淡々ぼちぼち

10月28日(水)

快晴秋晴れの一日。

就農直後の「とにかく毎日必死」という時間は終わり、それなりに落ち着いてきたなあ・・・、と感じる今日この頃。冬の足音が近づき、夕暮れが日増しに早くなってきています。日々は、淡々と流れていきます。まあそういう時期なんだろうなあ・・。

今自分はどういう時期でどういう態度で毎日を過ごすべきなのか、客観視できたらなにかと楽なのでしょうね。我慢する時期、淡々と「待つ」時期、じっと周りを見渡し見据える時期、ノリノリになって前に進む時期、自分を鍛えぬく時期、ただひたすらリラックスする時期、リスクを背負ってでも誰かの為に一歩踏み出す時期・・・などなど。

流れをつかみ、流れに乗っている限りは、そんなに悪いことも起こらないのかなあ、と思います。そして、悪いことが起こったとしても、冷静に受け止めて、一歩一歩前に歩き続けてゆくことができるものなのでしょう。

今の自分は、どんな流れに乗っているのかな?と自問する時間はなかなかいいものです。まあ、そういう訳で、そう、しばし「待つ」時間を楽しんでいこうかな、という気分です。いいことにしろ悪いことにしろ、次の大きな波が来るまで、じたばたせず、焦らず、期待せず、どんっと構えていたいものです。


と、余裕しゃくしゃくでいると、足元を救われるから(笑)、ちゃんと、適度に焦りながら、淡々とやることやっていきますわ。


というわけで、タンタンとブログも一筆・・・。



畑作業は、ぼちぼちと落ち着いてきました。
春から夏にかけては、ずっと「今日中になんとかこの種まきは終わらせるぞ!明日から雨が降ったら、ずるずると作業が遅れてしまうからやばい!」という感じで毎日せっぱつまってしまうものです。

秋から冬にかけては「今日やっても明日やっても同じことだし、まあ明日やろう」という仕事が多くなってきます。

毎年のことながら、プロ野球のシーズンが終わるこの頃に、「ああ、今年もよく頑張った」と感じるものです。農繁期の期間も、プロ野球のシーズンの期間も、大体同じくらいなのです。日本シリーズを戦う選手達は、本当に、疲労の溜まった体で、力を振り絞って戦うんだろうなあ、と勝手に親近感を抱いてしまいます(笑)

とはいっても、まだまだやることはたくさん。まあ、ぼちぼちいきます。

とりあえず急ぎで、サツマイモ保存穴の仕上げ、ヒヨコが大きくなってきたので鶏小屋改造、高菜の種まき、いろいろ菜っ葉の間引き、たまねぎ定植のためのマルチ張り、里芋の収穫、餌の小麦取りを、そりそろ終わらせないとね。車の免許更新にも行かないと。屋根のペンキも真冬になる前に塗りたいし、家のリフォーム再開しないと、家が寒すぎる・・。うーん、やっぱり忙しい(笑)

まあ、もう一息!そしたら、real農閑期!



秋の恒例、根子岳登山。今年は福岡からの来客3名と。悪天は悪天なりに、楽しいものでした。今年は、紅葉が例年より少し早いようです。

0091026根子岳


レオさん。

091028レオ

091028肉球

ネコの肉球は、ちょっと汚い。でも、そこがまた可愛いです(笑)

スポンサーサイト

2009年10月28日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

畑の様子

10月22日(木)

秋晴れ快晴。淡々ぼちぼちの一日。

秋冬畑の様子。手前は鶏のための麦です。餌の大麦をばら撒きしました。青草が不足する3月、4月にかけて随時刈り取って鶏にあげる予定です。

091022夕陽

大根や白菜やキャベツ。

091022大根白菜

人参は、今年もいい感じです。

091022人参

去年の春に種をまいたにら。ようやく、出荷可能になってきました。奥にあるのは鶏ハウス。右手は、草と共生しているトウガン(笑)

091022にら2

今日種をまいた菜っ葉。来年の2月から3月に収穫予定です。だけど、種をまいた後にニュースで「今年の冬は暖冬になりそうです」とのこと。だったら、もうちょっと遅めにまいてもよかったかも。早くトウ立ちしてしまうかもなあ。まあ、いっか。このへんの「読み」は、長年やって培っていくものなんでしょうね。

091022たね

サツマイモの貯蔵穴。もみがらの下に、深さ120センチの穴があります。このままだと蒸れてしまいそうなので、様子をみて再度仕上げの施工が必要です。もうひと仕事がんばろうっ!
もみは、春先に、鶏ハウスの床に敷き詰めます。ハウスの設計ミスで、(というより、設計段階でいっぱいいっぱいになって・笑)、もみを入れるさいに、袋詰めしないと入れられません。なのでまあ一石二鳥。と強引に思い込み、袋詰めという大仕事を、めげそうになりながらなんとか終わらせました(笑)。

091022からいも

2009年10月22日 田畑 トラックバック:0 コメント:2

久々に自然観察の写真たくさん

10月17日(土)

てんこ盛りの一日でした。

朝いちばんに、鶏のえさ混ぜ。午前中は、南阿蘇ビジターセンターの野草園にて自然観察会。午後は、友人宅の草刈の手伝い。その後畑にもどり、かぼちゃ収穫後の畑の片付け。夕暮れ時に、運動不足解消のためにジョギング少々。夜は、お誘いをいただいて、知る人ぞ知る「むら本」さんにて食事。おいしかったぁ。帰宅後、北海道の友人から電話をもらう。そして、ただ今ブログ書き中。秋の夜長を実感中です。



さてさて、最近の写真。ちょっと多いですぞ(笑)


アカスジキンカメムシの幼虫。よく見ると人面のよう・・・。おちょぼ口に、なんともいえない愛嬌を感じます(笑)。成虫は、緑と赤の配色がとってもきれいです。

091017アカスジキンカメムシ

ウドも花を散らせ、実をつけています。

091017ウド

エノキも。とっても甘い実です。野鳥が大好きです。

091017エノキの

サラシナショウマ。サラシナとは、若菜を茹で水にさらして山菜として食べたことからついた名前だそうです。

091017サラシナショウマ

ナガミノツルケマン。長実の蔓華曼(けまん)、です。わかりやすいネーミングです。

091017ナガミノツルケマン

ハガクレツリフネソウ。葉隠れ釣り船草、ということかな。これまたわかりやすい。

091017ハガクレツリフネソウ

花アブの仲間、マメヒラタアブがやってきました。

091017マメヒラタアブ

花弁が落ちたものは、実が膨らんでます。

091017実

触ると、ぱんっ、とはじけてます。

091017はじけた

おそらくジガバチ。シャクトリムシを捕まえて、幼虫のえさとします。

091017たぶんジガバチ

自宅にて。やもりの子供。体長4センチ。だったのに、写真をとろうと指で持ち上げたら、尻尾をきっちゃいました。なので体長3センチ。

091015やもり

興奮冷めやらず、脱糞。糞長2mm。

091015やもり糞

あげくの果てに、開き直り。「もう知らん、好きにしてくれや」という声が聞こえてきそう・・・。

091015やもりお腹

いやはや、なんだか申し訳ない。そんなつもりはなかったんだけど、結果的にいじめになっちゃったね。ごめんねーーーー。



先日ご紹介した、谷人たちの美術館、にて。

ご近所の北里かおりさんの作品。

091015かおりさん

自分がなかなかできないことを、形にして表現されているのを見ると、本当にすごいなあと素直に感じます。人とのつながりに感謝です。



2009年10月17日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

野菜&卵セットご案内

10月13日(火)

久しぶりに、営業します。もー、本当に営業は苦手。
誰か代わりにやってくれないかなあ~、と常々思ってます(笑)

天候不順にも負けずに、セットの中身は充実中です。こんなかんじです。

091013セット

この手の写真も苦手。だいたいやっつけ仕事になってます。なんかバランス悪いし、サツマイモは卵パックに隠れて見えなくなってます。ひどいなあ(笑)

でもまあ、とにかく豊作の秋に感謝!


=============================


野菜&卵セットのご案内

お問い合わせを頂く機会が多くなってきたので、
ブログでもご案内することにします。
例によってちょっと長いです(笑)

どんな育て方をしているのですか?
農薬、化学肥料は全く使わずに、いろんな野菜を少しずつ、育てています。年間を通して、50~60種類ほどになります。昔ながらに、村のおじいちゃんやおばあちゃんが守っている畑を大きくしたような感じです。カテゴリーの「田畑」のところをご覧いただければ、雰囲気を感じていただけると思います。
鶏は現在80羽。昔の農家の庭先の鶏のように、ストレスの少ない環境で地面を走り回っています。
同じく「にわとり」のところをご覧下さい。

量や中身はどんな感じですか?
基本的には椛島農園チョイスの、旬のお野菜の詰め合わせとなります。季節によって中身は変わります。
季節によっては難しいこともあるのですが(笑)、出来る限りバランスのよいセットになるように心がけています。「こんなに菜っ葉ばっかり食べきれないよ~」ということが基本的にはないようにしています。冬だと、イモ類+大根やカブ、人参+白菜やキャベツ+ネギ+菜っ葉、という感じで10種類以上になるようにしています。
量は、各ご家庭の消費量にあわせて、Sサイズ~超てんこもりサイズまでご用意します。
「うちはイモ類を多めにして」とか「菜っ葉が多めがいい」とか「ゴーヤははずして」など、できる限りのリクエストにはお答えしています。
でも、ひとりで畑作業から出荷の箱詰め、そして事務仕事までこなしているので、よくミスをします。
「うわっ、○○さんミニトマトは自分で育てているから要らないっていってたのに、また入れちゃった」
というようなこともあります。その時はご愛嬌ということでお願いします(笑)

月に1回とかでもいいの? 
毎週でも、隔週でも、月に1回でも、思いついた時の不定期なご注文でも、季節の贈り物にでも、ご対応させていただいてます。

お値段はどのくらい?
有機野菜の相場の値段設定をしています。生協で販売している有機野菜と同じくらいです。卵は10個入りのパックで500円です。送料が、中国以西で650円、関東で1060円です。
最初に、野菜の価格の一覧表をお渡しします。それをもとに、箱の中身に応じて毎回料金を計算しています。価格の例をいくつか挙げます。大根130~180円。人参300円~350円。ジャガイモ250円/キロ。トマト500円/キロ。白菜200~300円。
野菜Mサイズ+卵10個+送料で、九州の場合大体3000円前後といった感じです。

お支払いはどうしたらいいの
銀行かゆうちょの口座へのお振込みをお願いしております。月ごとの後払いか、前払い、ご都合のいいほうを選んでいただいています。
振込みに行かれる手間もあると思います。その場合には前払いをお勧めしています。5回分とか10回分位の額をお振込みいただいた上で、「今回は○○円になり、残金は○○円です」 といった感じで毎回ご案内しています。「振込みにいちいち行かなくていいから楽だわ~」と好評いただいています。

うちは卵は好きだからたくさん欲しいのだけど・・・
卵に関しても、出来る限りリクエストにお答えしています。
「うちは6個」とか「うちは20個」とか、「今回はケーキをたくさん焼くので30個」などなど。
逆に、卵はあまり要らない、という場合にもお申し付けください。

配達の曜日は選べるの?
水曜、木曜、土曜日のお届けとなります。ヤマト運輸さんを利用しています。
関東でも、翌日には届きます。うーん、すごいです。
東海以西は細かい時間指定ができます。
関東に関しては、細かい時間指定ができない、という便になります。
だいたい夕方頃に付くことが多いようです。
「何時に着くか分からないのは困るわー」という場合には再配達をお願いされるか、「玄関前においておいてください」というご指示で特に問題はないようです。

いろいろ聞きたいのだけど・・・・
お気軽に、ご質問ください。
椛島農園  0967-67-0899 tkabashima@hotmail.com

2009年10月13日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

谷人たちの美術館

10月13日(火)

曇天の一日。
午前中の出荷作業のあと、連休中に欲張って畑作業をすすめた反動で、ちょっと長めの昼休み中。
これから明日の出荷用意、遅れている菜っ葉の間引きや白菜などのムシチェック。

さてさて、

南阿蘇村では、谷人たちの美術館というイベントが行われています。

ご近所さん、阿蘇カラクリ研究所にて。

熱烈歓迎が待ってます。

091012アソカラ1

無理・無駄を愛する心いき。遊び。そして日本が誇る技術の数々。画鋲で、大きさを把握していただけると思います。あっぱれです。

091012アソカラ2

091012アソカラ3

この碁盤で碁を打つと、翌日まで目がくらくらするそうです。

091012アソカラ4

ちなみに、イベント開催は14日までです。ご案内遅すぎっ(笑)



2009年10月13日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

しゃちはた

10月8日(木)

台風被害で、各地ともに大変な一日となったようですね。これだけ列島を縦断すると、だいぶん農業被害もあったことだと思います。お見舞い申し上げます!

阿蘇では、昨晩台風が太平洋上を通過していたったので、ほんのちょっと雨風が強かった以外には特にたいした影響もなかったです。今回は来るかなあ、と覚悟はしていたので、肩透かしをもらった感じです。


今年も、地元の長陽中学の1年生が、農業体験のプログラムとして、3日間作業を手伝ってくれました。去年に続いて2回目の受け入れでした。今年は、男子3名。なかなか楽しかったです。

記念写真を撮ろう、と思っていたのに忘れてしまい、うーん、残念。

今回感じたことは、「幼なじみ」って、いいなあ、ということ。保育園から、中学生になった今に至るまで、ずーっと同じクラスだったそうです。小学校が一クラスしかないので当たり前といえば当たり前ですが、自分の状況を思い出すと、隔世の感がします。福岡市近郊のベッドタウンで、小学校は一学年4クラス、中学校は7クラス、という中で育った身としては、彼らの「何をするにもずっと一緒」なのが当たり前、という状況に、素直にすごいなあ、と感じます。

幼なじみのかもし出す、とにかく気の置けない雰囲気、そして何気ないお互いへの気遣いに、おっさんカバシマとしても、ほっとする何かを感じてしまいました。

みんな、ありがとう!



今日の一枚。シャチハタ判子セット。

091008シャチハタ

ネットで注文していたものが届きました。

これでもう住所の手書きをしなくてすむ。認印に朱肉が要らない!一心堂印房さん、丁寧なご対応、いい製品、ありがとうございます。

それにしても、なんてちっちゃなシアワセなんでしょ。シャチハタを買うくらいの余裕ができてきたことに、ちょっと感慨深いものを覚えます。大げさかな(笑)

-----------------------

翌日追記。

クラスがずっと同じということで、必ずしもいいことばかりではないというご意見もいただきました。

何事も一長一短。長所は短所。短所は長所。自分が体験していないことは本当にはわからないものだし、そして何かとよく見えてしまうものですもんね。

誰もが、与えられた環境で、イッショウケンメイ生きる。もう、それだけですねえ。

という、ありがち、かつ強引な結論付けでいかがでしょうか、Kさん。(笑)

2009年10月08日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

ラムネ

10月4日(日)

今日も秋晴れ。よき一日でした。

友人が、そのまた友人を連れてきてくれて、農作業を手伝ってくれました。ありがたいことです。最近、そのようなご縁がぼちぼちと増えてきました。

その中で、近年の農業ブームの真っ只中に自分はいるのだなあ、と実感しています。同世代の若い方が、これから農業をやりたい、といっておられる姿を見て、励まされています。また、やってみたけれども、やっぱり現実はしんどいからやめる、という姿を見て、背筋が伸びます。

みんな大体、憧れている暮らしや、問題意識、悩みや葛藤のポイントは同じようなものだと思います。

入り口にあるものは、

本当の豊かさへの意識。つながり。シンプルネス。自然の懐の中での落ち着いた暮らし。いのち。手作り。ゆったりとした時間。どこかの、誰かの、何かを、奪うことのない暮らし。食べ物。自然。

中に入って感じることは、

初期投資に必要なお金。とそれに伴うリスク。その答えとしての、初期投資を必要としない自給自足の延長的な農業。とそれに伴うものすごい労力。獣害。天候不順。目の回るような忙しさ。そして販売方法。パートナーの有無。家族の協力や理解。体力の有無。土地や家との縁。


僕の、個人的な見解。

農業で食べていくことにこだわる必要は、まったくないと思います。それよりも、農っていいな、自然っていいな、という気持ちをいつまでも大切にしていけるほうが大事だと思います。もし、とりあえず食べていける仕事があり、心の体の健康を維持していけるのであれば。

農業の「業」の部分にとらわれずにいたいなあ、といつも自分に言い聞かせています。「農」のある暮らしをすための、手段としての「農業」というスタンスかなあ。こりゃもうたまらん、忙しい、きつい、という時にも、ある意味で手段として割り切って作業を淡々と進めることで思わぬ胆力が湧いてくることがあります。不思議なものです。

状況が変われば、農をとりまく環境も変わってくることでしょう。時の巡りの中で、農にかかわるみんなの願いが現実となればいいなあ、と思います。その時まで、ゆっくり、一歩一歩、毎日を過ごしていければ素敵ですね。



大分の、ラムネ温泉藤森照信さん設計の建物が、ワンダフルでした。

091004ラムネ

炭酸のお湯です。確かに、シュワシュワしていました。ごちゃごちゃとひたすら物事を考え続けるという椛島の悪癖も、シュワシュワのお湯の中では無力のようでした(笑)。なかなかいいお湯でした。誘ってくれたKさん、いつもありがとさん。

2009年10月05日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:3

10月3日(土)

秋晴れ快晴の一日でした。秋雨の中休み、といった雰囲気です。

今日は、たまねぎの苗の草取り。などなど。

お昼休みの後に、


秋の味覚。

091013かき

柿は、硬めが好きです。

竹の先に挟んでとっていた柿が顔に落っこちてきました。目を直撃。あまりに突然のことだったので、よけることもできず、まぶたを閉じるのが精一杯。痛かったあ・・・。

硬い柿を選んでとっていたことを、ちっと後悔。

でも、柔らかい柿が顔の上で炸裂するよりかはましか、と思い直し。

でも、そんなのごちゃごちゃ考えるより、

よければいいのに、

とわが身につっこみ。


平和な一日でした。


気がつけば、

「風が吹いた」というほどではないけど、とても「風通しがよい心もち」に
戻ってきたみたい。そんな感覚です。

そりゃまあ、そんなに早くは風は吹くもんじゃあないですね。


一歩ずつ、一歩ずつ。前へ、前へ。
期待せず、とらわれず、ゆっくりとね。


感謝!

2009年10月03日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:2

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |