イナバウワー

5月30日(土)

今日の天気。

曇り、ときどき晴れ。


今日の仕事。

出荷。明日の田植えの段取り。ジャガイモの土寄せ。ねぎ苗の除草。



今日のムシ。

キアゲハの終齢幼虫。食草はセリ科。アシタバを食べていました。

090529キアゲハ触覚

指でつんつんすると、触角を出して、

090529イナバウワー2

イナバウワー。

お見事。


今日の景色。
 
090529自宅前

自宅前の畑。久しぶりに、いい感じの青空。



最近の楽しみ。

090530リフォーム中

家のリフォーム。ふすまを張替え、薄汚いベニヤの壁をはがしています。石膏ボードを張りなおし、珪藻土でも塗るかなぁ~、と段取り中。こういう時間が、一番純粋に面白いのかも。


最近のカットウ。

090530頭すっきり

とはいえ、体はひとつ。リフォームをしていれば、畑ができん!外仕事をしていれば、事務仕事はできん!といって、事務仕事をなんでもかんでも夜にまわしていると、寝る時間がない!

と、あせっても仕方がないので、やらんくちゃいかんこと、やりたいこと、やれたらいいこと、気になっていること、などなど、頭の中にあることを全部リストアップ。

こういうことを時々やると、すっきりしますよね。
いろいろ大変だーと思っていたのに、おっ、案外たいしたことないな、と気づいてみたりします。

となると、あとは、とにかく優先順位と、仕事と暮らしとのバランスとを考えて、ひとつひとつ、あんまり感情をいれずに、一歩一歩こなしていくのみ。

具体的な、小さなことの積み重ねの先にしか、抽象的な、形而上学的な答えもない、と思います。


しかしながら、思うこと。
リストアップしていているのは、ひたすら「自分のこと」。誰か他の人のために、困っているあの人のために、考えなくちゃ、体を動かさなくちゃ、ということはあんまりないです。

それじゃあちょっとさびしいなあ。

でも、今は、きっとそういう時期なんでしょうね。そのうち、そんなこといってられないような状況がきっと来るはず。親の介護、子供の教育費、地域社会での責任。などなど。そしてものづくりをする人としての責任も大きくなってくるでしょう。

「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」と宮沢賢治はいっておりました。事実だと思います。でも、その逆もまた事実だとおもいます。
まずは、自分が、自分の暮らしを大切にして、その結果「シアワセを感じる」ことができるようになっていないと、他の誰かにシアワセを感じてもらえるように何かをする、ということは難しいと思います。

蛇足かもしれませんが、親子の関係も同様だと思うのです。

絶対的に、無条件に親が子供のために尽くす時期、愛を与える時期というのは必要です。
その時期の、「自分は大切な存在だ」「自分は受け入れられているんだ」という気持ちが、子供のその後の人生の大きな柱となります。

でも、ある時期からは、大人が「子供のために何かをしてあげる」ことと同じくらいに、「自分自身が暮らしを楽しんでいる姿を子供に見せる」こともまた重要になると思うのです。

正しいことを言葉で教えてくれる親父もまたよいでしょう。
立派な親父もいいものです。

と同時に、

真剣に遊んでいる親父、かっこいい親父の背中に子供はあこがれるものです。
それでいて、ちょっとずっこけていたりすると、もっといい。

「おれも早く大人になりたい。はやく自立したい」
と思わせる親父はすごいと思います。

キッペイ、レンゾウ、サンタ、天ちゃん、恒ちゃん、(他、多数は割愛・笑)いい親父をもったなぁ!素敵な大人になれよー。


スポンサーサイト

2009年05月30日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

5月27日(水)

冷たい雨の一日でした。

出荷、トマトの誘引紐の段取り、事務仕事、ホームセンターに買い物へ。という一日でした。

畑の様子です。

玉ねぎが、いい感じです。

090527玉ねぎ

あと10日後くらいには、晴れ間が続く時にいっきに収穫する予定です。およそ6000本。去年は4割近くトウ立ちしてしまいましたが、今年は、今のところトウ立ちゼロ!しかも、いい感じで玉も膨らんでいます。

やはり、玉ねぎは、種を遅めにまいて、遅めに定植したほうがトウ立ちがないようです。多少トウ立ちがあるほうが全体の収量は多いと言われていますが、やっぱりトウ立ちはないほうが嬉しいものです。また、定植するときに苗が大きすぎると、トウ立ちが増えるようです。暖冬傾向はずっと続いていくでしょうから、これまでいわれていた種まきの時期よりも、遅め遅めでまくようにするといいのだと思います。

やせた畑ですが、しっかり堆肥をいれ、畝を立てて排水をよくし、質のよいぼかし肥をつくり、こまめに追肥をした賜物だと思います。ありがとうお天道さま!

しかしながら・・・、追肥が多すぎたところもあり、そういうところは、味のほうは若干おちるかなあ、という気がします。収穫して干しておけば、落ち着いてくるとは思いますが。

あとは、晴れ間がつづいて、しっかり干してから貯蔵できるかどうかです。これまた頼みます、お天道さま!


サツマイモも、ちゃんと根付いてくれました。今年は700本。多すぎるかな。足りないかな。サツマイモは、保存に神経を使うので、ちょうどよい量を作れるように模索中です。
090527から芋


畦には、ハナウドが咲いてきました。

090527ハナウド

山菜のウドはウコギ科。ハナウドはセリ科です。葉っぱが裂けていて、小さくて白い花が傘のようにまとまって咲いていれば、たいていセリの仲間です。人参、セリ、明日葉、などなど。

ムシも、ハナウドは大好きです。

090627ハナグモ♀

花の上で、獲物をまちぶせするハナグモ。胸や足が茶色なのが雄。全身緑なのでこいつはメスです。雨の中ご苦労様です。元気な卵を生めるように、しっかり食べて丈夫な体を作ってくださいな。

2009年05月27日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

セットの中身

5月27日(水)

今週のセットの中身です。

キャベツ、間引き人参、新玉ねぎ、玉レタスかリーフレタス、チンゲンサイか山東菜、二十日大根、大根、カブ、スナックエンドウ、絹サヤ、ソラマメ。

もう少ししたら、ズッキーニが入ってきます。ズッキーニは、順調です。


春野菜は、なかなか順調です。
あとは、6月の下旬に、春野菜と、夏野菜がうまく切れずにバトンタッチできるかどうか。

おおむね順調に育ってますが、キューリが今ひとつ元気なし。トマトはスペースの都合で、今まだ定植中で、収穫開始は7月の中ごろからです。なので、がんばれナス、ピーマン、という感じです。

まあ、玉ねぎは豊作、ジャガイモも元気なので、なんとかなるでしょう。

毎度のことながら、少量多品目万歳ですなあ。

卵も、特に問題なくお届けの予定です。

2009年05月27日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

レオに商品券

5月21日(木)

暑い日が続いています。

出荷の本格再開の2週目。だんだん、リズムを取り戻しつつあります。なかなかいい感じです。

天気とにらめっこをしながら、サツマイモの植え付け、トマトの畝立て、梅雨明け後に定植予定の南瓜やねぎのための畑の堆肥入れ、田植えの用意、などをすすめています。


ごめんなさい。ちょっとグロテスクです。アブラムシです。

090520アブラムシ

食うものと食われるもの。そして、食われることで、食うもののイノチを支えている姿。

090520捕食

みんな、生きていくのに必死です。

必死だからこそ、一生懸命だからこそ、今を生きているからこそ、美しい。

だから、「がんばる」ということは、イノチの輝き。時として、いっぱいいっぱいになって、余裕がなくなったりするのも、生きてる証拠。汗かいて、涙ながして、笑って、なんぼですたい。

と、教えてくれたHへ。新生活がんばれ!無理のない範囲でね。




君は、頑張ることないよなあ。

090521南阿蘇村商品券

南阿蘇村の商品券。1万円で、1万2千円分の買い物ができます。感謝です。でも、せっかく見せてあげたのに興味なし。馬の耳に念仏。猫に小判。レオに商品券。

2009年05月21日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:2

久しぶりの雨

5月17日(日)

久しぶりの、まとまった雨でした。

ほっと一息。



今週のお野菜は、

大根、カブ、キャベツ、スナックエンドウ、絹サヤ、チンゲンサイ、山東菜、ルッコラ、玉レタス、二十日大根、です。
あとは、間引き人参、新玉ねぎ、リーフレタス、ソラマメ、などをぼちぼちと入れられるかなあ、という感じです。

スナックエンドウや絹サヤは、好調です。一昨年、去年といまいちだっだけに、なかなか嬉しいです。種をまいたタイミングがよかったみたいです。

090615スナックエンドウ


愛鳥週間だったので、先日、南阿蘇ビジターセンターの野草園へバードウォッチングに出かけました。

090514木漏れ日

久しぶりにたくさんの出荷をこなし、ぐたっと疲れた体に癒しの時間です。

090514オオアカゲラの巣穴かな

ソメイヨシノに作られていた、オオアカゲラの巣穴。去年のものとのこと。


======================


農という営み。

それは

歩幅50センチの営み。
時速5キロの営み。
地球がぐるぐる回っていることを感じる営み。
水が絶え間なくジュンカンしていることを感じる営み。

忙しい時でも、うまくいかない時でも、

そうゆうことを、忘れちゃもったいない。

でもどうしても忘れてしまうときは、

野に出てみる。
歩いてみる。

答えは、

山の中。
雪の中。
森の中。
草原の中。
川の中。
海の中。
風の中。
星の中。

そしてまた

畑に立つ。土のうえに立つ。二本の足で。

そしてまた

日は昇り、沈む。

時速5キロの営み。

その繰り返し。
その繰り返し。

2009年05月17日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

暑い&カラカラ

5月13日(水)

夏日が続いています。例年だと、南阿蘇村では、5月に夏日になる日は2、3日といったところですが、今年は連日の夏日です。うーん、夏が怖い・・・。

本来まだ今の時期にはそれほど活発ではないはずのウリハムシが、

090513キューり

定植直後のキューリを食い荒らしています。この暑さで1週間雨がまともに降ってないと、土もカラカラです。水気を好むキューリには、ちょっと酷な環境です。必要かどうかわからないけど、とりあえず種をまきなおして次の苗を育てておこうっと。

屋根のペンキ塗りも、

090511ペンキ

日差しとの勝負。雨漏りが怪しい感じになってきたので、とにかく梅雨に入る前に塗っておこうと思い立ったものの、とにかく暑い・・・。

ちなみに、トタン屋根は、数年毎に上塗りしていかないと、錆がきます。我が家のトタン屋根には、コールタールが塗ってありました。コールタールの上に普通のペンキを塗っても、にじんでしまうそうです。油性シルバーペンキのみ、上塗りが可能です。

コールタールの安さにはかなり惹かれましたが、「有機農業やっとるもんが、コールタールじゃかっこつかんだろ」という世間体を気にして(笑)、奮発してシルバーペンキをネットで注文しました。
でも、思った以上にペンキが伸びず、追加購入の必要有り。なんだか悔しい気分です(笑)

ご近所さんからいただいた天日温水器も、とりあえず上げただけ。早く配管工事をしたいのだけど、うーん、なかなか手が回りません。業者さんに頼んでしまえば楽ですが、人に教わりながら自分の手でやる楽しみが大事です。と言って、いつもいろんなことが後手後手。ケチってるだけかなあ!?(笑)


今年は、サトイモの芽出しをしました。

090513サトイモ芽だし

4月の頭に、家の前の畑に伏せこんで、ビニールトンネルをかけていました。換気や保湿に気をつけてあげれば、もうこんなに

090513サトイモ根っこ

立派に芽を出し、根っこが伸びます。

090513サトイモ植え付け

植え付けの直前に耕すことで、除草の回数を1回減らせます。サトイモは、植え付けてから芽が出るまで時間がかかるので、どうしても草取りが大変になります。先人の知恵に、感謝です!


2009年05月13日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

タンバ

5月10日(日)

連日の夏日です。28度くらいまで気温があがりました。
ヒョウが降った数日後に、この気温・・・。やれやれ、です。

昨日は、恒例のタンバ大会でした。

田植え前の田んぼで、バレーボールです。あほです(笑)

090509タンバ2

でも、「豊か」です。本当に。感謝!



ベニコメツキに遭遇。

090508ベニコメツキ

触覚が櫛状になっているので、雄です。今はちょうど、恋の季節のようです。グッドラック!



ぼちぼちと出荷が本格化します。今週は、とりあえず大小あわせて22箱。忙しくなります。お休みの間、けっこうのんびりと楽しめたので、気持ちのゆとりの「貯金」がだいぶん溜まっているようです。このまま、夏の農繁期をのりきりたいものです。
1年目の一昨年は、無我夢中。
2年目の去年は、作業をこなすのに精一杯。
3年目の今年は、そろそろ「ぼちぼち」な感じが、身についてくる頃だと、ちょっとだけ期待しております。気持ちにゆとりがないと、野菜もおいしくなくなりますしね。

さてはて、どうなりますかねえ(笑)

2009年05月10日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:2

宅急便再開

5月8日(金)

快晴の夏日でした。

午前中は、出荷作業でした。今週から、ぼちぼちと出荷再開です。

090508野菜&卵セット再開

玉レタス、サニーレタス、キャベツ、スナックエンドウ、間引き大根、カブ、間引き人参、卵。
まだ種類が少なく、菜っ葉が中心です。これからぼちぼちと人参や大根が大きくなり、玉ねぎやブロッコリ、などが入ってきます。

久しぶりにまとまった数の箱を用意するとなると、リズムがつかめず、無駄な動きが多くなり自分でも笑ってしまう状況に・・・。面白いものです。


午後は、ジャガイモの芽かき、追肥、土寄せをしました。青空の下で、単調な作業を淡々とこなしていくのも、なかなか気持ちがよいものです。


阿蘇の草原の野草も、花盛りです。

キスミレに、

090506キスミレ

マイヅルソウ。

090506マイヅルソウ

いつの間にやら、初夏の雰囲気です。

2009年05月08日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

ヒョウ&虹

5月5日(火)

てんこ盛りの数日間でした。

しつこく霜注意報が出ていましたが、もういいかげんに大丈夫だろう、と判断して今日からナスなどの果菜の苗を定植し始めました。

お昼までに、ナスを130本と、ズッキーニを30本ほど植えました。

ところが、

昼過ぎから急に空模様が怪しくなってきて・・・。

雨が降ってきたなあと思っていたら、あれよあれよと雨がヒョウに変わりました。パチンコ玉くらいのサイズのものが、激しく振り続けました。

植えたばかりの苗は大丈夫か!?ハウスのビニールは破れないか!?とは思ったものの、あまりに見事な降りっぷりに、思わず見とれてしまっていました。人の行動なんて、案外そういうもんなんですね。

結果的には、被害はそれほどではなく、ひと安心でした。

ナスは、葉っぱがちょっと痛んだようです。出荷の開始が少し遅れるくらいかな。

090505ヒョウとナス

今まで、「4月の下旬くらいにはヒョウが降ることがある」というのは頭に入れておいたのですが、「GW中でもある」、というのは僕としては想定外でした。経験不足ですなあ。まっ、一歩一歩いきましょ。

ヒョウの後の眺め。ひどい状況を覚悟していただけに、田植え前の水面がなおさらビューティフルに思えました。

090505嵐のあと




一昨日は、「虹の岬祭り」にちょこっと参加してきました。

虹の岬祭りとは、知る人ぞ知るお祭りです。全国あちこちから、たくさんの人が集まってきます。

会場は、阿蘇の狩尾牧野。こんな感じの風景の中に、

090504狩尾牧野

突如として無数のテントが虹のように広がり、

090504虹の岬

雨にも負けず、

090503虹ステージ風さん

たくさんの人が、歌い、踊ります。

090503虹ステージHOUさん

友人が行くと聞き、「じゃ、ちょっと行ってみっかな」という軽い気持ちで足を運んでみたら、かなりディープな世界が広がっていて、衝撃を受けました。

簡単にひとことで言ってしまってはいけないのでしょうが、俗に言う「ヒッピーの皆さんが集まる祭り」だそうです。確かに!という雰囲気でした。
なにせ、「普通」の服装をしている人がほとんどいませんでした。みんな、それっぽい感じです。中には、「どうやって飯をくっているんだろう、この人は!?」という感じの方も。

5日間のお祭りの期間中、全国各地から集まったみんなが、広い会場の中でキャンプ生活を送ります。みんな自由にお店も出しています。僕も一泊してきました。焚き火を囲んでの太鼓の奏でと踊り。真夜中まで、あちこちのテントから鳴り響く太鼓やギターの音。自由に遊びまわる子供や犬たち。うーん、やっぱり衝撃。

「1日目で腰が引けるのはあたり前」だそうです。なるほど。
「3日間いたら、慣れてくる」のだそうです。
「そのうち、それっぽい服装でもしてみようかな。そこいらで売っているし」という気にだんだんなるそうです。

みんな、案外そんな感じで、普段は普通に暮らしているのかなあ。僕みたいな「おっかなびっくり参加者」も実は多かったりして(笑)とにかく、ちょこっといただけではよくわかりません。

でも、確かにいえる事もあります。

世の中、いろいろせちがらいことや、暗い話が多いですが、

楽しいことを考えて、楽しく過ごさなくちゃ、損なんでしょうね。
なんとかなる、と思ってたら、きっと何とかなるんでしょうね。

集まっている皆さんの、笑顔をみて、そう感じました。

皆さんが「虹」に、何を求めてわざわざやってくるのか、僕なりに解釈しました。思い込みかもしれないけど(笑)

愛。平和。歌。リズム。踊り。生きとし生けるものとのつながり。大地との、宇宙とのつながり。そして、手と手をつなぎあう感覚。

つながった先にあるものは、比較のない世界。
ただ、みんなが、それぞれ、そこに、ある、という世界。
シキゾクゼクウクソクゼシキ、の世界。


そういう感性を、僕なりに、「虹」と表現してみることにします。
僕はまだまだ、本格的な「虹」ではないようです。でも、半歩くらい「虹」かも。そういうスタンスもまた心地よいものです。昔はそんなことなかったのに、いつのまにか・・・。自然相手の暮らしをしていると、「半分虹」くらいにはなってしまうようです(笑)

それにしても、いい体験でした。楽しい時間でした。そして、よい音楽に出会えました。宮崎のHOUさん、惚れましたよー!

うちから30分で、こんな祭りがあるとは、うれしい限りです。来年も、また行こうっと。

主催者の皆さん、ボランティアの皆さん、そして何より狩尾牧野の皆さん、感謝感謝です!


2009年05月05日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |