サンシャインレゲエ

7月27日(金)

梅雨明け快晴、猛暑の毎日です。

標高400m弱の当地では、朝晩はわりと涼しいです。昼は30度を少し超えますが、夜はなんとか熱帯夜にはならずにすんでいる、といった感じです。それでもまあ、さすがに近年の酷暑はきついです。梅雨の間たまっていた作業の遅れを取り戻すべく、がんがん労働モード。働きまくってます(笑)

大雨の影響は、思ったより少なかったです。夏野菜は、おおむね好調。
現在出荷できているものは、ジャガイモ、玉ねぎ、卵、ナス、ピーマン、キューリ、ゴーヤ、トマト、ミニトマト、ミディトマト、にんにく、オクラ、インゲン、モロヘイヤ、ツルムラサキ、エンツァイ、間引きねぎ、しそ、バジル、といったところ。


最近の写真。

トマト。

DSCF0010tomato.jpg

家のすぐ近くにある耕作放棄田。葦がわさわさ生えてしまってます。カボチャの敷き藁がわりにしようと、刈り取ってます。

DSCF0058yosi.jpg

ハードワークっ!でも、効果絶大なので、がんばっております。

DSCF0063ysihakobi.jpg


ようやく、ゲストルームがおおむね完成。3畳間を仕上げるのに足掛け2年。いやー、かかりました。他の部屋は黄土色と化した畳や、レオさんが爪とぎに用いた柱などでボロボロの様相ですが、ひとへやだけでもピカピカなのは嬉しいです。猫ルームにならないように、日々警戒中です(笑)

DSCF0030heya.jpg

先日、近所で行われた野外ライブ。

DSCF0047hou.jpg

宮崎のhouちゃんも来ていました。梅雨の最後の雨の中、「サンシャインレゲエ」という唄をうたってくれました。いい言葉だったなあ。

「今日も、太陽がさんさんと照っているよ。そう、この雲の上で」

そうそう。物事というものは、こちらがちょっと視点を変えるだけで、ほほえみだすのだなあ。

スポンサーサイト

2012年07月27日 ことば トラックバック:0 コメント:1

7月20日(金)

大雨から1週間が過ぎました。すっかり暮らしは元のペースにもどりました。まだ、被害が大きかった阿蘇市の一部の地域では落ち着いた状況ではないところもあるようですが、周りはのどかな雰囲気をとりもどしてきています。

それにしても、なかなか梅雨があけません。ここ数日も、昼ごろには雷がごろごろ鳴り出し、激しい雨が降っています。大雨が降り続く、という天候からは抜けたようですが、梅雨明け快晴、というまでにはまだしばらくかかりそうです。

1ヶ月以上、まともに畑が乾いていない状態が続いています。秋の野菜を植えつける畑を耕して、草をやっつけたいところなのですが、後手後手になってます。隙をみて耕せども、その度に雨で表土が流れ、地が固まり草がまた元気になる、ということを繰り返すこと数回…。ああ、むなしい(笑)ほんと、天気ばかりはどうしようもありません。もうちょい我慢かなあ。

それでもまあ、なんとかなってはいます。

畑の様子。

キューリの2回目。今年は支柱をひと工夫しました。いかに時間をかけずに、お金をかけずに、それでいて丈夫な支柱を立てるか、いつも頭をかかえています。

DSCF0047kyuri.jpg

ミニトマトはいまのところ元気です。

DSCF0012mini.jpg

ゴーヤも元気です。来週から、セットに入れられそうです。去年、この場所は秋かぼちゃを植えました。近くの耕作放棄田んぼに生えている葦を刈ってきて、敷き藁がわりに敷き詰めました。かぼちゃ収穫の後に、トラクターで耕して葦をすきこみました。おそらく、その効果だと思います。やっぱ、どれだけ有機物を畑にいれるかが重要なようです。改めて実感中。

goya.jpg

まあ、ゴーヤの横の草も元気ですけどね(笑)


里芋も、梅雨の前にしっかり土寄せしておいたおかげで、いい感じです。大体、大雨で畝が崩れるのですが、今年はなんとか大丈夫。よかった。

DSCF0053satoimo.jpg

畑からの帰り道。

DSCF0078noudou.jpg


しばらく前に見た、雲海。俵山峠から。

DSCF0007unkai.jpg




 雨



山が山であるのは

谷がそこにあるからだ。

谷が谷であるのは

雨が山を削るからだ。

削られた土は岩は

下に下に流され

積もり平らな大地となる。

いつしか森が生まれ

森は人の手によって

田畑となり、街となる。

そしてまた今日も雨が山を削り

谷は深まる。

僕らの祖先が二本の足で

はるか遠くからやってきて

この地で暮らすようになる

ずっとずっと前から

雨は降っていた。

その事実に気づいた時、

いかずちに頭をたれてみる。

傘をささずに雨にうたれてみる。

そう。もうひとつの時間を、よび起こすために。

雨よ、ありがとう。

2012年07月20日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:3

大雨

7月12日(木)

いやはや、すごい雨でした。

ニュースで伝えられているとおり、隣の阿蘇市では、夜中から朝方までの6時間くらいで500mm弱という、信じられないような雨がふりました。うちのあたりの雨量がどのくらいかは正確にはわかりませんが、やはり相当なものでした。

うちの被害としては、畑が浸水したくらいですみました。家も、鶏も、猫も、問題なしでした。ご心配、ありがとうございます。

が、近所はひどいことになっています。近くの田んぼには、堤防を超えてあふれた水とともに運ばれてきた杉の大木が大量に転がっていました。山の土砂崩れとともに流れてきたのでしょう。車で15分位いったところでは、土石流が起きて家が見事に押しつぶされていました。

朝6時に消防団員呼び出しのサイレンがなり、日暮れまで活動が続きました。実際に土石流の現場に行き、土砂に埋もれて跡形もなくなっている家々の姿を目にしたときは、言葉を失いました。津波の映像をどれだけテレビで見ても、実感が沸くことはなかったのですが、正直、心から「怖い」という気持ちが起こったものです。

また明日降るようです。これ以上被害が広がらないように、願うばかりです。

とりいそぎ、無事の報告まで。

2012年07月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:5

うふふ

7月8日(日)

快晴の一日でした。本当に久しぶり。気分もさわやか。やっぱなんだかんだでお日様が一番ですねえ。

田んぼの除草の様子。手押しの除草機。ガンヅメとか田車とか呼ばれている伝統の逸品です。

DSCF0031gandume.jpg

これで、草を浮かしたり、泥に埋め込むというわけです。

が、けっこう時間がかかり、これじゃあ野菜のほうに手がまわらなくなる、と危機感…。思い切ってヤフオクで除草機を購入!

DSCF0044kanriki.jpg

大活躍でした。

が、

DSCF0040bisu.jpg

早速爪がぐらぐらと(笑)。急遽鉄鋼ビスで修理。

DSCF0058tume.jpg

さらに、爪が一枚外れていたことに後から気づき、泥の中を捜し歩くという事態に…。あきらめかけていたら、無事発見。エンジンも、かかった後は絶好調なのですが、いったん停止したあとのかかりがかなり悪く、うーん、これぞ中古品、といった按配でした。ま、何でも値段がたですねえ。

遊びに来た姪っ子が、おたまじゃくしに興味しんしん。たまにしか会わないので、なかなか打ち解けてくれません。「やさしい叔父ちゃん」としてなついてくれるように、会うたびに無理やり高い高いをしまくったりしてます。今日は、「おたまじゃくしをとってくれるやさしい叔父ちゃん作戦」に出てみました(笑)。

DSCF0051u-sann.jpg

DSCF0052otama.jpg

そして、喜ばしいことに…、

DSCF0069neko.jpg

こんな感じでなんとか無事共生モードにはいりました。お互いなんとなく気にはなっているようですが、目をあわすことを意図的にさけているようです。当初は「ふぅーっ」とか「しゃーっ」とか軽く威嚇しあっていた二匹でしたが、それもなくなりました。

二人の距離感が、観察していてすごーーーーーーく、楽しいです。うふふ。

2012年07月08日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

ご対面

7月1日(日)

まったくもって梅雨然とした梅雨が継続中。

今日もまた雨。結局6月半ばから本格的に雨が降り出し、ほとんどお日様がでませんでした。月の日照時間も例年の4割位の60時間弱くらいでした。雨量としては700mm位で、まあまあといった感じですが、なにせ雨が切れずにこまってしまう日々であります。

ちなみに、この手の統計は、気象庁のHPの「過去の統計」というページでなんでも調べています。隣町の高森町の数字ですが、まあだいたいあっていると思ってみてます。ほんと、便利な時代ですねえ。

今日は、秋冬に向けて、かぼちゃの種をポットにまきました。セロリ、冬瓜も。これからは、夏野菜のケアをしつつ、種まきや土作りは秋冬モードです。


今週のセットは、ちょっと厳しい状況です。この天気は、野菜にとっても酷です。お日様がないことにはどーーーーーーしようもありません。

卵、ジャガイモ、玉ねぎ、人参、キューリ、インゲン、キャベツ、エンツァイ、ツルムラサキ、ナス、ピーマン、
枝豆、にんにく。と挙げてみればけっこうありますが、実際に入れられるのはこのうちの8種類くらいかなあ。ちゃんとしたセットにするのが難しい場合にはご連絡さしあげます~。



さて。最近のできごと。


近所の友人への誕生日プレゼント。卵だったり、キューリだったり(笑)

DSCF0003kyuuri.jpg


いつぞやご紹介したしょうちゃん。のりこが実家で飼っていたにゃんこです。家もおちついてきたので、半年越しの再チャレンジ。なんとかレオ君とうまく同居してもらえるように、お互いにじょじょに慣れてもらうように飼い主としてがんばっているところです。

DSCF0013syoutyan.jpg

しょうちゃんには、1週間、ひとつの部屋にがまんして入ってもらいました。すこしずつ、姿を見せないようにして、声や臭いで双方を認識してもらいました。

gotaimen.jpg

今日、初めてこんな感じで籠ごしにご対面と相成りました。時間にして3分ほど。これから、時間を延ばしていき、かごからもタイミングをみて出してあげます。あと2,3週くらいでうまくいくといいなあ。

2012年07月01日 レオさん トラックバック:0 コメント:2

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |