アオムシコマユバチ

5月29日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、新玉ねぎ、大根、カブ、セロリ、間引き人参、チンゲンサイ、ルッコラ、ニラ、ズッキーニ、

(その他入る可能性のあるもの)
キャベツ、枝豆、白菜、小松菜、春菊、スナップエンドウ、ブロッコリ、水菜、ルッコラ、二十日大根、ソラマメ、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。今日も写真多めのあっさりでいきます。なにせ最農繁期、書くのにかける時間を外仕事や子供との時間にあてます。。あんまり長々書いて「大丈夫か、睡眠削ってないか」とご心配いただくことのないように気をつけます(笑)


農地修復工事も進んできました。ポンプの穴の保護と埋め戻しをどうしたものかと心配していましたが・・・。こんな感じに。直径1m50cm、高さ2m35cmの巨大土管が縦に3本並んでます。プロの業者さんの知恵と技にびっくりでした。


aaIMG_7221.jpg


畑の様子。

インゲン。

aaIMG_7238.jpg

里芋。

aaIMG_7235.jpg

小麦。

aaIMG_7271.jpg

トウ立ちしてしまった大根の花。

aaIMG_7259.jpg

ズッキーニ。

aaIMG_7275.jpg

aaIMG_7277.jpg

受粉の手助け。雄花についた花粉を、ちょんちょん、と雌花につけます。

aaIMG_7280.jpg

キャベツ。

aaIMG_7244.jpg

春から夏にかけてお届けするキャベツは、収穫し続けられるように5、6回ほどにわけて種をまきます。ここのところの暑さもあり、6月中旬頃にお届け予定のこのロットは、だいぶ虫に食われてしまいました。

畑の虫からもいろいろ教えてもらうことばかりです。モンシロチョウの幼虫であるアオムシは、シーズン初めは無双の勢いでキャベツの葉っぱを食します。でも、しばらくすると、アオムシコマユバチという蜂がアオムシに卵を産みつけるようになります。寄生蜂というやつです。

アオムシの身体の中で、蜂の幼虫がアオムシの体を食べながら育つのです。アオムシは当然元気をなくします。今の時期だと、キャベツについているアオムシの9割近くには寄生しています。当然、さなぎになって羽化できるアオムシの数は減ります。自然というのはひとつの種が極端に増えないようにバランスをとっていくものなんですね。


はい、こんな感じで、淡々と働いています。長時間労働が甚だしいですが、やらされる仕事ではなく、自分でやる仕事なのであっという間に時間が流れます。4時から収穫して箱詰め終わって、ひと仕事したらもう8時間たってるんだもん(笑)

今年は助っ人じゅんちゃんが子守もかなりのハイレベルでしてくれているおかげで、家の中の雰囲気はとても穏やか。救世主です、じゅんちゃん。そして何より地震でいろいろと開き直れたことが大きいみたいです。いつもだったらカリカリしてしまう作業の遅れも、今年は「まあさすがにしょうがない!」と大きく構えられています。あっ、もちろんやれることはやったうえで、というのが前提の話ですけどね。

去年は産後の大変な時期と最農繁期が重なり、完全にお手上げ状態に。夏の「できたしこ宣言」につながりました。生きていれば、続けていれば、本当にいろいろなことがありますね。この先も、いろんなことがあるんだろうなあ。そのたびに、経験を積むたびに、人は慣れていき、強くなっていけたらいいなあ。

さて、今週は田植えの準備を頑張ろうっと。淡々とやってきます。


最後に。けっこう下に、アオムシコマユバチのさなぎの写真をあげておきました。閲覧注意です。虫が苦手な方は、スクロールなさらないで下さいませ。

それでは皆様ごきげんよう。何かひとつだけでも、ワクワクする何かがおこる1週間でありますように。


























aaIMG_7247.jpg

ビバ生態系!!





スポンサーサイト

2016年05月30日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

モンシロチョウ

5月22日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、新玉ねぎ、大根、カブ、白菜、レタス、セロリ、スナップエンドウ、ニラ、ズッキーニ、

(その他入る可能性のあるもの)
キャベツ、間引き人参、小松菜、春菊、カリフラワー、ブロッコリ、水菜、ルッコラ、二十日大根、ソラマメ、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

連日の晴天。5月というのに30度近い暑さの日もあって体にはこたえますが、農作業ははかどっています。ありがたい限り。でも自然はどこかでバランスをとるからなあ。こんなに晴れがつづくぶん、梅雨は激しく降るのかなあといまから恐々としています。

出荷も再開し、忙しさと労働時間が最高潮になってきました。これぞ農繁期といった感じです。地震の影響で集荷時間がはやくなり、週2日の出荷日には4時にはヘッドランプをつけて収穫を始めて大急ぎで10時までには箱詰めを仕上げるというリズムに。

息つく暇もない緊張感ある時間です。夜早く寝れれば問題ないのですがやることは多くなかなかそうはいきません。とても眠い毎日ですが、盛り上がってきました。疲れるけど、気持ちのよい毎日です。日常に感謝。


いろいろ書きたいことはあるのですが、今週は時間切れ、断念。写真沢山文章あっさりでいきます。



ニンニクを収穫。4月に雨が多かった影響で葉っぱに元気がなくなってきたので思い切って早めに収穫。水分がまだ多く、乾燥が難しい・・・。この晴れ間でしっかり乾いてくれるといいのだけどなあ。

aaIMG_7094.jpg

トマトも植えつけました。

aaIMG_7146.jpg

aaIMG_7150.jpg

今年は新しく雨よけハウスを建てて場所をかえて植えつける予定だったのですが、断念。連作になるので、はたしてきちんと採れるかどうか。ハウス周りに溝を切って雨水が溜まらないようにはしてみました。



忙しい中ですが、ちょっとこんな時間も。

aaIMG_7123.jpg

近所の農家仲間であるたのくろ農園さんが納屋を新築中。自分でできるところは自分で行うハーフビルド。いい時間です。お手伝いに行きました。

aaIMG_7113.jpg

地震前に予定していた棟上が伸び伸びになって、このタイミングでのこの作業。結果的に、地域の復興シンボルです。理想は足並みをそろえることなのでしょうけど、やれる人からどんどん立ち上がっていくことも大事だな、とよそ様の現場を見ても感じました。

aaIMG_7116.jpg

山肌は削れたままですが、納屋は立ち上がっていきます。それで、いいのだ。


うちの田畑の畦の補修も急ピッチで進んできました。プロの技、すごいです。感動的です。

aaIMG_7013.jpg


本当に、若葉や虫たちが輝く美しい季節です。

生垣のお茶の木の葉。

aaIMG_7023.jpg

イワニガナ。別名ジシバリ。

aaIMG_7070.jpg

ほんのちょっと土があれば根を下ろすので、岩の上でも繁殖していきます。なので岩苦菜。地面に茎をのばしていって増えていきます。地を縛るほどに伸びていくので、地縛り、だそうです。さらに、他の花の花粉がもらえない時は花柱の先がくるりと巻いて自家受粉をします。すごい繁殖力。

芽を出す。葉を広げる。花を咲かせる。種をつける。そしてまた根を下ろす。イワニガナくらいのたくましさがあれば、ジンセイなんとかなるのだろうけど・・・。

ハナウド満開。

aaIMG_7205.jpg

畑に舞う大きなモンシロチョウ・・・。

aaIMG_7199.jpg

だそうです(笑)お母ちゃんに作ってもらってご機嫌な息子。



よし明日も、一歩一歩!

2016年05月22日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

スコップ

5月15日(日)

野菜・卵・お米の定期購入の皆様へ

お待たせいたせました。今週から、発送を本格的に再開いたします。関東への翌日着のお届け便も通常通りに受付可能となりました。実際に関東へも数箱送ってみましたが問題なく届けていただけました。ヤマト運輸さん、すごいです。担当のドライバーさんがおっしゃるには、熊本の拠点集配センターに大きな被害があったけどなんとかシステムを作った、とのこと。

結果的に、通常の端境期のお休みが少し長くなったくらいの影響ですみました。地震直後はこの先どうなることかと思いましたが、まさかこれほど早く発送再開できるとは想像もしていなかったです。いろんな方に支えられてのこの仕事だなあ、と頭が下がります。


というわけで、今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、レタスor半結球レタス、新玉ねぎ、大根、カブ、白菜、セロリ、スナップエンドウ、ブロッコリ、春菊、

(その他入る可能性のあるもの)
キャベツ、間引き人参、小松菜、さつまいも、チンゲンサイ、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

今月いっぱいかけて、徐々に通常の発送件数に戻していきます。野菜セットの単発でのご注文も、来月から承りますね。どうぞ、しばらくお待ち下さい。


野菜と卵のセット、そしてお米についてのご案内はこちらのご案内(クリック下さい)をご覧下さい。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

地震発生から1ヵ月が過ぎました。うちの近所でも、まだまだ厳しい状況が見受けられます。息子がお世話になっている保育園の先生の中にも、避難所の体育館から出勤している方もおられます。水源の水が涸れてしまい、家や農地を探しなおすという方もおられます。傾いてしまった家の解体作業をどうするかと悩んでいる方もおられます・・・。

先週、「ミジンコ」であることにモンモンとしている旨を書いたところ、沢山の方からあたたかい言葉を頂きました。本当に、ありがとうございます。まずは、自立。できる人から、できることをやる。それが地域全体にとってもまず大事なこと。まだ少々もやっとはしていますが、迷いがだいぶ消えました。今はとにかく、目の前の農作業をやる時期だと思ってやっていきます。

崩れた畦や、地下水を汲み上げる井戸やポンプの補修も、方針が決まりました。人力で、自分の力でどうこうできるレベルの補修ではないので、業者さんに頼んで施行してもらうことにしました。

aaIMG_6902.jpg


aaIMG_6884.jpg

aaIMG_6883.jpg
(埋まったポンプを掘り出し中)

aaIMG_6918.jpg
(あった!ユニックで吊り上げました)


幸いなことに、村からある程度補助金がおりることになり補修費用に見通しがたってきました。また、ご支援をいただいた皆様にも、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

出荷できる野菜や卵やお米があるのだから、出荷します。待ってくださっている方がいらっしゃるのだから、出荷します。そして、自分でできるところはやるけど出来ないところはしっかり発注していき地域経済をまわしていくというのは大事な視点だと思います。

それにしても、重機で出来ないところの穴をスコップで掘ってくださっている作業員の方々のお姿には、心震えるものがあります。

人生の進路をさぐっていた20代半ば、食いつなぐ手段として土木作業のアルバイトをしていました。何ヶ月か働いては何ヶ月か旅に出る、そんな暮らしでした。本も人生で一番読んだ時期でした。「いつでも好きなとき来い。うちで好きなように働け」と言って面倒をみてくださった土木会社の皆様には本当にお世話になりました。

今でも、スコップを握ると、青春時代の期待と不安とが入り混じった複雑な気持ちがよみがえってきます。あの時間がなかったら、今の自分はないなあ。山本さんはじめ、株式会社ケイツーの皆様、本当にありがとうございました!

おっと、いつもどおりの脱線(笑)


そんなわけで、農作業の遅れもだいぶ取り戻せてきました。

稲の苗も順調です。

aaIMG_6899.jpg

ナスやピーマンの定植も終わりました。

aaIMG_6871.jpg

かぼちゃの畝間を除草のために耕してます。

aaIMG_6874.jpg

ちなみに奥に見える夜峰山の斜面が崩れています。1週間前に大雨が降った際も、斜面の土砂崩れが危ないということで避難指示が出されました。個人的な見解では、うちの地区はまず大丈夫だと思ってますし、近所の方も皆同じように言っています。

ただ行政としては万が一に備えなくてはならないので、避難指示の発令となるわけです。いろいろ難しいところではあります。まあとにかく、梅雨以降の大雨の時にはいろいろと大変なことになるかも。備えておかなくちゃ、という気持ちではいます。

畦の補修でユンボが入るスペースを作るために、ビニールハウスを解体。建てる途中での地震だったので、まだよかったです。

aaIMG_6915.jpg

東京から手伝いにやってきてくれたじゅんちゃん。

aaIMG_6908.jpg

平たく言うと、有機農業の兄弟子の息子さん。21歳の若さが眩しいです。昔の僕のように、まさに「人生における階段の踊り場」中。うちの手伝いに限らず、地震後の熊本でどんな経験を積んで帰れるのか、楽しみです。



午後は、久しぶりに家族だんらん的時間を作りました。

子供たち、元気です。

aaIMG_6923.jpg

ところで、最近ようやく息子の叱り方がわかってきました。夫婦ともに叱るのが苦手。怒鳴るのも怒鳴られるのも苦手。喧嘩も苦手。甘えさせと甘やかしの線引きがよく分からず結果的にわがままばっかりになってて、こりゃいかんなあ、と。

そろそろガツンといくか、ということで、これはイカンだろというところで駄々をこねている息子を抱え上げて玄関の外にしばし出したりしてます。すぐに泣き出し、ごめんなさい、と叫ぶ息子。そしてお家の中に入り、だっこだっことせがむ息子。ぎゅっとだっこをして、頭をなでます。こういう感じでいいんでしょうかね。

なるべく短く、なるべく分かりやすく、さっと𠮟って、泣いてごめんなさいして、はいおしまい、よし遊ぼう、という雰囲気作りが大事だな、と試してみてます。うちの息子の場合、特に「短く、分かりやすく」というのは大事なタイプだな、というのが分かってきました。子供にもよるのかなあ。いままで子供にあまりにくどくど説明しすぎていたのかもなあ、とも思ってます。ケースバイケースでしょうから、常に思考フル回転でいきます。あー、疲れるわー(笑)


アカハラモリ。家の横の湧き水の小さな池にうじゃうじゃいます。捕まえては離し、捕まえては離す、を繰り返してます。キャッチ&リリース。うーん、かわいそう。ごめんなさい。

aaIMG_6888.jpg


こんな感じで、一歩一歩、進んでおります。よし、明日も、一歩一歩だ。




2016年05月15日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

ミジンコ

5月8日(日)

野菜の定期購入の皆様へ

お待たせいたせました。九州、関西への発送は今週から再開いたします。中身は、大根、小松菜、カブ、間引き人参葉、キャベツ、新玉ねぎなど、菜っ葉中心の春野菜です。

九州、関西より東のエリアのお届けは、現在準備中です。関東へのお届けは、一部の方をのぞいて「翌日着」でしたが、当面の間は「翌々日着」になります。ただ現状ではさらに遅れる可能性があるということです。「はたして実際に何日で着くのか」を確認するために試験的に発送をしてみて、問題なく翌々日につくことが確認取れ次第、発送スケジュールを組んでご連絡さしあげますね。

なお、地震の影響で夏野菜の植え付け作業などが遅れてしまっています。発送再開の後には、農作業自体にあてる時間の確保がもっと厳しくなるので、そういった事情もふまえて発送再開が遅くなる可能性もあります。

今植え付けをしないと夏と秋の収穫が出来ないし、今まさに食べごろな春野菜もお届けしたい・・・。悩ましい状況です。


野菜と卵のセット、そしてお米についてのご案内はこちらのご案内(クリック下さい)をご覧下さい。5月以降のご注文、お待ち申し上げております。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

地震発生から3週間が過ぎました。面白いものです。最初は無意識のうちにアドレナリンをだして混乱に対処していたのでしょう。時間が経ち、アドレナリン切れを痛感しています。本当にありがたいことに保育園も動き出し、夫婦と1歳になったばかりの菜月と3人で昼ごはんを食べる時、気がつけばなんだかドンヨリ・・・。

とはいえ、やらなくれはならないことは山積み。困った、どうしよう。という絶妙なタイミングで立て続けで何人もの友人知人達が遠方からわざわざ駆けつけてくれました。地震後に坐骨神経痛が悪化して静養していたトシマ君も、まだ本調子ではないけど復活。ようやく納屋の片付けが終わり、遅れている農作業も少しめどがついてきました。本当に、感謝です。

農作業をしていると、いろんなことを考えてしまいます。グルグルグルグル、これでもかという位に繰り返される自問自答。

そもそも、農作業なんかしてていいのだろうか・・・。

うちの被害はたいしたことないのだし、瓦礫の片付けなどのボランティアにでもいったほうがいいのではないか・・・。

いやいや、とはいえ地震後しばらくは消防団などでかなり時間を使ったし、今は目の前の農作業優先だろう。できる人が先陣をきって自分の仕事をやってくのも大事だ・・・。

でも、家が住めなくなった友人がいる中で、サツマイモの畝たてなどしてる場合か・・・。



そうやって、いろんな段取りから逃げるように、淡々と農作業をしています。いや、「逃げるように」ではなく、完全に逃げてます。復興支援で熊本にはいってくれたNPOの方が集まる場に声をかけて話を聞く場にも声をかけてもらったりしたのですが、行く元気や余裕もなく、誘ってもらった方にも申し訳なく・・・。

なんだろう、ある意味で、消化しきれない情報をいれないような防御機能みたいなものが働いているのかな。ああ、小さい、弱い、ミジンコのような人間だなあ、オレは。情けない。いや、情けないと思うのは自分への期待が大きすぎるのだ。ありのままの自分を受け入れよう。と、言葉がメリーゴーランドのように頭の中を駆け巡るのであります。

「ああ、本当にちっちゃな人間だよ、オレは」と」と嫁に愚痴ると、「あはは、私もいっしょ!。」と大口をあけ鼻をひくひくさせて笑う。ここのへんのダメッぷりが夫婦一緒で情けないけどこういう時には救われる。のりこも布団にはびこってしまったダニの処置などにやっきになっている様子。

生活環境を整えるのに頭がいっているみたい。巣を整えようとするのは女性の本能なのかな。まっ、ダニが地震と関係あるかどうかはわからないけど(笑)。とにかく彼女も僕と同じ。アドレナリンが切れて、無駄な動きばかりしてます。いろんな段取りに疲れて、淡々と考えなくていいことを欲しているのでしょう。



ひとつ、悲しいお知らせ。飼い猫のしょうちゃんが亡くなりました。

のりこの姉の旦那さんの友人が東京で飼っていた

そこから、のりこの姉の旦那さんの住んでいたシェアハウスにつれてきた

のりこの姉の旦那さんが結婚後に熊本の玉名につれてきた

玉名から阿蘇にのりこがつれてきた

いろいろ事情があってこんな感じの引越し続きの生涯で、人ではなく家になじむという猫にとっては結果的に申し訳ない飼い方となってしまいました。最後は腎臓が悪くなり、いつまでもつかなあと話していた矢先でした。地震によるストレスでとどめを刺された感じです。

年齢も詳しくは分からずままで、多分享年13歳~15歳くらいかな。庭の白木蓮の脇に埋めました。しょうちゃんの体は白木蓮の細胞のもととなるのです。来年、白木蓮の花がもっときれいに咲くことでしょう。それで、いいのだと、思います。


ほんとに、いろいろあるけど、生きてる証拠だなあ。子供たちは元気だし、いっか。ちっちゃな、ミジンコな自分達を認めたら気持ちが楽になります。ミジンコも、きっと生態系の中で必要な存在なんだと思います。物質はぐるぐるまわってくし、僕の身体のなかでいのちが生きていく。

まあ、そういう物差しで熊本を見てみると、ちょっと気持ちが楽になるかもなあ。よし、背伸びはやめよう、ミジンコ万歳だ。明日も、嫁が大口をあけて笑えるようにミジンコはミジンコらしく生きていこうっと。

一歩一歩!


2016年05月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

一歩一歩

5月1日(日)

野菜の定期購入の皆様へ

発送再開のご連絡をさしあげるのが遅くなってしまっておりすみません。クロネコヤマトさんによると、関東へのお届けは、連休の渋滞もあり翌々日にもつかない可能性がまだあるとのこと。翌々日には着くという状況が確認取れ次第、クール便での発送で再開したいと考えております。関西以西へのお届けは連休明けに再開を予定しております。順次、個別にご連絡して参りますね。


地震の際にご連絡をいただいた皆様へ

ご心配、ありがとうございました。いまだにきちんと返信や折り返しの電話がなかなか出来ずに恐縮しております。この場を借りて、御礼とお詫び申し上げます。


野菜と卵のセット、そしてお米についてのご案内はこちらのご案内(クリック下さい)をご覧下さい。5月以降のご注文、お待ち申し上げております。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。農作業の遅れを取り戻すべく、フル回転中です。あっさりブログでいきます。

少しずつ、日常生活に戻ってきています。昨日水道も復旧しました。稲の種蒔きも済ませ、夏野菜の苗の植え付け準備も進め、あとは出荷さえ始められればだいぶ前に進めそうです。

しかしながら・・・、

aaDCIM0135.jpg

aDCIM0134.jpg

これには頭が痛いです。亀裂は無数に、畦の大きな崩れも数箇所あり、どうしたものかと思案中。とりあえず雨水が流れ込まないようにシートだけはかぶせておきましたが、さてこれからどうしようかな。農地補修についての補助の案内などはまだ回ってきておらず、そろそろかな、といった感じです。田んぼも植え付けも、今年は2/3くらいかなあ。

村人のみんなの雰囲気も「生きてて良かったね」というステージから、現実的な目の前の課題に頭を抱える段階となってきています。隣の町まで30分で行けたのが、阿蘇大橋や俵山トンネルの破損で1時間かかるようになりました。電車も不通。高校生が街の学校まで通えなくなったり、病院が遠くなったりという問題をこれからどうしていくのか。そういう話題が増えてきました。

交通インフラってこんなにすごかったのか、と痛感してます。復旧までは時間がかかるだろうから、それまでは、この不便さを味わっていくしかなないですね。不便だから見えてくる美しい景色もあることでしょう。



山を見上げれば、本当に、新緑がまぶしいです。山が笑っています。

ミズキも、

aaIMG_6661.jpg

ハラグロテントウも、

aaIMG_6730.jpg
(でかいです!!)

春を喜んでいるのでしょう。



2月3月に種を撒いていた春野菜は、ぼちぼち順調に育ってます。そろそろ、食べごろ。いい感じです。

aaIMG_6745.jpg

aaIMG_6749.jpg
家族みんな、元気です。

aaIMG_6755.jpg

一歩一歩!










2016年05月02日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |