6/30~7/6のセット

6月28日(土)

6/30~7/6のセットの中身です。

沢山あるもの
ジャガイモ、玉ねぎ、ニラ、キャベツ、にんにく、人参,大根、


ぼちぼちあるもの
卵、ズッキーニ、キューリ、インゲン、ミズナ、山東菜、

ちょっとあるもの
ミニトマト、ピーマン、セロリ、ルッコラ、


来週も、春野菜と夏野菜の間のちょっとした端境期となってしまいます。
全体的にボリュームも種類も少なめとなりそうです。梅雨が明けるまでのガマン、といったところです。
にんにく、1回目をちょこっとずつ入れています。


これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

始めてのご注文の場合は、こちらの詳細をご覧の上、ご連絡下さい。


田畑の様子。

水が大好きな里芋。梅雨空の下、すくすく育ってきました。

a2014-06-28 13-02-26_0038

a2014-06-28 13-03-23_0042

ピーマンも、沢山花を咲かせています。本格出荷まであと一息です。


a2014-06-28 17-14-58_0121

a2014-06-28 17-15-31_0123

田んぼ。苗も大きくなってきました。今のところ、除草もうまくいっています。

a2014-06-28 12-53-00_0026

DIY仕事に励むユースケさん。だいぶ慣れてきたようです。

a2014-06-26 10-44-03_0009

とまり木と、たまには遊び心を出してみて「ブランコ」作成。

a2014-06-27 12-10-04_0011

ところがどっこい。なかなか乗ってくれず。無理やり乗せてみたりして・・・(笑)。

a2014-06-27 12-13-57_0018

でもって、あきらめかけていました。が、ちらちら鶏小屋を眺めていたら、半日たち、一日たち、ちょこ~っとずつですが
ブランコに乗ってみる鶏が出始めてきました。わお!まだ写真におさめきれてないのが残念ですが。期待大。順番待ちとかするようにならないかなあ。そしたらyoutubeに投稿しようっと(笑)。

最後に。

a2014-06-28 17-44-36_0161

路傍のコケ。言葉もでぬ美しさ。ちなみに、世界中でコケは2万種あるそうです・・・。コケを認識するもしないも、意識ひとつなんだなあ。きっと世の中には「さかな君」ならぬ「コケ君」とでもいったらよいような変わった方々が多数おられ、豊かな豊かな人生をおくっておられるんだろうなあ。

スポンサーサイト

2014年06月29日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

散歩道

6月28日(土)

曇天のち晴れの一日。
しばらく雨が続いていたので、午後からの日差しがとても嬉しく感じられました。

梅雨のまっただ中で、かつ、地区の出ごともなかなか多く、作業は遅れ気味。でもそういう時期ということで割り切って淡々と作業する毎日。畦草刈、大豆は種、出荷作業、夏野菜の支柱立てや剪定、田んぼの除草、春野菜の片付けなどをぼちぼちやっています。7月に入ったら、人参の畝たて太陽熱マルチ張りや、秋野菜の堆肥入れ、育苗、種まきなどでまたドタバタが始まります。しっかり今のうち体を休めておこうっと。

今日は、すごくお世話になっている方の葬儀に出ました。まだ60過ぎのお若い方でした。お父様は100歳近い方で、ここ数年で連続して息子さんを亡くされてしまったことになります。心中を察するに、なんとも言葉にできないものを覚えます。長生きするということで、新たな悲しみを背負うこともあるのですね。奥様や息子さんの悲しみもいかばかりか。ジンセイって、なんだかなあ。

そして葬儀の後は、のりこが所用で出かけたので、子守おとうちゃんな半日でした。おっぱいがあったとはいえ、今までずーっと寝かしつけは母親担当。今日、父親の抱っこや添い寝であっさりと寝てくれた息子をみて、「ああ、成長したなあ」とちょっとジンときました。

というわけで子守散歩中のいろいろ。


ご近所の友達、メールさん。

a2014-06-28 16-58-45_0077

ウーファーさんカップルに沢山遊んでもらいました。23歳のお二人。新婚旅行でウーフ旅。なかなかの通であります。やるなあ。

a2014-06-28 17-22-48_0132

水溜りにいたアメンボ。

a2014-06-28 17-25-32_0139

カメムシの仲間だそうです。幼虫・成虫とも肉食性で、主に水面に落ちた他の昆虫に口吻を突き刺し、消化液を注入・消化された液体を吸汁するとのこと。(by wikipedia)やるなあ。

庭の柿を這うキヅタ。

a2014-06-28 13-08-05_0054

キヅタの中に隠れる尺取虫(尺蛾の幼虫)。なかなかやるなあ。

a2014-06-28 13-09-55_0059

ああ、おいらもやっぱり猫が好き。レオ兄(にい)のふわふわサイコー。といった感じでしょうかね。動じないレオさん、やっぱりきみはやるなあ。えらいぞ~。

a2014-06-28 17-58-12_0166

2014年06月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

6/23~29のセット

6月21日(土)

雨の一日。空梅雨模様の九州北部でしたが、ようやく梅雨らしい天気になりました。ここのところ、雨続きです。今晩も、激しく降るとの予報。

今週は、田んぼの除草、畦草刈、玉ねぎ収穫後のマルチ片付け、トラクターがけ、畑の排水溝ほり、大豆は種、ダンボール購入、といった感じの作業。天気もいまひとつなので、一息つきつつやってます。こういう時期もないといけませんね。

サッカーのワールドカップ、なんだかぱっとしない雰囲気ですね。ギリシャ戦は、出荷作業の朝と重なってしまったので、4時からヘッドランプをつけて収穫して、途中合間合間に1時間ほど試合を見て、終了後またすぐに箱詰め、ということをしてしまいました。こういう時間の使い方は家族経営農家の特権のひとつでありあすね。でもまこともって残念な結果でしたね。

6/16~22のセットの中身です。

沢山あるもの
カブ、大根、玉ねぎ、ズッキーニ、ニラ、キャベツ、にんにく、

ぼちぼちあるもの
卵、ズッキーニ、ミズナ、インゲン、キューリ、ジャガイモ、

ちょっとあるもの
ブロッコリ、ピーマン、セロリ、


来週は、春野菜と夏野菜の間のちょっとした端境期となってしまいそうです。
全体的にボリュームも種類も少なめとなりそうです。
にんにくも、一回目を入れ始めますね。





これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡 tkabashima@hotmail.com を下さい。

始めてのご注文の場合は、こちらの詳細をご覧の上、ご連絡下さい。


以上、今日は写真もなし、あっさりとりあえずブログでありました。ああ、何事も継続するということに意味があるのだ、こういう日もあるのだ。と、自分に言い聞かせてみるのであります・・・。
ここのところ自分なりに沢山書いていたので、ちょっと一息といったところですね。

2014年06月21日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

6/16~22のセット

6月16日(月)

曇天の一日。

梅雨に入ったのに、なかなか降りません。畑の作業ははかどります。関東の方には申し訳ないくらいです。しかし、あんまり降らないのも困ったものです。地下水位も上がらず、田んぼのボーリングの水量も増えてきません。関東の方がうらやましいくらいです。何事も、損も得もないですねえ。

先週田植えと玉ねぎ収穫を終わらせて、ほっと一息つく余裕もないままに消防団の出ごとが続き、昨日がそのクライマックス。疲労困憊でした。大豆の播種や、夏野菜の支柱建てや剪定、あちこち草刈、梅雨明け直後定植予定のかぼちゃの畝建てや、秋冬野菜用の土作りなど、やることはまったく途切れませんが、とりあえず一安心なのでよしとしましょう。

いやー、暮らしというものは、毎日毎日やることが押し寄せてきますね。「あー、生きてるって感じがするわー」と夫婦で労をねぎらいあっております。しあわせは、自分への期待値を下げることで感じられるものでもあります。あれもできてないしこれもまだ終わってない、と焦らずに、「まっ、いっか」の精神でもって、自分にも人にもやさしく生きていきたいものだなあ。

ところで。目の前のやることに追われすぎて、原発のことや集団的自衛権のことなど、」を「まさに今考えなくてはいけないこと」をあまりにも勉強をしてないということに、ふと怖くなることがあります。ワールドカップ位にそういう話も盛り上がればいいんだろうけど、そうはいかないですもんね。

いざ何かが動き出したときに、結局みんながなんとなく世間体が気になり、よからぬ方向に行くんじゃなかろうかと思わないでもないですよね。悲しいことだけど、田んぼ社会の民族として生きてきた日本人には、「なんとなく周りに合わせてしまう」習性が強いですしね。時には、目の前の仕事や人間関係や経済活動から距離を置いて、「そもそも」の「本当に大事なこと」をしっかり見据える時間をとっていきたいものです。実践は難しいけどなあ。はい、なんだか妙にカタくて抽象的な話になっちゃってすいません。



6/16~22のセットの中身です。

沢山あるもの
カブ、大根、セロリ、玉ねぎ、ズッキーニ、ニラ、人参、水菜、

ぼちぼちあるもの
白菜、玉レタス、リーフレタス、スナックエンドウ、キャベツ、卵、

ちょっとあるもの
ブロッコリ、インゲン、ブロッコリ、そら豆、キューリ、ジャガイモ、


キューリが出来始めました。

kyuri2014-06-14 08-17-43_0064

スナックエンドウがそろそろ終わりです。変わりに、インゲンがうまいこと採れ始めました。ジャガイモも、ちょっとだけ掘り始めました。本格的に入れ始めるのは来週以降になります。

これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡 tkabashima@hotmail.com を下さい。

始めてのご注文の場合は、こちらの詳細をご覧の上、ご連絡下さい。



2014年06月16日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

お米2014⑤

6月16日(月)

田んぼの様子です。

田植え1週間後に、チェーン除草に入りました。リュックに連結し、バランスをとるためのポール(竹)を握ってやりました。ぱっと見た感じでは、今はやりの山ウェアっぽいでしょ。

cz22014-06-12 09-15-10_0046

75mmのパイプにキャップをして、フロートとしました。

cz2014-06-12 09-16-34_0048

うまく草が浮かび上がってきてくれた田もあれば、あんまりうまくいかない田もありました。決め手は、深水管理と、いかにトロトロ層を作るか、ということにあるようです。

米ぬかを撒いた後は、こんな感じに。

toro2014-06-12 08-50-35_0004

確かに、トロトロで、草も他の田と比べて少ないです。

torot2014-06-12 08-51-54_0009

いろいろ試してみて、自分の田にあった手法を確立していたいところです。


畦草にとまっていた、ホソミイトトンボ。その名のとおり、細いです。なんてキレイな青なんでしょうね。

hosomi2014-06-12 09-05-23_0034

アミミドロ。藻です。この、網目が六角形であることに、美を感じてしまいます。ちなみに英語だと、 water net だそうです。なるほど。

amimi2014-06-12 09-00-43_0022


納屋においてある玄米保冷庫。今年の春先に購入しました。某ネットショップで、なんと相場の半額で新品を買えました。どう考えても、その業者さんの仕入れミスとしか思えない価格。こんなことがあるんだなあ、と夫婦でびっくり仰天でした。いろいろ検索しまくっていると、いいこともあるものですね。寝不足という代償はなかなかきついですけど(笑)

horei2014-06-14 08-21-28_0067

この先田んぼが増えてきたときにはこれでは全然足りなくなるとはおもいますが、しばらくはこの保冷庫のおかげで、梅雨を越しても品質を下げることなく、通年でお米を出荷できるようになります。まっ、そのためにはとにかく除草をがんばんないといけませんね。ちょっとずつ、野菜や卵だけでなく、お米農家としての体制がととのっていくのは楽しいことであります。


さて。今日の珍客。

usi2014-06-16 11-53-33_0073

お分かりになりますでしょうか。阿蘇のブランド牛、赤牛(あかうし)が田んぼの畦をとことこ走っております。いやー、びっくりしました。突然現れたのです。

usi2014-06-16 11-57-57_0081

慌ててとりあえず近くの牛農家さんに電話してみたら、見事に捕獲してくれました。えさに釣られてあっさり。性格がおとなしい牛で助かりました。やんちゃな牛だったら、田んぼや畦がぐちゃぐちゃにされてしまうところでした。そしてあまりの唐突な出来事に、なんだかとてもおかしくなり、皆で腹を抱えて笑ってしまいました。

近くの放牧地から、逃げ出した牛だったようです。おそらく、水かえさが切れてしまっていて出ちゃったんだろうと。

いやいや、ちょっとしたハプニングって、なんだかいいもんですねえ。


2014年06月16日 お米 トラックバック:0 コメント:0

6/9~6/15のセット

6月8日(日)

うす曇りの、蒸し暑い一日でした。梅雨に入り、関東では大雨だったようですね。
毎年、今の時期は、極端な雨の降り方にひやひやします。とんでもない降り方をしないようにと願うばかりです。田植えも終わり、玉ねぎの収穫もめどがついてきて、ほっとひと安心しております。


6/2~6/8のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、リーフレタス、カブ、大根、セロリ、新玉ねぎ、スナックエンドウ、ズッキーニ、ニラ、人参、

ぼちぼちあるもの
ブロッコリ、白菜、白菜、そら豆、玉レタス、

ちょっとあるもの
ブロッコリ、キャベツ、水菜、


これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡 tkabashima@hotmail.com を下さい。

始めてのご注文の場合は、こちらの詳細をご覧の上、ご連絡下さい。




畑の様子。

にんにく収穫。

a2014-06-07 10-49-05_0094

玉ねぎ収穫。今年は、去年のようなトウ立ちラッシュもなく、まずまずの出来といった感じです。

a2014-06-07 06-56-15_0057

インゲンの花。花が咲けば、もうすぐ鞘の収穫も開始です。スナックエンドウの収穫が終わる頃に、うまいことバトンタッチ、の予定です。

a2014-06-07 06-53-36_0050

葛のつるの先の芽。すさまじい生命力の野草です。今、アメリカでは葛が「侵略的外来種」として問題視されているそうです。飼料用や鑑賞用に移入されたものが野生化して爆発的に繁殖してしまったとのこと。

a2014-06-07 07-03-45_0082

アメリカには日本のように成長を阻害する病気や虫が少ないのでしょう。外来種問題も、困ったものです。確かに日本では昔からある植物なので、爆発的な広がり、という感じではありませんね。万葉集や古今和歌集にも葛は出てきますし。まあそれはさておき、植物の芽って、ほんとに生命力の象徴ですね。惚れ惚れします。

今日の昼ごはん。取り損なって大きくなりすぎたスナックエンドウを、グリーンピースとしていただきました。いやー、うまかった。ズッキーニの塩麹もみも、斬新で美味しかった。

a2014-06-08 12-44-24_0110

妻よ、毎日毎日、家族分のみならず、研修生さんや、毎月とまりに来る私の両親や、ウーファーさんや、その他いろいろなゲストの方のおいしいご飯作りをありがとう。事務仕事も、箱詰め作業もありがとう。この場を借りて、感謝申し上げます。(別にこの場を借りなくてもいっつも言ってるけどね)。あなたの力なくして、椛島農園の今の体制は成り立ちません。

「(筋力が要る)農作業よりご飯作りの方がいいわ~」というあなたの言葉に最初は「この嫁で大丈夫か!?」と思ったけど(笑)、あなたの言うとおりだ。なんとかなるもんだ。適材適所だ。

余談ですが・・・。サッカーの代表戦観戦を、息抜きとして楽しみにしている私。ワールドカップは6月後半。ちょうど梅雨時で畑作業が出来ない日もある時期。出荷作業の日に重ならなければ、朝5時からとか7時からとかは、見ようと思えば見れます。これぞ自営業の特権。

そんな私の楽しみを酌んでくれて、妻が1ヶ月以上前からカレンダーに「○月○日○時、コートジボワール戦」てなふうに書いていてくれました。それを見て「ありがとう。おっ、今回、いけるよ、これ。出荷と重ならない。見れるよ。やった!」と、楽しみにしていました。

今日、新聞にあったワールドカップ放映時間表を改めて確認してみると・・・。カレンダーに書かれた日付と、全部一日ずれている・・・。んっ・・・。そう、妻は、全部ブラジル現地時間の日付と時刻を書いてくれていたのです。正確な日付を出荷の予定と照らし合わせてみると、

ことごとくダメでした。唯一見れる曜日の初戦のコートジボワール戦も、消防団の行事で、アウト。ハァ~。世の中あまくないっすねえ。へこむわ~。


最後に。

お客さんが、こういうものを送ってきて紹介してくれました。

北海道のべにや長谷川商店のパンフレット。

a2014-06-08 13-56-40_0115

地豆(在来種の豆)の数々。造形美を感じます。

a2014-06-08 13-56-08_0112

a2014-06-08 13-56-22_0113

流通にも乗せにくく、小規模栽培で手間のかかる地豆栽培。「美味しいから」「好きだから」という理由だけで自家採取を農家が続けてきたのです。美しいなあ。北海道の豆なので、阿蘇できちんと育つかどうか分からないけど、撒いてみます。うまくいくかなあ~。


2014年06月08日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

お米2014④

6月8日(日)

昨日、無事5反の田んぼの田植えを終えました。

苗も、途中伸びが悪かったりと苦戦しまししたが、結果的によく育ってくれました。ばらつきがでてしまったのが反省点ですが、よくできたものだと、高さ16cm位で4、5葉といったところ。がっちりとした苗となりました。去年までの農協で買った床土ではなく、初めて自分で混ぜた床土を使いました。化学肥料なしでちゃんと生育できたのも嬉しいです。毎年一歩一歩成長ですねえ。

b2014-06-07 08-20-15_0087

研修生ユースケさんにも、田植え機を運転してもらいました。何事も、やってみなくちゃ練習になりません。ちっちゃな家族経営という特性をいかして、研修生の方にいろいろなころをひととおり体験してもらえる農場でありたいなあ、と思ってます。

a2014-06-04 17-36-08_0016

今年は、米ぬか除草にもチャレンジです。米ぬかが、ちょうどいいタイミングで手に入ったので、1、5反の田んぼに150㌔撒きました。便利な道具ももってないので、ひたすら手撒き。無風状態を待っての散布。ひたすら地味な作業(笑)。

a2014-06-05 16-35-26_0037

米ぬかを撒くことで、いろいろな効果があると言われています。雑草の生育を抑えたり、水田の生き物を豊富にしたり、食味があがったりするそうです。結果が楽しみです。

a2014-06-07 06-50-31_0043

余り苗を食らう鶏さん達。鶏さんがいれば、何でも無駄になりません(笑)

a2014-06-07 18-23-53_0105

さて、今年も除草がんばるぞ!

2014年06月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

6/2~6/8のセット

6月1日(日)

連日、この時期らしからぬ猛暑です。全国的にびっくりな暑さですが、南阿蘇でも30度を越えています。つい1週間まえまで、「今年は寒い。朝が特に寒い。5月も末なのにまだ朝は10度くらいにまで冷える」と皆いっていたのに、何たる極端な変化。体調を壊さないように気をつけていかんくちゃですね。

6/2~6/8のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、リーフレタス、カブ、大根、セロリ、新玉ねぎ、スナックエンドウ、ズッキーニ、ニラ

ぼちぼちあるもの
小松菜、ブロッコリ、キャベツ、カリフラワー、人参、白菜、そら豆、

ちょっとあるもの
春菊、水菜、二十日大根、


これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡 tkabashima@hotmail.com を下さい。

始めてのご注文の場合は、こちらの詳細をご覧の上、ご連絡下さい。


先週のセットは、Mサイズでこんな感じでした。東京で4000円、九州で3500円の商品となっています。

a2014-05-30 09-45-56_0011 - コピー


畑の様子。

キューリ。苗の調子が悪く、植え付け後も元気がありませんでしたが、追肥のぼかし肥料がばっちり効き、いい感じになってきました。こういうのって、農家としては、思わずにんまりしてしまう、嬉しいことなのであります。

a2014-05-31 06-32-56_0038

というわけで、前に仕込んだものがなくなってしまったので、急いで、次のぼかしを仕込み中。

a2014-05-31 06-45-39_0073

材料は、今回は鶏糞、籾殻、米ぬか、かつおぶし屑。時々切り返して空気をいれてあげ、3週間ほどで出来上がります。

a2014-05-31 06-44-49_0069

バジル。

a2014-05-31 06-43-13_0064

庭の生垣のお茶。

a2014-05-31 07-22-43_0083

遅ればせながら、茶摘をしました。といっても、とりあえず、摘んで干すだけ。本当はいろいろ工程を経て緑茶となるのでしょうけど。まっ、自家用ということで、かなりテキトー。量もちょこーっと。将来的には、ちゃんと管理して、ちゃんと収穫して、10キロくらいのまとまった量があれば近くの製茶工場でパックにしてくれるそうなので、やってみたいなあ、と夢想中。(実際にかかる手間を考えると、なかなか遠い道のりではあります)

a2014-05-31 11-24-08_0088


2014年06月01日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

お米2014③

6月1日(日)

田植えまであと少し。準備を進めています。

新築ポンプ小屋から伸びたパイプから、勢いよく地下水が出てきてくれます。

a2014-05-31 06-34-47_0045

ポンプも、近所のおっちゃんが一度ばらして掃除をしてくれたら、新たに買いなおすことなく動いてくれました。感無量!

a2014-05-31 06-36-30_0047

代掻きもスタートです。そして、とりあえずちゃぽんしてみた息子。

a2014-05-31 14-13-16_0016

5月とは思えぬ暑さに、結局たまらず裸になり、レオさんと遊ぶ息子。レオさんも、息子が一歳をすぎるころからだんだん距離をちかづけてくれるようになり、今ではすっかりこんな感じに。これまた感無量。

a2014-05-31 16-10-46_0059

苗代の様子。発芽に時間がかかったり、むらができたり、その後の伸びが悪かったりと紆余曲折がありましたが、まあなんとか見られる苗になってきました。

a2014-05-30 11-37-19_0022

今年は、田んぼの面積も増えたので、除草に新たなアイテムを投入してみることにしました。
「チェーン除草機」です。チェーンを、ずるずる引きずって歩くことで、稲と稲の間の雑草をぷかぷか浮かす、という手法なのであります。

3週間の短期研修で滞在中のエーシン君に鎖を連結してもらっているところ。

a2014-05-30 09-13-47_0002

こんな感じです。これに、フロート役の塩ビパイプを連結させて、引っ張る紐をくっつけて、完成というわけです。

a2014-05-30 10-40-21_0013

45mmの角材に、3cmピッチでドリルで穴をあけ、インシュロックを使ってつなげました。鎖は、根元の20cmが3mmの径のものを、実働草取り部分にあたる下半分を20cm、6mm径のもの(ホームセンターに在庫がなく、一部5,5mm)を使いました。さてはて、うまくいくかどうか。楽しみです。

2014年06月01日 お米 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |