雨雨雨

6月25日(月)

梅雨らしい梅雨が続いています。お日様が恋しい日々…。

まともな畑作業ができないので、まとまった事務仕事や納屋の片付け、ゲストルーム作りなどをちょこちょことやっています。梅雨入り前にだいぶ飛ばして動き続けたので、農繁期の中休み、といった感じです。

先日は、実に実に久しぶりに映画を見てきました。テルマエロマエ。面白かったです。下の街(大津)まで、昼間に降りたのはなんと3ヶ月ぶりでした。カルデラを出たのも、1ヶ月ぶり。農繁期前半戦の忙しさの中で、最近すっかり引きこもり君です(笑)

車のない時代には、日常の暮らしなんてものは、だいたい半径20キロ以内くらいでほぼ完結していたんだろうなあ。車は使ってるし、物流のお世話にはなりっぱなしですが、ちょっとだけ昔気分を味わったような気がするようなしないような…。

たまには街もよいものです。が、反動で次の日とんでもない疲労感を覚えました。どうも最近街に降りるといつもそんな感じで、まいっちゃいます。年ですかねえ(笑)


今週のセットは、
卵、玉ねぎ、にんにく、白菜かきゃべつ、人参、ズッキーニ、キューリ、ナス、ピーマン、インゲン、といったところです。ジャガイモも、少し早いのですが、他に中身が充実しなければいれていこうかなあ、と思案してます。

春野菜と夏野菜の間の端境期の只中です。がんばれ夏野菜~。




それにしても、雨、雨、雨…。

家の前の川が、濁流と化しています。落ちたら命はなさそうです…。

201206dakuryuu.jpg

ねぎも、苦しそうだなあ。畑の端っこが高くなってしまっているようです。水の引きが悪いです。次の冬に、なんとか大々的に改善せねばっ、と画策してます。

201206negiooame.jpg


しかしながら、稲はここちよさそう。この日本の気候に一番適してる作物はやっぱ稲だな、稲。と、思うわけであります。さすがにもう少しお日様がほしいですが、まあ、しばしの我慢のようです。

201206tannbo.jpg


最後に。

隣町のリナゾーさんというお店でウンチャカさんのライブがあったので、行ってきました。

201206untyak.jpg

すばらしいライブでした。感動っす。ウンチャカさんの曲はyoutubeで、いろいろ出てきますので、よかったらご覧ください。で、現在九州ツアー中だそうです。情報はHPにあります。お近くの皆さん、ぜひぜひ足をお運びください。まあ、趣味のあうあわないはあるとは思いますが、とにかく、ほんとに、すばらしいです。おすすめです!

ウンチャカさんのHP(リンクしてます~)

スポンサーサイト

2012年06月25日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

むぎゅっ

6月18日(月)

曇天の一日。梅雨らしい天気が続いています。
週末は、今梅雨一番の本降り。2日で200mmほどの雨でした。まあ、このくらいは降らんとね、と思える余裕が出てきたのは6年目の功かな。

今日は、ひたすら田んぼの草とり。手押しの除草機で、ガシガシと。3反は、さすがによい運動でした…。




いろいろ書きたいことはありますが、欲張ってもいけないので、今日はひとつだけ。

amatarousannkeburunoue.jpg

先日紹介いたしました雨太郎さん。風呂の水を洗濯用にくみ上げるポンプについている細~いケーブルの上にて。この、手足の、むぎゅっ、という感じがたまりません!



2012年06月18日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

雨太郎

6月14日(木)

昨日今日と快晴でした。明日から、いよいよ梅雨らしい天気となる予報です。

今日は、ナスやピーマンなどの支柱ひも張り、誘引。人参やオクラの草取り。昨日刈ったあぜ草燃やし。明日の出荷用意、などなど。夏至も近くなりました。貴重な晴れをいかさんばっ、というわけで、ここのところ朝5時から夜8時まで動いています。「ぷりぷりしてきたね」と客人の評(笑)梅雨の後半の大雨時期には否応なく外仕事は休みになりますので、それまでもうひと踏ん張りであります。

蛍もピークを迎えています。夏だなあ。

セットの中身は、春野菜が終わりかけ、夏野菜にはもう少し、といった感じです。
卵、玉ねぎ、人参、白菜かキャベツ、ほうれん草、にら、ズッキーニ、リーフレタス、春菊、大根、キューリがちょっと出始め、といった雰囲気。来週からは、ニンニクをいれます。なんとかスムーズに夏野菜につながるように、願うばかりです…。

畑の様子。

かぼちゃと長ネギ。

kabotyatonegi.jpg

ゴーヤとキューリ。

kyuuritogoyadayo.jpg

ピーマンやナス。マルチの下に入れた鶏糞の窒素分がちょっと強すぎたようで、今の時期にしては妙にでかくなってしまいました。まあ、許容範囲だとは思いますが、前にもやってしまった失敗なので、うーーーーーーむ、悔しい。やっぱりちゃんと記録をつけて確認してから作業していかんとだめですね。最近、自分の弱点を客観視し、うなる日々であります。

nasutopiman.jpg

里芋。いい感じです。

satoimodayo.jpg

雨よけハウスのトマト。

tomatohousedesu.jpg

tomatoaoimi.jpg

まき割り用の台木にいたコクワガタ♀。

kokuwagatamesu.jpg




今年もやってきています、雨太郎。

お風呂場の突っ張り棒の上にて。

amatarouagain.jpg

amataroukawaii.jpg

あんまりかわいいので激写しまくっていたら、どんどん逃げていきました。お風呂場の外ににげだし、畳の上を飛び回る雨ちゃん。ああ、かわいすぎ。そしてゴメン。

パパラッチ しすぎて写真 ぶれちゃった

2012年06月14日 田畑 トラックバック:1 コメント:0

田植え&玉ねぎ

6月7日(木)

入梅直前らしい、曇天の一日でした。

いやはや、農繁期真っ只中です。うーーーーーーーん、忙しい。

やりたいことをあげてみると、

田んぼ草取り、ジャガイモ大雨対策土寄せ、あぜ草刈り&燃やし、なすピーマンなどの支柱立て&選定、畝間草対策、にんにく&玉ねぎ片付け、玉ねぎ収穫のこり少々、サツマイモ植え付け残り、里芋土寄せ、キューリと山芋の支柱立て、といったところです。これを日々の出荷作業と平行して行うには、ガッツですね。ガッツ。がんばります(笑)



先日、無事田植えをしました。

田植え機をお借りしてきて、手取り足取り教わっているところ。

kousyuu.jpg

こんな感じで植えていきました。

taue1.jpg

多少くねくねしたところもでましたが、なんとか見られる程度に仕上がりました。無理やりパノラマ(笑)

6-5tanbo1mini.jpg6-5tanbo2mini.jpg

苗ががっしりといい感じに仕上がったので、植えていて安心できました。一箱110g位のやや薄まき、35日苗です。管理も楽チンでした。苗代万歳です。課題としては、やはり種まきのときに均一にならずにまだらになってしまったこと。結果として、一株5本くらい植わったところもあれば、1本のところや欠株になったところも。来年の課題です。

iinae.jpg


近所の田んぼからの眺め。

fuukeitotemokirei.jpg

雨上がり 山ひだ踊らす 夕陽かな



今日は、玉ねぎの収穫をしました。

tamanegiminnnade.jpg

ウーファーA君やご近所Mさんの助けをうけて、もりもりこなしました。感謝感謝です。

が…、

今年はあんまり記憶にないほどの玉ねぎ不作でした。近所の人の話でも、「今年はいかんかった」との声が多いです。そういう年のようです。それに加えて、輪作の都合で玉ねぎに選んだ場所が、いまいち玉ねぎに合わなかったようです。さらに、結婚式前のドタバタで肥料もちゃんと触れず、さらにマルチも張れずに「えいっ。忙しすぎる。とにかく植え付けしちゃおう。なんとかなるだろう」と勢いで植え付けだけはすませたという顛末でした。

ところが、なんとかなりませんでした。とにかく収量が少ないです。例年の3分の2くらい、といった感じです。
とにかく、玉が太りませんでした。小玉ばかりです。

tamanegitiisai.jpg

このくらいのサイズばかりです。丸のまま煮込み料理につかうのがお勧めです。味覚は主観的なものだとおもいます。なので、あまり自分の野菜を「おいしい」といわないようにしています。そんな僕が言うのもなんですが、かなりおいしいです。甘いです。小玉は保存が利くので、最初になるべく大玉をいれて、秋口から小玉を入れていこうと思います。今年は、玉ねぎは年内で在庫切れになると思います。ご迷惑をおかけいたします~。

小玉ばかりで悲しんでいる、の図。

tamanegikanasimi.jpg

本当はこんなふうに納屋につるして保存するのですが、

tamaneginayani.jpg

小さすぎてつるしにくいので、

tamanegihositeru.jpg

ハウスに転がしています。おくの白いものは、ニンニク。こちらもまた、ちょっと収穫のタイミングを間違えてトホホな状態です。とりあえず今ハウスで干しています。詳細はまた後日。といいつつ、あまり失敗談は書きたくないので、書かないかもしれませんが(笑)


最後に。

カタツムリの交尾。

katatumurimaguwai.jpg

カタツムリは、雌雄同体のものが多いです。オスでもあり、メスでもあります。いろいろ調べて、面白い学説を見つけました。彼らは双方に、卵と精子を持つわけですが、できるだけ「産む」より「産ませよう」という力をかけるようです。なぜなら、実にシンプル。卵を産むよりかは精子を拡散するほうが生産にかかるコストが少ないからだそうです。しかしこの雌雄同体も、種としての生存戦略のひとつの方法であるわけですねえ。なんだか、あっぱれだなあ。

はい、そんなこんなで、こんだけ長々と書いているともう11時近くなりました。眠いっ!明日は出荷。5時には起きて収穫を始めなくちゃ、です。あー、夜更かしはいけませんねえ。風呂はいってはよねよっと。

ではまた~。

2012年06月07日 田畑 トラックバック:1 コメント:1

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |