ご報告

1月26日(土)

取り急ぎのご報告です。

20日に、無事、長男が生まれました。自宅での、本当にいいお産でした。

母子ともに元気です。気にかけてくださっていた皆さま、本当にありがとうございます。

IMG_2040syuku.jpg

まさかまさかの、けっこうイケメンちゃんです。今のところ。さっそくの親バカすみません~。


2週間出荷のお休みをいただくことにして、椛島が専業主夫業にはげんでおります。のりこの世話、息子の世話、家事全般、鶏の世話、事務連絡、そして少々すね気味の猫の世話・・・。予想していた以上に忙しく、そして眠く、名前がちゃんと決まらないままにリミットが近づいてきました。ああ、大丈夫か~(笑)。まっ、なんとかなるでしょう。

というわけで、頂くコメントなどのへの返事も、だいぶ先になりそうです。お気持ち、感謝です~。


スポンサーサイト

2013年01月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:8

夜峰山

1月18日(金)

冬晴れの一日。

今日は、出荷を済ませたあとに、近くのおしゃれなお店にランチを食べに行きました。外食嫌いの椛島なのですが、「生まれる前に最後にゆったりランチがしたい」というのりこに、文字通り、連れて行かれました(笑)

午後は、薪の片付けや、納屋や出荷作業小屋の掃除。整理整頓に関してズボラなたちなので、気を緩めたら掃除後一週間もすればズタボロになってしまいます。掃除ができなくても、人並み外れた発想力とか決断力などがあれば片付けが上手な部下でもやとってガンガン突き進めるのでしょうね。

でも残念ながら僕にはそういう力はないようなので、しぶしぶと、苦手な整理整頓に勤しんでおります。独身時代は、「きっと片付け嬢な嫁さんが来てくれていろいろ楽になるはず」と信じていましたが、…。どちらかというと相対的にまだましな僕が我が家の片付け大臣に就任せざるを得なくなり、人生の不思議を感じております(笑)。


さて。先日のこと。

うちのすぐ近くに、夜峰山という山があります。阿蘇の神様、建磐龍命(たけいわたつのみこと)が、妻アソツ姫のお産の際、目隠しの衝立代わりに一夜で造った山という言われのある山です。

今日、5年半ぶりに頂上に行ってきました。行って帰ってで一時間のちょっとした体力作り。今の時期のこういう地道なトレーニングが、農繁期の粘りにつながります。気分は、自主トレをするプロ野球選手、といったところ。

という訳で、写真を少々。

IMG_1872sougen.jpg

IMG_1902syamen.jpg

IMG_1898yomineyama.jpg

夜峰山から見える烏帽子岳、御竈山、そして中岳の噴煙。

IMG_1900ikenokubo.jpg



ついでに。

夜明けの一枚。

IMG_1850yoake.jpg

不思議なことに、最近レオ君が妙に甘えてきます。あと10日もすれば、ぎゃあぎゃあ泣き叫ぶ、自分と同じ位の大きさの哺乳類がやってくることに気づいているかのような仕草です。今のうちに甘えとこう、と言わんばかりのご様子。いやはや、これから先しばらくは猫たちにとっての受難の時代がやってきます。複雑な心境。まあ、なんとかなることを祈るしかありませんねえ。

 

2013年01月18日 風景 トラックバック:0 コメント:1

費用対効果

1月10日(木)

快晴冬場れの一日でした。
全国的には、冬型がきつい、寒い一日だったようですが、南阿蘇では日差しに恵まれて過ごしやすかったです。

出荷用意、ダンボール業者さんと打ち合わせ(というか相談)、家の大掃除、という感じの一日。

今週も、セット内容は大きく変わりは無しです。
卵、サツマ芋、里芋、ネギ、人参、大根、水菜、ターツァイ、キャベツ、大浦ゴボウ、をベースに、白菜、カボチャ、カブ、ほうれん草、ルッコラ、などを入れています。


先日のクヌギ林。

IMG_1836kodunnderu.jpg

こんな感じです。笹や落ち葉をこづんで山にしてます。うまくいけば、カブトムシの幼虫が住み着き、最高の腐葉土に仕上げてくれます。ちなみに3、4年ほど前、同様の落ち葉の山の中かから、少なく見つもっても500匹以上のカブトムシが出てきました。



ネギも、寒波に負けずにいます。でも、ちょっときつそう。あまりに激しく凍ってしまい、ふにゃっとしてるものも出ています。とほほ。でも、寒さで甘味が増し、うまいです。

IMG_1811negidayo.jpg


家いじり、気合を入れていました。ようやく、一区切りといったところ。なんとかお産ができる家の状態になりました。よかったよかった。


畳の下の板のブカブカも直し、ホコリもとりました。それにしても、これじゃあ、寒いわけです。本当は、断熱材でも入れたいところですが、大仕事になるので今回はパス。代わりに、これでもかと言わんばかりに畳の下に新聞紙を敷き詰めました。心なしか、暖かくなりました。ん、本当ですよ~。

IMG_1844tatamihagi.jpg

縁側のブカブカの床と天井の補修も無事に完了。カーテンもニトリで買いました。気持ちは無印良品なのですが,現実的な選択肢としてはニトリ(の一番安いやつ)。でも、よかったよかった。これまで6年間、貰い物のカーテンで寒さをしのいできましたが、ようやくスッキリサイズのものがつきました。Aさん、その節はありがとうございました。床も、気持ちは無垢の国産材なのですが、現実的な選択肢としてハンズマンで買ったB級半額フロア材が大活躍。(そして、借家だし、という言い訳)。よし、これで、赤ちゃんが床下に落ちないですみます(笑)

IMG_1830enngawayo.jpg

ダイニングテーブルも、勢いづいて自作しました。リサイクルショップで買った2000円のテーブルに、ホームセンターで買った6000円分の集成材の天板を貼り付け、オイルステインで塗りました。よくよく見ると、細部はひどい出来ですが、ぱっと見は悪くないです。

それなりの物を買えば、価格は5分の1、出来栄えは5割、といったとこかな?。とにもかくにも我が家では買い物をする時のキーワードは「費用対効果」となっています。もはや、家訓めいてきています。

結婚当初、あまりにヨレヨレガタガタのおさがりテーブルを見てのりこが「テーブルくらい気に入ったものを買おう。長く使えるものを、気に入ったものを、買おう」と口にしていました。それを、「いや。ちょっと待ってくれ。作るから。やっぱ買うとなると、高いよ。我慢だ、我慢。」と説き伏せ、待ってもらったというわけです。テーブルに満足してくれた我が嫁を見て、感慨深いものがありました。費用対効果万歳!


というわけで、結婚後1年で、農家暮らしなどしたことなかった人が、かくもそれらしくなってくるものなのか、ありがたいなあ~。と、野菜に入れるお便りをかく我が嫁を見てしみじみ感謝する椛島でありました。

IMG_1920otayori.jpg

2013年01月11日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

内観&ひろいもの

1月10日(木)

続いて、ご紹介を少々。

いつぞやご案内した、「内観」についての、新しい本が出版されました。

476313230X[1]

お母さんにしてもらったことは何ですか 大山真弘 著  サンマーク出版

ついついなんでも自分の視点でしか物事を見ないのが人の常というものなんでしょう。と、自分を省みて痛感します。ありのままに、正しく見ることができたら楽だろうなあ、と思うのです。「内観」は、そのための手法の一つとして、とてもすぐれたものなのだと感じます。

例えば、の話。そりゃあ、確かに嫁にイラっとしたり、ムッとしたり、「なんでこんなにズボラなんだ。片付けが出来ないんだ」と思うこともあります。ですが、重たいお腹を抱えて野菜の箱詰めをしてくれ、事務作業もやってくれて、美味しいご飯も3食作ってくれます。一年で1000食以上作ってくれている、という事実は動かないのです。

さらに。よくよく考えてみると、相手も自分に対して「どうしていつもプリプリおならをするのだ、なんで人には片付け片付けとうるさいクセに自分はミカンの皮をあちこちに散らかしまくってるんだろう」てな感じでイライラさせているんじゃないか。ああ、こりゃすまんかった。と、思うというわけです。

とまあ、日常生活における内観的思考はこんな感じです。いや、例えば、の話ですけど(笑)

実際の内観は、1週間かけて、じっくり、自分の人生を、振り返る作業です。人生に一回くらいは、やっておいて損はないです。スッキリします。

大山氏は、内観研修所の所長をされている方です。ご自身の体験や、内観体験者の方のエピソードをもとに、実に分かりやすく、そして読みやすく、内観の紹介がなされています。読み物としても、ホロリ、とくる内容です。ぜひぜひ。アマゾンでどうぞ。


もひとつ。

img_790256_32122049_0[1]

南阿蘇の、馬場美樹さんの作品展「ひろいもの」 のご案内です。



南阿蘇の日常。どこかの出先。
散歩をしながら空を仰ぎ見て、木漏れ日に立ちどまり
足元の宝物をひろう。
些細なものたちの色、かたち、手触りに触発され
それから切ったり貼ったり描いたり。

今回、阿蘇のながーい冬を作品と共にこの美術館で過ごす機会をいただきました。
春を待ち望み作った作品達が、誰かのお気に入りになれば幸いです。
馬場 美樹 (南阿蘇村在住)



≪期 間≫ 2013年1月8日(火)~3月24日(日)
≪時 間≫ 10:00~17:00(入館は16:30まで)
≪休館日≫ 月曜日(祝日の場合、翌火曜日)※2/25(月)~2/27(水)臨時休館。
≪入館料≫ 500円 (小・中学生は無料)
≪場 所≫ 阿蘇白水郷美術館  阿蘇郡南阿蘇村一関1247-1   0967-62-8200

素敵な空間でした。作品と、馬場さんのお写真を撮らせてもらおうと思ったら、カメラにSDカードが入ってなかった。しくしく。お時間ある方はぜひぜひ~。

2013年01月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

謹賀新年

1月4日(金)

新年明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。皆様にとって、素敵な一年となりますように。


早いもので、就農7年目を迎えました。年明け、今日から出荷を開始しました。何気ない日常のありがたみを、しみじみと感じます。

今年の目標は、夫婦としては子育ての大変さを楽しむこと。農家としては、記録管理を徹底して作業のムダをなくすこと。個人的な目標としては、整理整頓と、腹八分(笑)。という感じでいきたいと思います。



お正月の光景。


近くのお宮さんのかやの木についていました。かわいい。

IMG_1783kayanokini.jpg

毎日寒いです。

IMG_1785simobasira.jpg

のりこの実家(玉名)にて、カササギ。久しぶりに見ました。

IMG_1787kiasasagi.jpg

九州に戻ってきたとき、実家の福岡で「お、こんな綺麗な鳥があちらこちらにいるぞ」と驚いた記憶があります。高校をでるまで住み続けていて、よく見ていたはずなのに、名前すら知りませんでした。興味のあるなしで、世界はまったく違って見えるのかもしれませんね。なんでも毛嫌いせずに興味を持てるようなおっさんでありたいなあ。



畑の横のクヌギ林。落ち葉や笹を刈って、積みます。一年後には見事な腐葉土となります。

IMG_1802kunugikodumi.jpg



なぜ…。

IMG_1793getareo.jpg

猫はこんな狭くて土っぽいところでくつろぐのだろう。聞いても答えてくれない。それが、猫というものですねえ。


ん、最近猫ブログと化してる?はい、否めません…。

ま、いっか。

2013年01月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |