野焼き

3月31日(日)

曇りのち晴れの一日。今日で3月も終わり。早いものです。

ここのところ、いろいろと不慣れな段取りや決断をしなくてはならないことが続き、頭と気持ちにちょっとモヤモヤがたまってます。そういう時って、ありますよね。淡々と何も考えないで草刈をしたり、間引きをしたり…。ああ、そういう時間が恋しい…。

今日は、夜峰山の野焼きでした。

IMG_3122yomine.jpg

去年、事故で野焼き中にボランティアの方がなくなった影響で、夜峰山では野焼き中止となりました。なので、2年分伸びた草や笹が、よく燃えました。見事な炎でした。

IMG_3173yaketaato.jpg

真っ黒になりました。ひと月もすれば、新緑眩しい草原に戻ります。昭和の時代までは茅場や牧場として利用されていたこうした阿蘇の草原のうち、傾斜が急な夜峰山の斜面のような所は使う人もいなくなってきています。野焼きをする必要があるのかどうか、議論がこれから必要なように感じます。

ただ言えることは、ほんの数十年前まで、山を切り開いて田畑にし、はたまた畜産や堆肥のために野焼きをしてまで草原を維持する必要があったということ。その位、人口圧力が高かったということ。今、その時代が、少なくともいったんは、終わりかけようとしていること。それがいいことか悪いことかは僕にはわかりませんが、その事実や先人の残したものを忘れずに、現実的かつ美的な判断をしていければいいですね。


その他、最近の写真をあげてみます。

山の斜面で見かけました。

ヒトリシズカ。

IMG_3085hitrisizuka.jpg

キスミレ。

IMG_3162kisumire.jpg

ミズキの若葉。毎年この時期、「ああ、自分はミズキの若葉が好きだなあ」と思います。

IMG_3137mizuki.jpg

ヒヨコも大きくなってきました。

IMG_3050iiiii.jpg

IMG_3066hiyo.jpg

クヌギの木に椎茸の菌を打ち込みました。いやはや、クヌギは重いっす。椛島農園の椎茸菌打ち部長として、ケンタ君が大活躍してくれました。今年打ったものは、来年の秋からポコポコ収穫予定です。楽しみです。

IMG_3038siitake.jpg


最後に。

IMG_3022lllll.jpg

なぜ猫たちはこういうところの水が好きなのだろうか…。餌の横に毎日綺麗な水を要しているのが、むなしくなるなあ…(笑)

スポンサーサイト

2013年03月31日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

近況報告的更新

3月23日(土)

曇天の一日。ちょっと肌寒かったです。

端境期に入り、少し時間に余裕が出来ています。普段、かなりの時間を収穫箱詰め作業に費やしているのだなあ、と改めて感じる季節です。

というわけで、育苗や種まき植え付け土づくりの合間に、

IMG_2953hisasisyuuri.jpg

ボロボロになっている納屋の屋根の応急処置工事に取り掛かりました。ちょうどいい具合に杉の木があるので、丈をかまして、足場を作っています。ご近所さんからは「お、お金かからんでいいね。やっぱ自分でなんでもするがよか」とか「危ない、危ない」とか、反応は様々です。気分は昔異国の旅先で目にした工事現場。実際はただの素人。果たしてうまくいくのか!?ん、はい。しっかり安全重視で行きます~!

畑の様子。

今の時期は、保温のためのビニールや不織布で春野菜を守っています。ちょっと殺風景。

IMG_2954tonnerutopao.jpg

ビニールトンネルの中の大根。

IMG_2977paononaka.jpg

にんにくや玉ねぎが今年はかなり調子がいいです。6月の収穫が楽しみです。

IMG_2982nintama.jpg

育苗ハウスの中。レタスやキャベツ、カリフラワー、南瓜、ズッキーニなどの苗が並んでいます。

IMG_2969naeiroiro.jpg

温床の上では、ナスやピーマンやトマトが芽を出しています。

IMG_2966onsyou.jpg

畑の脇のトウダイグサ。好きな草です。

IMG_2974toudaigusa.jpg

我が家の恒例行事、近所の公園での花見に行ってきました。

IMG_3004hanami.jpg

ひと月前の宮参り以来、春人にとっては車での遠出となりました。赤ちゃんって、ほんとに車の揺れが好きなんですね。かなりのご機嫌でした。最近は「うー」とか「あー」とか言えるようになってきました。いやはや、時は流れていきます。


以上、とりとめもおちもない、近況報告でございました~。

2013年03月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

回復しました

3月14日(金)

曇り→快晴、の一日。空気はひんやりでした。三寒四温です。

ギックリ腰からも無事に回復いたしました。まだ重いものを持たないようには気をつけています。慢性的な腰の張りはあるので気は抜けないのですが、とりあえず違和感はなくなりました。今後はしっかり体のメンテナンスをして、腰痛そのものをとっていきたいものです。

風邪もよくなりました。今日は久しぶりによく体が動いて、気持ちよかったです。復調の決めては、「ネギ」ではないかと思っています。自家用のネギがたくさんあるので、もりもり食べました。昼、夜で800gぐらいは一人でたべました。理屈抜きに、「うおー、ネギ炒めが食べたい。にんにく醤油で炒めたものを食べたい。」と衝動を感じ、食する幸せは言葉ではうまく表現できません。ああ、ねぎさん、感謝。

出荷も、ほぼ終了しました。ほんとに、今年度もお世話になりました。また、5月の連休頃から本格的に出荷再開です。お休みの間は、ご迷惑をおかけいたします!

春野菜、夏野菜の種まき、苗作り、植え付けも進んでおります。じゃがいも、人参、大根、小松菜、春菊、レタス、リーフレタス、ブロッコリ、カリフラワー、セロリ、ズッキーニ、南瓜、などなど。そろそろ、ナスやピーマン、トマトなども播種予定です。季節はすすんでいきますねえ。


ひよこも、新しくやってきました。

IMG_2827hiyoko.jpg

IMG_2854hiyopin.jpg

ひよこの世話を今回担当してくれているのは、

IMG_2762kentkun.jpg

ケンタ君です。椛島農園の、初の研修生さんです。今月から、毎日かよって仕事を覚えてくれています。新規就農を目指して、一生懸命働いてくれる姿勢に、こちらも刺激を受けてます。教えることで、学び直している感じです。

ヒヨコを受け取りに行き、鶏舎に入れて世話をするのも、ジャガイモの植え付けも、ギックリ腰中の椛島が寝床から説明して、全部ケンタ君にやってもらいました。写真をとってもらい、「こんな感じですかねえ」「うん。あともうちょっとこんな感じで」と、イラストを書き書き。ああ、よくぞ乗り切りました。なんとかなったのが不思議(笑)今思えば、面白かったです。


春人も、順調です。今のところ、4.2キロ。ちょっと小さめですが、ここのところの体重増加はなかなかに立派です。村の保健婦さんも太鼓判でした。髪の毛もふさふさで、あっという間に父を超えてしまいました。とほほ。

IMG_2886oyako.jpg

そして、この二人も、

IMG_2894nihikide.jpg

いつの間にかグングン仲良しになってきているご様子。春人にばかりが気になる飼い主をあてにしないでおこうという徒党を組んだみたいです。喧嘩しているような、じゃれあっているような、そんな光景をよく目にするなあ、と思っていたら、とうとうこんなに近くで丸くなっていました。うむ、感慨深い・・・。


そんなこんなで、近況報告でした。皆様、よき春をお過ごしくださいませ~。

2013年03月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

いやはや

3月8日(金)

いやはや、一山越えました。

先週末、風邪を引いてしまいました。記憶にある限りでは、5年ぶり位の発熱。出荷もお休みとし、おとなしくしていました。

が、油断や慢心があったのでしょう。「このくらいならいいだろう」と、無理して体を動かしていたら今度は見事にギックリ腰をやってしまいました。

人生初の体験。丸3日間、寝返りもうてずにいました。月曜の昼から本格的に痛み出し、一時は救急車を呼びたくなるほどの激痛でした。腰に響く咳のわびしいこと、痛いこと…。春人の世話と家事、旦那の世話とで日増しに疲労が顔に浮かんで来て、風邪気味となるのりこ。おっぱいはグイグイ飲んでるので大丈夫なのでしょうが、やっぱりご機嫌斜め気味の春人。ああ、試練…。

そして今朝、金曜の朝には四つん這いでトイレにいけるようになるまで回復しました。ここまでくればあと少し。ほっと一息ついてます。この間、多くの方にお世話になりました。ご心配も、本当にありがとうございます。春人を抱っこやお風呂入れ、ごはんを用意、鶏の世話や、既に切っていた種じゃがいもの植え付けなど、地域の力や友人達に助けられました。ただただ感謝であります。泣けてきました。ありがとうございました。この恩はかならず返しますぞ~。

また、出荷の急なお休みや、スケジュール調整ではご迷惑をおかけしました。今後の回復具合を見て、また来週の予定などご連絡いたしますね。皆様の、「うちは大丈夫ですから、お大事に」というお言葉に救われる思いでした。

今週末は、福岡から椛島両親がヘルプに来てくれる予定です。ここで、のりこもしっかり休むことができれば、あともう少しでもとの生活に戻れるでしょう。ああ、ほんとに、何気ない日常って、ありがたいことですねえ。体を自由に動かせる、という「当たり前」のことを「当たり前」と思わずに感謝していかんばいけんですねえ。

何事も、痛い思いをしないと学ばないものですね。文字通り、本当に痛かった(笑)もう少し、体のケアとか休みの作り方とか、根本的なところを考えて行動していこうと思います。今一番大事なことはなんなのか、しっかり優先順位をつけて、諦めるところは諦めて、後回しにするべきところはして、暮らしていきたいものですね。



以上、更新に間が空いてしまったので、取り急ぎのご報告まで。


追記。

ただただ痛い時には、人間余計なことは考えたりしないものですね。植え付けが遅れるとか、誰々に迷惑をかけるとか、いつもだったら気になることに対して完全に開き直っている自分がいて、ある意味気持ちよかったです。そして、お産のあとにのりこの下の世話もして「ああ、夫婦だなあ」と感じたわけですが、はやくもひと月半後にまったく逆の立場となり、しみじみあたたかなものを感じました。そして、下の世話に使う道具を台所から探し出し「あれがいいんじゃない」「これでどうだろう」という共同作業。痛いけど、面白かったです。ん、?、詳細はご想像にお任せします(笑)。「きつい時こそ、無理やり笑顔。ワンポイント何か笑いを」今回の実践を、我が家の今後の家訓とします~。

2013年03月08日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |