ああ長い

1月26日(日)

晴れて暖かな一日でした。また、明日からぐっと冷えるようですね。まだまだ寒いながらも、最近日中の日差しの強さや日照時間の長さに、春の気配を感じてきました。


今週(1/26~2/1)は、入院のため、火曜、水曜の発送のみとなります。ご迷惑をお掛け致します。

中身は、

卵、じゃがいも、人参、玉葱、里芋、さつまいも、かぼちゃ、かぶ、ネギ、白菜、キャベツ、水菜、小松菜、ターツァイ、ごぼう、法蓮草、といったところです。あとは、ご注文をいただいた方にはお米、となります。



先週から、時間を見つけて、畑のあぜの竹を切っています。どんどん中に生えてきて困っていました。たまたま、男手が3人あった日に、一気に頑張りました。

こんな雰囲気のところを刈り、

take2IMG_0917.jpg


支柱として使える竹はとっておき、

takeIMG_0918.jpg


あとはガンガン燃やしていきます。

take3IMG_0922.jpg


これで、大体きれいになりました。

atoP1269047.jpg

あともう一箇所ハードな竹切りが残っているので、なんとか農繁期に入る前に終わらせたいところです。



早いもので、もう、種蒔きスタートの時期です。

温床も、そろそろ踏み込みます。

onsyouP1269044.jpg

枠は、ことしもホームセンターでもらってきた古パレットで即席製作したものを継続使用。これ、ほんとに、お勧めです。全国の有機農家さんにおすすめしたいっす。

落ち葉や鶏糞、米ぬか、蓋のビニールの用意などは完了。今年は、鼻茸手術と、その後の静養期間とで、遅めの種蒔き開始となりそうです。2月10日頃からかなあ。手術前精密検査の時に、看護師さんにいろいろ説明を受けました。「退院したらすぐに農作業していいですか」と聞いたら、「先生からOKが出るまで、絶対安静にしてください。血が止まらなくなります。溢れてきます」と。とほほ。

ただ単純に水をあげたりするだけなら人に任せてしまえるのですが、まだ寒いこの時期にハウスの温床の上で苗を育てるのは、水の量や、ビニールの開け閉めにけっこう熟練を要します。またこういうケースが起きても、子育てが落ち着く数年後にはのりこが何とかしてくれるだろう、と限りなく透明に近い淡い期待を抱いています。今は、我慢だ、やきもきしないぞぉ~。まっ、将来も我慢&やきもきかもしれませんが(笑)




以下、例によって余談ですが・・・。

今日の午後は、熊本県有機農業研究会の、新規就農者養成塾の意見交換の会議に、研修受け入れ農家として出席してきました。独立準備の最中の現研修生の方々のお顔は、期待と不安が入り混じっているであろう、よいお顔をされていました。また、受け入れ農家の先輩方の話も聞けて、勉強になりました。

有機農家という言葉では絶対にひとくくりにはできないのが、有機農家の有り様というものです。技術を磨いて、機械投資を繰り返し、法人化し、大規模化して、高品質のものを出荷して3000万円売るのもひとつの暮らし方です。一方で、山の中で、お金があまりかからないシンプルな暮らしを楽しんで追求していくのもまたひとつの暮らし方です。

先輩農家さんのおひとりがおっしゃっていました。自分が、どういうスタイルを目指していくのか、はっきりと決めて、それを周りの人にも意思表示していくことが大事だ、と。まったくもって同感、です。

国や、お金を貸したがる機関は、規模拡大を勧めるものだし、実際効率的な生産を行う大規模農家が国民の食卓を支えてるともいます。でも、みんながみんなうまくやれるわけではないです。体力や資金の制約、適性もあると思います。当たり前だけど、農業だって、競争原理がこれからはもっと強く働くと思います。

と、考えていくと、これからの有機農業新規就農者は、ある程度2極化するのではないか、と最近感じています。作業効率のよい土地で、バンバン大規模に作る農家や法人と、作業効率の悪い山の中で、他に現金収入を得ながら自給的な暮らしを営む農家。イメージ的にはそんな感じじゃないでしょうか。

で、うちとしては、そういう時流に逆らい、そこそこの山の中で、そこそこの規模で、地に足をつけて、それほどは儲からなくても、潰れることのない無借金農業をこれから先も続けていきたい、と思うのです。農業、という生業はもちろん大事なのですが、なんというか、農場らしい空間、を作っていきたいものですね。

そうだなあ。「人生いろいろあったけど、とりあえずここでノウハウを学べば、儲からなくとも潰れもしない、なんとかなる農的暮らしはできる技が身につくぞ」という場が作りたいです。自分自身が、わりとくすぶった青春時代および学生時代を送り、、卒業後も就職せず、あとで就職したけど1年しか持たず、この先俺どうしようか、と途方に暮れた時に有機農業の世界に助けてもらいましたからね。

そう、私にとって、有機農業は、蜘蛛の糸なのです。そういう世界って、やっぱり続いてほしいものです。品目を絞って大規模化して売上3000万を目指さなくても、幸せに家族で暮らす道は十分あると思うのです。ん、蜘蛛の糸というたとえはおかしいか。みんなあとからすがってきて、結局みんな落ちちゃうんだもんね(笑)冬空に差す一条の光、とでもしておきましょう。

まっ、こうしてえらそうに書くからには、ちゃんと実践しなくちゃ、ですね。よし、まずは、嫁さんに感謝の言葉だ。ありがとう、って、口にしっかりだそう。そしたら、おそらく3000万は要りません。



結局今日も長くなってしまいました。頭に浮かぶこと全部書かないとダメな人なようです。うーむ、くどい!ご覧くださり感謝であります。ちなみに、書く場合だけではなく、喋る時も、思い浮かんだ言葉を無意識に全部口にしてしまっていることが多々あるようです。皆さんいつもすみません~。



スポンサーサイト

2014年01月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

手術&駅階段

1月18日(土)

雪のちらつく寒い一日でした。

ひとつご報告です。

前回あれこれと副鼻腔炎、たける君について書いたあと、通っている病院とは別の、もっと大きな病院にいって診てもらいました。

診察の結果、「もう、とっちゃいましょう」ということで、手術が決定しました。薬で治療ができるような大きさの鼻茸ではなく、どのみちお薬で小さくしてもまたすぐに大きくなるだけだろう、と。2月に入ると育苗で家をあけにくい時期になります。なので、月末に入院、来月初めに手術、となりました。いやー、我ながらパパッとよく決断しました。

というわけで、出荷を、今月末から2週間弱の間、お休みとさせていただきます。また、必要な方には、個別に連絡をさしあげます。ご迷惑をお掛けいたします。よろしくお願いいたします。


来週の(1/19~25)の中身は、


卵、じゃがいも、里芋、さつま芋、ネギ、人参、キャベツ、白菜、ターツァイ、水菜、ごぼう、小松菜、ルッコラ、法蓮草、といったところです。あとは、お声かけいただいたご家庭には、お米(ヒノヒカリ)、となります。玉ねぎは、在庫がなくなり、出荷終了となりました。




小松菜、水菜、カブ、ターツァイ、などなど。寒にあたり、甘いです。

nappaP1188941.jpg

踏み込み温床用の落ち葉を集めています。

otibaP1188934.jpg

クヌギの木をよく見てみると、

kunuP1188943.jpg

キカラスウリすずなり。

kikarasuP1188950.jpg

柿の木を見てみると、

kakiP1188980.jpg

冬芽がぽわぽわ。


レオさんに目を向けると、

reoP1188915.jpg

相変わらずのハンサムボーイ。


そして、恒例「おいし朝市」のご案内。

今月も、9時~11時30分で、JA長陽横のダッコさんでやっています。

チラシをスキャンしてのっけようとしたら、プリンターが新しくなって、jpgファイルじゃなくてpdfファイルで保存されるようになってしまい、upの仕方がわからなくなりました。まっ、椛島農園そんなもんっす(笑)





以下余談ですが、、


ちなみに耳鼻科の先生がおっしゃるには、鼻茸は、急に出来るものではなく、小さい状態で存在はしていたのだろう、と。それが、風邪をこじらせた拍子に、ぼわっと急激に膨らんでしまったのだろう、と。二次関数のグラフの曲線、のようなイメージですか、と聞くと、そうです、と。

なぜ副鼻腔炎になったのかと考えてみるに、うーん、よくわかりません。休みなく働きすぎて免疫力が落ちたとか、甘いものを食べ過ぎたり、大飯食らいがすぎたとか、そういうのも原因かもしれません。それなりに年をとってきて、体質が変わってきたのかもしれません。

大気中の何らかの物質にアレルギー反応を起こしているのかもしれません。調べてみると、確かにハウスダストには反応がでました。ブタクサも怪しい、と。ちなみに面白いことに、逆にのりこは、結婚して阿蘇で暮らして2年が過ぎ、いつの間にか持病である鼻炎の症状がほとんど出なくなっています。結局のところ、因果関係はよくわかりません。

まあとにかく、副鼻腔炎は完治しにくく、極めて再発しやすい病気なのだそうです。手術も、鼻茸をとることで、治療が終わるのではなく、始まる、くらいに考えた方がいいようです。今まで花粉や土埃なども一切気にせずに、マスクなどほぼ全く付けることなく、外仕事をし続けてきました。菜食中心の超健康的な食生活をおくっていたくせに甘いものをバカ食いしてしまうという悪癖をなかなかやめられずにいました。

まっ、そういうことを改めていけば、体もかわっていくのかな。人生初と言える、「これから長く付き合っていかなくてはいけない」雰囲気の持病。今まで何もなかったから、健康であるということに、ちょっとゴーマンになっていたようです。たける君、きみのおかげだ。おいらはもっと謙虚に生きます。健康に感謝します。気づきをありがとう。

でも、もうすぐサヨナラだね。ふふふ。ありがとう~。



そういえば、入院は、高校三年生の時以来です。18年ぶり。もう、いろいろ開き直って、読書三昧の入院生活にいてしまおう、と今からちょっと楽しみです。さっそくアマゾンで読みたい本をポチポチして購入しました。

ちなみに、高校三年生の時の入院は、アキレス腱を切ってしまったからです。約10日間の入院。中学高校と柔道を続け、まわりの友達がよく骨折したりしている中、強かったからか弱かったからは謎ですが、ほぼ無傷の椛島でした。が、部活を引退して2ヶ月、日曜日に模試を受けるために学校に向かう朝。電車に駆け込むべく、西鉄二日市の6番ホームの階段を下っていて足をひねってしまいました。

ああ、あれから18年かあ。あんまり成長してないなあ。あ、でも、ちょっとは成長したと思えることがひとつ。あの時は、親が個室をとってくれました。受験生でしたしね。自分の来週末からの入院を考えたら、とてもとても、個室はお金がもったいなくて無理っす(笑)。個室代は保険もでませんしねえ。あの時は、ナーンにも感じなかったけど、今なら、「ありがたかったなあ」と心から思います。父さん、母さん、この場をかりて、ありがとう。



まっ、そんなこんなで余談でした。皆様も、駅の階段にはご注意ください。

ん、何だかよくわからない締めとなりましたね(笑)

2014年01月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

たける君&薪&あまちゃん

1月12日(日)

薄日がさし、わりと暖かな一日でした。
昨日、今日と、地区の行事で忙しく過ごしておりました。


昨日は、どんど焼き。

donndoIMG_0885.jpg

nabeIMG_0888.jpg

今日は、消防団の出初式。例のごとく飲み会が苦手な椛島は「すみません~」といって、早めに抜けさせてもらいました。


というのも、持病の調子が芳しくなく、とても飲みに耐えられる状態ではないということもあったからです。先週に続き、またちょっとしめっぽいはなしになるのですが。。。

昨年の晩夏に、夏風邪をこじらせてしまったという話を書いたと思います。あれ、実は、副鼻腔炎にかかっていたのです。あとから耳鼻科に行って判明したのです。

耳鼻科の先生いわく、「いやー、これは見事な鼻茸が出来ている。とりたくなるねー。」と。そうなのです、いわゆる鼻茸が鼻の奥にあるのが目視でしっかりわかるような状態になってしまいました。あんまりしろくてぬらぬらしているそのりっぱなお姿に、例のごとく夫婦で「たけるくん」と命名。

たけるくんは、耳鼻科でお薬をもらい、飲んだり、鼻にシュッシュとかけていると、次第に縮んできます。しかし、ちょっと体調を崩すと、ムクムクと大きくなり、「へへん、鼻呼吸などさせないぜ」と意気込んでくるのです。というふうに、治ったり、ぶり返したりをここ数ヵ月繰り返しています。

いろんな対処法、治療法を今調べています。お医者さんの話を聞いたり、体験者の話を聞いたりして、お薬や手術のことを勉強しています。漢方やホメオパシーや、玄米の力などを信じて自然治癒力を高めるという手も考えています。間食や、甘いものをなるべくとらないということも、数ヵ月がんばってみています。

これだ!!というご意見があれば、教えて下さい。人生初の体験で、なかなか気分がどんよりしています。いろいろ無理して、何年間もひたすら全力疾走してきて、体のメンテナンスを怠っていたツケがこういう形で現れているのでしょうねえ。頭痛や、ぼーっとするこの感じ、口呼吸で口がねまねまする感覚は、つらいっす。はぁ。

たけるくん、お手柔らかにたのみますよ~。いやはや、やっぱり今年は年明け早々からこんな感じで、厳しい年になりそうだなあ。覚悟しとこうっと。まっ、妻子は元気だから、それだけでもよしとしないと、ですね。



今週(1/12~1/18)のセットの中身も、

卵、じゃがいも、玉葱、里芋、さつま芋、ネギ、人参、キャベツ、白菜、ターツァイ、水菜、ごぼう、小松菜、ルッコラ、法蓮草、といったところです。あとは、お声かけいただいたご家庭には、お米(ヒノヒカリ)、となります。


先週は、たける君と付き合いつつ、


声をかけてもらった薪を取りに行ったり、

makiP1128881.jpg

近所で、納屋の解体作業を手伝って、廃材をもらってきたり。

makiP1128883.jpg

あわよくば、この廃材で鶏小屋のひとつでも建てられるかな、と目論んでいたのですが、そうは甘くはなかったようです。使える材木はそれほど多くなく、かなりの部分は薪になりそうです。チェーンソーで切るにも、けっこう釘抜きが大仕事のようなので、うちが使う分だけ整理して、あとのものは、必要な皆さんにお声かけして、釘付きのまま持って行ってもらうつもりです。「うちは薪が足らないよ。分けて」という方、ご連絡ください。杉だけど、梁なんかはかなり太いのでよい薪になると思います。


あと、どうでもいい話なのですが、最近我が家では、遅ればせながらあまちゃんブームが来てます。NHKオンデマンドで見ています。ほとんどテレビを見ない我が家では、子供を寝かしつけた後に、夫婦二人で寝る前に見る、というなんとなくのルールで見ていたのですが、それだと恐ろしく進まないということが判明!!一年で一番暇な時期のはずなのに、毎日見ることはできずにいる有様。

まあ、のりこが寝かしつけでそのまま寝てしまうことがあるというのが一番の原因ですが(笑)でもまあそんなのは育児中は当たり前のこと。とにかく、農閑期に1日15分のドラマも見られない暮らしてまずいんじゃないの!?と、もがく我々。

3月には配信いったん終了らしく、「このままじゃ見終わらんぞ」ということで、ひとりだけでも、見られるときに見ておく、というルールに変更して、ようやく進みだしました。いや、正確に言うと、ちょっと止められなくなってきてます。ここのところ。今日は実家に所用で帰った妻をほっといて一気に6話みちゃいました。幸せ。すまん、妻よ。てへっ(笑)

なぜあそこまでみんながあまちゃんあまちゃん言っていたのか、納得です。面白い。まっ、僕としては、それでもやっぱり「ちりとてちん」の前半部分に勝るドラマはないといまだもって感じておりますが。あれは、底抜けに面白かったなあ。


最後に。

syouP1058866.jpg

狭いところが大好きなしょうちゃん。息子のおもちゃ収納袋に入り込んでしまいました。この二人の絡み、ほんといっつも癒されますわ~。

2014年01月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

2014年の課題

1月4日(土)

新年あけましておめでとうございます。

椛島農園も、今年で8年目を迎えました。はやいものです。皆様の支えと、地域の方のあたたかい眼差しあっての7年間でした。今年も、毎日コツコツ、一歩一歩。しっかりと地に足のついた暮らしを家族でしていけるようにがんばって参りたいと思います。

今年が、皆様にとって、笑顔多き年となりますように、お祈り申し上げます。



来週(1/5~1/11)のセットの中身は、

卵、じゃがいも、玉葱、里芋、さつま芋、ネギ、人参、キャベツ、白菜、ターツァイ、水菜、ごぼう、小松菜、ルッコラ、法蓮草、といったところです。あとは、お声かけいただいたご家庭には、お米、となります。

真冬になってきて、だんだんと品数が心もとなくなってきましたが、春に、春野菜が仕上がるまで、しばしこの顔ぶれでお付き合い頂ければと思います。



畑も、冬らしい色をしています。

negiP1048847.jpg

畑の横の、クヌギ林。落ち葉や笹をこづんで腐葉土を作っています。

kunugiP1048848.jpg

面白いことに、まったく同じ時期に同じようにこづんでおいても、カブトムシの幼虫がわんさかいると年と、そうでない年があります。去年こづんだ山には、悲しい事に、ほとんどいません。なんでだろうなあ。

fuyoudoP1048850.jpg

最近、ヤフオクに熱を入れています。ドリルスタンドと、電気ドリル。角ノミを買おうかとも悩んだんだけど、現状ではとりあえずそんなに使わないか、と思い、購入。

hitatiP1048829.jpg


先日、のりこの実家に帰った時の義兄との会話。「物欲あんまりないなあ、って、自分で思うんだよね」「あ、わかるわー、」「大きなテレビ欲しいとか、いい車ほしいとか、りっぱな腕時計欲しいとか、興味がわかないよね」「そうだねえ。せいぜい、(仕事で使う)楽器が欲しいくらいかなあ。それも、せいぜい数十万だしねえ」「そうねえ、うちも、農機具とか、電動工具とか、そんなもんかなあ」「あとは、子供の教育費だよね。そこをなんとかねえ。」

いやいや、なんとしみったれた、GDP拡大に貢献しない二人の会話でしょうか。でも、今、生活していて思う実感であります。基本的にはやりたい暮らしをしているし、家族でコツコツと暮らして行けているということだけで、ありがたいことだと感じています。

が、今後の課題(あるいはストレス要因)を上げるとすると、「時間が欲しい!!」の一言につきます。出荷作業をこなすだけで冬の平日は一日が終わっていまいます。週末に、地区の出事や用事が入ると、「こうしたらもっと楽しくなる」「こうやったらもっと楽になる」状態を作り出すための、よりクリエイティブな仕事にかける時間がとれません。

いや、それどころか、体のメンテナンスのための運動をする余裕もないな、子供と遊んであげる時間もこの先取れるのかなあ、と感じる今日この頃。このままではちょっと怖いなあ、と感じています。

今後どう考えてもますます忙しくなる年齢となってきました。性格上、どれも手を抜けない自分としては、これまでどうりの「体力的自転車操業」を続けていると体を壊すのが目に見えてます。なので、比較的安い投資で機械化出来るところは機械化していこう、基盤を作っていこう、お金で時間を買っていこう、と考えて、ヤフオクに走っているのです。

しかしながら、中古品を買うのって、商品知識をしっかり学んでからじゃないと怖いですよね。それがまた時間がかかるのですなあ。

というわけで、今欲しいものは、マルチ張り機、玄米保冷庫、3馬力のポンプ、鶏のえさ混ぜき(200v)、ハンマーナイフモア、フロントローダーorボブキャット、といったところです。ん、なんだかんだ言って物欲まみれですね(笑)

「おっ、だったらうちの納屋に眠ってるやつ譲ってあげるよ」という方がいらっしゃいましたら、取りに参ります~。まっ、そんな甘い話はないか。


以上、年明け早々から、実にリアリスティックな話になってしまいました。もっと、「いのちのつながり」とか「人の温かさ」とか「脱経済活動」「エネルギーの自給!」とかを感じさせる、ほこほこした逸話でも書きたかったのですが、残念(笑)。年の瀬からの体の無理がこたえて、正月早々風邪をひいてしまい、寝込んでしまったが故でしょう。はたと「ちょっとこのまじゃいかんよなあ」と冷静に感じてしまったようです。お許しくださいませ~。


最後に。

テイカカズラの種子。ふわふわがかわいいです。

teikakazuraP1048839.jpg

もっといろんなものがちゃんと見えるようになりたいなあ。センスオブワンダーを忘れないようにして、経済活動と両立させていきたいものですね。2014年の課題といたします。

2014年01月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |