土下座

12月30日(日)


今日は、一日中、しとしとと雨が降り続きました。朝は暖かでしたが、気温は日中上がらず、だんだんとひえてきました。明日は大晦日らしい寒さとなりそうです。

さて、一昨日で今年の発送も終了し、短い正月休みに入っています。とはいえ、やっぱり年の瀬は慌ただしいですね。なんだか、よくわからないドタバタ続きで、今日も出荷作業小屋の大掃除や地主さんの挨拶回りであせあせしていました。

昨日は、ご近所のおばあちゃんのお葬式に行ってきました。阿蘇に来てからこの6年間、よくお葬式に出ています。どうしても、街と比べると近所にご高齢の方も多く、機会が多いです。昨日は、今まで出たお葬式の中でも一番印象に残るものでした。

斎場に入りきれないほどの方が詰めかけていました。お孫さんたちが、弔辞を読み上げながら涙を流し、喪主である息子さんも挨拶で涙をこらえきれずにいました。それを聞き、会場の多くの方ももらい泣きしていました。平均寿命には、少し届かなかったけど、それでも大往生に近い年齢のおばあちゃんのお葬式で、これほど多くのかたが涙を流し、温かい空気に包まれるお葬式は、初めてでした。お人柄が偲ばれます。ご冥福をお祈りしています。

先日、やはり近所のあるおばあちゃんと久しぶりにゆっくりとお話をする機会がありました。「とにかく働いてきた。よく生きてきた。もう、いつ死んでもよかですもん。はっはっはっ。」と笑っておられました。

働くことイコール生きることだった時代。そして、生きることイコール耐える事だった時代を生き抜いてきた人達の力強さは、やっぱりかっこいいです。湯沸かし器も、お風呂のボイラーも、冷蔵庫も、洗濯機もない中での家事労働。そして機械のない時代の、手作業に次ぐ手作業の農作業。阿蘇の寒い冬も、練炭コタツと火鉢で超えてきた世代。

いろいろと、厳しい状況の時代が続きそうです。どの世代が損をして、どの世代が得をしているとか、事実は事実としてあるのでしょうが、言ってもしょうがないことも多いです。なんだかんだで、現代日本の僕らの世代は、人類の長い歴史を通して見てみた場合には、すごくすごく恵まれている世代なのだと思います。ほんの少し、何かを変えるだけで、きっと全体がいい方向にいくはず。そのきっかけって、何なんでしょうね。それがよくわからないから困っているのですが。

とにかく、日々、自分が与えられた役割はしっかりこなしていきたいものです。安心して食べられる、本物の、そして美味しい食べ物を育てる。届ける。実にシンプルです。生きる。働く。歩く。食べる。出す。その繰り返しですね。

そして、できれば、こうあってほしいと思うのです。「休日と呼べるような休日はなく毎日何かしら仕事をしているけど、自分のペースで動けてずっと現役でいられる暮らし」「親が働いている姿を、子供が見ることができる暮らし」を、なるべくたくさんの人ができるようになればなあ、と。

能力や機会に恵まれた一部の人だけが幸せになれる社会ではなく、細々と、みんなが、物はなくとも精神的に豊かに暮らしていける社会が、作れるといいですね。このままいくと、創造性とコミュニケーション能力に少しでも劣るところがあれば、あっという間に社会から脱落してしまう、という社会が来てしまいそうで怖いです。もっと、普通に、当たり前に、多少不器用でも、コツコツと努力していれば報われる社会であってほしいなあ。


ちょっとしみじみ書いてしまいましたね。


さて、年末、最後の一枚。

IMG_1771futaride.jpg

また猫ネタですみません~。土下座寝をするしょうちゃん。寒くなるとみられる光景です。


今年も、お世話になりました。皆様、よいお年をお迎えくださいね。

スポンサーサイト

2012年12月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

プハァー

12月25日(水)

全国的に、寒い日が続いていますね。
阿蘇でも、かなり冷え込んでいます。ただ、雪は今のところちょっとちらつく程度なので、過ごしやすいです。

現在朝の6時半です。さすがに冬至直後とあって、九州ではまだ真っ暗、そして氷点下の朝です。こういう時は年賀状書きやパソコン仕事に勤しむのが一番、と思い、朝から書いてます。

昨日は一日中氷点下の真冬日でした。出荷の用意をしようにも、結局菜っ葉がきちんと解けきれずに、収穫を見合わせました。なので、今週の水、木のお届けのセットに関しては、日差しが戻り菜っ葉がしゃきっとしてくるであろう水曜の昼に作り、夕方に発送、という流れで行きたいと思います。また、個別にご連絡差し上げます。ご迷惑おかけしてすみません~。

中身は、

卵、里芋、人参、大根、カブ、キャベツ、ネギ、水菜、大浦ごぼう、ほうれん草、を中心に、
サツマ芋、白菜、ルッコラ、かぼちゃ、ターツァイ といった感じです。先週と大体同じです。「お正月特別野菜!!お買い得!!」という感じにできずにすみません~。食卓に必要なものをなるべく一年を通して、淡々、コツコツ、しっかりお届け、という椛島農園でありたいと思っております。



さて。

鶏の餌を混ぜるための、コンクリートミキサーをヤフオクで買いました。

だいぶボロボロです。ひどいです。これで3万円は、買い物としては失敗なんじゃなかろうか、と自問を繰り返しています。ですが、同じ大きさの、同じタイプのものだと新品で20万以上はするので、ま、いっかな、と自分に言い聞かせております。

こんな感じで使っています。

IMG_1744mikisa.jpg

小麦や大麦(熊本県産です)や、米ぬか(阿蘇産)、鰹節(鹿児島産)、牡蠣がら(広島産)、塩、を混ぜ合わせて餌にしています。米ぬかや鰹節がふわふわと飛び散るので、とりあえずダンボールで覆ってみました。見た目はいまいちですが、まあ、とりあえず、ということで。

IMG_1747esamaze.jpg

まだ使い方を模索中です。

IMG_1749hane.jpg

100Vでは、やはり力がないようで、すぐに「ヴーン」とうなりだし止まってしまいます。材料をどういう順番でいれるかとか、写真の羽の改良とか、機械のポテンシャルを活かすべく、いろいろ試してみます。じゃないと、元がとれんからな~。

ちなみに、昨日は、材料を一気にいれすぎてまったく回らなくなり、結局全部下にかき出してスコップで混ぜ直しました。うーん、この6年間で一番悔しい餌混ぜでした。この手の買い物はほんとに難しいですねえ。お金の使い方も、責めと守りのバランスが大切ですね。サッカーでいうところの、コンパクトなパスサッカーというところがりそうでしょうか。カウンター攻撃ばかり狙いすぎてヤフオクで銭失いにならないように気をつけますわ(笑)


今年は落ち葉集めも早め早めに済ませました。

IMG_1740nehanzou.jpg

たくさん集まり嬉しかったので、喜びを表現してみました。涅槃像の心境です。伝わりますでしょうか(笑)
1月末のお産の頃に、この落ち葉と鶏糞、米ぬかを混ぜ込んで発酵させて、野菜の苗のための暖かなベッドを作ります。





IMG_1731syoutyann.jpg

コタツに入ってばかりいるしょうちゃん。時々、「うっ、熱くなってきた。ぷはぁー」という声が聞こえてきます。






2012年12月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

二匹

12月18日(火)

師走らしい毎日を過ごしています。

お産の前にできるだけいろんなことを前もって済ませておこうと思い、気持ちばかりが焦ってます。まっ、焦っているのはいつもどおりですけど(笑)

今週の中身は、

卵、里芋、人参、大根、カブ、キャベツ、ネギ、水菜、大浦ごぼう、ルッコラ、を中心に、
サツマ芋、白菜、ほうれん草、かぼちゃ、ターツァイも、という感じで入れています。ジャガイモ玉ねぎが切れてしまい、ちょっと寂しくもありますが、それでも種類が揃っているので、なかなかよい雰囲気の構成だと思います。ありがたや~。

お米も、好評販売中ですので、お気軽にお声かけください。案内はこちらです。


畑の作業は、今が一番のんびりの時期ではありますが、お産休みに備えて、毎年年が明けてからやっている畑の片付けや落ち葉集めなどをコツコツ進めてます。あとは、役場にもっていく書類作りやら、梱包用ダンボール仕入れ見積もり取りなどの段取り仕事、赤ちゃんの名前考え、家のリフォーム、来年の作付計画、年賀状用意、忘年会、冬の恒例・体力作りのためのジョギング、などであーーーーっという間に時間が流れていってます。



縁側リフォームも、いっこうに進まないながらにも進めてます。

乾き待ち中。

IMG_1690tenjyou.jpg

我が借家、作りがなかなかワイルドです。断熱材は一切なし。-10度になる年もあろうかというこの土地で、

IMG_1700wara.jpg

こんな感じです。隙間に藁を詰めてます。これでちょっとはマシになるかなあ~。


と、苦戦しているさなかの先の日曜日。「お産前にあったかいお出かけができるのはこれが最後かも」と思い立ち、うちから小1時間ほど山の中に行った友人宅に昼ごはんをご一緒しに出かけました。

何年か前のこのブログでもご紹介しました、セルフビルドでお家を建設中のHさん宅です。

2年半ぶりの訪問。「どの位進んでるのかなあ」とワクワクして眺めてみると‥‥、

IMG_1702merimontoo.jpg

進んでました!そして、でかかった…!

僕と大体同じ頃に一家で阿蘇山中に移住してきたHさん。最初は、練習のための小さな小屋から建て始め、納屋を建て、そしてとうとうここまできました。あとは、内装を仕上げるだけなので、ゴールは近いようです。いやー、あっぱれです。

こだわりの家づくりの様子は、Hさんのブログで。こちらから。

IMG_1711kinenn.jpg

IMG_1713kabakinen.jpg



またグググンと冷え込んできそうですね。皆様、お風邪を召されませんように~。


追伸。

IMG_1546neiko.jpg

コタツの魔力を借りて、すっかり二匹の距離感が近くなってきました。最初、慣れるまでの苦労を思えば、感慨深い光景です。

が、掃除が大変…。何事も、美味しい話はないですね~。

2012年12月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

CAFE LA PAIX

12月12日(水)

真冬並みの寒さが続いています。今朝は-5度。冷えました。

昼間は晴れて、仕事が進みました。自家用大豆の脱穀、踏み込み温床のための落ち葉集め、などなど。

農閑期に入ったはずなのですが、なんだか慌ただしい毎日です。師走的な雑用や家の大工仕事、そして通常の出荷作業でドタバタとしています。とはいえ、この時期らしい長時間睡眠で、夏の疲れも取れてきて体がスッキリしてきました。

のりこは、お産前の体力作りでウォーキングに励んでいます。防寒のために着膨れし、マスクもつけ、帽子も深くかぶり、かなり怪しげな姿で村を闊歩し続けております(笑)

セットは、
卵、サツマ芋、里芋、人参、大根、キャベツ、白菜、ネギ、ブロッコリ、チンゲン菜、水菜、ほうれん草、㈱、かぼちゃ、ルッコラ、などを中心に入れております。霜に鍛えられ、どれも甘いです。



熊本の方にご案内です。

市電水前寺駅前に、カフェがオープンしました。

CAFE LA PAIX (カフェ・ラ・ペ)さんです。

IMG_1517rape.jpg

ご縁があり、椛島農園のお野菜も使ってもらうことになり、行ってきました。

IMG_1536fannti.jpg

落ち着いた雰囲気です。ゆったり、時間が流れてます。

IMG_1516koffee.jpg

普段コーヒーを飲まない僕でも、美味しい!と感じました。

IMG_1541nisiokasan.jpg

オーナーさんご夫妻。

IMG_1534hagaki.jpg

ちなみに、どういうご縁かというと、オーナーさんのお姉さんが高校の同級生なのです。Yさんといいます。Yさんとは、高校時代に会話もほとんどすることもなかったのですが、4年前の同窓会で再開し、お野菜を送るようになりました。

そして今回弟さんがお店を出すことになり、「だったら椛島君を紹介するわ」となったわけです。いや~、こういうご縁に支えられて暮らしているって、シアワセなことですね。しっかりと、いい仕事をして、きちんとしたものをお届けしなくちゃ、と改めて感じました。


と書くと、立派なのですが…。実は、初回お届けしたあと、翌週の発送をすっかり忘れてしまいました。のりこの一週間不在もあり、夫婦間の事務連絡ミスで、発送予定表からお名前が漏れてしまっていたのです。ご連絡を頂き「あちゃあっっっ!」と愕然。慌てて車で届けに行きました。

すると、その日たまたまプレオープンにあわせて来熊していたお姉さん夫妻や、ご両親ともお会いできました。さらに、オーナーさんの奥様のお姉さんご夫妻にもお会いし、同じ助産師さんにお世話になっているとわかり会話もはずみ…。いやー、なんといか、ご縁としかいいようがなく、ほっこりした一日となりました。



最後に。

夏野菜の片付けをし、トラクターをかけている間、ずっと近くにいたハクセキレイさん。

IMG_149hakusekireiwakadori.jpg

顔が少し黄色いです。図鑑によると、今年の春に(?)生まれた若鳥のようです。土をほじっては虫やら草のたねやらを見つけて食べていました。久しぶりに図鑑をみて、「若鳥」ということを知るだけで、なんだか世界が少し広がったように思えます。



知ること。それは、とても豊かなことだ。
時には、持つこと、よりも豊かなことなのかもしれないなあ。



2012年12月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

二十歳

12月4日(火)

日中は暖かな日差し。でも気温は低く、夕方からはぐんぐん冷えて、明朝の予報は-6℃。いきなりの冬将軍到来ですねえ。

ようやく、急ぎの作業もあまりなくなり、「ボチボチ」といった農閑期の雰囲気に入ってきました。ほっと一息ついてます。

出荷もまた、ぼちぼち順調です。
今週で、玉ねぎがなくなりそうです。今年は、散々な収量でした。2月くらいまではジャガイモ玉ねぎの在庫が切れないようにしていきたいものですね。ドリョクドリョク、です。

卵、キャベツ、里芋、サツマイモ、人参、大根、長ネギ、カブ、ほうれん草、カボチャ、をベースに、白菜、ミズナ、ルッコラ、ブロッコリ、春菊、レタス、などを入れております。




のりこも無事帰宅、なかなかよい時間となったようです。不在の間、友達の後輩にあたる若者が滞在して、農作業を手伝ってくれました。

IMG_1438333kamagatakun.jpg

自転車で日本一周をしているK君、20歳です。有機栽培の果樹農家を志し、各地の面白そうな農家さんがたを尋ねているとのこと。紹介を受けた先でまた紹介を受け、数日の滞在の予定が面白くて1ヶ月になり、という感じだそうです。「北海道にまで行きたいのですが、もうすでに九州だけで1年くらいかかってるんです」とのこと。

知る人ぞ知る、三重県の全寮制の有機農業専門の農業高校、「愛農高校」の出身で、二十歳ながらも、すでに基礎的な知識や経験をしっかりもっているなあ、という印象を受けました。訪れた先々で、どんどん貪欲に知識を吸収していく様子が伝わってきました。視野やアイデアを広げる横糸の学びと、深くひとつのことを掘り下げていく縦糸の学びとの両方がかみ合えば、どんなものが生み出されるのか、10年後のK君が楽しみです。


近くの森の腐葉土の中から、土着菌を見つけて、堆肥に混ぜてます。

IMG_1456kin.jpg

以前、就農1年目か2年目頃に、畑のあぜ草を刈って、そのまま畦に置きっぱなしにしていました。しばらく経ってみてみると、この菌がびっしり生えていて、周りの土は見事な腐葉土に。そして、畦はボロボロ崩れてました。「やばっ。地主さんに申し訳ないっ。怒られるっ(笑)」と慌てふためいた記憶がよみがえります。そのくらい強力な菌だと思われますので、効果に期待。こういう試みは、とても楽しいものです。


シルエットも男前(去勢してるけどね)。

IMG_1443naniwomite.jpg


レオ君ばかり載せてるので、たまにはしょうちゃんも。

IMG_1476syou1111.jpg

しょうちゃんは、どうにもこうにも写真うつりがいまいちで困っております。実物、もっとキュートなんですけどねえ。

2012年12月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |