年の瀬のアニッチャ

12月29日(土)

雪のぱらつく寒い一日。今日は、「美味しい朝市」、年末的挨拶まわり、消防団の夜警(という名目の飲み会)、といった一日。

今朝の「美味しい朝市」にお越しくださった皆様、ありがとうございました。

昨日の発送をもって、年内の出荷を終わりといたしました。今年も、ありがとうございました。また、年明けもすぐに通常どうりの発送リズムに戻りますので、来年もよろしくお願いいたします。

年明けすぐのセットの中身は、

卵、じゃがいも、玉葱、人参、さつま芋、里芋、九条ねぎ、大根、カブ、法蓮草、小松菜、水菜、ごぼう、白菜orキャベツ、といった感じです。

お米のご注文も承っております。お気軽にお声かけくださいね。



人参の種の自家採種をするべく、形や艶のよい人参を選んで植え変えました。

ninjinPC238720.jpg

隣町の、長年自家採種をしている有機農家さんから分けていただいた黒田五寸人参です。高冷地で種を採り続けているうちに、だんだんと人参が深く土に潜るようになったみたい、とおっしゃっていました。たしかに、まいてみたら、土への潜り方が普通よりは深いように感じました。そして、とても、美味しいです。今年は、この自家採種人参はちょっとしか蒔きませんでしたが、来年は、うまく種をとって、もっとたくさん蒔きたいと思っています。





さて、今年も残すとこあとわずかとなりました。

今年は、長男誕生、人生初のギックリ腰、初の研修生さんの受け入れ、畑の面積倍増、天候不順による秋冬野菜不調と、てんこ盛りの一年でした。毎日毎日があっという間でした。「暇だなあ。時間が経つのが長いなあ」という日は一日もありませんでした。とにかく慌ただしい毎日で時々へこたれそうになりますが、やっぱり幸せなことだと思います。



さて。

どこの家庭にも、家訓のような、口癖のような、言葉があるかと思います。我が家でのそれは、「アニッチャ」です。何かいいことがあると、「アニッチャだからな」。落ち込むことがあっても、「アニッチャだよ」。

アニッチャ、とは、サンスクリットで「無常」のことをいいます。2年ほど前に夫婦で行ったヴィパッサナー瞑想で学んだ言葉です。実際の我が家の暮らしの中では、瞑想の「め」の字の雰囲気すらない生活ではありますが、あの時の10日間の瞑想体験は夫婦のよい共通体験となりました。アニッチャ、アニッチャ。いいことも、わるいことも、長くは続かない、ということを心身に刷り込まれたような体験でした。

「どうせ俺はこんなダメダメ男だよ」ではなく、「俺は今はこんなダメダメ男だ。でも将来はわからない。だからふてくされずに今日やるべきことをしっかりやる」

「きっとこの先ずっとうまくいくはず」ではなく「今がたまたまうまくいっているだけにすぎない。だから謙虚に今日やるべきことをしっかりやる」

という気持ちで日々をすごせると、なんとなく自分も周りもご機嫌な毎日になるのではなかろうかと思います。ドタバタとした時間の中でついつい焦ってしまう自分の気持ちを落ち着ける魔法の言葉、「アニッチャ」なのであります。

そういうわけで、椛島農園、椛島家にとっては、今年は客観的に見てよい年でしたが、アニッチャ、です。たまたま、今年はそういう年だった、というだけのことであります。大事なのは、何があっても、しっかり生きていく、という想像力なのであります。最悪の事態を想定してみると、逆にすっと心が落ち着く時があります。腹の底から力が湧いてくる気がします。よし、来年が、どんなに大変なことがあっても、やってやるぞ!そんな気持ちで、新年を迎えたいものです。

よし、アニッチャだ!


今年もお世話になりました。寒さ本番、皆様どうぞご自愛くださいませ。そして、よいお年をお迎えくださいね。

youtoharuPC288729.jpg


スポンサーサイト

2013年12月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ポンプ小屋&ナガエ君

12月22日(日)

久しぶりに晴れた一日。気温も、1週間ぶりに7度まで上がり、日差しが穏やかでした。

年の瀬的な慌ただしさの毎日を過ごしております。年末って、なんでこんなにドタバタ気分になってしまうのでしょうかねえ。あれもこれも「年内にめどを付けるぞっ」と欲張りすぎなのでしょうかねえ。

先週は、収穫、出荷作業の日に雪や雨となり、かじかむ手足に冬の到来を感じました。よく、「冬のあいだは何をしてるんですか」と聞かれることがありますが、ほぼ1年中、収穫出荷作業は続けています。真冬でも、雨でも、雪でも、関係なしなのであります。

というわけで、情けないことに、足がしもやけになってしまいました。昔、正月は雪山に行っていた時期がありました。しもやけなど、どこふく風でした。山に行かなくなり農業を初めて、それなりに寒さに弱くなり・・・。結婚して、嫁にあわせて部屋を温くするようになり寒さにまた弱くなり・・・。子供が生まれて、ますます寒さによわくなり・・・。で、とうとうしもやけという訳です。ん、年のせい?それもありますね。

ちなみに、息子の春人は食が細いです。元気に動き回っているので大丈夫なのでしょうが、けっこうなちびっこさんです。赤ちゃん的なむちっりした雰囲気がありません。しゅっと、細みのシルエットです。なので、脂肪が少ないゆえ、寒さに弱いようです。

先日、虫刺されのようなものが足に出来ていて、「これはなんだろう」と、夫婦で心配しました。痛そうでも痒そうでもなく。コイン大の赤黒い斑点がポコッと足の甲と裏に2箇所。あんまり治らないものだから、病院に連れて行くと、「ああ、これはしもやけですよ。うーん、ひどいね。こんなのあまり見たことない」と。ひょえ~!!!虫刺されのような(しもやけとわかりにくい)しもやけをこさえさせてしまった両親を許してくれ~。

もちろん、のりこも例年のようにしもやけをこさえました。家族みんなで、しもやけ満喫中であります。


今週(12/22~28)のセットは、

卵、じゃがいも、玉葱、人参、里芋、さつま芋、九条ねぎ、大根、ごぼう、カブ、白菜orキャベツ、小松菜、水菜、法蓮草、を中心に、春菊、ルッコラ、かぼちゃ、ブロッコリ、カリフラワ、といった感じです。これから先、大体毎回同じような中身になります。今後の課題としては、真冬~春先出荷の葉物ようのハウスを用意して、いろいろ冬のあいだもバリエーションをつける、ということがありますね。


畑の様子。

uehatakeIMG_0823.jpg


冬越しのほうれそう。2月下旬から3月上旬出荷予定のもの。

rensouIMG_0819.jpg

これもまた冬越しのスナックエンドウ。いい色してますね。

sunakkuIMG_0816.jpg

これまた冬越しの水前寺菜。霜が降りる前に芽を摘んで、ハウスでポットにさしておきました。このまま、冬をこします。いやー、すごい生命力です。

suizenjiIMG_0810.jpg


こちらも冬越し中のレオさん。西日があたる洗濯機の上が、午後のお気に入りの場所です。

reoakubiIMG_0826.jpg

いつぞやに紹介した、とんでもなくしぶとい外来の雑草「ナガエツルノゲイトウ」の根っこをほりあげる作業を始めました。来年から復活させる田んぼの畦にびっちり。ほんの数年管理ができないだけで、農地というのは荒れていくものです。

nagaetoriIMG_0794.jpg

気長に、掘っていくしかないようです。禅のような感覚で、どなたか「私やりたいです。無心でナガエ君を掘り、無我の境地に行きたいっす」という方、お手伝いお待ちしております(笑)。

すごいでしょ!!

nagaeneIMG_0799.jpg


その、再生予定の田んぼのポンプ小屋の建て直しも、ボチボチ進んでいます。真冬になってしまう前に、コンクリートだけはうってしまおうとここ数日焦って準備してました。

ケーシングパイプの脇からダダ漏れ自噴している水に古いマルチのビニールを詰め込んで止めて、

mizuIMG_0712.jpg

即乾材をコンクリートに混ぜて固めて、

anaumeIMG_0722.jpg

そんなこんなでなかなかの大仕事となってしまいました。一つぼの小屋なので、掘っ立てでも何でもよかったのですが、田んぼの水が近くて、腐れやすいかなあ、とか、かといってブロックを積んできっちりとた小屋にするのもおおごとだしなあ、といろいろ思案。

genbaIMG_0791.jpg


で、こんな感じで苦戦しつつも、とりあえずなんとかなりそうです。今年の冬は、この小屋を練習台にして、鶏小屋も新しいものをひとつ立てるつもりです。百姓ですから、いろいろしていかなくちゃ、なのです。

しかしながら、所詮は素人。あまりに時間がかかりすぎて、凹んでばかりであります。まっ、やらないことには上手にならないからね。ガンバだ、俺!


最後に。

今月も「おいしい朝市」あります。

asautuCCI20131211_00004.jpg

皆様のお越しをお待ちしております~。

2013年12月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

やっつけブログ

12月15日(日)

穏やかに晴れた一日でした。気温も高め。仕事が進みました。

この1週間も、いつもどおりにドタバタであっという間でした。ありがたいことです。収穫、出荷をタンタンとこなしつつ、来年の温床のための落ち葉集めや、田んぼのポンプ小屋の工事、鶏のえさ混ぜ、夏野菜の片付けなどをしました。今日は、自家用大豆の収穫・脱穀と、ポンプ小屋工事。のりこはせっせと年賀状準備。

師走的な気ぜわしさがつのる今日この頃であります。気がついたら、珍しく1週間で一枚も写真を撮っていませんでした。なので、今日は写真なしの手短更新であります。


今週(12/15~21)のセットは、

卵、じゃがいも、玉葱、里芋、さつま芋、ネギ、人参、大根、カブ、キャベツor白菜、チンゲン菜、水菜、ターツァイ、ごぼう、ブロッコリorカリフラワー、法蓮草、といった感じです。今月まだお届けしていないご家庭にはかぼちゃも入ります。


ちょっと雑感。

今年は、いつもと比べて早めに年賀状の準備が終わりそうです。よかったよかった。嫁さんヂカラ万歳であります。これだけ、フェイスブックなどが当たり前になった時代だからこそ、年賀状の重みがましてるのじゃないかな、なんて思うのです。どうも僕はフェイスブックは苦手で、見ると目がチカチカして疲れてきます(笑)。

遠い距離感のままネット上の「友達」でいるよりも、年賀状を年に一度見て「元気そうだな。よかったなあ」という間柄のままでいる。それもまた、よいのではないでしょうか。一説によると、人間がちゃんと顔と名前が一致し、それなりの深い関係を築けるのは普通の人だと150人くらいなんだとか。

ちなみにうちは、携帯も夫婦でガラケーを一台。「携帯はなるべく持ちたくないね~。」という一昔前の感覚を大事にしたいからです。家の電話で、家族にかかってきた電話をお互いに取次をするって、もう今はほとんどないことかもしれませんが、なんとなく、大事なことですよね。便利さの中で、なくしてしまうことも多いように思うのです。というのが表向きの理由で、真の理由は、ただの節約(笑)。

ちなみにのりこは「わたしフェイスブックのために、そろそろスマホにしたいわ~」と。む、むむ~ん。夫婦でバランスとれてますね、はい。


はい、そういうわけで、今日はなんだかやっつけ仕事的ブログでありました。やっつけブログですみません。よし、明日も早い。寝ようっと。こんな日もあってよかですよね。よし。ではでは~。

2013年12月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

卒業&リニアモーターカー

12月8日(日)

朝晩の冷え込みがきつい季節になってきました。今朝も、氷点下の朝でした。長期予報によると今年の冬はけっこうな寒さらしいので、体をならしていきたいものですねえ。

やっぱり、先日の旅行のしわ寄せがだいぶ来ている様子がして、夫婦ともに先週は疲労コンパイ気味でした。家を空けるのはいいとして、出発前の玉葱植え付けの追い込みや、帰ってきたあとにずらしてもらった発送作業を一気にこなしたりイベント続きだったりでバテバテ…。

ようやく落ち着いてきたものの、日々の収穫、出荷作業をコツコツタンタンと行いながら、やっぱり師走的な慌ただしさあふれる毎日を送っています。田んぼのポンプ小屋改築の用意をしたり、夏野菜の片付けをしてトラクターをかけたり、またまた地区のイベントに出店したりと、ドタバタしております。百姓暮らしに暇なし!であります。

今週(12/8~12/14)のセットは、

卵、じゃがいも、玉葱、人参、里芋、さつま芋、九条ねぎ、大根、大浦ごぼう、カブ、白菜orキャベツ、かぼちゃ、ターツァイ、水菜、ルッコラ、を中心に、法蓮草、春菊、セロリ、ブロッコリorカリフラワー、などを入れてまいります。あと、お米ですね。


最近気になること。

あまり政治の主義主張は好きではない椛島農園ではありますが、夫婦間で、特定秘密保護法案に関しては、けっこういろいろなことを話しています。法案が通ったからといってすぐに戦争になるとか、そういうことは思いませんが、やっぱりなんだか胡散臭い世の中になってきているなあという印象は受けますね。

安全保障は大事だと感じます。僕ら家族が平和に田舎暮らしが出来ているのも、安全保障の抑止力があってこそというのも、目には見えにくいけども厳然とした事実です。だからといって、ちょっと今回の拙速な法案成立は、納得できんません。せめて、情報開示までの期間を60年ではなく30年にしてほしかっなあ。

経済政策も然り。リニアモーターカーに、オリンピック、TPPに向けた農産物輸出促進、それに原発政策。いろいろ政治的な思惑はあることでしょう。しかしながら、「もうこうなったら行けるところまでイケイケ!あとは知らん!経済成長あるのみ!」というある意味で信仰にも近いような世の中の雰囲気に、ちょっと怖いようなものを感じてしまいます。

時速500キロの乗り物に乗らなくても、幸せは感じられると思うのですが、どうなんですかねえ…。あっ、リニアは民間企業のプロジェクトだから政策とは本来関係ないですね。なんというか、僕の中ではそういう「イケイケ」右肩上がりの価値観の代名詞として、リニアモーターカーという言葉を使っているのかなあ。


はい、以上、ボヤキでした。




さて、写真を少々。

毎朝霜がガチガチに降りています。冬ですねえ。チンゲン菜やカブ、水菜、ターツァイなど。

kabuIMG_0779.jpg



研修生ケンタ君が、卒業を迎えました。お疲れ様でした!出産後の大変時期に来てくれて、うちとしても本当に助かりました。ちゃんと実践的な研修になったかどうかはちょっと自信がないのですが(笑)、独立して食べていくための最低限のことは、短い期間ながらも、なんとか伝えることができたかなあ、とは思います。

送別会の様子。ご近所のみなさま、ありがとう。

soubetuPC018659.jpg

広島で新生活です。秋の視察で、さっそく空家も畑も見つけてこれたのは、本当によかったです。春野菜の種まきから、しっかりと準備をして間に合いそうです。あとは、ガッツあるのみだ!頑張ってね、ケンタ君!!そして、結婚おめでとう~。

kentaPC038679.jpg



出荷作業小屋に、春人スペースを作りました。

syukkagoyaIMG_0729.jpg

ずーっとおんぶされているのも疲れるご様子で、「だしてくれー。自由にあそばせろー。」という主張が増えてきtので、急遽作ったという訳です。

syukkagoya2IMG_0754.jpg

が、ここはここで飽きてしまうようで、泣き出すことも。「すまん、息子よ。手がはせんのだ。これで遊んどいてくれ」と、とりあえず宅急便のシールを…。これが、けっこう効くのです。奥の手ですね、奥の手。ん、シールの無駄遣いせんように!?。はい、ヤマトさん、すみません。気をつけます~。

si-ruIMG_0761.jpg



久しぶりに、探鳥会に行ってきました。

玉名市横島干拓。慣れた人なら、この時期には60種類位の野鳥を見ることができるすごいスポットです。

広いです。

yokosimaMG_0783.jpg

タゲリ。ピョコンが可愛いですね、ピョコンが。田んぼに冬でも水があると、野鳥にとっては素晴らしい場所となるようです。

tageriIMG_0787.jpg

いろいろ教えてくださったYさんご夫妻、ありがとうございました。

アトリの群れが飛ぶところも見られて、面白かったです。500羽位の小さな群れでしたが、初めて見たので、圧巻でした。Yさん曰く、「群れに、ハヤブサが突っ込んでくるだよ。そしたら、ハヤブサにぶつかったアトリがフラフラと地面に落ちる。そこを、ハヤブサが下降して捕まえ、木の上に持っていき、羽をむしって、食べるんだよ。」と。

ほぉーーー。「ダーウィンが来た」のような生き物のドラマは、すごく身近な足元の自然で繰り広げられているのでしょうね。そういうところに目がむくとしたら、やっぱり、リニアモーターカーは無くても人生は豊かになるんじゃなかろか、と思った一日でした。


2013年12月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

長いっす!

11月30日(土)

あたたかな一日。一気に寒気がやってきた後の小休止といった感じでした。

先週末の旅行から帰ってきたあと、出荷作業をドタバタとこなし、あっという間にまた週末となりました。一週間は、本当にあっという間ですね。やり残した細々とした畑の作業をすすめつつ、朝市出店、大工仕事などなど、この時期らしい時間の使い方もできるようになってきました。


畑も、冬らしい様相です。

hatakePB308644.jpg

キャベツや人参、

kyabetuPB308653.jpg

白菜。寒にあたり、甘くなっています。白菜は、霜に負けないように、外葉を束ねて巻いています。今年は天候不順や、土作り不備のせいで、植えた白菜の三分の一以上にアブラムシがびっちりと来てしまい、出来が悪いです。初めてのことで、ちょっと凹んでます。それでも、残り三分の二位は、大丈夫だったので、まあ、よしとしています。来年への宿題がひとつできました。

hakusaiPB308643.jpg


今週のセットは、

卵、じゃがいも、玉葱、人参、さつま芋、里芋、大浦ごぼう、かぼちゃ、白菜、長ネギ、水菜、ターツァイ、ルッコラ、春菊、カリフラワーを中心に、セロリ、小松菜、ブロッコリー、キャベツ、二十日大根。といったところです。師走なので、秋に収穫したかぼちゃもちょっとずつ入れてまいります。


さて、以下は、旅行と朝市のご報告です。


前回の更新で書いたように、3泊4日で栃木、福島に旅行に行きました。充実の時間となりました。出荷のスケジュール調整にご協力頂いた皆様に、改めて感謝申し上げます!


飛行機から見えた阿蘇カルデラと外輪山。

hikoukiPB238389.jpg

研修生として1年8ヶ月過ごしたウィンドファミリー農場の親方、上田さん。

uedasanPB248430.jpg

7年前に、ここを旅立ち、不安いっぱいで土地探しをしていたのが遠い遠い昔のようです。当時と変わりなく、自由さが溢れている空間。嫁のりこに見せてあげることができて嬉しかったです。

ikePB248439.jpg

butaPB248456.jpg



10年前にボランティアとして居候させてもらっていたアジア学院。地震で大変大きな被害を受けたそうです。建物も、かなり建て替えられていました。それでも、変わらない雰囲気に、懐かしさいっぱいでした。

harukoinoniaPB268574.jpg

monigyaPB268578.jpg

koinoPB268575.jpg

ajihataPB268564.jpg

百姓になるきっかけをくれた、自分にとっては大事な場所です。

今、アジア学院のある那須地域では、放射能の問題と向かい合っています。アジア学院にも、ベクレルセンターが地震後に開かれました。

計測機器。

keisokukiPB268583.jpg

計測データ。

dataPB268581.jpg

九州に住んでいると、放射能の問題がなかなか実感としてわいてきません。本や新聞で説明を読んでも、いあいちピンときていませんでした。

なので、アジア学院では、短い滞在でしたが、本当によい学びを頂きました。

土がセシウムを吸着してるということ。野菜はそれほほとんど吸い上げないということ。出荷する際、土をしっかり落としてから出荷するということ。きのこ類や、筍、野生の猪や、タラの芽などは数値が高いということ。野菜の場合、国の基準値は100ベクレルだけど、その基準自体よくわからない数字だということ。アジア学院の場合、ウクライナの乳幼児の基準値に合わせて、「37ベクレル以下のものなら食べてる」ということ。

お恥ずかしいことですが、そういうことを、今回初めて、リアルに感じることができました。



いわきの友人宅にも行きました。友人の案内で、いわきの震災の現場をみたり、農家としての原発事故、放射能とどう付き合っていくかという話をきかせてもらったりしました。


小名浜漁港のショッピングセンターにて。

iwakiPB248510.jpg

こんなにきれいな海が、暴れ狂ったのかと思うと、切ないです。

umiPB248514.jpg

基礎だけ残された、海沿いの住宅地。

tunamiPB248513.jpg


いいこともわることも長くは続かない。無常。今を生きる。そんな言葉が頭に浮かんできました。合掌。


ギュッと、凝縮した時間を楽しめた、よい旅でした。旅先でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。




さて、朝市の報告。

asaiti1PB308629.jpg

asaitisoto_サイズ変更
たのくろ農園さん写真提供

asaitikouta_サイズ変更
たのくろ農園さん写真提供

asaiti2PB308642.jpg


大盛況でした!ご来場くださった皆様、ありがとうございました。不慣れな出店でしたので、いたらない点もあったかと思います。また次回(12月28日)もよろしくお願いいたします~。

ちなみに、今回の企画、ほとんど奥様方によるもので、旦那衆は当日のお手伝いだけ、という感じでした。椛島農園にいたっては、僕が朝の発送準備を終わらせて春人と顔を出した頃にはひととおり来客ラッシュが落ち着いたころでした。

「いやー、すごい人だね。すごい、すごい。お疲れ様。大変だったでしょ。あとは店番やっとくから、なんか食べてきなよ」と、妻と交代してまもなく、

「火事だ、火事!」と外にいた人が騒ぐ声。

表に出てみると、黒い煙がもうもうと登っているのが目に付く。あいやー。直線距離にしてわずか300m位か!?

とうわけで、男衆は消防団員として駆けていくのでありました。


やがて無事鎮火。全焼したものの、怪我人はなし。集合点呼、ホース干しなどが終わり、再び朝市の会場に行ってみると、後片付完了。うーん、俺、何もしてない…。


今日の感想① 火の元には気をつけるべし!冬の空気の乾燥をなめちゃいかん!

今日の感想② 女は強し!旦那の力なくとも、朝市無事終了!



いやはや、たくさん書いてしまいました。ご覧くださり、ありがとうございました~。

2013年12月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |