12月27日(土)

今日は、冬晴れの一日でした。

お昼に近くの友人の新宅の棟上式に行きました。

081227棟上

大工さんの腕に、ふゎーっと、感心しきりでした。




たまたまみつけた詩。


友達  ビートたけし

困った時、助けてくれたり
自分の事のように心配して
相談に乗ってくれる
そんな友人が欲しい
馬鹿野郎、
友達が欲しかったら
困った時助けてやり
相談に乗り
心配してやる事だ
そして相手に何も期待しない事
それが友人を作る秘訣だ

祥伝社  ビートたけし詩集  「僕は馬鹿になった。」




よっしゃ、ついでにもういっちょ(笑)


馬   拙詩


どこかの国ではまだ
当たり前なように
馬と一緒に
畑をすいたり
田んぼを起こしたり
できたらなあ。
そんな日はござを敷き
草をはむ馬の横で
おにぎりをほおばると
きっとおいしいんだろうね。

ほんの少し前には
当たり前だったように
馬にまたがって
好きな人に会いにいったり
家族で巡礼の旅に出たり
できたらいいね。
そんな夜は火を囲み
星を眺めながら
語り明かせたら
素敵だね。

みんなの時間が
ゆったりとゆったりと
流れていくと
いいなあ。

スポンサーサイト

2008年12月27日 ことば トラックバック:0 コメント:0

はかどらないので・・・

12月26日(金)

いよいよ年の瀬です。

畑は大体ひと段落ついて落ち着いていますが、
後回しにしておいた、年の瀬的な仕事がたまってます。

ちょっとがんばり中。

今日は、午前中に出荷作業をして、午後は気合をいれて
年賀状書き。そろそろいい加減終わらせんといかんぞー、
と、自分に活!

のつもりが、なかなかはかどらない。

昨晩うちで仲間内の忘年会をしたので、その残り物
のお菓子やら果物やらをぱくついてばかりで、
なかなかすすみません(笑)

気分転換に、

山を眺めにいきました。

081226阿蘇五岳1

さて、ぼちぼちやるかな。

と、こうやってブログ更新していること自体、目の前の
仕事から逃げてるなあ。
まるで、テスト前に漫画を読みたくなる高校生のよう
です。
人はなかなか成長しませんなあ(笑)


2008年12月26日 風景 トラックバック:0 コメント:0

忘年会

12月23日(火)

年の瀬です。

人並みに、年の瀬特有の慌ただしさを感じています。

私事ですが。。。


今の百姓暮らしを始めて、ちょくちょく福岡から両親が
手伝いにきてくれます。
両親との適度な距離感が、実に心地よいです。

最近になってようやく、対等な大人同士の関係の中で、
「ああ、親父はこういう人だったのか」
「おお、お袋はこんな性格をしていたのだ」
と親のことを客観視できるようになりました。
10年以上九州をはなれ、ほとんど実家にもどらなかった
時期もあったので、そういうことを強く感じるのでしょう。

そして先日、ふとしたことからご縁をいただき、
父が若い頃からお付き合いをしている山仲間の皆さんの
忘年会がうちで開かれました。

新鮮で楽しい体験でした。

お孫さんの話や、仕事の話、退職後に始められた
田畑の話、若い頃に挑んだ厳しい登山の話。
いろいろな話を伺いました。

父も、そして父の仲間の皆さんも、
今では還暦を過ぎて、第2の人生を歩んでいたり、
歩みだそうとしています。

僕が20代の頃にそうしていたように、父も皆さんも
働き、山に登り、未来を思い描いていたのでしょう。

僕が30代にはいり、これから多分そうするように、
父も皆さんも、仕事と家庭と自分の夢の狭間で
日々を懸命に生きてきたのでしょう。

自分は、まだまだヒヨッコだと再確認(笑)
とにかく、生きていくことなのだなあ、と
たおやかな思いを感じた宴でした。

皆さんありがとうございました。


冬のひかり。

081223おひさま


絹サヤも、寒さに耐えています。

081222きぬさや

いま、しっかりと、根を張っているのでしょうね。
耳をすませば、根を伸ばす音がきこえてくるかな。

花を咲かせて、実をつけるのは、5ヶ月後です。

=======================

野菜セットのご案内について

しばらくの間、セットの中身は毎回同じような感じ
になりますので、毎週のご案内は割愛します。

年が明けて、寒がきつくなるころにはまた状況が
変わると思いますので、そのつどご案内します。




2008年12月24日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:3

今週のお野菜

野菜セットの中身です。

12月15日(月)~21日(日)

貯蔵してあるもの
ジャガイモ、カボチャ、トウガン、サツマイモ、サトイモ、

たくさんあるもの
白菜、キャベツ、ほうれん草、カブ、小松菜、人参、カブ、

まあまあたくさんあるもの
大根、水菜、ラディッシュ、ルッコラ、ねぎ、ターツァイ、
いろいろ間引き菜(チンゲン菜、みぶな、かつを菜、水菜)
リーフレタス、

少しあるもの
レタス、ブロッコリ、ほうれん草、ラディッシュ


年内は、こんな感じの中身となりそうです。

里芋は、少し傷みがでているものがあり、そちらから出しています。

葉ものが、肉厚になって甘みが出てきました。


出荷の光景。


大根、カブ。

081215大根

人参。

081215人参

ジャガイモ。

081215ジャガイモ

なかなか豊かです。



2008年12月15日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:3

12月15日(月)

寒かったり、暖かかかったりしますが、
総じてみると、今のところ平年並みの師走の気候が
つづいているようですね。

懸案だった、お返しする畑の片づけが終わりほっと一安心。
いよいよ、遅ればせながら本格的に農閑期といった感じです。



夏の農繁期には、とにかく自分のことで精一杯で、
人のお手伝いをしたり、他の人のことで自分の時間を使ったり
することが難しいことが多々あります。

そういう時は、気がつかいないうちに、どんどんココロが痩せて
いってしまいます。

今の時期は、誰かのために、ちょっとしたお手伝いをできる
余裕があるということが、嬉しいです。

本当に嬉しいのは、

物を贈ってもらうことより、贈る誰かがいるということ。
手をかしてもらうことより、手をかせる誰かがいるということ。

なんて、思ってみたり・・・(照笑)

やはり農閑期には、ココロが肥えてゆくようです。

夏の忙しさの中でまいた種が育ってきたのかな。



先日、所用で阿蘇の中岳の火口へ行きました。
自宅から、25分くらいでこの眺め。うーん、贅沢。

081210中岳火口

どくどく。どくどく。

地球の心音が聞こえてきます。

地球も、生きてる。

僕も、生きてる。

大根も、生きてる。

いろいろありますが、まあ、いっか、と思えてきます。

2008年12月15日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:1

今週のお野菜

野菜セットの中身です。

12月8日(月)~14日(日)

貯蔵してあるもの
ジャガイモ、カボチャ、トウガン、サツマイモ、サトイモ、

たくさんあるもの
白菜、キャベツ、春菊、カブ、小松菜、人参、カブ、

まあまあたくさんあるもの
大根、水菜、ラディッシュ、ルッコラ、ねぎ、ターツァイ、
いろいろ間引き菜(チンゲン菜、みぶな、かつを菜、水菜)
リーフレタス、ほうれん草、

少しあるもの
レタス、ブロッコリ、ほうれん草、ラディッシュ



卵について。

産卵数が、減ってきました。

どうしても冬は日照時間が減ってくるので、その影響をうけます。
点灯をすれば、持ち直しますが、冬にがんばって産んでもらっても、
そのぶん産み疲れがでてきて、いつか産まなくなるともいえます。

安定供給のためには点灯したほうがいいのでしょうが、まあ、
様子見です。

冬は鶏さんも休養です。というくらいの考えでいかがでしょ(笑)

というわけで、10個パック→6個パックというふうに、調整して
出荷させていただきます。
ご理解ありがとうございます!

2008年12月08日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

imagine

12月8日(月)

今日は冷たい雨が降っています。
ぼちぼちと出荷の準備、それにお便り書き。
あとは、まあゆったり、という一日です。

昨日は快晴でした。

でも、そのぶん朝の冷え込みはきつかったです。
-7℃くらいまで冷えました。

霜で、畑も真っ白。

081208霜

寒さに弱いものには、パオパオ(という防霜・保温資材)を
かけてます。

081207寒い

うーん、真冬といった雰囲気。
さすがにちょっときつそう。
でもきれい(笑)

081207水菜

衝動的に、近所のおかまど山に登りたくなって

081207おかまど山

行きましたが、地面が凍りついて無理でした。
そりゃそうだ(笑)

でも、ちょっと楽しい思いつき。
実家においてある雪山装備をとりにいき、雪がつもったら
のぼりにいこう。
普段は木や草で歩きにくいところが、雪が積もれば、
きれいな雪稜と化します。

ああ、わくわくします。
でも、そんなに積もることあるのかな(笑)


牛の放牧地も、冬景色です。

081207池の窪

途中の林道でみかけた、ガマズミ(だと思います)。

081207ガマズミ?



さて、今日は、真珠湾攻撃の日。そして、ジョンレノンの命日。
下手なギターで、「イマジン」を唄ってみました。

なんだか気持ちがほっとします。
唄は、よいものです。


2008年12月08日 風景 トラックバック:0 コメント:0

働く

12月4日(木)

暖かな一日でした。畑ではぶよが飛んでいました。
12月なのに・・・。

でも明日からはまたぐっと寒くなるようです。

最近、ちょっと気合を入れて働いています。
頭の中で、少しもやもやとしていたことが、ふとしたことで
すっきりとしました。

で、結論。

「働く!」

働く、ということは、『はた(傍=他の人ですね)を、楽にする』
ということ。

お金になることも、お金にはならないことも、誰かを気遣って
何かをするということも、ぜんぶ「働く」ということ。

働くことを喜びとできれば、もうそれだけで、時間を主体的に
使えて、いいことがたくさん。
それに、働かないと食べていけないのだし、どうせなら、
気持ちの良い時間を過ごしたいものです。


と書けば、聞こえはいいのですが、実際は、、

「農閑期だし、まあ、ぼちぼちでいいや」
と思ってあまりにものんびりしていたら、けっこう急いで
やらねばならないことが、いつの間にかたまって
きてました(笑)

やっぱおさえるところはおさえなくちゃいかんですなあ。
ごとごとも「いい加減」が大切です。

霜が激しくなる前にやんなくちゃ、ということで
里芋をほりあげたり、大根やカブに土寄せしたり。

そして、返す畑の片付けをそろそろ本腰でやらないと、
そろそろクレームがきそう(笑)

なんでも後手後手になると、どんどんやるのが億劫に
なっていきますね。
ここはひとつ仕事モードになって、
「よっしゃー、これだけは今日中に絶対終わらす!」
とあらゆる雑念をふりきって割り切ってやると、

これがまた気分がすっきりするから不思議なものです。

毎日の、その積み重ね積み重ねが、自信となっていくので
しょうね。

でも、結果的に終わらなくても「まあ、しょうがないなあ」と
思える心もまた大事ですが。
まあ何事もバランス、中庸、ですなあ。

いずれにしろ、この、ちょっとした慌ただしさも本当にあと少し。
もうちょっとしたら、本格的にゆたっとした時間を味わえるので、
楽しみです。



さて、

朝もやの景色。

081204藁こづみと夜峰


畑では、

いろいろと防寒、霜対策。

白菜も藁でしばりました。

0811204白菜縛り

いよいよ冬本番です。

2008年12月04日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |