木村さん

3月27日(金)

天気はよかったけど、空気が冷たい、花冷えの一日でした。

2月の頭に種をまいたキャベツも、まあまあ順調です。霜よけのパオパオ(という布)をかぶせているので、ちょっとひょろひょろしています。中耕、土よせ、追肥をしました。

090326キャベツ

もう、タラの芽が膨らんできました。今年は案の定、かなり早いです。

090326タラの芽

ルリシジミ。朝に、ほうれん草を収穫したら、地面にいました。霜をよけていたのかな。

090326ルリシジミ

蛹で越冬します。羽化したばかりなのかな。でも、よく見ると、羽が切れています。なにかあったのかな?



友人の勧めで、読んだ一冊。

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
石川拓治 著  幻冬舎

奇跡のリンゴ

話題の本です。青森の木村秋則さんは、農薬も肥料も使わず、とてもおいしいリンゴを栽培されているリンゴ農家さんです。米や野菜と違って、リンゴの無農薬栽培は、かつては絶対不可能とされていました。それを覆した男、木村さんの生き様と農の哲学が、とても分かりやすく、読みやすくルポされている本です。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられ、大反響を呼んだという木村さんの仕事と生き様。あまりに反響が大きかったので、よし、本にしよう、という話があがったとのことです。

いたるところにあらすじや書評はあるので割愛!

とにかくおすすめ。感動の一冊です。

人って、すごいなあ、と感じます。自然って、すごいなあ、と感じます。

大切なことは、感銘を受けたあとに、刺激をうけたあとに、自分でどう動いていくか、ということだなあ。直感を大切に、世間体や貧乏などを恐れることなく、自分の声をしっかりききながら、信じていくということですよね、木村さん。

「バカになれ」。いい言葉ですね。木村さん!


それにしても、すぐに影響をうけてしまう自分に笑えてしまいます。まあとにかく、お勧めの一冊です。価格も1300円。お手ごろです。

スポンサーサイト

2009年03月27日 トラックバック:0 コメント:1

つぶやき

3月24日(火)

今日も快晴。

遅れているジャガイモの植え付けやら、夏の畑のロータリーかけなどを終わらせてしまいたかったのですが、、、、

思わず見てしまったWBC決勝。

3年に一度だしなあ、と思いつつ、仕事の合間にちらほら見ていたのですが、ちょうど昼飯時だったので5回裏からは、テレビに釘付け。いやー、しびれました。

3年前も、研修先の農場で、仕事の合間に研修生仲間とこっそりテレビ観戦して、勝利に欣喜雀躍しました。それもまた懐かしいです。3年は、あっという間です。次のWBCの時には、どんなふうな暮らしになってるのかなあ、と思うとちょっとわくわく。

今回、「おっ」と思ったのは、岩隈投手のしぐさです。

あの、プレッシャーの中で、とにかく冷静に投げ続ける姿に、感心しきりでした。彼は、孤独なマウンドのうえで、しょっちゅうぶつくさと独り言をいっています。彼が投げる姿をちゃんとテレビでみたのは初めてだったので、「なんだ、この人の癖は・・」と思ってしまいました。

でも、ふと、これっていいかも、と感じました。

岩隈投手をはじめ、一流の選手たちは、とにかくプレッシャーに勝ち続けているともいえます。それぞれに、自分のやり方で、緊張をほぐしたり、「大丈夫!」という自己暗示をかけているのでしょう。それが、岩隈投手の場合は、つぶやきなわけです。

昔から、言葉には霊が宿る、といいます。言霊、というやつですね。呪文とか、お経とか、祈りとか、それに唄も、全部同じだと思うのですが、口にだすことで、思いに力が降りてくる、ということがあるのかもしれません。

僕は、そういう感性はけっして強くはないです。でも、前向きな言葉を口に出すっていいことだなあ、と感じる機会が最近よくありました。そこにきて、岩隈投手のつぶやき・・。

あまりひとりでぶつくさとつぶやいていたら怪しいですが(笑)、大投手がやってるくらいだから、凡人だってやっていいのでしょう。気持ちが不安定になったり、自信がなくなるような時には、口に出して「大丈夫、何の問題もない。」と、自分に言い聞かせてみるのも悪くないかも。

試合も興奮しましたが、それと同時に、そんなことも考えてしまったWBCでした。

おかげで、ジャガイモの植え付けが終わらなかったぁ(笑)。

まっ、しょうがないです。

2009年03月24日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

3月23日(月)

快晴の一日。春ですね。

連休は、お客さんラッシュでした。両親も手伝いに来てくれていたので、なかなかにぎやかで、楽しかったです。

夏野菜を植え付ける予定の畑に、堆肥を撒いています。

近くの堆肥センターからの購入品です。なかなかいい品です。

090323堆肥

畑の畦もきれいにしています。

090323畦

去年、畦草を刈った後に、燃やしたり運び出したりしないで、そのままおきっぱなしにしていました。本当は、燃やしたり運んだりしないと、畦が弱くなってしまいます。「手が回らんし、まっ、いっか。」という感じでほったらかしにしていたら、見事に畦がふかふか、ふわふわになっていました。

まるで森の腐葉土のようでした。

不耕起栽培、という農法があります。田んぼや畑の土を、耕さないのです。畑の場合は、刈った草を持ち出さないで、その場に倒しておくのです。それを繰り返していくと、だんだんと草が積み重なり、下のほうの草は、その場で土へと還っていく、というわけです。より自然に近い畑、というわけです。

僕が行っている、「普通の有機農業」の場合、堆肥を撒いたり、耕したり、という作業は慣行農業とまったく変わりません。堆肥まきひとつとっても、面積が大きくなれば、化石燃料もたくさんいります。

もし、耕さないで畑がまわせるのなら、美しいだろうなあ、と思います。
耕していて、カエルやバッタが逃げまどう姿を見るのも、あまり気持ちがいいものではないです。そもそも、「耕す」という行為は、不自然な行為です。

でも、「経済」のことを考えると、「普通の有機農業」のほうが、より確実です。「不耕起」で、食べていくことはできるのか?と思います。だから、とりあえず、耕しています。

でもでも、

090323菌

畦に、こんな菌が、びっちりと生えていました。去年借り倒してそのままにしておいた草が腐りかけていて、それに覆いかぶさるように、びっちりと。。。

まさに、森の腐葉土状態です。菌が、草の栄養を食べて、分解し、ふかふかの土を作っている姿が分かりやすく広がっています。堆肥を入れて、耕して、作物を作り続けて、目指す理想の土が、「なんだ、こんなところにすでにあった」という感じです。
森の林床に菌がびっしりとあるのは分かりますが、畑の畦でこの状態とは、なんだか驚きです。だったら、畑の中で、できないわけがない。よしよし、堆肥をまく手間も省けるぞ(笑)と思ってしまいました。

実験で、とりあえず、不耕起の畝をひとつ作ってみます。ちょっとわくわく。

それにしても、畦がこんなにふわふわになっちゃって、地主さんゴメンナサイ。今年は畦の管理はもっとしっかりします(苦笑)

2009年03月23日 田畑 トラックバック:0 コメント:1

はな

3月20日(金)

朝は曇り。午後からは快晴の一日でした。お彼岸の陽気が気持ちよかったです。

午前中は、地区の野焼きに参加。

午後からは、町に下りて、配達、種屋さん、ホームセンター、図書館、などの雑用。晴れた日に、畑仕事ができないのは、気がせいてしまいます。貧乏性、ならぬ、時間貧乏性、ですなあ。もっと、どかっと構えて時間を味わいたいと思う今日この頃。。。

阿蘇でも、ぼちぼち桜が咲いてきました。

主役はとれないけど、名脇役もたくさんいます。


ツクシショウジョウバカマ。野焼きで行った牧野にて。

090320ツクシショウジョウバカマ

トウダイグサ。畑にて。

090320トウダイグサ

キケマン。鶏ハウスの脇にて。

090320キケマン

春ですなあ。

これからは、植え付け、種まきが本格化してきます。忙しいけど、やっぱり楽しくなる季節です♪

2009年03月20日 草花 トラックバック:0 コメント:1

3月15日(日)

快晴の一日でした。春の、移動性高気圧は、気持ちがいいですね。

畑の畦の竹を切って、燃やしています。そろそろやらんといかんなあ、と思っていたところに、地主のおばあちゃんから「切ってくれんかね」とリクエスト。かなり頑張って、だいたい終わらせました。仕事は、やれば終わるしやらなければ終わらないものですね。肉体労働は、シンプルで美しいです。

090315竹

昨晩、阿蘇の火祭りにいきました。

いいものを発見。これなら、自作できそうだなあ、と思いつき、ちょっとわくわく。

090314竹とうろう

寒いけど、花火。たまにはいいですなあ。

090314花火

2009年03月15日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

淡淡ぼちぼち無理しない

3月11日(水)

今日は、気持ちのよい晴天でした。

「淡淡、ぼちぼち、無理をしない」の一日でした。よしよし。


ナスとピーマンの種をまきました。ナスは、苗は200株ほど育てて、130株ほど畑に定植の予定です。去年は、やたらとたくさん植えすぎてうまくみてあげられませんでした。今年は、少なめにして、しっかり剪定、しっかり追肥、といきたいものです。

090311ナスピーマン

温床の熱も、蓋も、ばっちりです。納屋の奥に、使ってない古いガラス戸をみつけました。どんぴしゃのサイズでした。ラッキー(笑)

090311温床

今月いっぱいは、通常通りの発送ができそうです。感謝です。今日は少なく5箱でした。

090311出荷

セロリの苗。成長に時間がかかります。去年は草にまけてしまいました。今年はどうなりますかねえ。

090311セロリ


2009年03月11日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

かたづけ

3月9日(月)

今日も、雨でした。

ここ数日、ちょっといいことが続いています。感謝。

土曜日。

畑にて。チョウゲンボウか、ツミか、よくわかりませんでしたけど、小型の猛禽が目の前を飛んでいきました。ネズミらしきものを捕まえていました。感激。

自宅にて。WBC東京ラウンド、日本完勝。個人的には、同学年、九州の至宝、城島の活躍が嬉しかったなあ。感激。

日曜日。

畑にて。春の種まき、植え付けを無事進められていい気分。キャベツやブロッコリの定植、ダイコンやカブの種まき。キジのメスが近くに飛んできて、なんだか嬉しい。

夜、友人が出演した「朗読劇」なるものを、熊本県立劇場に見にいく。この劇場とは、相性が良い。来るたびに、こころから楽しめる。帰りに、友人と話が盛り上がり、楽しい気分。

月曜日。

何はさておき、まずは部屋をきれいにして、快適に毎日を過ごせないとなんもはじまらんなあ。と思って、猛然と部屋の片付け。上出来。何ごとも、猪突猛進型で、勢いでやってしまう自分に我ながら(笑)

友人と、その妹さんが熊本市内から遊びに来てくれた。実に、友人と会うのは2回目だが、なんだか直感的に、うまが合うなあ、なんでも話せるなあ、と感じて、心地よい空気を楽しむ。直感は、大事です。特に人間関係はね。

東京のHさんから、「お袋パック」をいただく。感謝感謝。


シアワセは、足元に、あるのかもね。と思った春雨の一日でした。ウグイスやヤマガラ、シジュウカラの声が、谷に響きます。いいことがあったら、次はまあ悪いことがあると思って、淡淡といきたいものです。でも、なかなかそうは達観できないところが、ニンゲンクササというもので、面白いものなのですかねえ。


さて、今週のセットの中身は、

じゃがいも、里芋、さつまいも、人参、ネギ、ほうれん草、みぶな、からし菜、菜の花、卵、です。

まだなんとか粘ってます(笑)。

2009年03月09日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

ハウス

3月4日(水)

今日もまた、曇天の一日。夕方はちょっとだけ陽がさしました。菜種梅雨とはいいますが、これじゃあ本当の梅雨とかわらないなあ、という天気がつづいています。

温床の切返しをしました。およそ1ヶ月前に踏み込んで、だいぶん温度が下がってきました。これから、ナスやピーマンの種をまくので、もう一度水と空気を加えて、温度を上げます。

090304温床切返し

夕方から、ちょっと外出。

新しいトマトの雨よけ用のハウスのパイプを探しています。「ちょっとさび付いているけど、うちにあるよ。見に来るかい?」と知人から声をかけて頂いて、南小国へ見に行きました。

見てみたところ、ハウスはぼろぼろに錆びていて、ちょっといくらなんでもこれじゃあなあ、という品でした。残念です。北京オリンピックの好景気のころまでは、中古のハウスもたくさんで回っていたようですが、今はなかなか出回っていないみたいです。

近所の農家仲間に「ハウスどっかにないかなあ」と聞いても、みんな「うちも欲しいんだなあ」といった感じです。新品を買ってそもそも採算がとれる営農スタイルではないので、まあ、しばらく様子見です。

状況はみんな一緒です。「どっかに出物がないかなあ」と思っています。そもそも自分だけにいい話が来るわけがないです(笑)。かといって、頂いたいい話をすべて人にお譲りする、というほどの余裕は全くないです。これまた、中庸、ありのまま、素のまま、ですねえ。そして、収穫できるかどうかはともかく、とりあえず全く、何にも期待せずに、種をしっかりとまくことなんでしょうかねえ。農業でも、人とのご縁でも、こういう話でも。

トマトは、連作がききません。完熟堆肥を入れたり、水を張って菌を抑えたりすれば、多少の連作はできますが、不自然なことには変わりありません。なので、ハウスを3棟か4棟もって、作る場所をローテーションしていくのが理想です。

まあ最悪の場合は、育苗ハウスでの育苗を終えた後にトマトを植えつけられるように、トマトの種まきを遅らせます。そうすると、秋野菜の苗作りの場所がなくなるので、小さな小さな育苗ハウスでも建てるかなあ・・・。などといろいろ思案中です。

結論。

まあ、なんとかなるでしょう。


さて、帰り道、押戸石に寄りました。知る人ぞ知る景勝地です。

なにやら、古代シュメール文字が刻まれているのだとか・・・。巨石文化マニアの方には垂涎もののスポットだそうです。

090304押戸石

眺めは、抜群です。それにしても、広い。が、この天気じゃあねえ・・。本当ならバンっと阿蘇の山並みが見えるのですが、まっ、しょうがないです。

090304押戸石から

この、見えている草原全部が、人が毎年春先に火を入れることによって、維持管理されています。牧畜や、堆肥作りのための行為が、結果的にこの雄大な景観や生物の多様性を生み出したのです。阿蘇は、でっかいでっかい里山なわけです。人と自然の、持続可能な共生のスタイルが、ここにはるのですねぇ。

でも、今は畜産の不振や農家の高齢化による人手不足のために、草原の維持管理が難しくなってきています。予算をやりくりして、行政やNPOによる支援も行われています。関係者のご苦労と努力には頭が下がります。

ヒトが、自然の生態系の中で行き続けていた、数百万年という狩猟採集生活の時代・・・。そして、自然の生態系の枠の中から出て、それでもなお自然との共生生活を営んでいた数千年の農耕生活・・・。その後に続く、産業革命、大量生産大量消費型社会、グローバリゼーション、温暖化・・・。

それでもほんの少し前までは、自然とうまく共生できる「結果としての里山」が、あたりまえに何百年ものあいだ、ごく当然に存在してきたのです。でも、今は「里山の維持管理」が目的となってきています。変な時代になっちゃたようです。長い農耕の営みからすると、明らかにおかしい。と、批判するのは簡単ですが、さてはてどうしたものか(笑)。草原維持が無理なら無理で、自然の遷移に任せて森へと戻したらいかがかなあ、とも個人的には思うのですが、素人考えなのかなあ・・・。まあ、大切なのは阿蘇の草原の問題をきっかけに、なるべくたくさんの方が、「自然とヒトの関係」みたいなものに興味をもっていただければいいなあ、と思います。

こちらもご覧いただければ、何かのご参考になるかな。リンクしてます。

九州バイオマスフォーラムHP

阿蘇草原再生プロジェクト


庭で、クビキリギスに遭遇。

090304クビキリギス

夏に卵から孵り、成虫で冬を越します。こいつも、寒さに耐えて春を迎えたのですね。なかなかの猛者ですなあ。顎の力が強く、一度噛み付いたらなかなか離さず、引っ張ったら顎がちぎれる、ということからクビキリギス、の名がついたようです。

モンシロチョウやキチョウが飛ぶ姿も目に入るようになってきました。虫のシーズンも、もうすぐそこまで来ているようです。楽しみです。でも、どうか畑ではお手柔らかに!(笑)

2009年03月04日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

ぼちぼち

3月3日(火)

今日も、雨の一日でした。


今日の作業。

出荷準備。先日種をまいたキャベツやレタス、春菊、水菜の移植。温床切返しの準備。

ぼちぼち、淡淡の一日でした。可もなく不可もなく。めでたくもめでたくなくもなく。感謝です。


お知らせです。

このブログをご覧頂いて、野菜&卵セットのご注文についてのお問い合わせを頂くことも増えてきました。
ひととおりのご案内は、右のカテゴリーの「野菜セットのご案内」のところをクリックしていただくと、ご覧いただけます。どうぞご一読ください。
なお、これから先野菜が少なくなる時期になります。5月の上旬には、通常の状態にもどります。

お気軽に、ご連絡いただければ、幸いです!

2009年03月03日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

ドカタバンザイ

3月1日(日)

今日は、久しぶりの快晴。明日も、快晴の予報。
そのあとは、また天気がぐずつくようなので、ちょっとキアイをいれて仕事モードです。

学生時代の友人が遊びがてら手伝いにきてくれてはかどってます。感謝。

ばんばんと、ひたすら溝掘りするカバシマです(笑)

090301溝掘り

ジャガイモの植え付けの準備をしています。水はけの悪い畑なので、とにかく排水の溝を掘ることにしました。そうなると、ドカタスイッチがはいってしまい、とにかくガンガン掘りまくりです。20代の数年間、土木作業員の仕事で食いつないでいた時期がありました。山にいくか、本を読むか、ドカタをするか、という毎日を送ってたときもありましたなあ(笑)懐かしさもあいまって、スコップを握る手に力がこもります。いやー、ジンセイ何ごとも、やったことはすべて役に立ちますなあ。

奥は、麦です。伸びてきたら、そのまま借り倒して、カボチャの敷き藁になる予定です。普通は、肥料を多くやりすぎると倒れやすくなるので気をつけるのですが、どうせ敷き藁だあ、と思ってバンバン追肥をしたら、ご覧の通り。いくらなんでも多すぎたか!?分かる人がみたら、なんじゃこれは~、と思うような伸び具合です(笑)

春の野花も、輝く季節です。

南向きの畦では、ホトケノザが満開です。

090301ホトケノザ満開

春ですなあ。



さて、今週のセットの中身は、

ジャガイモ、里芋、サツマイモ、人参、ネギ、ヤーコン、ごぼう、ほうれん草、菜の花、かなりトウが立ってきた水菜やみぶな、そして卵、といった感じです。

2009年03月01日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |