元気です

4月26日(火)

地震発生から10日がたちました。疲れは溜まっていますが、家族みんな元気です。ようやく、パソコンを開ける余裕ができたので状況をおつたえしておきます。

沢山の方からご心配の声をかけて頂き、励みになりました。ありがとうございました。なかなかこちらから連絡したり発信したり出来ずに失礼いたしました。順次、また改めてご連絡させていただきますね。日本各地から復旧支援に来てくださった皆様や、遠くからいろいろな形でご支援くださった皆様のおかげで、熊本のみんなも前に向けて歩き始めています。本当に、ありがとうございます。

うちは、家も住み続けられる状態です。田畑の畦が崩れたり亀裂が入ったりしたので今年の作付けは少し減らさざるをえませんが、時間をかければ元の状態に戻せると思います。村内でも10分位はなれたところでは橋の崩落や生き埋めなどの甚大な被害がでたり、益城町や西原町では住宅の半分以上が住めない状態であったりするので、現状に感謝してやれることをやっていきます。

そして、よくも悪くも自分がいわゆる日本人的気質をもっているんだなあと感じた10日間でした。自分がどうしたいのかということと同じくらいに、「周りの和を乱さないようにすること」をこの混乱の中でも大事にしているのだなあと痛感。まあ悪く言えば、自分勝手な行動をして周りの方に迷惑をかけているのを恐れているだけですが。

そしてそれは僕だけではなく、多くの日本人が持っているものなのだろうと思います。東北や関東の方と比べると、わりと感情を表に出していき、そしていい意味でのおせっかいなのが九州や熊本の人。それでも根底にある日本人的気質は同じなのだと今回感じました。

もちろんその気質を持ってるが故のお互いへのストレスがないかといえばうそになります。でもそのような気質のおかげで、避難所や地域や仲間内での助け合いのがうまく機能し、苦しい時間の中にも、あたたかい何かを感じられます。お互いの遠慮や気配りのおかげで救われる事も多いのも確かです。日本人は、こういうふうにやっていくものなんだなあ、と感じました。いろんな意味で疲れはしましたが、得たものは大きかったように思えます。

消防団活動や地域内での助け合い作業がようやく昨日で一応終わったので、今日から本格的に我が家や田畑の復旧作業スタートです。

発送については、まだなんとも言えない状況です。早ければ連休明け、遅ければ夏野菜が本格化する7月頃にはスタートできるのではと考えています。順次、個別に日程調整などの連絡をさしあげて参ります。しばらくの間ご迷惑をおかけいたします。

昨日は、1週間ぶりに妻子に会いに玉名に行ってきました。のりこの実家のお寺でも炊き出しなどの支援や遠方からのボランティアの方の滞在拠点としてとにかく忙しそうに動いていました。みんながんばってるんだなあ、と力を頂きました。

のりこいわく、「みんな忙しく疲れを抱えながらずーっと休みなしで頑張ってるのに、わたしゃ子供の子守だけしかしてないよ。なさけないわ。連絡くださった方や、お客さんへの電話もしたかったのだけど、2人ともとにかく私にべったりで何にもできず・・・」と。

なるほど、確かに普通の状態じゃないということを子供もしっかり感じているようで、ストレスもかなり溜まっている模様。長男もイヤイヤ期が復活して炸裂しているような感じ。よし、ここは父ちゃんの出番だ、ということで1日めいいっぱい遊んであげました。ナメクジごっこ、ナメクジごっこ、ナメクジごっこ、金魚ごっこ、カタツムリごっこ、フェリー乗船、おたまじゃくし取り、などなど。ん、ナメクジごっこって何ですか、と?ご想像におまかせします(笑)

ずっと夜は小学校の体育館で寝てましたが、それもそろそろ終わりにしようかと思います。そして、あと2、3日かけて、家の中を整えてたら迎えに行ってもとの暮らしに戻る予定です。余震もさすがに落ち着いてくるでしょうし。

「いいことも悪いことも、そんなに長くは続かない」ですもんね。とにかく毎日やることをリストアップして整理して優先順位を決めて、決めたらあとは感情にふりまわされずに淡々と淡々とやってくのみです。一歩一歩です。

あっ、そう考えたら、地震があろうとなかろうと、やることはいつもと同じだ。やるしかないな。よっしゃ、がんばろうっと。


スポンサーサイト

2016年04月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

家族みんな無事です

ご報告が遅くなり大変ご心配おかけしております。
たくさんのご心配のメールやお電話、着信に本当に力を頂きました。
初日の真っ暗で不安な中、支えになりました。心よりお礼申し上げます。

16日の震度6の地震の後は、近くの南阿蘇西小学校へ避難しておりました。
おかげさまで我が家はだれも怪我せず、元気にしております。
家も中はごちゃごちゃですが、片づければ住むことができそうです。
鶏や田畑は、あちこち被害がありますが何年かかければ復旧できると思います。
お客様方にはだいぶご迷惑おかけすると思います。

18日私、のりこと、子供たちは実家の玉名へ帰宅しました。
主人は消防団の活動やニワトリなどの生き物の世話、もろもろ出来る事、
しなくてはならない事がありますので南阿蘇へ戻っております。
夫婦共用の携帯電話は主人が所持しております。
電波や充電などの関係もありなかなか電話や返信がままならないかと思います。

私へのご連絡は0968-72-3301(j実家)までお願いします。
取り急ぎ安否と状況のご報告まで。


椛島のりこ

2016年04月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:3

大丈夫です

4月15日(金)

熊本の地震について。

うちは、大丈夫です。普段どおりの朝を迎えています。特に被害もありませんでした。子供たちも、地震に気付かず眠り続けていました。鶏は起きて大騒ぎでしたが。

うちから40分くらい離れたエリアでは被害甚大のようです。余震や、明後日に予想されている大雨で被害が広がらないようにと願うばかりです。

端境期のお休み中ということで発送への影響もほとんどありませんが、本日~来週前半くらいにかけての数件の発送予定の方には個別にご連絡さしあげますね。

とりいそぎのご報告まで。

2016年04月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

温湯消毒

4月11日(日)

ただ今、春の端境期のお休み中です。

一部の方を除き、定期購入の方への野菜セットの発送はお休みを頂いております。
また、単発/不定期ご注文の方への野菜セットの発送もお休みを頂いております。

お米や卵のご注文や、お米や卵多めの定期購入の方へのみお届けしております。
定期発送の本格再開および、単発/不定期ご注文はゴールデンウィーク後からとなります。
しばらくの間、お待たせいたします。


一応、今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、水菜・小松菜・大根などの間引き菜・葉玉ねぎ(ネギ代わりに)

(その他入る可能性のあるもの)
サツマイモ、原木しいたけ、タケノコ、ニラ

これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

お米・卵につきましては3月4月もご注文承っております。また、お米・卵を送る際に「その時ある野菜もちょっとでもいいので一緒に送って」というご注文は承っております。

野菜と卵のセット、そしてお米についてのご案内はこちらのご案内(クリック下さい)をご覧下さい。5月以降のご注文、お待ち申し上げております。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。今日は稲の種蒔き用意についてです。



いよいよ、田畑が忙しくなってきました。高まる緊張感。農繁期突入です。

先日は、まるで台風かという位の強風と雨。近所のビニールハウスのビニールも、突風で吹き飛ばされているところがありました。いやはや・・・。

降水量も1日で100mm。この時期としてはなかなかの雨量でした。ちなみに年間では降水量は南阿蘇では2300mm位です。これって、すごい量です。つまり、230cm。仮に15坪(約50平方メートル)の屋根の水を全部タンクに溜める事が可能だとすると、一軒の家で115立法メートル。つまり、115トン。365日で割ると、1日あたり320ℓ。雨や湧水の多い地域に住んでいるとあまり実感がわきませんが、雨の少ない地域では家を建てる際にタンクを据えるというのはアリですね。数字は雄弁だなあ。

あ、いきなり話が脱線した。

そんなわけで、うちでも保温&虫除けのための不織布がボロボロドロドロになって飛ばされたりしました。手直しがてら、不織布の下のブロッコリやらキャベツに土寄せ。順調に育ってます。

aaIMG_6532.jpg

植物の体は、実によくプログラムされています。上から見ると、無駄な重なりを無くし、少しでも効率よく太陽の光を受けられるように葉っぱが広がっているのが分かります。美ですね、美。

aaIMG_6537.jpg



去年の秋にまいたレンゲ。水気が多い畑(田んぼ)で、あまりうまく育たず・・・。

それなりに花畑になりました。

aaIMG_6574.jpg

そして、ハンマーナイフモアで粉砕しました。先日購入したオーレックのHR662。定番機種、名機です。

aaIMG_6590.jpg

こんな感じになります。

aaIMG_6582.jpg

乾いたら、土にすきこみます。こういうのを、緑肥といいます。

レンゲはマメ科です。マメ科の根っこには、根粒がつきます。根粒の中には、根粒菌というバクテリアがすんでいます。根粒菌は、空気中の窒素(N2)を、植物が利用できるような状態(水素と結合させたアンモニア(NH3)に変えて、植物に共有します。代わりに植物が光合成して作った糖(炭水化物)をもらうという共生関係がマメ科植物と根粒菌の間にはあるのです。

なので、マメ科作物は肥料が無くても育つとか、マメ科を育てた後は土が肥える、と昔から言われています。

ちなみに、このレンゲ、育ちがいまいちで、根粒の発達もイマイチでした。やっぱり土づくりで一番大事なのは、物理性(水はけと水もち)であり、次に生物性(生き物の多さ)、最後に化学性(肥料やPHなど)だなあとつくづく感じます。

aaIMG_6587.jpg





さて。稲の種蒔きの準備も始まりました。まずは、禾取り、種籾の選別、そして温湯消毒。例年どおり、隣の隣の集落、喜多地区のライスセンターの仲間の農家の方々にお世話になっての作業でした。ありがとうございます。

まず最初に、禾(のぎ)を取ります。

aaIMG_6571.jpg

籾と穂先の軸とをつなげているのが禾です。禾があるままだと機械で蒔くときにピャカピャカとブラシにあたってしまって邪魔なので取り除きます。そこで、禾取り機械なるものが世の中にはあるのです。

TDS-200__2__midium.jpg
(写真撮り忘れたので、タイガーカワシマHPより)

内部はこんな感じ。

aaIMG_6509.jpg

この機械のすごいところは、禾取(脱禾・だつぼう)と同時に、籾の選別をしてくれるところです。右側の筒状の網で、小さい籾やゴミをよけてくれます。大きな、ぎゅっと中身のつまった籾だけを種として使うのです。

これはにはもう、だつぼう、

aaIMG_6505.jpg

ってことですね。農業機械のネーミングって、僕はけっこう好きだなあ。禾もとれて、ピカピカ籾、というわけ。髪型にも親近感を覚えるし(笑)

そんでもって、次は温湯消毒。籾には、いろいろ病気の菌がついている可能性があります。それを、薬剤を使わずに、お湯の熱で消毒します。池の湧き水を汲んできて、熱のスイッチを入れます。スイッチ入れ係のコータさん、未明の3時15分にスイッチオン、ありがとう!!!

aaIMG_6510.jpg

60度のお湯に10分きっかり。終わったら、すぐに冷やします。

そして、田んぼに使う地下水を容器に汲んできて、籾を浸けます。酸素を供給するために毎日水を替えます。10日ほど浸けたら、種蒔きです。

aaIMG_6594.jpg

ケバケバシイ色彩で、オーガニック雰囲気皆無ですね(笑)まっ、いっか。

そんなこんなで、ドタバタしてます。さあて、農繁期がんばるぞ~。


あ、あと、近所の方で「ハンマーナイフモアちょっと使わせてよ」という方がいらっしゃいましたらいつでもお声かけ下さいね~。



2016年04月11日 お米 トラックバック:0 コメント:0

小さなシアワセ&ミュージカル

4月3日(日)

ただ今、春の端境期のお休み中です。

一部の方を除き、定期購入の方への野菜セットの発送はお休みを頂いております。
また、単発/不定期ご注文の方への野菜セットの発送もお休みを頂いております。

お米や卵のご注文や、お米や卵多めの定期購入の方へのみお届けしております。
定期発送の本格再開および、単発/不定期ご注文はゴールデンウィーク後からとなります。
しばらくの間、お待たせいたします。


一応、今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、ほうれん草、菜の花、葉玉ねぎ(ネギ代わりに)

(その他入る可能性のあるもの)
サツマイモ、原木しいたけ、

これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

お米・卵につきましては3月4月もご注文承っております。また、お米・卵を送る際に「その時ある野菜もちょっとでもいいので一緒に送って」というご注文は承っております。

野菜と卵のセット、そしてお米についてのご案内はこちらのご案内(クリック下さい)をご覧下さい。5月以降のご注文、お待ち申し上げております。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。野菜の様子、ちょっとしたシアワセ、こどもミュージカル、ヨガ教室の案内、について。写真多めだけど文章はわりとあっさりめでいきます。

aaIMG_6306.jpg

本当に、いい季節になりました。桜も満開です。孫もりにきてくれた祖父母と花見。小さなシアワセ。

aaIMG_6430.jpg

aaIMG_6434.jpg


気温が上がり、夏野菜の苗もすくすく成長中。

南瓜。もうすぐ定植です。

aaIMG_6324.jpg

ナス。こちらはあとひと月ほどかけて苗で育ててから定植です。

aaIMG_6329.jpg

畑の春野菜も、大きくなってきました。

ちょっと殺風景なトンネル&不織布の光景ですが・・・、

aaIMG_6340.jpg

中をめくると、こんな感じ。いい色をしてます。

しろ菜。

aaIMG_6344.jpg

水菜。

aaIMG_6342.jpg

そろそろ暖かくなってきたので、かけているビニールや不織布をとりはじめなくちゃ、です。収穫間際までかけておくとヒョロヒョロしてきます。資材をはぐタイミングというのが、なかなか難しく、毎年気を使います。

こちらは、人参。

aaIMG_6370.jpg

畑の隅のトウダイグサも、本当にいい色。

aaIMG_6450.jpg

じゃがいも、どんな感じかとほじくってみたら、こんな感じ。順調、順調。いい感じです。

aaIMG_6379.jpg


さて。

aaIMG_6314.jpg

もらってきたリンゴ箱で超ゴージャス本棚作成。

aaIMG_6489.jpg

総工費30円位。コストパフォーマンス最高!垂直に重ねていったはずなのになぜか斜めに積みあがってしまう・・・。家が傾いてます(笑)。大丈夫、地震対策で壁に直接バンバンとビスを打ち込んで連結しました。ぼろ家万歳!!

本好き夫婦なのに今まで大量におさまる本棚が無かったので、にわかにテンションがあがりまくり。ああ、なんてささやかな、小さなシアワセなんだろう。ああ、ああ、嬉しいなあ。


先日レポートした砂場も無事完成。これまた小さなシアワセだなあ。

aaIMG_6418.jpg

数名の方に「ネコのトイレにならないように気をつけてね」とアドバイスをいただき、使用しないときはビニールハウス用のビニールをかけてます。うむ、実に殺風景!でも、そんなこと気にしません。ネコトイレ化はなんとしても防ぐのだぁ(笑)


もひとつ。

冬に行ったアンケートの集計もようやく終わりが見えました。数値化できるところはほぼ完了。あとは、数値化できないものをまとめていく作業。数字は雄弁です。いろいろ見えてきました。ご協力下さった皆様には本当に感謝申し上げます。ご返送いただけなかった方々も、本当にお忙しいだろうなあというご事情の分かる方や、アンケートの必要のない位に長い付き合いや関係のある方ばかりで安心しました。こんなに沢山のお声がいただけるとは、と感激。


aaIMG_6474.jpg

A4用紙8ページに渡るアンケート。アナログ作業は大変だったけど、皆様からのメッセージに心が温まりました。大変だったけど、やってよかった。そして用紙の端々にいろんなコメントが書き添えられ、こころ温まりました。アナログなつながりっていいなあ、としみじみ感じてました。まっ、デジタル化しきらんだけなんだけどね(笑)。これまた小さなシアワセだなあ。



さて。


美里町に、こどもミュージカルを見に行ってきました。

aaaa20160303112013c0b.jpg
aaa20160303112020287.jpg

YMKミュージカル体験クラブの公演でした。YMKミュージカルクラブとは、2008年の結成以来、1年~1年半ごとに発表会を設定し、その4~5ヶ月前から期間を限定して活動している劇団です。今回が7回目の公演。

現在、5歳~16歳の41人が参加しているそうです。YMKとは、山都町、美里町、熊本市、の3箇所を拠点にして活動をしているのでYMK。その他にも、甲佐町、高森町、南阿蘇村、山鹿市から参加があるそうです。

友人のこどもが何年も前から参加しているということで気にはなっていたのですが、なかなかタイミングが会わず、今回始めて見に行くことができました。

そしたら・・・・・、

もう、びっくり!

感動!

感激!

胸がキュン!

となりました。

ミュージカルのことはさっぱり分からない僕が見てもわかるくらいのレベルの高さ、完成度の高さでした。ストーリーや演出の素晴らしさはもちろん、子ども達の一生懸命さ、緊張感、楽しげな雰囲気、そして劇のクライマックスが近づくにつれて増してくる高揚感がこども達の表情からひしひしと伝わってくるのがなんともいえませんでした。

aaIMG_6496.jpg

こんなふうにミュージカルを体験することは、本当に豊かな世界ですよね。こどもの時に、こういう場で人とつながったり自己表現ができたりすれば、豊かに感性を磨いていけますよね。それに、「学校以外の居場所」でうちこめる空間があると仮に学校で行き詰ったとしても他の道を拓いていきやすくなるんだろうなあ。いろんな意味で、素敵だなあ、と感じました。

そういえば中学校や高校時代に、ミュージカルやっているっていう奴がいたなあ。語学オタクでもあり、みんなから「ちょっと変わった奴」と思われていたけど、きっと今頃豊かな人生送っているんだろうなあ。というふうに、昔の級友のことを思い出したりもしてみました。

さて、そのYMKミュージカルクラブにおいて、子どもをリードして演技指導などをしておられるのが、「劇団天然木」のメンバーです。「劇団天然木」とは、山都町を拠点に活動しているこどもミュージカルの劇団です。おおむね家族で、台本・作曲・美術・振り付け・衣装を創作し、自作自演、生演奏の出前ミュージカルを県内外で行っています。

たびたび友人からお話だけは伺っていたのですが、今回初めて劇団天然木さんの活動の一環としてのYMKミュージカルクラブの公演を見に行き、その世界観に浸ってしまいました。

今回の「アイランド フェアリー」は昆虫の世界を題材にした作品なのですが、そこに流れる世界もまたシンプルで共感を覚えました。作品パンフレットの中に天然木代表のHISAさんがこう書いておられます。

3ヶ月ほど図鑑を読みあさり、虫達の驚くべき様々な生体、知恵と勇気、その命を精一杯生きる姿に感動し、物語は自然に生まれてきました。「命をつなぐために生きる」「生きるために食べ、食べるために生きる」という生き物の本質を、私も取り戻したいと思いました。

本当に、オススメです。来年の公演も、見に行くぞ~。

そして、我が子もいつの日か「私も、僕も、やりたい。歌って、踊りたい」なんて言う日がこないかなあ、なんて思いました。まあ、送り迎えの大変さは覚悟しとかなくちゃならないでしょうが、彼らの豊かな人生のためならなんとかするしかないな、とシミュレーションしてみたり・・・。

劇団天然木さんのブログはコチラ

今回の公演の宣伝動画(もう公演終わっちゃったけど)はコチラです。(フェスブックにアカウントがないと見れないかもです・・・)

天然木さんの家族のドキュメンタリー。2010年の番組でちょっと古いですが・・・。




最後に。

今月も、ヨガのご案内です。以下、のりこフェイスブックから大体コピペです。

====================

心と体を整えるシンプルヨーガの会

4月16日(土) 10時~11時30分 長陽公民館集会所

玉名よりヨガ講師・土師義博先生をお招きしてのイベント2回目です。

私が独身時代4年ほど習っていた先生ですが、ヨガへの情熱と愛に溢れ、また丁寧にじっくり指導してくださる素晴らしい先生です。
ほんとヨガに人生を捧げてこられた方です。
なのに、全然えらぶらなく、ひたすら謙虚。

そして、先生の腹直筋はすごいです。先生の気分がのれば、ぬいで実演して見せてくださいます(笑)
さて、今回はどうでしょう・・。

呼吸法から丁寧に教えてくださいます。
体硬い方、初心者の方大歓迎です。
よかったら一緒に体を整えましょう(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先生のプロフィール

土師 義博 ハジ ヨシヒロ
1959生まれ 熊本県玉名市出身
20代前半にヨガに出会い傾倒し、30代からは更なる学びを求めインドへ渡り続ける。15年前より土師ヨーガ実践教室を玉名にて開く。
「呼吸・体操・瞑想」というヨガの基本3つを重んじた伝統的なスタイル、ヨガへの深い愛と謙虚な姿勢に幅広い世代の生徒さんに支持される
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回大好評で、リピート率が高いため新規の方にも参加してもらえるように会場を広いところに変更しました。
暖房がありませんので、暖かい恰好をしてきてくださいね。

参加費 大人1人 1200円 
(家族・カップル割り有り。2人だと1人1000円)

持ってくるもの
・ヨガマット なければバスタオル
・タオル (温泉に行く時のサイズ

お申し込み、お問い合わせは 椛島農園まで 携帯(夫婦共用)090-9973-0926 椛島のりこ

2016年04月03日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |