすびが復活してくるかなあ
とは思います。
9月の中ごろ~下旬にはレタスや小松菜などがだせると思います。
あとは、トウガンも同じ頃には入れられるかもです。

夏野菜がこのままがんばってくれて、うまく秋野菜につながるかどうか。
まあ、まだ土ができてないので、やれることやったらあとはしょうがないです。
安定的な出荷ができるようになるには時間がかかるようです。

卵は余裕があります。多めに必要な場合はお声をかけてください。

お問い合わせがございましたら

椛島農園 tkabashima@hotmail.com までお願いします。


2008年08月18日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:1

久しぶりに雨

8月13日(水)

夕方から、久しぶりに雨がふりました。
明日も、降るようです。

よかったよかった。

5月定植のカボチャの収穫がだいたい終わりました。
やっぱり2割くらいは腐れちゃったけど、まずまずの収量と味でした。

080812カボチャ

秋どりのカボチャも今のところ元気に畑で育ってます。


たまごが本格化してきました。

080812たまご

野菜もそうですが、たまごはもっとダイレクトに、毎日の自分の
「鶏さんたちにたいする気持ち」が現れるように思います。
なかなかセスジが伸びます(笑)

なかなかぷりんぷりんしています。感謝です。

080813たまご


オリンピックをぼちぼちと見ています。

もちろん、自分にとっては、ほとんど接点が無い競技ばかりです。

代表の選手がメダルをとろうと取るまいと、ほとんど自分には何も
関係がないことです。

でも、

やっぱりどんなことであれ、人が何かにたいして一生懸命になっている
姿は、美しいですね。

がんばれ、という言葉はあんまり好きではないのですが、
それでもやっぱり、

がんばれ選手の皆さん!

2008年08月13日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

今週のお野菜

野菜セットのご案内です。

8月11日(月)~17日(日)

貯蔵してあるもの
ジャガイモ、玉ねぎ、カボチャ

たくさんあるもの
ピーマン、ミニトマト、キューリ、ゴーヤ

まあまあたくさんあるもの
モロヘイヤ、オクラ、バジル、

少しはあるもの
空芯菜、トマト、伏見唐辛子、

やっぱりナスが無いのはさびしいですねえ。
まとまった雨がふれば、ナスも元気を盛り返すとは思うのですが、
もう少し我慢のようです。

卵の販売、始まりました!
随時、ご案内いたしておりますので、よろしくお願いします。

2008年08月11日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

雨がほしい

8月10日(日)

まとまった雨がなかなか降ってくれません。

ぱらぱらとは夕立が来るのですが、いかんせん量としては、少なすぎます。

なかなか、お天道様のご機嫌は、難しいものですね。

でもまあなんとか元気なサトイモ。

080809サトイモ

元気のないサツマイモ。

080809サツマイモ

サツマイモは、ある程度やせている畑にうえないと、つるばっかりがのびてしまい
芋が太りません。
なので、痩せている畑に植えたのですが、、、
あまりに痩せているようです。
遠くの畑なので、あまり見にいってませんでした。反省!
もう手遅れかもしれませんが、いそいで追肥をしようと思います。
でも、雨が降らなければ追肥もききません。まあ、なんとかなればいいけど・・・。

新しい畑。
キャベツと、カボチャ。
痩せているこの畑ではたしてどのくらい野菜が育つのか。どきどきの実験です。
堆肥をしっかり入れたので、今のところなんとかなりそうです。
それにしても、、、、からからです。

080809新畑と夜峰

へんなポーズです。

080809変なかっこ

日中は暑いですが、朝晩はなんだかここのところ涼しいです。
暦のうえでは立秋です。

ムシの声、空の雲。ちょっとずつ、ちょっとずつ、秋の足音がきこえてきているようです。



2008年08月10日 田畑 トラックバック:0 コメント:1

最近みかけた生きものたち

8月10日(日)

最近みかけた生きもの達。

ハンミョウ。

080809ハンミョウ


フシグロセンノウ。

080809フシグロセンノウ

ユウスゲ。

080809ユウスゲ

ヒロハトラノオ。

080809ヒロハトラノオ

マヤラン。

080809マヤラン

カラダの色が薄いです。自分で光合成をしていません。
菌と共生して、まわりから栄養をもらっていきています。
やり手です。

エゾミソハギのみつを吸うルリモンハナバチ。
英語でいうと、ブルー・ビー。しあわせをはこんでくれるらしいです。

080809ルリモンハナバチ

オオカマキリ。

080809オオカマキリ

友人から、「キクイタダキがオオカマキリに食われている画像見つけた」と衝撃の
知らせがありました。

キクイタダキとは、日本で一番小さな野鳥です。
かなりショッキングな写真です。お嫌いな方はお嫌いだと思います。
でも、いきるということの凄みを感じさせてくれるすばらしい写真だと思いました。
もし、ご興味があれば、ご覧下さい(リンクありがとうございます!)。
 
http://f40.aaa.livedoor.jp/~phyllon/image/otherplace/Goldcrest.html

そんなこんなで、夏はやっぱりにぎやかです。

2008年08月10日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

ナイトハイク

8月5日(火)

暑いです。

農繁期にもかかわらず、夏ばて気味にもかかわらず、
先週の土曜の夜に、「ナイトハイク」というイベントに友達と参加しました。

いくつになっても、青臭く青春っぽい(笑)時間をもちつづけていたいものです。

感謝です!



大分県、九重連山のふもとの飯田高原を、一晩で42,195キロあるくという
イベントでした。

星空がきれいでした。流れ星をこれほどたくさん見たのは、いついらいかなあ。


ハーフコースとフルコースあわせて1000人ほどの参加者がいたようです。

運営者のみなさんの努力に、感謝です。
夜通し歩いた1000人もの物好きさんたちに、幸あれです。


夕焼けのもと、出発。

080802ナイトハイク

草原に咲く花を見ていたら、見事に最後尾になりました。

ワレモコウ。

080802ワレモコウ

カワラナデシコ。

080802カワラナデシコ

チダケサシ。

080802チダケサシ

ヒゴタイ。

080802ヒゴタイ

途中のチェックポイントの灯りに集まる蛾も、なかなかのもの。

エダシャクの仲間。

080802エダシャクの一種

アオシャクの仲間。

080802アオシャクの仲間



クチバスズメ。

080803クチバスズメ

オオミズアオ。

080803オオミズアオ

名前は分かりませんが、個性的なやつら。

080803名前がわからん

080802ガ

AM4時。39キロチェックポイントにて。右奥が僕です。

080803ナイトハイク2

帰宅途中の景色。住めば住むほど、阿蘇好きになっていく自分がいます。

080803阿蘇谷

朝に家に戻り、急いで野菜の収穫をして、苗に水をあげて、鶏に餌をあげました。
昼寝をして、午後は普通どおりに働きました。
夜通し歩いた後に、普通に仕事、というのがなかなか笑えます。

自分の時間を自分でコントロールできる自由に、感謝です。



2008年08月05日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

今週のお野菜

野菜セットの中身のご案内です。

8月4日(月)~8月10日(日)

貯蔵してあるもの
ジャガイモ、玉ねぎ

たくさんあるもの
ピーマン、ミニトマト、ゴーヤ、キューリ、

まあまあたくさんあるもの
モロヘイヤ、オクラ、トマト、

少しはあるもの
ナス、ツルムラサキ、空芯菜

これからでるもの
カボチャがあと少しで熟します。
8月いっぱいは、こんな感じです。

卵がだいぶんでそろってきました。
順次、ご案内&お試し品をお届けしてまいります!


雨不足で、野菜の調子がなかなか厳しいです。
しばらくは、先月とはがらりとかわって、少なめになりそうです。

毎回毎回てんこ盛りよりも、少ないときがあったほうが、いいですよね(笑)

2008年08月05日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

諸行無常

8月1日(金)

今日も暑いです。暑いです。暑いです。

最近、自分の中で何かが変わろうとしているのを感じています。
言葉でうまく説明するのは難しいのですが、確かに何かが変わろうとしています。

諸行無常。万物流転。

ヒトの体をつくっている原子だって、入れ替わります。

3年前の自分のカラダを形作っていたアミノ酸やミネラルは、
カラダに取り入れた食べ物にあった原子と入れ替わり、排泄や発汗を経て、
大地にもどっているのかもしれません。

(例によって、受け売りです。生物学者福岡信一さんのことばより)

ヒトの体が絶えず変わりゆくものならば、ヒトのココロもまた、変化していって当然の
ものなのかもしれません。

時代や、環境や、自分を取り巻く状況は刻一刻と変化していきます。

変化を素直に受け入れて、流れに乗っていく。

「変わらない自分」でいるためには、殻をつくることになります。

殻をつくれば、いろんな人との出会いや、縁、メッセージ(みたいなもの)が、
聞こえなくなってしまいます。見えなくなってしまいます。

むしろ、とにかく肩の力をぬいて、カラダとココロに、人のぬくもりと、
大地の風が、ふきわたるようになれたらなあ。

そう、思います。

自分の中の、直感とか、感性、のような部分がどんどん大きくなってきている
ようです。自然相手に生活していると、そうなってゆくのかなあ。


暑いし、畑は草だらけだし、いろんなことがいつもいっぱいいっぱいですが、
まあ、じたばたせずに流れにのっていこう、と改めて感じています。


オクラの花。
野菜の花で、いちばん優雅だなあ、と思います。

080801オクラの花

夏の楽しみ。(自家用です。スミマセン!)

080801スイカ

阿蘇火山のカルデラの中で暮らしていることに、シアワセを感じます。
家から15分でこの眺めは、やっぱり贅沢です。

080728南外輪山と雲海

シモツケ。

080728シモツケ

タケトラカミキリ。
真竹の「害虫」です。竹細工工房のNさんいわく「うちにいっぱいおるよ」。

080730タケトラカミキリ

ウスバカゲロウ。

080801ウスバカゲロウ

080801ウスバカゲロウ2

こいつの子供が、アリジゴクです。
確かに、なかなか獰猛なお顔をされていますなあ。

2008年08月01日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |