淡々と

6月26日(水)

土砂降りの一日。梅雨らしい天気が続いています。

今日は、出荷作業、のち、久しぶりに午後はゆったりでした。たとえ雨でもやることは無限にある農家暮らしではあるので、なかなかのんびりとはいきません。今の季節なら、雨こそが、田んぼの除草日和なわけです。

が、出かけたり、リフレッシュしたり、美しいものを見たり、よその農場を見たり、本を読んだり、子供と遊んだりするのも、あすへの活力であります。作物や土と向かい合う縦糸と、地域づきあいや見聞を広めるという横糸の両方があっての、農家の暮らし、家族の暮らし、というわけです。

最近、縦糸が面白くて、横糸が不足気味です。ブログネタも不足気味であります。ネタ切れゆえにあんまり息子のことばかり書くのもなんだか照れくさいですしねえ。いやはや、何事もバランスですねえ。


というわけで今日もまた縦糸的近況報告であります。

牧草の種を買ってきて、

P6176244sorugo.jpg

空いている畑に蒔きました。2ヶ月ぐらいでトラクターですきこんで、緑肥とします。新しい試み。成果が楽しみです。
P6176238sorugomaki.jpg

種まきを終えて一息。研修生ケンタ君。来年の就農に向けて、農作業と並行して、土地探しも少しずつ始めました。7年前の自分を思いだし、ドキドキ感を一緒に楽しんでます。

P6176240bokusoumaki.jpg


カボチャがわんさか茂ってます。

P6186261kabotya.jpg

もう少し。梅雨に負けるな。がんばっ。

P6246386kabo.jpg

今年は、自家用の大豆もたくさん蒔きました。去年は10キロほどの収穫。全部味噌に回してしまって、普段食べる分を取っておくのを忘れてしまいました。今年の目標は20キロ~30キロ。無事、発芽しました。

P6246393daizu.jpg


高菜や、小松菜、ターツァイの種をとりました。

P6186262tanetoriyo.jpg

足で踏んだり、棒で叩いたりして種を出します。

P6186276tanetorityuudesu.jpg

田んぼにまいて、緑肥にします。これまたうまくいくかどうか、楽しみです。なんだか、種取りって、百姓っぽくて、いいですね~。

P6186281tanedesu.jpg

両親が、農作業手伝い&春人に会いに3日間来てくれました。どうしても息子優先になってしまい、なでたり抱っこしたりする手が足りずに最近は少しすね気味だったレオ君。父が、滞在中の3日間しっかりレオ君のフォローもしてくれて、ご機嫌が戻りました。すまなかったなあ、ごめんよ、レオ君!

P6246372reosan.jpg

ちなみにしょうちゃんはかわりなくご機嫌です。春人ともけっこう仲良しにしていて、僕のお腹に二人で寝そべったりしています。猫好きとしては、至福の光景(笑)。

日々は、淡々と、流れていきます。ありがたい、ことだなあ。



おっと、追伸。

今週は、

卵、ジャガイモ、玉ねぎ、人参、キャベツ、大根、インゲン、ピーマン、にんにく、キューリ、ズッキーニ、を中心に箱詰めしています。ナス、トマト、ミニトマト、長ネギ、などもぼちぼち入れています。

スポンサーサイト

2013年06月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

お米2013 ⑥

6月26日(水)

お米レポートです。

最初にご案内です。2012年米、お陰様で完売いたしました。ご好評頂き、ありがとうございました。現在3反ほどの面積で田んぼを作っていますが、来年からはさらに1反、そのまた翌年にはもう1反、と増やしていく予定です。

「毎月何キロ定期的に欲しい」という皆様からのリクエストにきちんとお応えできるように、段取りしていこうと思っています。近年中には、玄米の保冷庫も手に入れて、きちんと通年出荷できるようにしますね。



田植えから3週間以上たち、すっかり稲も大きくなってきました。

梅雨らしい天気が続いて畑の作業が出来ないので、ここぞとばかりに田んぼの除草に勤しんでいます。


ヤフオクでゲットした、この手押し除草機や、

P6226304taguruma.jpg

エンジン式除草機で、

P6226294tyuukouki.jpg

条間(写真では、縦方向の稲と稲のスペース)の草をかき回して埋め込んだり、浮かせてしまいます。

P6226295jyosoukikakudai.jpg

けっこう楽チンです。エンジンの調子もシーズン初めは上がらずに困ってしまっていましたが、2回目の除草では絶好調でした。

が、株間(写真での、横方向のスペース)の草は、これらの機械ではきちんと対処しきれません。あいやー。

というわけで、

デッキブラシでゴシゴシしたり、

P6226299-ta-dekkihonto.jpg

中腰になって手でゴシゴシしたりしています。

P6226306ddddd.jpg

どんな姿勢が楽ちんなのか、いろいろ研究しながらやるのも悪くはないものです。腰に負担をかけないように、腿の筋肉をしっかり使うように意識すると、意外と疲れません。ハムストリングが重要なようです。ブチブチと草の根っこが切れて浮かんでくる感触を指で味わうのも、気持ちがよくなってきます。

あとは、大事なことは自分への言い聞かせでしょうか。これは、仕事ではなく、筋トレだ、マラソン用みたいなものだ、プールに通ってるみたいなもんだ、趣味と実益を兼ねて、最高だ!…と、自分に言い聞かせるわけです。

歌でも歌いながらやりたいものなのですが、自分にはそういう傾向はないようで、どちらかというと黙々瞑想系の時間となってしまいます。ネガティブな気分の時には、ただただ手だけ動かしながら、自分の頭に浮かんでくるイメージを言語化していきます。自分が何を気にしているか、不安に思っているか、楽しみにしているか、などを客観視して、最終的に「これでいいのだ」と思えると素敵です。

あー、我ながら、田んぼの除草作業紹介で、なんでこんなに内省的な文章になるのか、笑えてきますなあ。


で、いろいろ体勢を変えていかないときついので、結局最後には

P6226314yotunbai.jpg

四つん這いになってみたり…。道沿いの田んぼなので、地域の方々の「ほぇー、そこまでするかあ、すごいなあ」という好奇と感嘆と憐憫(?)の視線と闘いながらも、コツコツやっております。


最後に。

これだけ、自分の写真を連発で載せると、とても恥ずかしいものがありますね。おっさん写真連発ブログとなってしまい、すみませぬ~。

2013年06月26日 お米 トラックバック:1 コメント:1

ずりばい

6月15日(土)

久しぶりの雨となった一日でした。

今年は、今のところひどい空梅雨です。沖縄ではすでに梅雨明けしたようです。いやはや、去年がすごい雨量の梅雨だったので、その反動でしょうか。

田んぼで使う地下水の組み上げも調子がイマイチ。水位がだいぶ下がっている様子。ポンプを据えた位置を一段(2mほど)下げればもっとスイスイ吸い上げるのでしょうが、けっこう大仕事になるので、悩んでます。こういう場合、下げたとたんに大雨が降ってまた上げて、というパターンになることが多いものです。なんとかの法則というやつですね。

でもまあ、何かが調子悪ければ、何かの調子がよいのが少量多品目栽培のありがたいところです。毎年今頃、梅雨の大雨で調子を崩し出す南瓜や遅植えのキャベツもプリプリしています。ジャガイモも順調に大きくなっています。そろそろ、入れ始めますね。

セロリも、食べごろとなりました。セロリがあまり得意でない方にも喜んでもらえる、とてもマイルドな風味だとおもいます。

P6126158ffffffffffffff.jpg

来週は、

卵、人参、ジャガイモ、玉ねぎ、セロリ、大根、カブ、キャベツ、白菜、ニラ、小松菜、ズッキーニ、といった感じです。


山のみどりが、一日一日濃くなっています。日本の山って、美しいなあ。

P6126171fffff.jpg

さて、春人もまた、一日一日成長しております。

P6156202ffff.jpg

昨日は、初めてずりばいをしました。腹ばいのまま、ずりっ。ジタバタと手足を動かし、ずりっ。我が家の汚れた畳もなんのその。赤子の成長は、思った以上に早いですねえ。

ちなみに、記念すべき一歩を、僕ものりこも見逃してしまい、ケンタくんの「あれ、今前にすすみましたよ」の声で気がつきました。とほほ。


振り向けば 我が子のずりばい 済みにけり (夫婦共作)


2013年06月15日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

家訓

6月9日(日)

雨の一日。梅雨入りしてからだいぶ日数が経ちましたが、ようやく本格的な梅雨空続きとなりそうです。

今日は、田んぼの除草。田植えから一週間目での、一回目の除草です。とにかく、早め早めの除草にこしたことはありません。手押しの除草機と、エンジン式の除草機の両方を使い、頑張りました。

畑のほうは、あちこちやっておきたかった草取りやらトラクターがけが終わらないまま本格的な梅雨に入ってしまい、若干トホホ気分です。まあ、100点を目指すと苦しくなるので、大体の作業はおっついているので、よしとしようっと。

玉ねぎの収穫も無事終わりました。トウ立ちの数こそすごかったですが、それ以外のものは、かつてないほどに大きな球に仕上がったものが多かったです。形もまあまあよいので、日持ちもしそうです。味も、問題なく美味しかったです。

喜びのあまり、寝そべってしまいました。

P60561141111.jpg

納屋に吊るして保存します。春人も最近はよく一緒にお仕事してます。

P6056120fff.jpg

なかなかの豊作となりました。

P6086125eee.jpg

左手奥にみえるコンテナには、トウ立ちくんが入っています。ご注文、ありがとうございます。ご覧の通り、まだ在庫に余裕があるので、お声かけお待ちしてま~す。ほんとに、今年は、いい勉強となりました。教訓、

玉ねぎは、なるべく遅く蒔くべし!!苗が太り過ぎないように、気をつけるべし!!

家訓として、便所に貼っておくことにします。まっ、玉ねぎ作りもあと40回位はあることでしょう。焦らず、やっていくことにいたします。

2013年06月09日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

トウ立ち玉ねぎのご案内

6月3日(月)

トウ立ち玉ねぎ特売のご案内です。

そろそろ、玉ねぎの収穫の時期です。今年は、就農以来初めて、というくらいの玉ねぎの大失敗をしました。


12000本位植え付けたのですが、5000本位は、トウ立ちしてしまいました。トウ立ちとは、花芽が伸びてきてしまった状態をいいます。つまり、

P5315960kkkk.jpg

こういう状態です。

割ってみると、中に芯があります。

IMG_0352fff.jpg

芯はかたいので、調理の際に(あるいは食べる際に)取り除く必要がありますが、味は普通のものとかわりないです。

IMG_0336kkkk.jpg

ただ蒸しただけでも、美味しいです。シンプル料理の極み!でもこれが一番味がよくわかります。食べてみてびっくり。

ただ、日持ちがしません。普通の玉ねぎだと、今の時期に収穫して納屋に吊るしておきます。そうすることで、2月くらいまでずっと出荷可能となるわけです。

トウ立ち君の場合、一ヶ月位が食べ切りの目安です。冷蔵庫に入れておけば、もうちょっとは大丈夫です。


例年は、通常の出荷や、自家用で食べきれる量のトウ立ち状況だったのですが、今年はひどいです。原因は、苗が大きく育ちすぎたことと、追肥ができなかったことにあります。

農場全体の土が肥えてきたので、苗の生育もすくすくとよくなり、少し遅めに種を蒔かないと大きくなりすぎてしまうようです。大きい苗は、敏感に寒さを感じ、花を咲かせてさっさと子孫を残そうとしてしまうのでしょうね。あと、お産のドタバタで追肥や草取りなどのケアが十分できなかったことが重なり、こういう結果になったのでしょう。(得意の言い訳、スミマセンっ~)

そこで、以上の状況により、トウ立ち玉ねぎの販売をいたします。

通常玉ねぎは1キロ250円なのですが、

10キロ以上のご注文で、1キロ180円で、  20キロ以上のご注文で1キロ160円で、承ります。

25キロまでは、ひと箱で発送OKです。送料は、関東で1060円、関西で750円、九州で650円です。保存の為に、オニオンペーストにして冷凍しておく、という手もあります。お店からのご注文、ご近所のお友達とのまとめてのご注文、お待ちしております。

お問い合わせメールも、tkabashima@hotmail.com までお気軽にくださいませ~。

2013年06月03日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

お米2013 ⑤

6月3日(月)

お米レポートです。

昨日、田植えを終わらせました。ほっとひと安心です。


田植え前の田んぼの準備の様子。

田んぼに水を入れ、代掻きをしています。土と水をよくかき混ぜることで、泥をつくります。泥によて、水持ちがよくなったり、草の種を埋め込んだりできます。そしてなにより、田んぼの表面を水平に均していきます。デコボコだと、水管理がしにくくなり、草も生えやすくなります。大事な大事な作業です。

P5295922kkkk.jpg

いい感じに仕上がりました。

P5315951llll.jpg

畦塗りもしました。モグラの穴から水が漏れたりしないように、ペタペタ塗っていきます。重労働ですが、なれてしまえば、気持ちのよい作業です。

P5316004gggg.jpg

P5316005ffffff.jpg

小雨の中、植えました。

P6026051kkkkkkk.jpg

年に一度の作業を、不慣れな、借りてきた田植え機に乗ってやっているので、顔がだいぶ緊張しておりますね(笑)

P6026059llllllllll.jpg

機械をかして下さったNさん、感謝です。この恩は、労働でお返しいたします!!。



発芽不揃いで、どうなることかとヒヤヒヤした苗も、まあなんとかみられる程度には育ってくれました。全体的に、少しヒョロッとした仕上がりとなりました。もう少し薄く撒いたほうがよいみたい。あとは、苗代の水位が高すぎたのと、不織布を剥ぐのが遅すぎたようです。

P6026011ffffffffffff.jpg

機械でうまく植えられなかったところを、手で植えます。

P6026078dddd.jpg

せっかく機械があるのだから、この「目植え」に時間をかけなくていいように田植え機を使いこなすがの、プロのワザであります。が、まだ椛島農園ではそのワザがないようです。とほほ。でも、田んぼの泥の感触や、カエルが泳いで広がる水波を愛でるには、目植えもまたよい時間であります。何事も、バランスですねえ。ほんとに。



まあ、何はともあれ、ひと安心。あとは、水管理に気をつけながら、草取りに邁進です。がんばるで~。

P6036102lll.jpg

2013年06月03日 お米 トラックバック:1 コメント:0

久しぶりに

6月3日(月)

午前は曇天、午後は晴れの一日。

ネギ苗の草取り、ナスやピーマンの芽かき、里芋の土寄せ、出荷準備、などなど。

例年よりだいぶ早い梅雨入りとなりましたが、しばらく天気はよさそうなのでひと安心。雨が続くと玉ねぎの収穫ができないので、よかったよかった。そして、去年がひどい梅雨だっただけに、今年はほどよい雨を期待してやまないのであります。


今週の中身も、先週と大体同じです。ズッキーニが、ぼちぼち採れてきました。もうちょっとしたら、ジャガイモやトマトも入って、夏の雰囲気になってきます。しばらくお待ちくださいね。


カボチャが、元気です。

P5315943kabotya.jpg

サツマ芋も、無事に植え終わりました。今年は、700本全部自分で苗を育てて植え付けました。ちょっとした成長が嬉しいものです。来年の苗取り用の種芋分だけ、新しい苗を30本位買ってきて植えつける予定です。

P5315936satuma.jpg



久しぶりに、鶏をしめました。


P5275893niku.jpg

P5275902hhhhhhh.jpg

ご近所さんから「うちのもお願いしていいかな」と声がかかり、友人家族からも「教えて~」ということでやってきて。椛島農園としては珍しく、ワークショップ催しとなとなりました。

こうやって、たまにでも自分で鶏肉の自給という行為を行うのも大事なことのように思えます。牛や豚と比べると、大した手間はかからない鶏ではありますが、やっぱりそれでも首にナイフをシュッと刺すのは気持ちのよいものではありません。「あんまりムシャムシャ肉を食べんでもいいじゃんか。穀物を食べろ、野菜を食べろ」という声が聞こえてくるようです。現代の食生活においては眠ってしまっているような、温帯モンスーン気候帯に生きる民族のDNAが覚醒されるのでしょうか。

もう少しして3月生まれの雛たちが産み始めたら、今産んでいる鶏たちは、お肉として販売いたしますね。その場合は、業者さんに委託して、真空パック詰めしたものをお届けします。硬めの肉ではありますが、味は絶品です。また、ご案内いたします~。

2013年06月03日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |