穴掘り

5月28日(土)

雨が続いております。台風も接近中です。あまり一気に降り過ぎないように、と願うばかりです。

さて、久しぶりに、テンションがぐっと高まる面白いことがありました。



春先は、かなり雨が少なかったです。南阿蘇でも、田の潅水用のボーリング井戸で、ことごとく水の出が悪い状態が続いていたようです。家の裏の田んぼを作っているおっちゃんの井戸でも、「うわっ、出ない!」と、大騒ぎとなりました。

地下の水位が下がってしまい、ポンプがうまく水を吸い上げることが出来なくなってしまったとのこと。今年は田を作らずに転作で何か育てるか、という最悪のケースも想定して、おっちゃんはいろいろ考えておりました。

そこで、別のおっちゃんが登場。「よし、土を掘り下げて、ポンプの位置を下げよう」との決断が下されました。「出るか出らんかじゃなく、出す!なんとかする!」うむ。なんと力強い言葉。椛島も、穴掘り部隊として、駆り出されました。

畑の畦の鉄製の扉を開けると、階段が7、8段ほど下に伸びています。まずは、そこに据えられているポンプとモーターをはずして、そとに運び上げました。そこから、1、3m四方くらいの穴をさらに下に1,5mほど掘り下げます。機械も入らず、ひたすら人力作業となりました。

丸一日交代で掘りつづけました。途中、何度か硬い層が出てきました。その度に、唐鍬でガツガツ礫を打ち砕いていきます。次第に、作業そのものが気持ちよくなってきました。ランナーズハイとか、クライマーズハイなどと、同じ現象なのでしょう。

暗くなってくる頃、ようやく掘り終りました。おっちゃん二人と椛島、各々テンションはさらに高まります。水位が上がってきたときにポンプの位置を変えられるようにする足場の据え方やら、重いポンプを下ろす方法やら、ひとつひとつを、ああしたらよい、このほうがよい、と知恵を出し合います。なんだかとても楽しい感じ。よし、今日中に終わらせるぞ。水を出すぞ。期待は高まります。

が、結局その日は給水パイプがうまく穴にもどらず、タイムアウト。そして翌日、出荷作業の合間に通ってみたら、見事にポンプが水を吸い上げる瞬間に立ち会えました。気分はまるでもう黒板五郎さんです。

いやはや、田舎のおっちゃんは、やっぱりすごい。こういうのって、なんともいえないカッコよさを感じます。

たった一日のことでしたが、とても勉強になりました。ポンプの仕組みはもちろんのこと、相互扶助スピリッツ、何とかするんだ、という意思。やれば終わるし、やらんきゃ終わらん、ということ。


そして、一番の収穫は、あれだけ穴掘りをしたのに、二日たった現在でも、筋肉痛がきていない、ということかな。まだまだ僕も若いようです。よっしゃ。ひょっとしたら、これからくるのか!?という危惧もないではないが、まあ、よしとしましょう。

こういうことがあるので、田舎暮らしはやめられません。感謝!

スポンサーサイト

2011年05月28日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

ひさびさ更新

5月23日(火)

雨が続いています。

明日か明後日あたりに、阿蘇でも梅雨入り宣言が出そうな雰囲気です。



更新に、間が空きました。いやはや、ブログがなかなかかけません。いろいろ思うところやご縁があり、時間の使い方の優先順位として、ブログ書きが少し下のほうになっております。しかも、カメラを出先で忘れてしまい、帰ってくるのを待っている有様。とほほ。諸行無常。人の行いもまた、変化してゆくものですね。また、そのうちバンバンと長いのを書き出すこともあると思います。

あっ、それでも、ちゃんとレオさんのお姿は載せてまいりますので、レオさんファンの皆さんは、ご安心を(笑)。


さて、雨が続いています。どうも、明日か明後日あたりに入梅となりそうです。例年より、10日ほど早いようです。近所のおっちゃん達も言っていました。「春に降らんかったぶん、今年の梅雨はえらしこ降るかもしれん。怖かことになるかもしれんたい」なんだか、納得です。でもまあ、地震や津波と思えば、どんな大雨が来たとしても全然ましでしょう。でもまあ、ある程度カクゴはしておくことにします。何事も、カクゴしておけば、楽です。それがなかなか難しくはあるのですけどね~。

先週は、久しぶりにちょっとダウンしました。春先からずっとバンバン動き続けてきたら、気がついたらとんでもない疲労感を覚えてしまっていました。阿蘇の言葉で、「骨くさ」といいます。う~ん、的を射た表現です。

せっかく晴れが続いていたのですが、「もう、こりゃ無理っ」と思って、ぼちぼちで動きました。整体にも行ってきました。おかげで、回復してきました。無理はいかんです。体のサインにはしっかり耳をすませたいものです。

そんなこんなで、とりとめのない日記となりました。これからも、ぼちぼち、更新してまいります~。


2011年05月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

うぶ毛

5月14日(土)

快晴五月晴れの一日でした。

田んぼの代掻き。キュウリとゴーヤ、モロヘイヤ、かぼちゃ、スイカ、の植え付け。さつまいもの畝たて。よく動きました。

今日はシンプルに。


ジャガイモ。植え付けが遅めだったので、まだ葉の勢いもいまいち。ついつい、人様の畑のジャガイモと比べて、「うちのは大丈夫か~」と、やきもき。隣のおじゃがは青くみえます。

110514おじゃが

自家用小麦。いい感じです。チャン、チャンチャラチャンチャンチャン、まであと少し。

110514こむぎ

ソラマメについたアブラムシを食らうテントウムシの幼虫。

110514アブラムシ

オクラのふた葉。うぶ毛がキュート。

10514おくら

畑の脇のシュロの木の花。

110514シュロ花


ついつい欲張りすぎて、出来る以上の仕事をこなそうとしてしまう農繁期…。油断すると、ワーカホリック状態にすぐになってしまいます。



でも、

美しいものを見ていると、

それじゃいかんよ、あんた、と、

どこからか声が聞こえてくるようだ。



2011年05月14日 田畑 トラックバック:0 コメント:1

キュルルルル

5月11日(水)

蒸し暑い一日でした。ここ数日、激しい雨風が続いております。

つい先日まで遅霜の心配をしていたのに、まるで梅雨のような雰囲気です。本当に、いつものことながら天気が極端です。

昨日から、出荷を再開しました。久しぶりだったことで、動きはぼちぼちでした。雨なので時間が余計にかかります。お休みの間に、作業の流れをよくするために出荷作業小屋の改造をしたので、その感触を確かめるような感覚。ものを置く位置や棚の高さをかえたり、そんな小さなことの積み重ねでも、けっこう楽になります。今日より明日、明日より明後日。どうやったらもっと楽に出来るか、考えることをやめないことが大事だなあ、と日々感じてます。

どんより。

110511どんより

夕方から、田んぼの代掻き。


ああ、もう暗いや、続きは明日。

と、足を止めたとき。

夜のとばりに背中を押され

シュレーゲルアオガエルの合唱が始まる。

キュルルルル

キュルルルル

しばしの間、ただただ、聞きほれる。

ブーン。

よってくる蚊の羽音に、我にかえる。

よし、もう帰ろう。

今日は、何食べようかな。

ああ

夏の始まりだなあ。

キュルルルル

キュルルルル


今日も地球は回っている。

これでいいのだ。

2011年05月11日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

お地蔵さん

5月4日(水)

黄砂で視界がいまいちな日が続いています。

が、気温も空気も初夏らしい雰囲気になってきました。


夏野菜の植え付けもスタートしました。今日は、ナス、ピーマン、かぼちゃ、インゲン、枝豆。もう、遅霜もなさそうです。去年は夏野菜は全般的にひどい出来でした。今年は、なんとかうまく育ってほしいものです。

来週から、ぼちぼちと出荷を再開の予定です。スケジュールを組んで、お客さんのみなさまにご連絡をはじめました。今日は、10軒ほどのご家庭に電話やメールで予定の確認。畑作業を終えてから、夜の仕事です。あんまりこういうのはよくないんだけどなあ~、と思いつつも、残業モード。やはり事務仕事も、ミスのないようにしようと思うと、交感神経優位の時間です。昼間バンバン動いて、夜は副交感神経優位でゆたっとして寝るだけ、という生活が理想なんだけど、道のりは遠いようですわ(笑)。

出荷スタートのこの時期は、毎年背筋がピリリと伸びます。再開ご案内の連絡をさしあげて「待ってましたよっ」というお言葉をいただけるのは、うれしいものです。社会とのかかわり方はいろいろありますが、仕事を通してのかかわり、ものづくりを通してのかかわり、シンプルに「ありがとう」といっていただけるかかわりは、気持ちがよいです。今シーズンも、いい仕事をしていきたいものです。働くということは、傍を楽にするということ。らしいです。仕事があることに感謝(と、そこにいくばくかの申し訳なさを添えて)しつつ、顔晴っていきたいものです。

ちなみに、来週の中身は

葉玉ねぎ、小松菜、チンゲン菜、サラダカラシ菜、ニラ、さつま芋、卵、にんにくの芽、サニーレタス、といったところです。しばらく、菜っ葉中心となります。



連休中は、来客ラッシュでした。


畑の案内をしていたら、いつのまにやら「草であそぼう大会」に。

110501はたけ

カラスノエンドウの笛、オナモミの種のくっつけあい、クローバーの冠、などなど。僕は、今はかなりアウトドアなおっちゃんでありますが、子供のときはわりとインドア派少年でした。自分のことは棚に上げていうのもなんですが、やっぱりこういう遊びは大事です。とってもほっこりとした時間となりました。


灯台下暗し。家のすぐ近くのお地蔵さん。

110428地蔵さん

こんなに素敵なお顔をしていたことに、今まで気づかなかった。どんなに忙しかろうと、「ん、どれどれ、ちょっと気になるぞ」という心は忘れずにいたいものですなあ。



2011年05月04日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:5

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |