ツヤツヤ

8月31日(月)

今日も、暑い一日でした。
10日間ほど、雨がふっておらず、さすがに畑もからからです。

秋冬野菜の種まきも始まり、頭の中は秋冬野菜モードに切り替わる時期です。結果的に、夏野菜のめんどうをみるのがおろそかになってしまう時期でもあります。

ところがどっこい、今年はいい感じです。3年目にして初めて、ナスの剪定がまあまあうまくいっています。単純に、だいぶん余裕ができてきた、そして、暮らしに慣れてきた、ということの結果なのでしょう。

こんな感じです。畑の地力を過小評価してしまっていて、植え付けの本数が多すぎました。ちょっと反省。足りないのは困るし、余るのもいやだし、そのへんのさじ加減が難しいところです。

090831ナス

剪定をちゃんとしていき、天候に恵まれると、今の時期でもこんなにツヤツヤになるものなんですね。自画自賛になっちゃいますが、本当にツヤツヤです。あっぱれ。まあ、あんまりいいことばかりは続かないでしょう。そのうち台風が直撃するとでも思って、喜び過ぎないようにします(笑)

090831つやつや


話は変わり、とうとう政権交代ですね。時代が動く渦中に立ち会えるということは、楽しいことです。素人ながらに考えてしまうのは、やっぱり民主党のマニフェストを実現するための財源はどうやって捻出するのだろう、ということです。期待が大きいだけに、「ああ、やっぱり民主もだめだったか」となるのが今からちょっと怖いですね。

安全保障でも、年金でも、健康保険でも、はたまた警察にも法律にもえらくお世話になっておりますが、できる限り「政府には期待しない。自分達の力でなんとかする。」という姿勢で暮らして生きたいものです。

国敗れても、山河は在りつづけるものです。自然、人、国家、民族、親族、仲間。いろんなものの、縦糸と横糸の関係を、自分の中で整理していけるといいですね。

会社員である前に、県民である前に、国民である前に、ひとりの人間。ひとつの生命体。ひとつの、生きもの。
どんな資格をもっていよういまいと、職歴をもっていようといまいと、資産をもっていようといまいと、五体満足であろうとなかろうと、ひとりの人間。ひとつの生命体。ひとつの、生きもの。

そのような考えを、心の隅っこのほうにでも常に置いておけたら、かっこいいなあ。自立をめざす人同士が、対等な関係で、媚びることも強がることもせず、横のつながりで助け合って生きていけると、理想です。現実はなかなか難しいですけどねえ(笑)


そう、つまり彼のような、自尊心、自立心を持てたらなあ、ということです。変なポーズで寝てるけどね(笑)。

090831変な

スポンサーサイト

2009年08月31日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

シュレーゲルonオクラ

8月28日(金)

移動性高気圧が東に抜けて、また蒸し暑さが戻った1日でした。

久しぶりに、いきもの達の写真を少々。

オクラの葉っぱの上のシュレーゲルアオガエル。ニホンアマガエルと似ていますが、ニホンアマガエルは目の横に褐色のすじがあるのので、簡単に区別がつきます。

090828シュレーゲルonオクラ

カラスウリ。夜に花を咲かせます。雌雄異株です。おしべのある雄花とめしべのある雌花が別々の株に咲きます。となると、花粉を媒介する昆虫の助けがなければ実をつけることができません。夜中に咲くということは、受粉を助ける昆虫は、蛾ということです。調べてみると、スズメガの仲間がやってくるそうです。見てみたいものです。でも夜は眠いなあ(笑)

090828からす瓜

カラスウリの葉の上のアオバハゴロモ。体長1センチ。セミの仲間です。

090828アオバハゴロモ

ミバエの仲間、かな?体長5ミリ。なかなかおしゃれさんです。

090828ミバエ?

2009年08月28日 昆虫 トラックバック:0 コメント:4

かぼちゃ

8月24日(月)

気温は高かったものの、移動性高気圧のおかげでまるで秋晴れのような1日でした。こういう日の外仕事は、シアワセです。

今日の作業。
人参の間引き除草。ねぎの土寄せ、追肥。たまねぎ定植予定畑の堆肥撒き&トラクター掛け。出荷の事務仕事。出荷用意。いやー、よく動いたあ。あちこちと出かけたおかげでやや作業が遅れ気味です。遅れを取り戻すべく、とにかく淡々労働モードな毎日です。あれこれ考えず、目の前の作業を黙々とこなしていくのは、けっこう気持ちがよいものですね。

「終わらない仕事はない。やればいつかは終わる。」

と、研修先で教わりました。作業量の多さに弱気になってしまいそうなときには、いつも思い出す言葉です。あとは、「おっぱいぱい」ですね(笑)



先日、4月に種をまいて、5月に定植した春かぼちゃの収穫をしました。

090824かぼちゃ

小玉の「ほっこり」という品種と大玉の「えびす」という品種の2種類です。えびすは、選定に手が回らなかったせいで、花の数が少なく、実の数も少なくなりました。その状態で、追肥をあげたら、

090824でかい

こんな感じのビッグかぼちゃがぽんぽんできました。ひと玉5キロ弱というのは、でかすぎ!(笑)セットでお届けの際には、カットしていれざるを得ないなあ・・・。やっぱりなるべくならカットしないほうがいいですよね。


こちらは7月に種をまいて定植したもの。生育は順調です。

090824あきかぼちゃ

春かぼちゃの大玉をみて、「うわっ、こりゃいかん。はよ剪定しよっと」と気づいたものの、ちょっと遅かったかもです。10月の収穫時に、「ひえーっ、また大玉ばかりだ」とぼやいている自分が想像できるなあ・・(笑)

来年こそは、食べきりサイズのほどよいかぼちゃにしあげたいものです。剪定頑張ります!

そうそう、今回のジャンボかぼちゃは、味はなかなかです♪まあ、それだけでも感謝ですね。



2009年08月24日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

久しぶりのヒヨコ

8月21日(金)

残暑が厳しい毎日です。今日も暑かったです。涼しくなるまで、もうちょっとの辛抱のようですね。

17日に、ヒヨコがやってきました。

1年半ぶりの、育雛です。前回は、まだ寒い3月の末でした。ヒヨコは寒さに弱いです。なので前回は風邪を引かないように、温度管理には神経を使いました。今回は、この暑さなので、ヒヨコとしても飼い主としても、楽です。
左手の、布をかけているところが寝床です。米ぬかや籾殻を発酵させています。発酵熱で、床暖房のようになっています。この時期でも、生後の1週間くらいは寝床は暖かくしてあげたほうが無難です。

090821ヒヨコ家

大人になればバクバクと食べるのだけど・・・。さすがにちょっと早いかな(笑)。ピーマンの種には、興味あり、といった様子。

090821ヒヨコとピーマン

ネットの向こうの先輩ニワトリさんたちは、後輩さん達に興味があるような、ないような・・・。

090821ヒヨコ

卵を生み出すのは、約半年後です。


モロヘイヤが、朝日を浴びてきれいです。

090814モロヘイヤ

秋冬野菜の苗。キャベツやブロッコリ、レタス、白菜など。少し水をやりすぎてヒョロヒョロ気味ですが、まあ許容範囲といったところです。

090821苗

苗づくりだけでなく、そろそろ露地での種まきも本格化します。今日は、大根やかぶ、小松菜の種もまきました。なんやかんやで、秋です。今年は、本当にあっという間に時間が流れているような気がします。まあ、そう思えるだけで、なかなかいい状態ということなんでしょうね。いろんなことに、感謝感謝ですねえ。


2009年08月21日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

強行おでかけ

8月16日(日)

ようやく夏らしい天気となってきましたね。でも、朝晩は秋の雰囲気が漂うようにもなってきました。何はともあれ、九州では、日照不足はだいぶん盛り返してきているようなので、ほっと一安心です。

農繁期にもかかわらず、例によって強行一泊お出かけをしてきました。手伝いに来てくれる皆さんのおかげで家を空けられます。感謝感謝!


大分の佐伯の水産試験場で、

朝日を浴びるおっさん。

090816朝陽小島

東京に住んでいたころに入っていた山の会の先輩K氏です。毎年、学生さんを連れてこの試験場へやってきます。阿蘇生活3年目でようやく遊びにこれました。懐かしい話や、未来の話、とことんくだらない馬鹿話に花が咲きました。馬鹿万歳!気がつけば、10年来の友達関係。ありがたいものです。

ブリの稚魚の採血をするK氏。魚がどのように音を感じているか、とか、音が与えるストレス、などについての研究らしいです。詳しいことは、何度聞いてもさっぱりよくわからん(笑)

090816実験小島

学生ミヤジマ君とも記念撮影。二日酔いで顔がむくんでます。そしてなぜだかヤンキー座りになちゃってますなあ(笑)

090816二日よい



2009年08月16日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

野菜&卵セット

8月11日(火)

淡々と作業の一日でした。

キャベツの定植。レタス、サニーレタス、キャベツの種まき。来週新しくひよこが来るので、その準備。事務仕事いろいろ。来客少々。畑の畦草刈り。

たまには(笑)、野菜&卵セットのご案内。

今日の中身は、

0900811野菜卵せっと

こんな感じです。

ジャガイモ、たまねぎ、ナス、ピーマン、三尺ささげ、インゲン、トマト、ミニトマト、ゴーヤ、モロヘイヤ、つるむらさき、空芯菜、キューリ、オクラ、卵。

全部だとてんこ盛り過ぎるので(笑)、畑の様子をうかがいながらこちらでチョイスさせてもらっています。商品の詳細は、こちらです。

日照不足にも負けず、ぼちぼちといい感じです。感謝!

2009年08月11日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:1

レオさん2周年

8月9日(日)

梅雨があけてから、程よい晴天と夕立にめぐまれて、仕事がはかっどています。でも、やっぱり雨が多いです。気温も例年ほどには高くないです。朝晩はかなり涼しく、なんとなく秋の足音が聞こえてきます。今年は、そういう年のようですね。


昨日の出来事。

自然観察会に参加。いきものみっけという、企画です。生きもの好きな子供達がこれだけいれば、未来は明るいなあ、と嬉しくなります。

090808いきものみっけ


オナガアゲハ。

090808オナガアゲハ

090808オナガアゲハ顔

ヤマナメクジ。でかいです。大きい個体では25センチくらいになるそうです。

090808やまなめくじ

這った跡も、でかいです。

090808やまなめくじの跡

冬は木の洞の中などで越冬するらしいです。ちなみに、ナメクジやカタツムリは雌雄同体で、ひとつの個体に、雄と雌の両方の生殖器を持っているとのこと。畑でいちどナメクジの交尾を目にしましたが、確かにすごかったです。神秘的でさえありました。次の機会には写真を撮りたいものです。


レオさんがうちに来てそろそろ2周年です。記念の宴を開きました。

090808レオの会

落語を披露してくださった石神井亭水鳥さん、感謝感謝です!!

090808レオ

2009年08月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

写真いろいろ。文は短いです。

8月4日(火)

ようやく、九州北部が梅雨明けしました。ほっとひと息、ひと安心。
あとは、台風8号がどう動くかですねえ。まっ、どうにかなるでしょう。

ここのところ、長い文章を書きすぎたので、反省から今日はシンプルに(笑)


ナスとピーマンの畝。

090731ナスピー

カメムシはピーマンが大好物です。あちらこちらに卵を産みつけています。

090731カメムシ卵

幼虫。

090731カメムシ幼虫

つるむらさき。

090704つるむらさき

サツマイモ。阿蘇の南外輪山がきれいです。

090703サツマイモ

先月の中旬にまいたニンジン。順調です。9月の半ばには間引きのものが入れられると思います。

090704ニンジン

左は、7月にまいた3回目のキューリ。右は、4月にまいた1回目のキューリ。収穫が終わり、

090803キューリネット

ウリハムシに食べられまくってます。もう、やられたい放題。

090802キューリ葉っぱ

小さな体で、ものすごい大食漢です。

090802ウリハ

右の葉っぱを食べ終わったら、左の3回目のものにいっせいにいくのかな、と思って観察していますが、案外そうでもないようです。3回目のものは、苗を定植したものではなく、種を直接まきました。そのほうが、ムシにも強いように感じます。もちろん、リスク分散で、他の場所にも植えました。まあ、半ば実験です。といえば聞こえはいいですが、ネットを張りなおすのがめんどくさかったので、春のエンドウ豆のあとにそのまま種をまきました。

豆科の植物は、根っこで共生している根粒菌という菌が空気中の窒素を固定してくれるので、土を肥やしてくれます。去年も同じことを試してみて、理屈どおりにはことが運びませんでした。今年は、そろそろ土も肥えてきているようだし、うまくいくかなあ。まあ、見てみることにします。

また、右のキューリが終わったところには、2回目のインゲンを撒いています。とにかく、ネットを張りなおすのは大変なので、いろいろ輪作して工夫しているというわけです。


トックリバチ。だと思います。シャクトリムシを捕まえています。幼虫のえさにします。あっぱれ。

090803たぶんトックリバチ

隣のおじいちゃんの田んぼ。阿蘇はよかとこだぁ。

090704稲穂

素敵な場所で素敵な出会いもありました。手作りって、いいものです。

090801すごいなあ

力士とレオ。案の定、無関心のようです。

090804力士とレオ


2009年08月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |