アマナ

3月30日(水)

少し雲が多かったものの、晴れ空の一日でした。

東北や関東、そして原発の状況が気になってはいますが、日々淡々と作業をこなしております。

なすの苗も、ちょっとずつ大きくなってきました。

110330なす

一昨年、5月5日の午前中に定植したら、午後に雹が降りました。それ以来、懲りてしまって遅めの種まき、植え付けとしています。


畑のあぜのアマナ。春の使者です。他の草が伸びだすころには姿を見せなくなります。地味なんだけれども凛とした感じや、「まあ、ちょっと顔出してみましたわ~」という控えめな感じが好きです。

110330あまな

今日は、ご近所農家さんのお茶の木の剪定のお手伝いをしました。
今、刈り揃えておくことで、5月に新芽がきれいにでそろうというわけです。案外ハードな作業でした。

11330ちゃ


昨日、西原の風流にて行われた原発の勉強会に行ってきました。

講師は、富田貴文さん。

上関原発問題とスウェーデンの自然エネルギー社会を取り上げた映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の製作に携われた方です。エネルギーやお金、暦の未来について語り合うワークショップの主催をされて、あちこちを回られています。

話が、とても上手で、わかりやすく、面白かったです。スライドなど一切用いず、ほぼマイクひとつで2時間弱の間、数十人の心をワシヅカミにしておられました。ちょっとびっくりでした。賛成か反対かという二項対立を超えたところで具体的にどうするのか、みんなで具体的に考えていこう、という強い強いメッセージをやわらかい言葉で伝えておられました。

マスメディアの情報を、批判の視点を持たずにただ受動的に受け止めていくだけだと、思考停止につながることもあります。とはいえ、ますます複雑に、どんどん情報過多になる時代です。みんながみんな情報をうまく引き寄せ、取捨選択して、編集、発信していけるわけではないです。適性や能力も要ります。それに日々の仕事や暮らしには、各人相当な時間とエネルギーを使うものです。そうそう「考える材料を集めること」には集中できません。農作業をしていて、日々痛感しています。

となると、富田さんのような方の存在は実にありがたいです。ここはひとつ、ファシリテイター的な方の声かけにのっかってみるのもひとつのきっかけとしていいかと思います。そして、その先で、考えていくのは、ひとりひとりの責務です。

とにかく、まずは、かかわろうとする意思。知ろうとする意思。どういう暮らしがしたいのか。何が問題なのか。何は本当に必要で、何は別になくてもよいのか。そもそも豊かさとは何なのか。

そういうことが、まるで天気のことでも話すかのように、さらりと日常会話の中で話題に上がる世の中になれば、なんとなくいい方向に進むような気がします。まあ、せっかくの機会、しっかりみんなで考えて整理していけたら素敵ですね。


スポンサーサイト

2011年03月30日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

原発&罪なやつ

3月24日(木)

曇り時々晴れの一日。

出荷のお休み中ということで、植え付けなどの作業をまあまあのペースが進んでいます。今日は、ジャガイモの植え付け。種芋40キロほどで、1500株ほど。なんだかんだでひと株500gとして、750キロの収穫。ひと月に90kgほど8ヶ月間位の出荷。という大雑把な計算です。

近いうちに、サトイモの伏せこみ、サツマイモの苗作り、みょうがやアスパラの植え付け、人参、大根、菜っ葉いろいろの種まき2回目、キャベツやブロッコリ、レタスなどの植え付け。といった感じで、なかなかてんこ盛り中です。

夏野菜の苗も、まずまず順調です。


さて。

厳しい状況が続いています。岩手や宮城の被害はもちろんのこと、原発をめぐる事態にも、やきもきしてしまっています。

友人がいっていました。

今起きていることを、しっかり見なくてはいけない。そして、それをきちんと次の世代に伝えていかないといけない。(もちろんそうあってほしいのだが)結果的になんとか事なきを得たとしても、よかったよかったですませてはいけない。それは、今、この事態に居合わせたわれわれの、責任だ。

う~ん。そういうわけで、僕は今、にわかに原発のことが気になって仕方がなくなりました。

自分の考えをニュートラルにして、まずはいろんな意見や知識をいれることから始めなくては、とは思うのですが…。この状況においては、ごく当たり前に反原発的な資料・見解に納得してしまいます。

というわけで、「おおっ!」と感じたものを、とりあえず紹介。

忌野清志郎の Love Me Tender (you tube)

原発で現場監督をしていた平井憲夫さんの遺文「原発がどんなものか知ってほしい」

あと、熊本の方へ。
3月29日、西原村の風流にて18時より「緊急勉強会 原発について考えよう」が開かれます。
詳細は こちら 風流HPにて。

とにかく、無関心が、一番いかんですね。それぞれ、できる範囲で、勉強していきましょう。



やきもきはしていながらも、日常の暮らしはそれはそれで大事。こんなときこそ、西日本の人たちがしょんぼりしていては何も始まらないです。というわけで、仕事は仕事でこなしつつ…、


阿蘇神社の火振り神事に誘われて行ってみたり、

110318ひふり

地区の野焼きにも出たり、

10319よみね

しております。、


とはいえ、やはりどこかで「こういうことをしてていいのだろうか。今、ちゃんとやれる範囲でやれることをやっているのだろうか」という気が頭の隅にいつもあるような感じです。そう思うということは、やはりやれていないということなのでしょうなあ。「やれる範囲」は誰も決めてくれず、自分が決めること。この手の問いは、なかなかハードなものを突きつけてきますね。皆さん、一緒に、各々の問いを楽しんでまいりましょう。


そんなこんなで、いつもどおりに(笑)ごちゃごちゃと考えてしまう飼い主のことなどお構いなしに、

110324れおさん

幸せそうなレオさんです。

津波で、たくさんの猫も流されたのだろうなあと思うと、レオさんの姿を載せてもいいのだろうか、申し訳ないなあ、とも感じてしまいます。でも、まあ、かわいいから、よしとしましょう。罪なやつだね、レオさん!

2011年03月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

1兆円

3月16日(木)

厳しい状況が続いています。

とにかく、状況が、少しでもよくなるように、祈るしかないです。

あとは、九州からでもできることを、やらせてもらいます。



哀しいことに、東北や関東の方には申し訳ないと思いながらも、基本的には日常どおりの暮らしをしております。ナスやピーマンなどの種もまきました。春野菜の植え付け準備で、畑のトラクターがけをしたり、お客さん用の部屋づくりをはじめたり、エンドウ豆のネットを張ったり、しています。

ここでもできること、直接的に役に立てることは、あまりありません。募金、物資の提供、献血、場合によっては友人など避難者の受け入れ、くらいなのかな。九州の場合だと、節電した電力が東日本にまわるということでもないそうです。

そこで。

ほんのちょっとでも、1cmでも、気持ちが被災者の方に向けられれば、それが大事なことなのかな、と思うのです。実際には、普段どおりに暮らしている自分の冷たさ(よくいえば冷静さ)が自分でもあきれてしまっているという現状です。まあ、それはそれでしょうがないのですが。

今朝の朝日新聞で、山折哲雄さんが書かれていました。無常を、感じる、と。そして、その無常に対して私たちができることは、よりそうことしか、ないと。

本当にそうだと思います。どうしたら、もっとよりそうことができるのか。考えてみました。昨日、夕食を、抜いてみました。暖房器具一切、使いませんでした。本当に本当に、なんでもない、ちょっとしたことです。

でも、これは実は凄いことだと思いました。1人が一食抜くことで、仮に500円の食費が浮くとします。その分を募金にまるまる回してみます。1000万人がそうすることで、50億円です。仮に4000万人で、200億。週に1回断続的に行うとして、1ヶ月間で800億。1年間で約1兆円。そのくらいなら、まあなんとかできるのでは、と思える数字です。そしてたまに一食抜けば、メタボ対策にもばっちり。いいことづくしです。

あと、根本的に感じることがあります。

これから、どのくらい時間がかかるかは分かりませんが、復興がすすむと信じています。自然の猛威は凄いですが、人間の底力も、凄いです。神戸を見るとそう感じます。

でも、原子力発電は、とりあえず推進の流れはストップでしょう。どう考えてみても。そうなると、極論をいえば、電力は足りません。自然エネルギーでまかなうには、我々の欲は膨らみすぎてるのかもしれません。一言で言うならば、みんなが、ひとりひとりが「質素」に「つつましく」暮らしていく覚悟を決めていくしかないのだと思うのです。わが身を省みるとなかなか恥ずかしくもありますが…。例えばちょっとしたことですが、日本中の自動販売機に使う電力は、原発一基に値するらしいです。本とかな?とも思いますが、池澤夏樹さんが書いていたので本当でしょう。

復興の先には、国をあげての、「いったいこれから我々はどういう国をめざすのか」という議論が始まると思います。もう、従来の概念のままでの「景気回復」「経済発展」という物語を追い続けるのはやめて、現実を見ていかなくちゃならんと思うのです。オルタナティブな社会を創っていかねば。豊かさとは何かを、ちゃんとみんなで考えていかねば。です。そして、理想と、目の前の現実との折り合いをつけていかねば、です。


とにかく、今は、まずは、なにはさておき何が何でも、孤立した方の救助と、被災地の皆さんが落ち着かれること、原発を冷やすこと。それらがなんとか少しでも良い方向に向かうように、気持ちを向けるしかないです。

いやはや、手がかじかんでキーボードを打つのに苦労しました。質素というのは、なかなか大変なものですが、まあ、そんなこと言ってる場合ではないですね~。

よし、今日もやれることをしっかり淡々ぼちぼち、やって参りましょう。

以上、頭の整理のため、ちょろっと朝から書いてしまいました~。さっ、仕事仕事~(笑)。



2011年03月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

地震

3月14日(月)

曇天。ちょっと生あたたかです。


いやはや、というか、とうとう、というか、まさか、というか…。言葉がでません。

普段はしまいこんでしまっているテレビを持ち出し、アンテナにつなげ、久しく記憶にないくらいここ数日、家にいる間はずっとテレビをずっとつけてます。

九州という土地にいるせいか、最初は映像をみてもなかなか実感がわきませんでした。なんというか、ハリウッド映画でも見ているような感じ。あまりにすごいことがおきすぎて、想像力のキャパを超えてしまったようでした。

東京にいる友人との連絡や、避難所の方の映像で、だんだん、事を理解できるようになり、なにかやらんくちゃ、と思えるようになりました。感情が、ようやく追いついてきた感じです。

なんとか、状況が、ちょっとでもよくなりますよう、お祈り申し上げます。こういう時こそ、みんなが、同じ方向を見て、しっかりと、一歩一歩、やっていかんくちゃ、ですね。とにかく、まずは、自分ができることをしっかりと、ですね。よしっ。


2011年03月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

足の裏の感触

3月8日(火)

弱い冬型の気圧配置、晴れたものの、風がひんやりとつめたかったです。

淡々ぼちぼち作業の一日でした。

少し出荷。冬人参を収穫してしまい、その後のジャガイモ植え付けの準備。白菜の定植。明日また鶏を肉処理、パック詰めしてもらうので、その準備。などなど。

作業がだいぶん押していた感じが続いていましたが、ここ数日でいくぶん盛り返してきました。

畑仕事そのものは、いたってシンプルなものです。やれば終わるし、やらんきゃ終わらん。だったらやるのみ!という気持ちに自分をもっていくのは、とっても大事なことのように思えます。

残っている急ぎの作業は、えんどう豆の支柱立て&ネット張り、ジャガイモ植え付け、温床の切り返し→ナスやピーマン、トマトの種まき、レタスやキャベツの定植、鶏の産卵箱作り、来年の育苗用の土のしこみ、トラクターのオイル交換、WWOOFER部屋リフォーム&登録の事務仕事、田んぼの片付け&堆肥まき、卵と肉の営業,しいたけの菌打ち。そして、確定申告(まだ何も手を付けていない。1年分の領収書の束が僕を待っています。ひえ~っ)。

とりあえず、そんな感じかな。ちゃきちゃきやったるぞ~。まっ、無理はしない範囲でね。



蛇足。

夜、家の中にて。足の裏にぷにゅっとした感触が…。レオさんがもどしたものを踏んでしまった。よく見てみると、部屋のあちこちにもどしている。ティッシュでふき取りながら観察してみる。キャットフードが半分消化されてぷにぷにしたものと、未消化の小エビがまざったものだった。

僕は、エビがだめだ。アレルギー持ちだ。中学2年生のとき、母がお弁当に小エビのから揚げをいれてくれたことがあった。あまりに美味しくて、しばらくの間ずっと「エビ入れといて」とお願いしていた。ある日気がついたら、エビを食べると口が痒くなるようになっていた。まいってしまった。それ以来、まともにエビは食べていない。

先日、めったに買わないのだが、スーパーで佃煮を買ってみた。忙しい時には、たまにはそういうものに頼りたくもなるものだ。ただ、我ながらずぼらだとは思うのだが、中身をよく確認しなかった。イリコと小エビの佃煮であった。さてはて。気がついた時点で、誰かにそのままあげてしまおうかとも思った。でも、せっかくなのでエビをよけて食べてみることにした。なかなか美味しかった。

よけたエビの存在に気づいて、レオさんが寄ってきた。これだけ味が濃いものはこいつの体には良くないだろう、と思った。が、あまりの催促に負けて、あげてしまった。よっぽどお気に召したのか、ぺロリと平らげた。見事な食べっぷりだ。さすが(去勢はしているが)男盛りの3歳のネコだ。

しかしながら、その飽食の結果が、僕の足の裏のぷにゅっとした感触となったわけだ。普段からレオさんはよく戻すほうだ。勢いよく食べ過ぎるのか、はたまた毛がのどにつまるのか、よくわからない。ふと思った。よもや、レオさんも、エビがだめなのか!?アレルギー持ちなのか!?

勝手な想像かもしれないのは分かっている。だけど、もしそうだとしたら、同居人としてはなんだかとてもうれしい。おお、お前もか、お互い大変だよなあ。ふむふむ。と、言いたくなる。愛猫家の皆さん、こういう気持ちになることって、ありますよね。僕だけ、じゃないですよね。


というわけで、淡々ぼちぼち、とりとめのない、静かな一日でした。こういう日も、悪くはないですね。感謝!


2011年03月08日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

レオさんとお肉

3月4日(金)

三寒四温のまっただ中。しばらく暖かい日が続いておりましたが、昨日は雪がちらつき、今朝も-6度ほどに冷え込みました。ひと雨ごとに春が深くなってくるのを感じられる時節は、なんだかわくわくします。

来週から、5月の連休頃までの間、セットの宅配のお休みに入ります。春の端境期です。

しばらくの間、ねぎと人参、サツマイモ、卵、菜の花ぐらいしか種類がそろいません。資材をもっと気合を入れて使ったり、ハウスがもうひとつあればなんとか休みなしでいけるのでしょうが、まあ、無理をせずに、自然のリズムに添っていくことにします。

毎年のことながら、お休みの間、温かくお待ちくださっている皆様には、感謝感謝です。

休んだ分だけ収入が減るというのが自営業の現実ではあります。でもまあ、短い期間だし、借金があるわけではないし、田舎で暮らしていると基本的な生活費がとにかく少なくて済むので、まっ、いっか、という感じです。それよりも、種まきや植え付けなどが忙しいので、それらに集中したり、家のリフォームに手をまわせる期間なので、その歓びのほうがはるかに大きいです。

年によって違いますが、10ヶ月か11ヶ月間は、出荷箱詰め作業が生活の中心です。大事な大事な作業であるだけに、体というよりかは、気を使い、疲れが溜まってきます。そして、段取りもいまいちなので時間もかかります。お休みをいただけるのは、正直なところ、やっぱりうれしいことです。感謝!

ひとつだけ困ることは、野菜はお休みでも、鶏さんはそんなことはお構いなしに卵を産み続けるということです。卵の7割から8割は野菜セットの中に組み込んでの販売です。なので、野菜がお休みの間、ぼーっとしていたらどんどん卵の在庫が溜まってしまいます。毎年どうにかこうにか工夫してなんとか卵を販売しております。今年もいっちょがんばらねばなりません。野菜セットが再開する5月以降は逆に足らないことも出てくるので、なかなか営業がしづらく、困ったものです。どなたか、いいアイデアがあったら知恵をくださいね。




さて。

去年の9月生まれの雛が先月卵を産み始めました。そこで、先輩鶏さんたちに、お肉となっていただきました。おいしいかしわ肉です。

宣伝用の写真を撮ろうとして試行錯誤していましたが、なかなかうまくいきません。光の当たり方がどうだとか、下に敷く布はなにかないかとか、美味しそうに見せるためには霧吹きで吹いたほうがいいのか、笹の緑で盛り立てるか、とか…。あれこれ考えているうちに日もかげってきて、うーん…。

そこに、ご近所Kさんがプラリと立ち寄り、あっさりとKさんが「とりあえずこんなんでいいんじゃない」と撮ってくれ、悲しいことに(笑)、自分の試行錯誤写真よりもすっきりと分かりやすかったので、データを頂きました。もう少し粘って、小道具を整えたり光を待ったりすればもっときれいな写真を撮れるのでしょうが、きっとどんどん後回しになるだろうし、他にもやらねばならないこと&やりたいことが山積みなので、とりあえずこれでOKとしました。

110304肉2

というわけで、自分が冷凍のお肉を上手に写真におさめるセンスが無いということがよくわかった春のひと時でした。はぁ~。どなたか、よい技があれば、教えてください。




というわけで、お肉についてのご案内。

冷凍の真空パックの中に、一羽分の胸、モモ、ささみ肉が入っています。700gくらいです。あと、ガラがついています。あわせて1300円です。

味覚はとても主観的なものです。なので、自分の商品を「美味しい」という宣伝は僕はほとんどしません。が、このかしわ肉は、本当に美味しいです。細かく刻んで、かしわご飯や、煮物、お汁、なべ、など。だしが凄くでるので、それを生かしたお料理がお勧めです。

ガラも、絶品です。ラーメン屋さんのラーメンのような出汁がでます。

床の上を自由に歩き回っていた鶏さんなので、プリプリお肉です。ブロイラーのお肉と比べるとちょっと固めですが、かめばかむほど味がでます。餌は、ほぼ国産。熊本の麦や、カツヲブシ、阿蘇の米ぬかなどを主に食べて育ちました。ひよこの頃から、抗生物質や薬剤はいっさい投与していません。ストレスの比較的少ない環境で暮らしていました。鶏インフルエンザも、問題なしです。

送料が、関東で1000円、九州で600円かかります。ご近所様、お友達などお誘いあわせの上、まとまった数でのご注文をいただけると送料が割安となります。また、数に応じて、送料をカバシマ持ちとさせていただいております。

とにかく、味は、間違いなしです! 
今日も、消防団のみんなが、「こりゃ、うまい、うまい」と言っておりました~。

まずはお気軽に、

椛島農園 tkabashima@hotmail.com  0967-67-0899

までお問い合わせ、ご相談くださいね。



ところで。

今日は、ここのところいろいろ重なって作業が遅れていたことで、ちょっとゴキゲンナナメモードでした。夜に消防団の仕事もあり、「慌しいなあ~」と、なおさらゴキゲンプリプリソワソワ気味になろうとしてほんのちょっと危ない感じでした。

が、

110304肉

写真を撮るKさん。そこに、「なにしてるの~。僕もまぜてよ~」と様子を見に来たレオさん。

そして、「おいおい、食品の宣伝に猫はまずかろう。こらこら、あっちいって。ん、でも、何だか楽しい光景だな~。レオさんキュートだなあ」と思いながらなぜかKさんとレオさんの姿を撮るカバシマ。

という場をさらにもう一歩引いて客観視して、なんだかほっこりと笑えてきて、プリプリが解けてしまいました。

一言で言うと、

まっ、いっか。

という感じ。それを、少し硬い言葉で表せば、自己肯定感という表現になるのかな。まあ、少々作業が遅れても、自分という存在の価値が下がるわけでもなく、上がるわけでもない。何が損で何が得かもわからんし、という感覚。その土台があってこその、日々の活動や努力や楽しみ、なんだなあ。

猫は、慌しさの中で時々ずれかかるジココウテイカンのチューニングを、しっかりあわせるお手伝いをしてくれます。

あっぱれだ。ありがとうレオさん。ご褒美で、今度いりこをあげるけんね~。



2011年03月04日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |