100年

11月30日(水)

昨日、今日と、曇天ながらも季節はずれの暖かさでした。

気温は20度近くにまで上がりました。日が差すと、Tシャツでも大丈夫でした。うーん、もう師走間近だというのに…。変な気候が常態化しております。

ようやく式準備のドタバタの峠を越えてきた感じがしてきました。今週は、金曜の出荷の件数も少なめなので、落ち着いて当日の日曜日をむかえられそうです。よかったよかった。出荷を休まずに準備を終えたということに、かなりの充実感、達成感を覚えています。

さて外仕事は、キャベツや白菜に不織布をかけて寒波に備えることと、里芋貯蔵の仕上げ、鶏のえさ混ぜ、ヒヨコのえさ箱設置、玉ねぎの追加植え付けもう少し、というコマゴマした急ぎの仕事があり、少々焦り気味。日曜までに終わらせたいけど、微妙かなあ…。まっ、こうやって焦ってるのはいつもなのですけどね(笑)


あんまり僕が「いやー、準備大変で…」と口にしていたら、面白いことに反応がふたつに分かれることに気づきました。「そうだそうだ。うちは本番2週前がピークで、普通に仕事を終えたあとで、連日徹夜で準備したよ」という方もいれば、「えー、何がそんなに大変なの?」という方も。

ようは、手間をかけて身の丈を超えた懲り方をしてしまっているということなのでしょうか。あるいは、単純に仕事をこなす能力の問題でしょうか。僕(達)の場合は、おそらく前者のせいも大きいと思いつつも、後者のせいである可能性が高いことも自明であり、ふたりして「うーん」となっております。まっ、いっか。何度もやるもんでもないですしねえ。


という状況にもかかわらず、

先日、お世話になっているご近所さんの新築棟上式にちょろっと顔を出してきました。

見事な快晴。空を舞う餅、餅、餅。子供達、大喜び。豊かな農村の光景、ここにアリ。

111126もち

写真では、このお家の設計のすごさがつたわらないのが残念です。いやはや、あっぱれ、さすがの仕事っぷり。やはりプロはすごいなあ、と感心でありました。

設計したU氏。「顔はかんべん~」とのことでした。

111126よよぎ

U氏曰く、「いい大工さんに縁があってよかった。ほんとに、すごい大工さんなのよ。今の時代、なかなかお目にかかれないすごい職人気質。もっこす(がんこ)だけど、仕事はすごい」と、すごいすごいの連発。あまりに木組みが見事なので、U氏に「はぁ~、こりゃ100年くらいは持つんかねえ」と聞いたら、「軽くもつ。そう、設計してるし、大工さんも『どうせ建てるなら100年は最低持つように建てなきゃ。100年、100年』と口癖のように言ってる」と。

いやー、きちんとした仕事は、美しい。ほんとに。美しい。


見習おう。


と、感じたひとときでした。


スポンサーサイト

2011年11月30日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

ドタバタ

11月25日(金)

快晴の一日。朝は霜と朝もや。昼は日差しであたたか。夕方からは風でひんやり。夜はグンと気温が下がり、夜空は薪ストーブと星空。ここのところ、そんな感じの天気がつづいております。

と書けば聞こえはよいですが、いやー、てんてこ舞い中です。

ひとつ、懺悔します。


結婚式、なめておりました!


「結婚式は、準備が大変。もう、2度としたくない。(でもしてよかった)」という言葉を、よく先輩諸氏から聞くことがあります。長い間、「ふーん、そうなんだ。まあ、俺には関係ないや。結婚式など、せんもんね~。そして、ウェディングドレスを着たいという嫁さんはまさか俺にはこんだろう」と、思っておりました。

が、

ジンセイとは、予期せぬことばかり起こるものですねえ。普通に、いわゆる「結婚式・披露宴」をやることになり、準備であたふたしてます。両家とも親戚の数が多いということもあり、親戚だけの式です。(お世話になっている皆様には、別の場、別の形でご挨拶したく思っております。)

何が大変かというと、普段どおりに日常の作業・仕事をこなしながら準備を進めるということが、こんなにもハードだとは予想しておりませんでした。昨日は、出荷の箱の数が多かったということもあるのですが、夜中の12時まで箱詰めしておりました。うーん、何をやっているんだろうか…。

そして重なる時にはいろいろ重なるもので、先日、携帯が壊れてしまいました。式の前後のドタバタを乗り切るべく、やはり携帯はこういう際には(認めたくないけど)もはや必需品だなあ、と感じ、急遽ネットで中古品を購入。

ドコモショップでデータを移してもらい、「よし、かなり安く上がった。しめしめ。」と喜んでたら、電池が古くて劣化していることが判明。うーん、これまた、何をやっているんだろうか…。

これだけドタバタが続くのも、思い起こせばけっこう久しぶり。就農して1年目や2年目は、「のんびりする」という概念を持たないようにしていました。そもそもの発想を変えることで、ドタバタDAILYLIFEを乗り切ったとう感じです。何がなんだか分からないうちに一日が終わっているという慌しさ…。まあ、そういう時期ということなんでしょう。きついけど、充実です。贅沢な時間を持てているということに、感謝ですねぇ。

というわけで、いろいろお祝いコメントを頂いた皆様、ありがとうございます。さなえちゃん、はぶさま、O田さん、ももちゃん、かがやさん、あきひこさん、Kっキーさん、その他多くの皆様、ありがとうです。おひとりおひとりにお言葉をお返ししたいところではありますが、あまりにドタバタなので、とりいそぎ簡単にお礼まで~。


所用で訪れた窯元さん。
うつわ

なんだか、ほっとしました。よっしゃ、明日もガンバろうっと。

2011年11月25日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

記者会見ごっこ

11月18日(金)

雨の一日。

今週はいろいろやることがおおく、どたばたでした。火、水、金、をメインの出荷日としている椛島農園では、金曜が終わると、ほっと一息です。ちょっとサラリーマンちっくであります。

昨日の朝は快晴でした。見事に、凛としまった空気に誘われて、慌しい最中にもかかわらず、つい、少し足を運んでパシャリ。

111117ひだり111117まんなか111117みぎ


いんちきパノラマ写真では、この眺めのよさが十分に伝わらないのが残念です。


ヘチマたわしを作ってみました。(ちなみに拝啓は雪のように見えますがちがいます。タオルです。)

111115へちま

たまにはこういう「田舎暮らし」っぽいこともやらねばもったいないです。忙しい時期は、ヘチマを水につけて皮をむく、種をとるというなんでもないひと手間すらきつかったりします。「心豊かな田舎暮らし・手間隙暮らし」と「食ってかなくちゃならんという忙しさ」の折り合い点は、永遠の課題。まあ、課題に向かい合える状況があるということに感謝できなければ、それは驕りというものですね、きっと。課題バンザイ。

さて、ひとつご報告です。「おいおい、芸能人じゃあるまいし」という突っ込みをカクゴして、皆さまがお聞きになりたいことをまとめて以下書いてみます。


来月の頭に結婚をいたします。いままでの、ひとり百姓暮らしを卒業することになりました。これまで、本当に多くの皆様に支えられて、今の暮らしを続けてまいりました。本当に、ありがとうございました。ちょうど、栃木での研修を終えて九州にもどってから丸5年。来月から、二人での生活が始まります。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

―おめでとうございます。どんな方なのでしょうか?ひとことで表現すると?

そうですねえ、ほんわか・うっかり、といった感じの方です。笑顔がとてもかわいらしいです。人当たりがとてもよいです。そういう意味ではよく「ふたり似てるね~」とよく言われます。でも、真逆なところは真逆です。僕は、物事を勢いと集中力で一気に進め、その反動で疲れ果ててしまい、そしてまた勢いで進め、また疲れる、というタイプです。困ったものです。彼女は、どちらかというと「ぼちぼち、無理しない、まあなんとかなるよ、大丈夫大丈夫」というタイプです。

僕がいつもうじうじと書いているような、なんというか、心の内面の話とでもいうのでしょうかね…。そういう、普通ならジメジメしてしまいそうな話を、カラっと楽しく話しあえるという相性の良さと、大事にしたいと思うものが同じ、ということがまた嬉しい限りです。そうですねえ、僕にとっては、とにかく彼女の存在自体がありがたいです。

―いやー、見事なのろけっぷりですねえ。すごいすごい。あついあつい。(一同、笑)ところで、どちらの方でしょうか?一緒に農業をされるのですか?

熊本の、玉名にお住まいの方です。ふたりで、農業を続けてまいります。

―それは、よかったですねえ。農業のご経験がおありの方なのでしょうか?

いえ、それが、そうでもないのですよ(笑)。なんといいましょうかねえ、農作業のパートナーは、その気になればなんとでもなるのかもしれないのでしょうけど、人生のパートナーはこの人しかいないなあ、と思いまして…。農業はもちろん大事です。彼女のほうでも、体力には全く自信がない方なので、付き合う前はそのあたりが不安だったようです。

でも、そんなこんなでゴチャゴチャ細かいことを考えてるのが馬鹿らしくなるのが恋愛というものでしょう(笑)。なかなかのスピードで「お互いの両親に挨拶→結納→結婚」とあいなりました。結婚生活の先輩方がよく口にしておられます。「そうだなあ、結婚というものは縁とタイミングと勢いだよ」と。なるほどなあ、という感じがしております。

ーでは、阿蘇で農業を続けられるということですね。

はい、そうです。ご安心ください。野菜や卵は、今までどおりお届けして参ります。彼女も、最近は出荷の箱詰め作業や鶏の世話など、手伝ってくれています。最初は「大丈夫かなあ」と思っていたのですが(笑)、予想をはるかに上まわるちゃきちゃきとした動きに感心してしまいました。動物好きなので、鶏の世話も楽しそうにやっております。

ーほう、それはよかったですね。お客さんも安心ですね。

はい。ただ、いい意味でも悪い意味でも僕よりかはおおらかな人であります。この先、セットの箱詰めの具合が「ん、なんだか今日はちょっとだけオオザッパちゃんね~」とお感じになることがあるかもしれません。その時には、「今日はお嫁さんが箱詰めしたのね~。まっ、いっか」と、笑っていただければ嬉しいです(笑)

あと、お電話の対応、メールの返信なども、「椛島剛士」ではなく「椛島農園」として、ご対応させていただきます。将来的には、僕がひとりでしていた事務方の仕事の大部分を彼女にまかせていきたいと考えています。これまではうまくひとりで出来なかったWOOOFERさんや、体験ファームステイ、ゆくゆくは研修生さんの受け入れなど、これからは彼女の力を借りて実現できそうなことが増えていくと思います。

とはいってもまあ、彼女もまずは暮らしになれるので大変でしょうから、ゆくゆくは、という感じでしょうけどね。それに、もし子どもを授かって、子育て期間に入れば、向こう10年間ぐらいは子育てだけでいっぱいいっぱいでしょうしねえ。ん、家事や育児?やりますよ~。独身生活に腕を磨いた超てんこもり野菜炒めを彼女にもガンガンたべてもらいます(笑)

ちなみに彼女は、もし授かればですが、自宅で出産したいという夢があるんですよ。僕も、もし仮に自分が女性だったらそうしたいなあ、パートナーや家族と一緒にお産をしたいなあ、そういう暮らしがいいなあ、と前から思っておりましてね。お、そのへんの感性もいいなあ、と思ったものです。

自宅出産をされた友人知人がまわりにけっこうたくさんおられます。お話を聞くと、旦那さんも(奥さんの比ではないでしょうが)それなりに大変なようで、これもまた、今のうちからカクゴしてはおりますよ(笑)

ーいやはや、なんだかお聞きするだけでこちらまでわくわくしてきますねえ。ちょっぴり羨ましさも感じてしまいますよ。何か心配事などないのでしょうか?

はい、彼女は、とにもかくにも、ひどい冷え性なのです。僕が「今日は暑いなあ」と思うときには「ちょうどよい」と。「ここちよいなあ」と思うときには「寒い寒い」と(笑)。おそらく、去年と比べて、必要となるストーブの薪の量が10倍くらいになるのではないかと…。うーん、薪集めが恐ろしいです…。彼女にも、どこそこで薪になりそうな木を見つけたら拾ってくるようにお願いしてありますよ。

まあ、人生、よい時もあれば悪い時もありますもんね。何年かたって、この(こっ恥ずかしい)文章を読み返して、ああ、あんな時代もあったねえ、と思っているかもしれません。いや、思っているだろうなあ…(笑)それはそれでまたよし。人生の肥やしとなることでしょう。いい時も、悪い時も、そんなに長くは続きません。その日その日をしっかり、一歩一歩歩んでいくしかないですねえ。ん、坊さんみたいなことを言ってる?饒舌が過ぎる?すみません、調子にのりましたね(笑)。

― ……。では、がんばって薪集めしてくださいね。今日はありがとうございました。

はい。こちらこそ、ありがとうございました。

―最後に一言、なにかありますか。

皆様、本当に、ありがとうございます。ここまで、なんとかやってこれたのも、ご縁を頂いた皆様のおかげです。

やることなすことうまくいかずに困っていたあの時、「人生はお前が思っているほどに悪いもんじゃないよ」と声をかけてくださったY本さん、「かばちゃんなら、きっと何でもやれる。自身もって」と背中を押してくれたS本さん。「ごちゃごちゃ言ってないで、さっさとやれ。やりながら考えればいい。動け。就農しろ。何の問題も無い」とカツをいれてくれたU田さん。つねに気にかけてくれているF澤どの、まるで実のお姉ちゃんのような距離感で面倒を見てくれるHさん。そのほか、ご縁を頂いた、多くの多くの皆さん。本当に、ありがとうございます。

そして、彼女を大切に育ててこられたご両親。彼女をこれまでサポートしてこられたご姉妹、おじ様、おば様、ご友人達にも、感謝です。がちっ。(バトンを受けついだ音)

そして何より、遠くからいつも見守り続けてくれ、九州に戻ってからはいつもいつも手伝いにきてくれた両親には、この場をお借りして(まあそれなりに口には出しておりますが改めてっ)

ありがとうございます!!!




いやー、長くなりました。こんなに長く書くつもりはなかったんだけどなあ。そして、なんで、結婚式挨拶の草稿みたいな文になってしまったんだろう。自分でもわけわからんっ!書いててちょっとうるっときました(笑)ご拝読感謝です。というわけで、今後とも、よろしくお願い申し上げます!



2011年11月18日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:7

講演会のお知らせ

11月13日(日)

ひとつ、お知らせです。

関東に住む友人が、原発のことをもっと学ぼう。みなで考えていこう。という趣旨で企画しました。九州からのアナウンスということで、ちょっと不思議な感じもしますが、ぜひどうぞ。


以下、転送貼り付けです。


今中哲二連続講演会 宮城→福島→栃木(12/4 ~12/6)のご案内
『放射能汚染のリスクを自分で考えるー5年後、10年後を見据えてー』

福島第一原発事故の影響で私たちは困っています。
「放射能って何が問題なの?」「放射能を気にするって神経質なのか
しら?」「私が住んでいる場所は大丈夫?」「自分の被ばく量って
どのくらい?それは健康に影響があるの?ないの?」「食べ物を
気にしている人がいるけど、神経質なだけで大丈夫よね・・・?」
「何でみんな避難するの?」「???」分からなくて、不安です。

そこで、長年チェルノブイリの被害などの研究をされている、
京都大学原子炉実験所の今中哲二さんに「放射能汚染のリスクを
自分で考えるー5年後、10年後を見据えてー」というテーマで
連続講演会をして頂くことになりました。
各会場とも質疑の時間もあります。ぜひともご参加ください。
貴重な機会ですので、お近くにお住まいのお知り合いがいましたら、
ぜひお知らせください。

よろしくお願い申し上げます。

以下、日程表です。

宮城県
【日時】12月4日(日)13:30~16:30
【場所】舘矢間まちづくりセンター大集会室(宮城県丸森町)
【入場料】無料
【内容】
13:00開場
13:30基調講演後質疑
「放射能汚染のリスクを自分で考える
ー5年後、10年後を見据えてー」
16:30小会場に移動し交流会があります。
主催:子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク
http://kodomomiyagi.blog.fc2.com/


福島県
【日時】12月5日(月)13:00~17:00
【場所】川俣町中央公民館ホール(福島県川俣町)
【入場料】無料
【内容】
12:30開場
13:00基調講演後質疑
「放射能汚染のリスクを自分で考える
ー5年後、10年後を見据えてー」
16:00分科会  
主催:地域通貨どうもなぃ
共催:子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
   子どもを放射能から守る会
 

【日時】12月5日(月)18:30~20:30
【場所】郡山市労働福祉会館大ホール(福島県郡山市)
【入場料】無料
【内容】
18:00開場
18:30基調講演後質疑
「放射能汚染のリスクを自分で考える
ー5年後、10年後を見据えてー」
主催:子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
http://kodomofukushima.net/


栃木県
【日時】12月6日(火)13:30~17:30
【場所】黒磯文化会館小ホール(栃木県那須塩原市)
【入場料】700円 
【内容】
13:00開場
13:30一部:基調講演 
「放射能汚染のリスクを自分で考える
ー5年後、10年後を見据えてー」
15:00二部:現地活動報告会
 ①「汚染状況《那須を希望の砦にしよう》の活動を通して」
  藤村靖之氏(非電化工房主宰)
 ②「農地の除染の可能性 菜種、向日葵、大豆プロジェクト」
  稲葉光圀氏(民間稲作研究所理事長)
16:30三部:パネルディスカッション
 「わたしたちの健康を守るために、どのように放射能と付き合っていくか」
 パネラー
今中哲二氏、藤村靖之氏、稲葉光圀氏、荒川朋子氏(アジア学院副校長)
ファシリテーター山口敦史(アジア学院職員、みちのく応援隊)
主催:今中哲二講演会実行委員会那須
http://sites.google.com/site/michinokuoentai/ibento-kona



ー今中哲二さんについてー
大学院時代より日本の原子力開発の在り方に疑問をもちはじめ
研究者としては、原子力を進めるためではなく、原子力利用に
ともなうデメリットを明らかにするための研究に従事。広島・
長崎原爆による放射線被曝量の評価、チェルノブイリ原発事故
影響の解明、セミパラチンスク核実験場周辺での放射能 汚染
調査などを行っている。3月11日以降はNHKのETV特集
『ネットワークでつくる放射能汚染地図』をはじめ多くの
メディアや講演会などで発信中。

東京新聞記事
http://ameblo.jp/oyoneber303/image-10901873235-11248374413.html
おすすめ動画(今中先生も出ています)
http://www.youtube.com/watch?v=B3qAAnrnzUY&feature=related


ー運営費ご協力のお願いー
連続講演会では、講師交通費、宿泊費、宣伝費、現地で移動する
ためのレンタカーとガソリンなどの交通費など合わせて20万円ほど
経費がかかります。宮城・福島・栃木のみなさんに、今、必要な情報を
届けるためにぜひともご協力お願いします。
ー振込先についてー
金融機関名 大東京信用組合 荻窪支店
科目 普通預金
口座名 みちのく応援隊
口座番号 0149612
※大切:伝言メモ欄に「今中哲二連続講演会」と記入願います。
※大切:会計報告が必要な方は、「会計報告希望」とご記入頂き、
連絡先のご記入もお願いします。



問い合わせ
今中哲二連続講演会事務局
090-8344-8966(佐川)
kabokabochatomatomato@hotmail.co.jp


2011年11月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ひよこ

11月13日(日)

曇天の一日。だいぶん気温は下がってきましたが、それでもなんだか暖かすぎな日々であります。

玉ねぎ植え付けも、助っ人の方々のお力をお借りして、ほぼ終わりました。一万本ちょっと。皆さんありがとうでした。
いろいろ慌しくて間に合わず、今年はマルチは無し。マルチ張りを省いて楽をしたぶん、春先の草取りが、ああ、今から恐ろしい。。。(笑)

111112たま

ひよこも来ました。

111112ぴよ

キュートです。

111112ひよこ

客人も、大喜び。

111112うーさん

でも、ちょっと怖かったみたいですねえ(笑)



畦のシマカンギク。もう、冬も間近だなあ、と思わせてくれる花です。

111112しまかんぎく

2011年11月13日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

玉ねぎ

11月6日(日)

雨です。

季節はずれの暖かい日が続いております。

この暖かさで、ひとつ困ったことがでてきました。

111105ねぎ

玉ねぎの苗が、大きくなりすぎています。去年は、大きくならずに定植時期を迎えてしまいました。結局半分くらいの苗を購入。痛い出費となりました。その反省から、今年はしっかりと元肥を入れました。そして、草取りも間に合い、雨も適度に降り、これはいい感じだなあと喜んでいたところ…、

ここのところの異様な暖かさでグングンと伸びてきた、というわけです。

苗が小さすぎても冬を越せず、大きすぎたらトウ立ち(花芽をつけて、茎を伸ばします。商品としては×です)をしてしまいます。よいタイミング、よい肥料分とほどよい雨。よい苗を作るのはなかなか難しいです。

おそらく、今植えても冬越しの段階ではかなり大きな苗となっているだろうなあ、と心配であります。そこで、苗床からとった苗を、しばらく(1週間くらい?)納屋において、少し弱らせてから植えつけようかなあ、と思案中。あるいは、植えた後に様子を見て葉を切るとか…。

2年目は、三分の一くらいトウ立ちしてしまい、かなりへこんだのでその再来だけは避けたいところです。


あとは、植え付けを今月の中旬から下旬にかけてゆっくりしようと予定していたのに、予定が狂ったやきもき感がありますねえ。今週来週とかなり忙しく(本当に重なる時にはいろいろと重なるものです。長く濃くなるのでまた後日)、玉ねぎ植え付けにまで手が回りそうにありません。ふがっっっ!!!




体が二つ、三つほしいなあ。

とつくづく思う

でもね

二つ、三つ手に入れたところで、

四つ、五つほしくなるのよね、きっと

四つ、五つもてる人はいいけど

もてない人もいるなかで

「俺は四つ、五つもててるんだぜ」



胸をはることが美しいことかどうかは

わたしにはわからない

そして ひょっとしたら

無自覚のまま

わたしも 胸をはっているのかもしれない



とにかくまあ

自分の体で

できることをやり

できないことはあきらめる

人は

そうやって静かに

淡々と

身の丈にあった暮らしを

何百万年も

続けてきたのであろう

だから

わたしも

背伸びをせず

身の丈にあった暮らしを

していかんばなあ





以上、ちょいと気分転換に書いてみました。さて、ちゃっちゃとやれることやるぞ~。


2011年11月06日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |