雨雨雨!

2月27日(金)

それにしても、雨続き・・・。

ほとんど、梅雨のような雰囲気です。

やれやれ、です。


でも、

レオさんの風邪もだいぶん治りかけてきたし、不慣れな確定申告もなんとか無事終わらせることができて、一安心です。

さらに、ひとつちょっとした決心。
家から一番遠い畑を、地主さんにお返しすることにしました。車で5分ほどの畑です。忙しい時期は、この5分、がしんどいものです。上下2枚あります。ともに痩せています。上の一枚は、軽トラも入らないので、堆肥をまくのも苦労します。下の一枚は、日当たりがとにかく悪いです。そして、畦がすごくすごく高いです。

住む場所が見つかり、その際に、家の近くで自由に使える畑がなかったときに、とりあえずお借りしたものなのです。丸2年たち、家の近くで必要な面積の畑を借りられました。
地主さんは「あそこは痩せとるし、日もあたらんけん、無理せんでよかけん。あなたのうちの近くで畑があるなら、そこば耕しなっせ。」と常々いってくださってました。自分達が長年苦労をされたので、そのあたりの事情を察してくださるのでしょう。

なので、なおさら「はい、そうですか、ではお返しします」とは、言いにくかったのです。地主さんは、ご高齢です。土地を荒さないために老体にむちをうって、トラクターをかけたり畦草を刈ったりする姿を想像して、「申し訳ないなあ」と思ってしまい、ずるずると結論を延ばしてしまっていました。

でも、長い目で見ると、それもよくないなあ、と思って、決めました。
これで、管理しなくてはならない畑の面積がかなり少なくなりました。手が回る広さ、となりました。気持ちがすごく楽になりました。

とにかく、「無理はしない」。そして、「いい人ぶらない」(笑)ということなのかなあ。

「いい人」をやめて、ある程度自分のエゴを通すことは、すごく大切なことだなあ、と思います。適度なエゴを通すと、結果的にいい顔をしてきます。人は、いい顔をしている人と接したがるものです。シアワセは、伝播するものなのでしょう。

何かを決める時には、考えつくすということも大事ですが、まあ、どうにでもなれ、どうにかなるさ、どっちでもいいや、嫌われてもいいや、というカラッとしたココロを持つことがもっと重要なのでしょうね。

そのためには、やっぱり、何かにとらわれたり、損得だけにとらわれたりしてはいけないですね。できるだけ、カラッポのココロを持ちたいものです。


さて、やや脱線。

世界全体が幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない。

と、宮沢賢治はいいました。同感です。

でも、その逆もまた真実だと思います。これもまた、バランス、中庸ですね。

あくまでも、理想のなかの理想を言えば、ですが・・・、

世界全体のことを、自分のこととしてとらえたり、
自分のことを、世界全体のこととしてとらえたり、
はたまた、
人類のことを、生態系や地球や宇宙のことしてとらえたり、
宇宙や地球、生態系のことを、人類のこととしてとらえると、

「世界全体」も「個人」も、「地球」も、すべて、「We」ということになり、宮沢賢治の残した言葉のなかに、一切の論理的あるいは感情的な矛盾がなくなる、といえます。

なんというか、「千の風になって」とか、「般若心経」の世界ですなあ。

少し前に、話題になったこの本。

ikites.jpg

「生きて死ぬ智慧」 文・柳澤佳子 画・堀文子 小学館 \1200

生物学者、柳澤佳子さんが、長年の闘病生活の体験と、科学者としての英知をもってして、般若心経の現代語訳をされています。あとがきの中で、柳澤さんはこう書いています。

 私たちは、自己と他者、自分と他のものという二元的な考え方に深入りしていきます。元来、自分と対象物という見方をするところに執着が生まれ、欲の原因になります。自分の周りには色々なものがあり、いろいろな人がいます。
 ところが一元的にみたらどうでしょう。(中略)私たちは原子からできています。原子は動き回っているために、この物質の世界が成り立っているのです。この宇宙を原子のレベルで見てみましょう。私のいるところは少し原子の原子の密度が濃いかもしれません。あなたのいるところも高いでしょう(中略)これが宇宙を一元的に見たときの景色です。(中略)
 あなたもありません。私もありません。けれどもそれはそこに存在するのです。物も原子のの濃淡でしかありませんから、それにとらわれることもありません。


なるほどなあ、という感じで目からうろこですねぇ。でもなあ、こういう達観はなかなかできないものです。霞をたべていければいいのだろうけど、そうもいかんしなあ(笑)。

でも、こういうものの見方や感性は、こんな時代だからこそ、見直して大事にしていってもいいんじゃないかなあ、と思います。ココロのなかには、たくさん引き出しがあったほうがいいです。「困った時には、よし、この引き出しをあけるかな。ココロをカラッポにするかな」ということが、主体的にできれば素敵ですねえ。


スポンサーサイト

2009年02月27日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:5

2月24日(火)

雨が続いています。降ったり止んだり、の繰り返し。

もともと、春先には雨が続く日があります。なたね梅雨と呼びます。菜の花が咲く頃に、梅雨のようにすっきりとしない天気が続きます。今年は、暖冬だったせいか、なたね梅雨も例年より早いようです。

晴れ間がなかなか続かず、畑に入れるタイミングが限られています。ワンチャンスを逃さないようにして、種をまいたり、耕したりしています。

そして、確定申告の用意をしています。どのみち畑には入れないので、落ち着いて事務仕事ができます。でも、なかなか進まない。。。もうちょっと、しっかりこつこつとやっていかんとだめだなあ、とちょっと反省モード。


1回目にまいたキャベツやレタスの苗も、だいぶん大きくなりました。

090224苗

梅の花も咲きそろってきました。

090224梅

アセビも、きれいです。馬が酔っ払う木、と書いて馬酔木(アセビ)。毒があるそうです。

090224アセビ

レオさんが、風邪をひいてしまいました。食欲もなし。一日中寝てます。大丈夫かなー。


今週の野菜セットの中身です。

ジャガイモ、里芋、さつまいも、ごぼう、やーこん、人参、キャベツ、ほうれん草、水菜、白菜の菜の花。あとは、卵です。なっぱが、ほとんど全部とうがたってきちゃいました。今年は少しはやいようです。


2009年02月24日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

唐突ですが

2月19日(木)

今日は、冷たい雨の一日でした。

雨の前に、ごぼう掘りの続きを少々。玉ねぎの追肥を少し。暖かくなって追肥をするとよくないので、これが最後の追肥です。

あとはぼちぼちと明日の出荷の用意。いや、ぼちぼちというよりかはダラダラ、になってしまったかな。作業スペースの関係で、雨が降ると、とたんに作業効率が落ちてしまいます。それに冷たい雨がしとしとと降り続けれいれば、まあ気分ものってきません。まっ、今日はそういう日ということでしょう。


さて、例によって、唐突ですが、詩です。


生きる  谷川俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ怒れるということ自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということあなたの手のぬくみ
いのちということ

『うつむく青年』(サンリオ出版・1971年)


この詩のどこかに、

ごぼうを掘るということ
野菜を箱詰めするということ

と、入れたいものですなあ(笑)

しかし今さらながら、いつもいつもいろんなところから勝手に引用しまくってますが、著作権などは気にしなくていいのかなあ。ネットの中のルールって、どうなってるんでしょうね。ご存知の方、教えてください。本当に、今更ですが・・・(笑)


2009年02月19日 ことば トラックバック:0 コメント:1

カブトムシ

2月17日(火)

また寒くなりました。
寒さと暖かさがあと数回繰り返されれば、本格的な春です。

ごぼうを掘っています。

090215ごぼう掘り_サイズ変更

大浦ごぼうという品種です。太いです。中に大きなスがはいります。スに肉などを詰めて食べるとおいしい、と聞いて種をまいたのですが、なんだか中途半端にスが入ってるだけです(笑)
なかなか予定通りにはいきません。それでも、なかなかの出来のものもあります。予想以上に暖冬だったので、芽が早くでてきました。早くほりあげてしまいたいです。でも、重労働です。なかなか進まず、ほとんど修行です(笑)


畑の横のクヌギ林。手前の落ち葉の山は、去年笹や落ち葉をこづんだものです。なかなかの出来の腐葉土となっています。

090216クヌギ林_サイズ変更

種まき用に、腐葉土を袋詰めしていたら、ごらんのとおり。

090215カブトムシ幼虫

ものすごい数のカブトムシの幼虫がでてきました。コンテナ2杯ぶんの腐葉土の中に、これだけいました。あっぱれです。猪らしい足跡を新しく発見しました。カブトムシの幼虫を狙ってきたのかなあ。



最近、「冬の間にしかなかなかいけないからなあ」と思って、あちこち出かけていました。週末は、天草へ「都市農村交流」の視察旅行に参加しました。キーワードをあげるとしたら、農家民泊、若手の移住サポート、修学旅行生受け入れ、農産物加工、薬膳、などなど。魚づくしでした。そして、まるで保育園かというくらい子沢山の家族ツアー。少子化なんぞどこ吹く風です。いつも、便乗参加させてもらってます。感謝です!

こんな感じでした。

090215御所浦_サイズ変更

090215海きれい_サイズ変更

090215アコウの木_サイズ変更

こちらもどうぞ。リンクしてます。

旅行の様子。南阿蘇ランドアートクラブブログ

天草の離島、御所浦島の紹介。天草.net

ちょっとお出かけをしすぎて、畑の作業がやや遅れ気味になっちゃってます。ぼちぼち、ギアを入れ替えていこうかな、と思ってます。

あちこち出かけると、出かけない日には、そのぶんとにかく慌ただしくなってしまい、心が落ち着きません。出かけるのは楽しいけど、これもまた中庸ですね。

心が落ち着かないと、いろんなことが頭の中でもやもやしてきて、困っちゃいます。なんだか慌ただしいなあ、頭がすっきりしないなあ、何から手をつけていいのかなあ、何か不安に思ってることあるんじゃないかなあ、そもそも何をどうしたいんだ、何をいつ撒けばいいんだっけ、出荷の予定はこれでいいんだっけ、、、、などなど。

そういう時には、こうします。とにかくどかっと座って、深呼吸して、あらゆることをとにかく考えます。生きてることの意味。世の中はどういう方向に向かっているのか。心配ごとや不安の種は何か。努力するべき点はなにで、諦める点はなにか。将来やりたいこと。経営の方向性。今やれることは何か。急いでやることは何か。急がなくていいことは何か。今日の仕事の段取り。何の種をいつまくか。行きたい場所。読みたい本のリストアップ。誰に何を借りてるか忘れないように整理。今晩のおかずじは何にしようか。ご無沙汰しているあの人に顔をだそう。経費のこと。などなど、すべてのことをいったん頭の中でひとつの疑問も不安も矛盾もないように、とにかくもう考えます。ひとつひとつに答えを出します。そして、書いて整理します。もう、ただの考え事&妄想オタクです(笑)

そうすると、頭がすっきりして、「よし、大丈夫」「おお、何の問題もないや」となります。

そしたら、リラックスできます。一般的な方法と逆かも(笑)。普通は、まずは好きなことをして、リラックスして、考える、という方が多いでしょうけど、僕の場合はそれじゃ全然だめだということにある時気づきました(笑)みんな、それぞれのやり方で歩んでいきます。面白いものです。

しかしまあ、こうやって書いてみると、やっぱり自分のことばかり考えていることがよく分かります。典型的な「自分探し&自己実現」願望世代ですなあ。視野が狭い(笑)。まっ、子供でもできて、家庭生活や地域社会、経済的なやりくりや健康問題、親の介護などにどっぷりとはまれば、自分のことを考える時間もあまりなくなって、もっともっと成長していくのでしょうかね。そろそろそういう時期だなあ、という自然な流れを感じます。具体的な結婚話があるわけではないけど(笑)。まあ、楽しみです。

とにかく、リラックスできたら、あとは流れに身を任せて、淡淡と、自分にもできることを、やっていく。ただもう、それだけですねえ。そして、そんな心持ちで農作業をばんばん終わらせていくのは、けっこう快感です(笑)

また、なんだか長くなっちゃいましたなあ。


最後に、野菜セットの中身のご案内です。

今週は、

ジャガイモ、里芋、サツマイモ、ごぼう、カブ、キャベツ、ネギ、みぶな、ほうれん草、人参、卵。
といった感じです。なっぱが、そろそろとうだちしてきましたが、イモ類はまだストックがあります。もうしばらくは、種類と量があります。感謝です。



2009年02月16日 田畑 トラックバック:0 コメント:1

出水

2月11日(水)

「鹿児島の出水(いずみ)市に、鶴を見にいかないか」と、お誘いを受けて、お出かけしました。出水は、九州の中でも超一級のバードウォッチングスポットです。

とにかく、すごいのは、

090211出水荒崎

ツルです。マナヅル、ナベヅルなどを中心に、毎年1万羽ほどのツルが冬を越すために、シベリアなどの北国から飛んできます。


マナヅルです。田んぼでえさを探しています。

090211マナヅル

ツルは、いったんパートナーをみつけると、相手が死ぬまで一生一緒にいるそうです。出水まで渡ってくるのも、えさを食べるのも、寝るのも、すべて家族で一緒に行動します。

悠然としたツルの姿に、おもわずため息が漏れてしまいます。


しかしながら、「人と自然の関係」について、いろいろ考えさせらる場でもありました。

ナベヅルは、全世界で1万羽くらい生息するそうです。その、ほとんど、9割以上が出水で越冬するそうです。

これは、怖いことです。鳥インフルエンザのような伝染病が発生したら、絶滅の危険性が一気に高まります。では、なぜこういう状況が生まれてしまったのか、という話になります。

そこに、人とツルの関係が問われています。

ナベヅルは、浅い水のあるところで眠ります。それも、なるべく大きな集団で眠ろうとします。その理由は、外敵などの危険をいち早く察知できるからです。大きな集団のほうが、些細なことでも気が付気やすいでしょうし、それに、水の波動がセンサーの役割を果たしていて、外敵の接近などを知ることができるのだそうです。なるほどなあ、と思います。

つまり、昔ながらの湿田などが、最高の越冬環境だったわけです。落ち穂や虫や草の根っこなど、食べ物も豊富にあります。

でも、農地改良で乾田化は進み、農薬の使用で生きものは少なくなり、越冬に適した場所が減ってきたのです。

そんな折に、出水では戦後に新たな動きが始まりました。「ツルを保護しよう」ということと「農作物を食い荒らすツルへの対策」としての、人工給餌が行われるようになったのです。また、ツルが安心して越冬できるような保護区の設置にも尽力してこられました。結果的に、各地に分散していたナベヅルは、どんどん出水に集中するようになったのです。

マナヅルも、ほとんど同じような理由から、同じような状況となっています。

今、越冬地を少しでも分散化させようと、いろいろな対策がとられているとのことです。うまくいくといいなあ、と思います。

なにはともあれ、これだけ身近に、野鳥の群れをじっくりと観察できるところはなかなか他にないと思います。地域の方々の、ツルを愛しているお気持ちもすごく伝わってきます。

答えは簡単にはでないかもしれません。でも、一歩ずつ、一歩ずつ、ですね。


そして出水は、マナヅルやナベヅルだけでなく、いろんな野鳥の宝庫です。いやー、なかなかすごかったです。
クロヅル、カナダヅル、ソデグロヅル、ミヤマガラス、タヒバリ、カワセミ、ハヤブサ、ミサゴ、ヘラサギ、ツクシガモ、ヒシクイ、サカツラガン、ホオアカ、オオジュリン、などなど。約40種類を観察することができました。
はじめてみる鳥も多かったです。丁寧にいろいろ教えてくれた皆さんに、感謝!です。

思わず記念撮影。なんだか照れますなあ(笑)

090211出水記念撮影2


干拓地の用水路でこいつも発見。

090211ジャンボタニシ卵

スクミリンゴガイ、通称ジャンボタニシの卵塊です。1981年に、食用として南米から持ち込まれたスクミリンゴガイですが、評判もあがらないまま、じきに野生化して、稲を食い荒らす害虫となったのです。

でも、水の深さの管理をしっかりと行えば、逆にジャンボタニシに雑草を食べてもらう、という無農薬での米作りの技術があります。逆転の発想ですなあ。すごいです。でも、なるべくならそんなこともしなくていいように、外来種の管理はしっかりとみんなが意識を高く持つほうがいいなあ、と思います。

ブラックバスなどに代表される、外来種問題も、また難しい問題です。まだ、自分の意見をしっかりもてていません。勉強中です。そのうち、また思いつくままに、長い長い文を書いてしまうかも(笑)。その時には、お気がむけば、お付き合いくださいませ(笑)

そんなこんなで、よき一日でした。感謝!

2009年02月11日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

星屑につらなるもの

2月9日(月)

どんどん春の雰囲気が濃くなってきています。

麦も、伸びてきました。

090209麦

玉ねぎも、ようやくちょっとずつ大きくなり始めてきました。排水の悪い畑なので、なかなか水が引かずに何度か霜で激しく浮かされてしまいましたが、もう大丈夫でしょう。

090209玉ねぎ

どうも、追肥をちゃんとしないと最低限の収量も見込めないなあ、と思って、追肥がちゃんと効くように、マルチを全部はいでぼかし肥をまきました。

「ああ、マルチ張りあんなに大変だったのにー」と思ったものの、思い切って決断。比較実験でマルチを一列残してます。うーん、無駄な仕事をしてしまったなあ。まっ、しょうがない。勉強勉強、です。


先日撒いたレタスやキャベツ。

090209苗

ぼちぼちいい感じです。春野菜は、あまり長く畑においておくことができません。すぐに大きくなりすぎたり、トウがたったり、梅雨で腐れてしまったりします。なので、少しずつ、適量まくことが、大切です。これまた、まだまだ勉強中。ついつい、多めに撒いてしまいます。


野の花たちも、ぼちぼち花をさかせてきました。

オオイヌノフグリ。

090209オオイヌノフグリ

春ですねえ。温暖化は気になりますが、やっぱり嬉しいですね(笑)



ところで、

先日、「NHKスペシャル 驚異の小宇宙・人体」の「2・しなやかなポンプ~心臓・血管~」というDVDを、図書館で借りて、見ました。面白かったです。

印象深かったのは、オープニングで紹介されている詩の一節です。

からだ―闇に浮かぶ未知の惑星
とおくけだものにつらなるもの
さらにとおく海と稲妻に
星くずにつらなるもの

谷川俊太郎さんの「からだ」という詩とのことです。

そうそう、そういうことをいいたかったんだよ。よくぞ言葉にしてくれたなあ。と、詩人や作家さんの言葉にいつも力を頂きます。感謝、です。

2009年02月09日 ことば トラックバック:0 コメント:1

半日お出かけ

2月4日(水)

ちょっとした、「半日おでかけ」をしました。

菊池渓谷。景勝地です。原生林です。新緑、夏場、紅葉の時期は人でいっぱいですが、今は静かな雰囲気を楽しめます。

090204菊池渓谷

川原の水溜りには、

090204水溜り

カエルの卵塊がありました。すごい数です。

090204カエル卵

おそらく、ヤマアカガエルだと思います・・・。まだ寒い時期にいったん冬眠から目覚めて、繁殖し、産卵します。水の流れのないところに産むので、水が干からびたり、流されたりするリスクを考えてとにかくたくさん生むのでは?と考えられます。
親は、産卵のあと、またいったん冬眠に戻るそうです。天敵の蛇などがまだ眠っているうちに、少しでも大きくなろう、という生存戦略なのかなあ。
この卵のうち、大人になるのは果たして何匹なのか。生きて、存在しているということは、ただもうそれだけですごいことだなあ、と思いますなあ。(照笑)


コケも元気。

090204コケ

きのこも元気。

090204きのこ

食欲がそそりますが、なんとなくこれは不可な雰囲気ですなあ。さてはてどうなんでしょうね。きのこも、かなり興味があります。機をうかがって、きちんと勉強したいなあ、と知的好奇心、いや、ただの食欲(笑)がふくらみます。

なかなか楽しい息抜きでした。



2009年02月04日 風景 トラックバック:0 コメント:0

猫耳北風

2月1日(日)

久しぶりの快晴。あったかい一日でした。

なんだかんだで、今冬もやっぱり暖かい日が多くなってきました。年明け前は寒く、年が明けてからは春が早い、というのが近年の傾向のように感じます。

さて、

気になっていたサツマイモの検品をしました。

090201さつま

一部、根っこや芽が伸びているものもありましたが、全体的にはすごく良好な保存状態です。去年もうまいくいったし、今年もいい感じです。保存が難しいといわれるサツマイモだけに、いい自信がついてきたように思います。

「昔ながらの技」って、なかなかいいものですね。芋の保存ひとつとってみても、そう思います。そういうものの中に身をおくことの気持ちよさを感じます。大げさに言えば、伝統を受け継いでいる、といえなくもないです(笑)。そのくらいの気持ちを持つと、農作業もさらに楽しめますなあ。

お客さんもきました。

090201ハタネズミ?

レオさんは日向ぼっこです。

090201レオさんと夜峰

最近のお気に入りは、鶏ハウス。

うーん、

あのー、あなたの爪でビニールに穴があくんですけど・・・。

猫耳北風でした。


2009年02月01日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |