種まき

4月29日(日)

曇天強風の一日でした。

ここ数日、稲の種まきでどたばたでした。


12日間水につけておいた籾から、根っこがぴょこんと生えてきました。

momiyo.jpg

仕上げに、一晩お風呂のお湯につけて発芽を促し、

kome.jpg

種まきをしました。借りた道具のちょっと具合が悪く、結局ある程度手でパラパラと手でまくことに。約3反(3000㎡)分、80枚蒔くのに、なんだかとても疲れました。

あとは、苗代(田んぼに作った苗床)に並べて、保温のビニールをかけて完了。といきたかったのですが、今日は苗代の準備を終えた段階でタイムアップ。


何事も、初めてのことは時間がかかります。そしてそれにともなうドキドキたるや!ここ2,3年は野菜に関してはいい意味悪い意味だいぶ慣れてきた感じがするので、この感覚は久しぶりです。

田んぼの用意で時間がかかった分、野菜の仕事(なすびなどの夏野菜の畝たてなど)が、すこし遅れています。そのフラストレーションも、なかなかのもの。まあ、生みの苦しみといったところでしょうか。



お知らせ。セットの発送再開は、5月の中旬以降のぼちぼちのスタートを予定しています。本格的な発送は、下旬になると思います。いましばらく、ご迷惑をおかけいたします!




スポンサーサイト

2012年04月29日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

お知らせ

4月24日(火)

初夏を思わせる晴天の一日でした。気温も25度をこえました。

今日は、ちょこちょこと、いろんな作業の日となりました。卵の出荷配達、にらに鶏糞の追肥、苗代ようの田んぼの代掻き、家の近くの耕作放棄田んぼの草燃やし、などなど。

そして、明日、椛島農園にとっての初めてのウーファーさんが来る予定となりました!紹介の文章を書き加え、写真を入れたらすぐに申し込みを頂ました。楽しみです。新たな一歩、一歩一歩、といったところです。





さて、熊本の皆様にお知らせです。



~川原一紗・藤川潤司ライブ at 南阿蘇鉄道長陽駅~

久永屋さんでのライブです。4月の29日、14時より。詳細はこちら


~大鶴裕紀コンサート at アスペクタ~

アスペクタの屋内スタジオでのコンサートです。4月の29日、14時より。詳細はこちら


なんとまあ、お知らせしておきつつ、同日同時刻…(笑)。よろしかったらどうぞ~。

2012年04月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

なずな

4月22日(日)

昼前までは雨。午後は、春らしい、麗しき晴天の一日でした。

一昨日、昨日と、台風のような風が吹き渡りました。ハウスが飛ばされるのではないかとひやひや。結果的にはたいした被害もなく、ほっとしました。

今日は、畑が雨でびちゃびちゃだったので、思い切ってひさしぶりに大工仕事をしました。先日ご紹介したウーファーさんに使ってもらうためのゲストルーム作成。いやー、やっぱりこういうのを農作業の合間にいれると、なんともいえない最高の気持ちのリフレッシュになります。

のりこも、「かばさんなんだかピチピチしてる」と(笑)

「古民家」というほどではなく、ただの「半端に古い家」であるわが家は、造りがとてもアバウトです。内壁のベニヤを一枚はいだら、こんな感じ。これで真冬は毎日-5度以下に。寒いわけです!(笑)

げすとるーむ

とりあえず、断熱材を入れ、石膏ボードを張っていきます。最終的には、珪藻土で仕上げる予定です。楽しみ。

ゲストルーム2

ちなみに去年はちょうど今頃から家いじりが完全にストップしてしまいました。農繁期はさすがに厳しい…。今年は種まきが遅れたぶん、出荷再開が少し遅めなので、例年と比べてほんの少しタイムリミットが伸びそうです。2,3日の雨続きがあと数回あればなんとかめどが立ちそうです。さてはてうまくいきますかねえ。



種まきも順調です。夏野菜の苗を育てつつ、露地では春野菜の種をまき続けています。いっぺんにまくと一気に伸びてしまって出荷しきれないこともあるので、とにかく春の菜っ葉や大根はちょっとずつこまめにたくさんまくようにしています。

先日、雑誌「現代農業」で読んだ記事が気になり、試してみました。

この時期、どんなに防虫ネットをしていても、どうしても虫(キスジノミハムシ)に葉っぱや根っこをかじられてしまう時があります。しかし、春菊やレタスなどの菊科の野菜にはやってきません。その集成を利用して、虫のきやすい大根(などのアブラナ科の野菜)と、春菊の種を混ぜてまくといいと書いてありました。

むし

だいこん

同じ日にまいた種です。上はチンゲンサイ、下は大根。ともに防虫ネットをかけていました。が、小松菜はぼろぼろ。そそて、春菊と一緒にまいた大根はつやつや!いつもこうなのかはわかりませんが、ちょっと嬉しい発見でした。今後も、様子をみながらいろんな時期、バリエーションでやっていこうと思います。


今年も、にんにくが好調です。収穫は6月です。

にんにく


にんにくの畝間で花盛りのナズナ。

なずな1

ハート型の葉っぱのように見えるのは、果実です。割ってみたら、種がごろごろ。その数10から20といったところでしょうか。

なずな

これが、一株で500房くらいつきます。ざっと計算すると、大きな株では一株で10000近く種子をつけるというわけです。それが、秋には芽を出し、冬をこして、今の時期に花をさかせ、ほっとけばまた10000…。群生をつくるとなると、それこそあっという間に天文学的数字に…。

うむ、昔から真の篤農家は草が、芽を出す前に耕してしまうといいます。ああ、実感せざるを得ないなあ。The long and winding road to 立派な百姓。野菜もこのくらいの生命力があればいいのだけどねえ。



ナズナから さとさるるは 長き道 今日もまた 一歩ずつかな 

あなかしこ あなかしこ ナズナのちからや あなかしこ

2012年04月22日 草花 トラックバック:0 コメント:0

WWOOFスタート

4月15日(日)

快晴の一日。

苗管理や植え付け準備、田んぼの用意などでいそいそしていますが、出荷お休みのおかげで、ほどよい忙しさといったところです。

今日は、午後から来客。のりこの中学校時代以来のお友達が、旦那さん、お子さん連れで来てくれました。イチゴやブドウを作る農家さんでもあります。ご両親と一緒に経営をされているということ。基盤がある農家なりの課題、新規就農の農家なりの課題、いろいろあるものです。話が弾みました。

そして、主婦二人の会話「いやー、農家の嫁になるとはねえ。中学時代にはまったく想像してなかったねえ。人生面白いもんだね」と。子供たちもベリーキュートでした。堆肥まきも手伝ってください、ありがとうございました~。

ブログはこちら。塩風薫るわいわいファーム


さてさて。ずっと予定していた、WWOOF(ウーフ)のホスト登録が完了しました。

wwoof.jpg

ウーフとは、こんなシステムです。有機農業の農園などで作業を体験したい方(WWOOFERさん)と、受け入れ農家さんなど(ホスト)が双方に登録しておきます。WWOOFERさんは、一日6時間働くことで、いろんな体験をできます。農家さんは、労働力を提供してもらうお返しに、寝るところと食べるものを提供します。お金のやりとりは、いっさい発生しません。

いうなれば、家族の一員のようにして、旅人を受け入れ、旅人もまた、観光では得られない体験を得ることができます。僕も、就農する前に、WWOOFER登録こそしてなかったですが、同じような感じで旅をして、本当に貴重な体験をさせてもらいました。ちなみにWWOOFとは、Willing Worker On Organic Farm の略です。

リンクはこちらです。 WWOOF JAPAN

ちなみに、登録情報をうちこむときに、けっこうあわててやったら、いまいちな紹介文になってしまいました。そのせいか、登録して2週間ぐらいになるのに、いっこうに何の問い合わせもなし!せめて一年目の登録料8500円のもとはとらんば悔しいですねえ(笑)。

まあ、登録がめんどくさいという方も、どうぞどうぞお気軽に「ファームステイしてみたいなあ」「そもそも少量多品目の直接販売というスタイルって可能なの」「阿蘇で農業してみたい」という方がおられましたら、お気軽に農業体験しに来てくださいませ~。ただいまゲストルーム作成中です。大工仕事お好きなかたは、そちらのほうも、一緒にやりましょう~。



両親が、福岡から手伝いに来てくれました。道向かいの竹林でのたけのこ掘りに、ご満悦の父、の図。

takenoko.jpg


踏み込み温床も、だいたい役割を終えました。今年は、よく熱が続きました。

onsyou.jpg


種まきが遅れたので、まだまだ小さいナスやピーマン、トマトなど。ちなみにこのポットの土は、去年の踏み込み温床の落ち葉や米ぬかや鶏糞が、発酵し終わってできた腐葉土です。よい発酵熱が続いた翌年には、よい腐葉土ができます。あっぱれなシステムですねえ。

nasu.jpg


田んぼの段取りもようやく整ってきました。昨日は、よい種籾を塩水につけて餞別する「塩水選」をしました。その後、60度のお湯に7分間つける「温湯消毒」を済ませ、水に浸しています。
momi.jpg

約3反分で10キロほどの籾。10日間ぐらいつけておきます。すると、根と芽がちょこっと出てきます。そのタイミングで苗箱に蒔く、という流れです。

ところで、温湯消毒について少々。籾を熱でいためず、そして病原菌をやっつけるためには、60度をきっちりとまもらないといけないとのこと。薬剤を使わずに、雑菌をコントロールするための有機農業てきテクニックです。

しかしながら…。我が家のお風呂は、すぐに湯がさめてしまいます。そして、追い炊き機能なし。台所でお湯を沸かしつつ、温度計とにらめっこ。ちゃっちゃと終わらせて、残り湯をうべてお風呂に入ろうと思っていたのに、なかなか風呂にまではありつけず…。途中ちょっと60度を越えていたような気もします…。うーん、ちゃんと芽が出るのか、今からどきどきでだなあ。



2012年04月15日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

いろいろ

4月8日(日)

快晴。ここのところ、ずーっと強風吹きすさぶ毎日でしたが、今日はようやく落ち着いてきました。

雨が近いようなので、ほうれん草や小松菜などの播種。ズッキーニの畝たて。ナスやピーマンの追加種まき。田んぼや畑の堆肥まき、耕し。隣町のクラフト展で卵の出展。ご近所友達の鯉のぼり立てのお手伝い。ちょこちょこと慌しい一日でした。

だんだん農繁期らしくなってきました。今年は、新しいチャレンジを予定しています。ご縁があって、家のすぐ近くの田んぼを借りて米を作ることになりました。面積は3反ぐらい。去年までは、自家用で5畝ぐらい。うまくいけば、販売用にある程度の量をまわせるかなあ、と獲らぬ狸の皮算用をしております。ですが、これまでのように機械をほとんど使わず、というわけにはいきません。本格的な稲作は、初めてのこと。いろいろな段取りが必要になりますので、ここのところちょっと焦り気味です。

そういう時は、ついつい「遊び心」を失ってしまいます。気分がうっつまってきます。ちゃんとしなくちゃ、結果を得なくちゃ、と気持ちががちがちになりがち…。「どうも自分は最近(農家として)伸びてないなあ、もっとしっかり学んで力をつけていかなくちゃまずいぞ」と、自己評価も下がってばかりに。

そんな折、農家友達のひとりが「楽しまなくちゃ~」と。そうね。その、一言に収斂されますねえ~。ありがたやありがたや。


最近の写真。

アマナ満開。

あまな満開

レオ君キュート。

れお

消防団の、ポンプ操作法競技会。真ん中が椛島です。

そうほう3

そうほう4

2週間ほぼ毎晩練習が続きました。いや~、しんどかったです。


お友達家族の建設中の新居。

いえ

の、壁塗り大会でのひとコマ。

かべ

壁塗りというものは、角や、ボードの継ぎ目が難しいのだなあ、と実感。仕上がりいまいちでした。家の資産価値を下げてしまい、すみません。といったら、家主さんは、「いえいえ、あんまりぴしゃりと仕上がると固定資産税が高くなるから」と。ナイスフォロー(笑)


鶏をさばきました。

とり

来週には、ある程度まとめて業者さんに頼んで真空パックにしてもらう予定です。販売のご案内も、近々upしますね。

ささみを、わらの煙であぶってたたきにしました。煙かった…。そして、絶品でした。にわとりさんありがとう~。

ささみ



さて最後に。

去年の秋うまれのヒヨコが、すっかりみんな卵を産み始めました。今年は、タイミングがうまくいかずに、野菜が切れるこの時期の産み始めとなりました。いつもは「足りません、すみません」ばかりの卵ですが、今は一時的にかなり余裕がある状態となっています。

ご注文お待ちしております~。

2012年04月08日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |