しみじみ

9月28日(金)

快晴秋晴れの一日でした。
先週、だいぶ冷えこんで季節がぐっとすすんだ感じがしていましたが、今週は日中は気温も高かったです。実に素晴らしい天気でした。とはいえ、台風接近中。なるべく日本列島から遠くを通ってくれるようにいのるばかりですねえ。

今日は、出荷や、ニンニク用のマルチ張り、あとは鶏のえさの大麦を下の町にとりにいきました。ご近所さんに不幸があり、ちょっとドタバタ。お世話になった方が無くなるのは、さびしいものです。ひとつところで6年住んでいると、短い間にもそれなりに時の移ろい、人の命のはかなさ、新しい出会いや別れのめぐりあわせを感じます。しみじみと無常を覚えます。


先日の作業。

近所の耕作放棄田んぼ。荒れないように、集落の共同作業で草刈をしました。その後、草をブロックにしてもらいました。

IMG_0510kusa.jpg

うーん、機械の力はすごい。すごすぎる…。

IMG_0509torakuta.jpg

素晴らしい堆肥ができそうです!

IMG_0515yama.jpg

ちょっと傾いてますね。案の定、後で見たら、崩れてました(笑)


ごぼうも、いい感じです。

IMG_0524gobo.jpg

ヒエが実ってます。田畑にあれば「雑草」。畑で栽培すれば「雑穀」。

IMG_0535hie.jpg

レオさんのお気に入りの場所は、まきストーブの上。笑点の大喜利ばりに、座布団やらベッドやらおいてます。うむ、世話がやけるなあ。ストーブに火をいれるときは、どうしましょうかねえ(笑)

IMG_0498reo.jpg



さて。秋の夜長で、最近ようやく本が読める季節に入ってきました。



(前略・昔の田んぼの作業がいかに肉体的につらいかという記述の後に)…これが何日も続くのである。労働としてならさながら地獄である。百姓が耐えられたのは単なる労働とは考えていないからである。つまり、稲の手入れ、稲がよろこんで育つように手塩をかけての仕事だから続けられたのである。労働は苦痛だが献身はよろこびである。つらい農作業の中に百姓はよろこび見出していた。

が、これは一般社会には通用しない特殊な価値観であり、多くの百姓が、その境地に至るまでの洗脳、自己改造の過程で苦しんだ。


現在の農業は機械化によって、当時とは比較にならないほど体はラクになった。が、仕事が労働に落ちてしまったことも事実だ。



以上、「ザマミロ!農は永遠なりだ」山下惣一著、家の光協会、より引用です。頭をカーンとたたかれたような気分になりました。昔の作業のつらさは僕にはわかりません。でもそれなりに体を使って日々を生きている身として
は、山下さんの言葉がひしひしと体に浸み込むように思うのです。

ただ単に楽をしよう、お金を稼ごう、便利さを求めよう、というようなことを思えば、農家暮らしはただただきついだけです。でも、結果だけでなく過程も楽しもう、あるものでなんとかしよう、そして人はこうやって太古からつつましく大地に足をつけて生きてきたから俺もそうしていくのだ、というような気持ちになれたら、山下さんのいうところの自己変革に勤しんでいけるのだと思います。まあ、まだまだそれこそ過程ではありますけどねえ(笑)


ちょっと長くなりました。ではでは。

スポンサーサイト

2012年09月28日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

ヤブラン

9月21日(金)

ぐっと秋めいてきました。朝は13度、日中も22度の、すごしやすい一日でした。

出荷、ターツァイや水菜、サニーレタスの播種、晩生白菜の定植、などなど。

今日の出荷から、急に端境期っぽくなりました。先日の台風の影響で、入れられるものが少なくなり、とほほです。東シナ海を通っていってくれたので、阿蘇住民としてはほっとしたのですが、それでも強風にあおられてキューリやナス、オクラなどが傷みました。来週、再来週くらいまでちょっとさびしい中身となりそうです。

卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ネギ、ニラ、ナスはちゃんと入りそうです。あと、ピーマン、大根間引き葉、サニーレタス、カボチャ、オクラ、インゲン、などが入るか入らないか、といったところです。もうちょっとしたら、人参やキャベツなどが入ってくるので、しばしお待ちくださいませ。


さて。

台風にも負けず、稲がいい感じです。刈り取りは、来月中旬ごろの予定です。ある程度は、販売用にまわせそうです。はじめての本格的な米作りで、除草剤などなしでちゃんと育つのか最初は不安でしたが、なんとかなりそうです。あとは、台風が来ないように祈って、収穫を待つのみです。

IMG_0404kome.jpg

また、販売のご案内はおっていたします。

IMG_0407ine.jpg

田畑のあぜには、ヤブランが満開中です。

IMG_0435yaburan.jpg

IMG_0418yabrann.jpg

  →追記。ヤブランではなく、ツルボでした。いやはや(笑)



キャベツや白菜も、大体植えつけ完了。虫除けネットをかなり活用してます。手間と購入費用はそれなりにかかりますが、その効果は絶大です!

IMG_0424sappuukei.jpg

しかし…、この殺風景っぷりは、どうにかなりませんかねえ。毎年、悩むところではあります。まっ、あれもこれもというのは無理ですねえ。まっ、いっか。

2012年09月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

烏帽子

9月13日(木)

だいぶ秋めいてきました。日中は暑かったですが、朝晩はかなりひんやりです。

今日は、午前中20週検診に行ってきました。今のところ、赤ちゃんは順調に大きくなっています。ありがたいことです。


先日、のりこの体力づくりのために、近くの烏帽子岳に行ってきました。せっかくなのでのっけておきます。


阿蘇らしい景色です。手前の杉がじゃまだなあ~。

IMG_0330aso.jpg

草千里と烏帽子岳。

IMG_0334kusasennrida.jpg

IMG_0349ebosi.jpg

IMG_0342kusasenti.jpg

クサフジが鞘をつけていました。当たり前だけど、さすが豆科だなあ。

IMG_0348kusafuji.jpg

ゲンノショウコ満開。

IMG_0338gennnosyouko.jpg

ワレモコウ。

IMG_0344waremokou.jpg

サイヨウシャジン。

IMG_0362saiyousyajin.jpg

名前が分かりません。以前調べて覚えた記憶はあるけど、すっかり忘れました。今年は、趣味的自然散策の時間をあまりとらずにかなり農業農業してたので、草花に目がいっていませんでした。精神の貧困だなあ。畑に実ればいいってもんじゃないなあ。何ごとも、バランスですね、バランス。

IMG_0363wakaran.jpg

10畳ぐらいしかない頂上に、60代から70代の登山グループの方が20人以上登ってこられました。せ、狭い(笑)。すみっこで眠るのりこ、の図。今の団塊前後の世代の皆さんは本当にお元気で、頭が下がります。若いときに体を使っていた強さというのがあるんですかねえ。

IMG_0368bate.jpg

ん、妊婦にとってオーバーワークではないかと?大丈夫です。ほどよい運動だったようです。普段使わない筋肉を使うので、山は本当にいい運動ですねえ。そういえば、今年の5月に「仕事終わってから趣味の時間をとろうと思ったら、農繁期にはそんな時間はまったく取れない。だったら先に月に一回、どんなに忙しくてもいっちゃえ」と決めました。が、結局一度も行けず。だいぶもやもやしてます(笑)。この2時間の散策くらいでは物足りないなあ。10時間ぐらいは歩きたいなあ。好きな読書も、ま~ったくできておらず、これまたもやもや。うーん、これまたバランスですねえ。みなさん、そのあたりどうやってるんでしょうね。

なんだかぼやきブログになってしまいましたね(笑)。まあ、一歩一歩、やってきます~。

2012年09月13日 草花 トラックバック:0 コメント:2

いろいろ

9月9日(日)

午前中は快晴、午後はうす曇りでちょと大気が不安定。そんな1日でした。

だんだんと、日も短くなってきており、農繁期も山場を越えてきました。野球でたとえるならば、七回表ぐらいでしょうか。7月、8月と大雨やら来客ラッシュやらで気が張っていたところがあるのですが、来客も落ち着いて、ここのところ少し逆にへばり気味に。まあ、淡々ぼちぼちですねえ。

セットは、
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、キューリ、なす、ピーマン、ゴーヤ、かぼちゃ、にんにく、ネギ、ツルムラサキ、シソ、インゲン、ミョウガ、人参間引き葉、といった感じです。夏野菜と秋野菜の間の端境期に入るかな、と思っていたのですが、ナスやキューリが盛り返してきて、粘ってます。ネギも今の時期としてはかつてないほど好調です。やっぱり何かが悪くても何加賀良くて救われますね。少量多品目万歳です。


畑の様子。

人参、ナス、ピーマン。

IMG_0287hatake.jpg

ニラの花が満開。

IMG_0281nirahanakotti.jpg

サニーレタス、玉レタス。その左はセロリ、そのまた左はサツマイモ。サニーレタスは、7月の18日にまいたのですが、ちょっと早すぎたようです。まだ仕上がってないうちにとうがたってきました。そして、苦いです。よし、今週から出すぞ、と思っていたのに、けっこう厳しそうです。旬ではないということでしょうね。玉レタスは大丈夫そうです。毎年の事ながら、ついつい欲張って早まきしてしまってます(笑)

IMG_0308sani-retasu.jpg

キューリが今年は絶好調でした。6年目にして始めて、ずーっと切れ目無くお届けできています。成長を感じてちょっと嬉しいです。

IMG_0289kyu-ri.jpg

ミョウガが採れています。

IMG_0305myouga.jpg

花芽をたべます。こういう風に土からぴょコンとでてます。「こんなふうに出るなんて知らなかった♪」と、何だか妙にミョウガ収穫にのりこがはまってしまい、必要以上に採りすぎて、我が家ではミョウガ三昧です。薬味に、おすましに、てんぷらに、白和えに、炒め物に。

IMG_0299myougayo.jpg

近所の駅から。

IMG_0238ekikara.jpg

しょうちゃん。最初に我が家につれてきた時に、ちょっとしたしつけ事で何回かきつく怒りました。「よし、ここは俺が怒り役に徹するから、フォロー宜しく」とかっこつけたはいいものの、それ以来どうもなついてくれません。あ~、寂しい…。

IMG_0319syoutyan.jpg

一方で、レオさんは、



こんな感じで外で遊んでばかりです。

IMG_0261tatakai.jpg

中足と後ろ足の4本で立ち、体を左右にゆらゆらと揺らします。お見事。

IMG_0262kamakiri.jpg

玉虫がひょいと飛んできました。

IMG_0256tamamusi.jpg

死んでも羽の光沢が落ちないことから、昔は仏具の装飾で使われたとのこと。有名なのは法隆寺の玉虫厨子、ですかね。うーん、なんだかそのセンスはビミョーだなあ。流行というものもまた、無常ですねえ。

2012年09月09日 田畑 トラックバック:1 コメント:0

ご報告

9月1日(土)

晩夏の風が気持ちのよい一日でした。

今日の作業は、なすの潅水、堆肥まき、人参の草取り、早生白菜の移植と、晩生白菜、レタスの播種。てんこもりでした。

気がつけば、だんだんと初秋の気配です。夜の虫の声、風の涼しさ、ゆれる稲穂、そして、日の短さ。日中はまだ暑いですが、いい季節になってきました。

セットの中身は、夏野菜の終わりかけ、秋野菜のスタート直前のちょっとした端境期という感じです。
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、キューリ、人参葉っぱ、ネギ、ニラ、ミニトマト、カボチャ、をメインに、空芯菜やゴーヤ、ツルムラサキ、トマト、などがちょこちょこ入るかな、といったところ。来週から、ニンニクもまた入れます。



さて。

車のフロントガラス越しのかわいいやつ。

IMG_0169kaeru.jpg

ウーファーさん、N君。何年かの社会人経験を経て、農業を志すにいたり、視野を広げるべくあちこち滞在、体験してまわっておられます。いやー、そういうウーファーさんにはこちらも何か力になれないもんかと楽しくなります。それにしても、坊さんっぽい二人です(笑)

IMG_0202kinenn.jpg

最近のマイブーム。刈った草をとにかく山積みにしまくってます。買っている牛糞堆肥が、夏野菜の元肥に使うにはどうもいまいちで、こりゃちゃんと自分で作るしかないと思ったわけです。山が大きくなるのが嬉しくてしょうがありません。金のかからないいい趣味と化してますわ~。

IMG_0211taihi.jpg

今日もキュート、レオさん。

IMG_0215reo.jpg

ちなみに、いつぞやご紹介いたしましたしょうちゃんとは、うまくやっております。仲良し、というわけではないけど、ケンカもしません。面白いことに!、後からやってきたしょうちゃんのほうがいつのまにか立場が上になってしまったようで、レオさんは時々家の中が居心地が悪いようで、納屋で寝たりしています。図体ばかりでかくて、とことん気が小さいレオさんであります。

ん、しょうちゃんの写真はないのか、と?すんません。うちに来てから3ヶ月になろうというのに、いまだに外が怖いのか、ほぼ家ネコ化していているしょうちゃん。いざ撮ろうと思った時に、暗かったり顔がみえんかったりで、なかなかいい写真がとれません。レオ君の写真だけのっけているとのりこがすねるのでいろいろ気を使っています(笑)


さてさて。

赤ちゃんを授かることができました。今、妊娠5ヶ月です。つわりもだいたい終わり、安定期に入ったので、ご報告いたします。

IMG_0187noriko.jpg(安定期を喜ぶのりこ)

男というのは悲しいもので、最初はなかなか実感がもてませんでした。最近は、お腹に手をあてて胎動を感じたり、語りかけたりすることで、じわじわと「ああ、俺もいよいよおやじかあ」と思うのであります。喜びが、ぷくぷくとわいてきている感じです。

一方で、女性はすごいですね。ほんとにまだまだ小さいうちから、「ものすごい存在感」だったようです。お腹に手をあてて語りかけるのりこの姿は、なんだかもう「母」です。

そして、つわりがこんなに大変なものなのかと初めて知り、世の女性を見る目が変わりました。うちの環境だと、調子が悪ければ「すまん~、やっぱり今日休んでるよ~」でOKなわけですが、世の中のお勤めしている女性は、いったいどうやってつわりを乗り越えているのかと考え、頭の中が?でいっぱいに。

これから、年明けのお産に向けて、ふたりでしっかりと準備を整えていきたいと思います。ちなみに、自宅でのお産を予定しています。もちろん、条件が許せば、ということにはなりますが。

どこかで聞きました。お産は、マラソンのようなものなのだと。しっかり準備して、学習して、体を鍛え、整え、心を落ち着けることができれば、スタートラインに立ったときに、わくわくしてきます。逆に、準備不足、トレーニング不足のスタートラインは憂鬱です。

体力的にも、フルマラソンという例えはよく聞きます。フルマラソンを走る体力があれば、体力面ではクリアできると。インドア人生を送ってきたもやしっこな妻を見ていて、じれったくなります。あー、もう自分で産みたいくらいです(笑)しかしながら、どうも体力をつければそれだけで大丈夫というわけではなく、やっぱり一番はリラックスできる環境づくりが大事なようですねえ。

体力信仰がある椛島としてはついついでしゃばって妻の体力づくりメニューや食生活をあれこれ指図したくなってしまい、疎まれる日々であります(笑)。せっかく本人ががんばっているところに横からもっとああせいこうせいというのは、こまったものです。そう、マラソンならば、あくまでも、走るのは女性と、お腹の子供。男は、どう逆立ちしても、結局はトレーニング仲間。あるいはマネージャー?トレーナー?。いずれにしろ、主役にはけっしてなれません。気持ちよい当日を迎えられるように、これまた一歩一歩。やったるぞ~。




2012年09月01日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:5

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |