10/27~11/2のセット&稲刈り!

10月26日(日)

今週10月27日~11月2日のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、春菊、リーフレタス、セロリ、キャベツ、人参、

ぼちぼちあるもの
つるむらさき、空芯菜、ニラ、里芋、ターツァイ間引き菜、赤リアスからし菜、ビタミン菜、葉ねぎ、レタス、ほうれん草、カブnew、紫カリフラワーnewチンゲン菜new、二十日大根new

ちょっとだけあるもの
なす、にんにく、伏見甘長、四角豆、ほうれんそう間引き菜new

上記のものの中から、10~15種類位、その日の畑の様子をみて詰めています。これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

セットを始めてご注文される際は、こちら(クリック下さい)の詳細をご覧の上、ご連絡下さい。

先週のMサイズは、こんな感じでした。とにかく、バランスのよいセット、ちょっとずついろいろ、をモットーに詰めています。

aIMG_3251.jpg


畑の様子。

冬越しの菜っ葉たち。

aIMG_3306.jpg

白菜も、ネットの中ですくすく大きくなってます。

aIMG_3307.jpg

初めて育ててみた、紫カリフラワー。カリフラワーらしいのですが、ブロッコリとのあいの子といった雰囲気。火を通すと緑になります。美味しいです。

aIMG_3332.jpg

ビタミン菜。寒くなってきて、菜っ葉がなんともいえない良い色になってきました。

aIMG_3333.jpg

ターツァイ。間引きで入れます。

aIMG_3337.jpg


さて。一昨日、稲刈りが終わりました。日照不足の影響で、もう少し遅れるかと思っていましたが、実際には数日遅れぐらいで済みました。よかったよかった。

米は、刈り取り→乾燥→籾摺り→選別、というふうに、稲刈りから商品としての仕上げまでに何手間かかかります。その機械のひとつひとつをそろえることは大変なことなので、委託での作業を地元の営農組合に頼んでやってもらっています。

aIMG_3187.jpg

頼もしい機械。頼もしいおっちゃん達の腕。

aIMG_3229.jpg

あっという間に終わっていきます。

aIMG_3240.jpg

この、乾燥機にかけて水分を落としていきます。

aIMG_3242.jpg


今年の出来は、まずまずでした。日照不足で一時はどうなることかと思いましたが、なんとかなりました。家族でまず頂きましたが、昨年度米と同様に、美味しかったです。今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ご注文詳細は、コチラをご覧ください。

定期購入の方、および定期ではないけどよくご注文下さる方、すでに年間必要量をお伝え下さっている方には、必要量(予約とりおき量)の確認の連絡をちかいうちにいたしますね。


ご注文、お待ちしております~。

スポンサーサイト

2014年10月26日 お米 トラックバック:0 コメント:0

暮らしいろいろ

10月26日(日)

暮らしの様子を少々。

村の中学校の文化祭。毎年秋に受け入れをしている、1年生の「農業体験」の体験発表の劇。

aIMG_3263.jpg

今年は、鶏をさばくところを見てもらいました。いい学びとなったようで、劇にも取り入れてくれてました。なんだか嬉しかったです。

ちなみに受け入れも今年で7年目となり、すっかり馴れました。t「農業の大変さや面白さは何ですか」「仕事をする上で大事なことはなんですか」などのインタビューもセットになってます。面白いのは、その時の僕のメンタルを表すということ。独身時代、失恋して辛い時期に「とにかくきつくてたまらない時もあるけど、大事なのはとにかく何が何でも我慢すること」と、ついポロリと口にしたら、発表でも「農業はきつくてたまらないけどとにかく我慢することが大事だそうです」と言ってくれてました(笑)。いや、それは、農業についてではないんだけど。まっ、そんなこともありました。

おいしい朝市にて。気がついたら息子の写真ばかりになってしまっているブログもどうかと思うので、たまには夫婦の一枚。

aIMG_3269.jpg

家のすぐ近くの杉林。「好きに間伐して使ってよかよ」とのことで、ありがたく、何本か切らせてもらいました。乾燥させて、鶏小屋か豚小屋に使います。

aIMG_3317.jpg

一年半前にしいたけの菌をうちこんでおいたクヌギの原木もようやく並べました。間伐に手が回らずにいたので、原木を並べることもできずにいました。そして気がついたら仮伏せでこづんでいる原木から

aIMG_3284.jpg

このサイズのしいたけがわんさか・・・。ああこりゃ急がなきゃ、というわけであわてて並べました。

aIMG_3320.jpg

量が中途半端なので、きちんとした出荷はまだできないと思われます。今、年に何回か入れているしいたけは、近所のしいたけ農家さんの原木栽培のもの。もう新しく木を仕込むことはやめておられ、来年か再来年でおそらくもうおしまいと思われます。なので、それまでには、自分で必要量のしいたけ原木を仕込む予定。今年の冬、頑張ります!

aIMG_3326.jpg

今年の冬に仕込むものが、実際に収穫できるのは2年近く後となります。2年かけて、じわじわとしいたけ菌が木の中に繁殖していきます。なんだか、ゆたかな時の流れを感じますねえ。


2014年10月26日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

こんなのもたまには

10月26日(日)

今日は、もひとつ。こんなのもたまにはいいんじゃなかろうか、と。

新聞記事の紹介です。

朝日新聞、土曜日に入る「青be」の、悩みのるつぼ。週代わりで、評論家の岡田斗司夫さん、歌手の三輪明宏さん、社会7学者の上野千鶴子さん、経済学者の金子勝さんの四人が相談者からの悩みにじさ回答をしていくというコーナーです。

我が家は、岡田さんのファンです。岡田さんの回答は、いつも、悩める方への愛とやさしさにあふれています。それでいて、決まり文句的なことは何一つ語らず、実に独創的かつ論理的です。「あっ、今日は岡田さんだよ」「おっ、見せて見せて」という土曜日の朝の夫婦の会話が、毎月の恒例となっている我が家であります。

10月25日は、そんな岡田斗司夫さんの回答。

お題は、「自殺の父にどう向かい合えば?」

字が小さくて読みづらいかと思いますが、ご覧ください。

okaminia114102601.jpg
okadaminib214102601.jpg

okada3314102602.jpgo14102602.jpg


岡田斗司夫さんのブログは、こちら

悩みのるつぼのサイトは、こちら

こういうふうに、記事をぺたぺた貼ってupするのって、いいんですかねえ。宣伝にもなるだろうし、このくらいいいですよね。新聞社の方からお叱りの電話とかきたらどうしよう。ん?どう考えても自意識過剰でしょー、と嫁が笑ってます。

2014年10月26日 ちょっといい話 トラックバック:0 コメント:0

10/20~26のセット&猪&炭焼き

10月19日(日)

今週10月20日~26日のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、春菊、葉ねぎ、リーフレタス、セロリ、キャベツnew

ぼちぼちあるもの
間引き人参、つるむらさき、空芯菜、ニラ、里芋、ターツァイ間引き菜new、赤リアスからし菜new、ビタミン菜new

ちょっとだけあるもの
なす、にんにく、伏見甘長、かぼちゃ、三尺ささげ、四角豆、レタス、枝豆、ほうれんそう間引き菜new

これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

秋らしい中身となってきました。人参、まだ少し小さめなので、500g位を目安に詰めています。

セットを始めてご注文される際は、こちら(クリック下さい)の詳細をご覧の上、ご連絡下さい。


先週の台風は、結局またもやの肩透かしでした。沖縄近辺に位置している時点では阿蘇でもかなりの風が吹いていました。いったいどうなることかと覚悟していたところ、鹿児島のあたりをいざ通過している最中には風も弱くなり、狐につままれたような気分に。助かりました。もうこれで今年は台風もないでしょう。ご心配ありがとうございました。


稲刈りも、間近。畑作業も、まだまだやることは多いながらも、落ち着いてきました。夏野菜の片付け、秋冬野菜の草取りや追肥、さつまいもや里芋の芋ほり、玉ねぎの植え付けの土作りやマルチ張り。そんな感じの作業をしています。

もみがら運びもしています。近所のライスセンターにある籾殻の山。軽トラで運んでいます。

aIMG_3076.jpg

こんな感じで、畑の隅にとりあえずこづんでいます。この写真の時点で、10杯目。今日はさらに6杯。目標はさらに5~10杯。堆肥の材料や鶏舎や(冬の間に作る予定の)豚舎の床材に。燻炭にして餌や肥料やポットの土にしたり、鶏の餌に。軽くて運びやすく、炭素資材として、かなりの優れものです。集められるだけとりあえず集める。大事ですね~。

aIMG_3084.jpg

aIMG_3087.jpg

しかしまあ、いつまでこの手の仕事を手作業でやっているんだろうか、と笑えてきます。そろそろ、フロントローダーが欲しいなあ、と思う今日この頃。どうも、思い切った買い物をする勇気がなく、とりあえず、とりあえず、の小さな買い物ばかりをしています。

というわけで、知人に「バインダー譲りますよ」と声を掛けていただき、小国町まで。稲刈りも委託なのでとりあえずそんなに使う機械ではないのですが、手元にあると何かと便利な機械。またも小さな投資。2万円也。2条刈りの、なかなかのイケメン君です。稲刈りも、近い将来にはコンバインを手に入れて、自分でやりたいなあ、と思ってます。まあ何事もちょっとずつですね。

aIMG_3049.jpg

南阿蘇の風景ばかり見て暮らしていますが、北阿蘇の景色もまたいいものです。北海道っぽいです。

aIMG_3040.jpg

阿蘇火山の噴煙が見えます。火山といえば、御嶽山の噴火事故、大変でしたね。山好きのひとりとして、胸が痛みます。

aIMG_3054.jpg

さて話題をもう一つ。

今日は、ご近所さんにお誘い頂いて、炭焼きに参加してきました。といっても、時間切れで火入れまでは出来ず、山にクヌギの木を切りに行き、窯に並べる途中で日没となりました。続きはまた後日。一回で、米袋48杯分の炭が焼けるとのこと。参加予定の方の当日キャンセルが重なり、少人数での作業となりました。途中から、時間切れを意識し、あわただしい雰囲気に。ワークショップ的なのりではなく、いつのまにか完全に労働モードとなり、いやはや、体は疲れました。

aIMG_3132.jpg

aIMG_3133.jpg

久木野側から見た阿蘇火山の山々。

aIMG_3093.jpg

窯はこんな感じ。

aIMG_3141.jpg

こんなふうに木を並べていきます。

aIMG_3143.jpg

作業が遅れた原因の一つは、これ。

aIMG_3101.jpg

朝一番で、窯の持ち主である炭焼き指南役のおじちゃんが、家にいません。どこにいったのかな、と待っていると、「猪がわなにかかっとった。」と帰ってきました。「今からさばくけど、見るか?」と。

田舎に住んでいれば、よく猪肉のおすそ分けは頂きます。さばき方を覚えようと思えば機会はあります。でも普段なかなか忙しくて、その機会を作るのが難しい。でも、今日は、タイミングがあいました。初めて、解体処理の一連の流れを見させてもらいました。勉強になった!

aIMG_3112.jpg

aIMG_3125.jpg

見事な手際。あっという間に「肉」となっていきます。猪さんよ、ありがとう。大事に頂きます。田舎のおっちゃん達は、大抵身の回りのことは自分でやっちゃう人が多いです。稲作や菜園、大工仕事から溶接、猟、機械修理、などなど。かっこいいです。

aIMG_3121.jpg

せっかく農村にいるのだから、いろいろ楽しんでいかないともったいないですもんね。まっ、経済活動としての農業との時間配分が永遠の課題でありますけど(笑)

猪や猿、鹿などによる農業被害は、場所によってはとても深刻な状況です。猟で捕まえるというのは対処療法的な手段ではあるのですが、もはやそんなことを言ってられない位ひどいようです。人間の都合で森を切り開き、狼や熊も絶滅させ、山奥まで杉檜を植え、温暖化は進み、「僕らが増える環境だけ整えるだけ整えて、増えたらやっかいもの扱いですか」という声が聞こえてきそうですね。ほんと、どうしていったらいいのでしょうかねえ。




最後に。おいしい朝市、今週末です。椛島農園も、細々参加中です。よろしくお願いしま~す。

a14101801.jpg


2014年10月18日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

10/13~19のセット&台風

10月12日(日)

今週10月13日~19日のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、ニラ、春菊、葉ねぎ、リーフレタス、セロリ、間引き大根葉、里芋、

ぼちぼちあるもの
間引き人参、間引き大根葉、枝豆、つるむらさき、空芯菜、

ちょっとだけあるもの
なす、にんにく、伏見甘長、ルッコラ、かぼちゃ、里芋、インゲン、三尺ささげ、四角豆、二十日大根new

これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

水曜日お届けの、関東のお客様へお知らせです。台風の影響による、関東方面へ翌日配達が送れる可能性があります。今のところ、火曜日の午前中には関東地方を台風がぬけるようなので、おそらく通常通りの発送ができそうです。ただ、影響が出ないとも言い切れないので、水曜発送、木曜お届けに変更させていただく可能性もあります。その際は個別にご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

セットを始めてご注文される際は、こちら(クリック下さい)の詳細をご覧の上、ご連絡下さい。



さて、台風19号接近中です。最初は、今週も熊本への影響はまずなかろう、というコースだったのですが、予報がだんだん北よりになってきました。これはある程度覚悟が必要な雰囲気になってきました。

aIMG_3005.jpg

稲も風に煽られています。倒れないかドキドキしてます。倒れてもみが地面についてしまったら、発芽してしまうことがあります。当然、くず米扱いとなります。刈り取りをお願いする、地区のライスセンターのコンバインは最新式のでっかい代物。少々倒れていてもかまわず刈れる頼もしい存在なのでありますが、やっぱり稲が倒れるのは怖いです。

そして育苗ハウスのビニールを剥ぐかどうかを、天気予報を見ながら思案しています。ハウスは、危ない時にはビニールだけ剥いでしまえばパイプ自体が風圧で曲がったりすることはないのです。ただ、もちろん、ハウス内に収穫中・生育中の作物があるときには究極の判断が求められるのです。うちは今回もうたいしたものはハウスの中にないので大丈夫なのですが、そうでない場合はかなりまいっちゃいますねえ。

とにかく稲が心配。いままでひどい台風被害はなかったので、とうとう「来るのか!?台風の洗礼というやつか!?こういう経験を積んでいって鍛えられなくては真の百姓となれんのだろう。」と、自分にいい聞かせてます。ああ、こればっかりはどうしようもないですねえ。


リーフレタスが旬を迎えています。

aIMG_3013.jpg

庭の茶の木が、花の季節を迎えています。

aIMG_3019.jpg

実もつけ始めました。

aIMG_2993.jpg

ちなみにチャの木は、ツバキの仲間です。ツバキの種子から油がとれるように、チャの種子からも油が取れます。中国ではけっこう一般的な油なのだそうです。日本でも昔は生活の中に取り入れられていたのだとか。油って、ついたくさん使ってしまうものですが、よくよく考えてみるとすごいものです。

いつもいつもwikipediaのリンクで恐縮ですが、こうやって「植物油」を客観視してみると、面白いです。輸入という行為が一般化していなかった時代、日本において油はほんとうに貴重だったんだろうなあ、と容易に想像がつきます。今は貴重とはいえないけど、この先もずっと今と同じという保証は全くないというのが実情だと思います。


昨日、お友達家族が集まり、山に栗拾いに。

aIMG_2953.jpg
栗の実のイガイガが落ちてきて頭に刺さると危ないからと、帽子を被らせられている息子。

aIMG_2971.jpg

aIMG_2979.jpg

僕は仕事がたまっていて行かなかったのですが、春人をつれていったのりこ曰く「こどもがわんさかいて遊んでいる光景って、幸せだった」。話を聞いて面白かったのは、年が違う子供達がわいわいと集まったら、その中に必ず「小さい子の面倒を見るのが大好き」な母性本能たっぷりなタイプの女の子がいるのだそうです。

今回の顔ぶれの中では、一番年少男子であった春人は、世話好きなお姉さんに囲まれて、もてもてのご様子であられたとか。ああ、息子がうらやましい(笑)でも、息子よ、旬はあとに残しておけ。人生にはなあ、一度くらいとてもモテル時期が来るんだぞ。2歳にもならないうちにその時期を迎えるのはもったいないぞ。青春時代にとっておけ。

ちなみに父ちゃんは小3の時が一番もてたぞ。ああ、早すぎた。その後しばらくなーんもなくて苦労したぞ。大変だったんだぞ。わかったかい。

息子は一応はうなずいて見せた。もちろん意味がわかるはずもなく、一心に茹で栗を食むのに忙しそうなのであった。

2014年10月12日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

10/6~12のセット&小梅ちゃん

10月5日(日)

今週10月6日~12日のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、ニラ、春菊、長ネギ(根深ねぎ)、レタス、リーフレタス、

ぼちぼちあるもの
間引き人参、三尺ささげ、四角豆、セロリnew、間引き大根葉new、枝豆new

ちょっとあるもの
なす、にんにく、伏見甘長、つるむらさき、空芯菜、ルッコラ、かぼちゃ、コールラビ、里芋new、インゲンnew


これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

ようやく、夏野菜から秋野菜へバトンタッチができたかな、という様相です。よかったよかった。キューリ、ゴーヤ、オクラ、モロヘイヤ、収穫終わりました。キューリは、台風の影響をうけて、途中からはさっぱりでした。ゴーヤも同様。オクラ、モロヘイヤは、よくがんばってくれました。いつも、食べて下さった皆様、ほんとうにありがとうございます。

人参、ようやく大きくなってきました。

aPA040110.jpg

今週は、豆がたくさん入りそうです。四角豆、三尺ささげ、インゲン。インゲンは、あまり量がないのできちっとはいれられないです。枝豆は、自家用大豆がちょうど枝豆として採り頃なので入れますね。ちょっと時期がずれましたが、酒の肴やおやつとしてどうぞ。

にんにくは、70gずつ入れております。ご不要の際は、お声かけください。

セロリも収穫スタートです。今秋も、よく出来ました。セロリが苦手な方でも食べられる、クセの無いセロリ。自信の品です。でも、「やっぱり苦手」という方は、ご連絡下さい。

aPA040125.jpg

里芋、まだまだ大きくなっている途中ですが、「品数がさびしいな。ボリュームがさびしいな。よし、もうひと種類」という場合に入れ始めさせていただきます。きちっと入れはじめるのは来週からを予定しております。

セットを始めてご注文される際は、こちら(クリック下さい)の詳細をご覧の上、ご連絡下さい。


すっかり秋です。台風18号は、西日本の太平洋側や東日本では影響の大きそうな進路ですね。無事を祈ります。熊本では、影響はあまりない模様。助かりました。でも、19号も発生。稲刈りが、あともう少し先なので、心配です。

先月の後半、とにかくドタバタドタバタとすごした反動で、ここのところ、日々淡々とすごしております。忙しくも穏やかな、農的暮らし。なにはともあれ、性にあってて、幸せだな、と感じております。

植えた秋冬野菜の除草や土寄せ、虫取り、鶏の餌の小麦運び、近所のちっちゃなハウスの解体、オクラやゴーヤの片付け、そんな作業をこなしております。

そしてひさしぶりにちょっと腰を痛め、整骨院へ。運転中暇なので図書館で借りた藤沢周平さんの小説の音読を聞き入り、じんわり心温まる。夜は球技大会の練習でソフトバレー(球技あまりに苦手でちょっとしんどい;笑)。息子を保育園に迎えにいき、園庭の滑り台を一緒に繰り返しすべる。そんな淡々な日々です。


畑の様子。手前から、ネギ苗の残り(を、葉ネギとして出荷予定のもの)、春菊、玉ねぎ苗、レタス、稲。

aPA040055.jpg

キャベツも、もうひといき。来週後半くらいには入れられそうです。最後の仕上げの時期は、虫除けネットをはぎます。ひろびろして気持ちよさげ。

aPA040120.jpg

納屋ハウスの中で、ぼかし肥料をしこんでます。米ぬか、鶏糞、かつおぶしの古いもの、を水分調整して混ぜ合わせ、こづんでいます。混ぜあわせた場所の、土の表面に、菌がびっちり。

aPA030027.jpg

発酵のプロセスにちょっとはまっています。土中や空気中にあるさまざまな菌が次々にバトンタッチしていきます。麹菌、納豆菌、乳酸菌などが頑張り、最終的に酵母菌(パン作りの際の、あの酵母菌です)が優先した状態の肥料ができあがる様は、ほんと面白いです。

というわけで、(多分)麹菌活躍中、の図。まったく臭くないです。

aPA030031.jpg

田の畦の、ノコンギク。ヨメナとの区別が難しいですが、おそらくノコンギク。秋の野菊らしい野菊。あと3週間もすれば初霜です。はやいなあ。

aPA040083.jpg

最後に。

aPA040188.jpg

近所の「あそ望の郷」のドッグランが春人のお気に入り。いろんなワンちゃんがいて、見てて飽きないようです。今日は、小梅ちゃんというワンちゃんがいて、ほんと可愛かったです。小梅ちゃんの飼い主さんがおっしゃるには、「保健所からひきとってきたんですよ。あとの、あそこで遊んでいる3頭もそう。かわいそうでねえ」

里親募集については、このサイト(ぺっとのおうち)がお勧め。

猫にあふれた椛島農園ではありますが、こういう好みのワンちゃん(おとなしく、猫っぽい犬)を見ると、僕の胸もきゅんとなります。そろそろ、犬も飼いたいなあ。散歩につれていく自信がないので今まで手を出さなかったのだけど、逆に言えば、犬を散歩に連れて行くぐらいの余裕がないとだめだわな。年があければ就農9年目。そろそろ、暮らしのリズムもいろんなふうに整えていくべきじきかな、と、子育てをしてて感じている父なのでありました。

それはそうと息子よ、そこで砂遊びをするのはやめてくれ。そこは、思いっきり、ワンちゃんたちのトイレスポットだぞ(笑)

2014年10月05日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

2014年新米のご案内

10月5日(日)

2014年の新米のご案内です。

aPA040039.jpg


稲刈りは、10月の25日頃の予定です。月末には発送をはじめられる予定です。


※日照不足の影響で、例年より1週間ほど遅れることになりそうです。先日20日頃稲刈り、と書きましたが、訂正いたしました。


aPA040068.jpg


今年で、お米の販売も3年目。日照不足でどうなることかと思いましたが、しっかり実ってくれました。台風19号が心配ですが、今のところ倒れてもおらず、とてもよい感じです。

今年は、面積が去年までの倍近くになったこともあり、いろいろな段取りで春先は大変でした。なので、収穫のよろこびはひとしおであります。田んぼの再生から、 苗作り、田植え、除草の様子などは、こちら(ブログの田んぼ記事)からどうぞご覧ください。

品種は、ヒノヒカリです。コシヒカリ系の、お米そのものの味を楽しめる品種です。と同時に、コシヒカリよりかは少しさっぱりしているので、野菜などの味もしっかり引き立ててくれます。

種まき、育苗の段階から、無農薬、無化学肥料栽培です。水は、地下水を汲み上げたものをダイレクトに使用。川の水、他の田んぼの水や、生活排水なども混じっていません。

価格は、玄米が5キロ3000円、白米が5キロ3300円です。5キロ単位でのご注文とります。白米は、ご注文を頂いた後に、発送前日か発送当日に精米したてのものをお届けします。

「毎月5キロ(10キロ)野菜と一緒に」という定期購入のお客様へは、引き続きお届けをして参ります。お待ちくださり、感謝です。定期購入のお申し込みもお待ちしております。今年からは、面積も増えて収量も増えますので、確実に通年分をおとりおきさせて頂きますね。

不定期でのご購入も、お声かけお待ちしております。野菜・卵セットと一緒のお届けの場合は、追加の送料もかかりません。お米だけのご注文の場合も、25キロまでは一口でお届けできます。

栽培方法、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく、お問い合わせ下さい。ご注文も、お名前、ご連絡先、お電話番号、をそえて、

椛島農園 tkabashima@hotmail.com

までご連絡下さい。


2014年10月05日 お米 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |