ダウンジャケット&夏祭り

7月31日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ナス、ピーマン、トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、かぼちゃ、ゴーヤ、キューリ、

(その他入る可能性のあるもの)
ニラ、オクラ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、インゲン、枝豆、にんにく、

玉ねぎ、終了しました。この時期に出荷終了は、10年目にして初の出来事。そのくらい、ひどい出来でした。とほほ。9月の種蒔き、来年6月の収穫に向けて、そろそろ土作りもスタートです。がんばります。

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


お知らせです。地震で発送をお休みしていた影響もあり、今年はお米の在庫に余裕があります。玄米保冷庫、および籾での貯蔵をしており、フレッシュな状態のお米を夏でも味わっていただけると思います。ご注文、お待ちしております。



野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

毎日暑いですね。

標高が400mと、平地と比べるとけっこう涼しい当地。朝は、さわやかそのもの。

aaIMG_8139.jpg

しかし、昼は、暑い!!!!今日は34度でした。

この暑さで、人間よりもきつそうなのは、

aaMG_8198.jpg

ニワトリたちです。そりゃそうだ、羽毛に包まれ、文字通りダウンジャケットを羽織ってるのと同じですもんね。

先日運んできたひよこ達。大人の鶏と比べると、暑いのは得意です。それでもやっぱり暑そう・・・。

aaIMG_8161.jpg
(一羽逃げ出してます。どーこでしょ?)

aaIMG_8168.jpg


夜はだいぶ涼しく、熱帯夜にはなりません。平地にいるニワトリや、養鶏農家さんの苦労を想像するとぞっとします。ああ、暑すぎる。。。

ちなみに、今回のひよこ達は鶏舎をしきった奥側に入れました。ケンカっ早い雄鳥の威嚇をくぐりぬけてからではないとヒヨコスペースにはたどり着けず、近所の子供達への開放も見合わせ中です。サイドの金網に仮トビラを作ってから開放時間を設けようと思ってます。近所の子供達よ、ちょっと待っててね。


暑さ、というより雨不足でちょっと元気がなくなりそうな野菜達ですが、まあなんとか持ちこたえてます。

aaIMG_8120.jpg

aIMG_8118.jpg

aIMG_8123.jpg
(里芋)

aaIMG_8130.jpg
(キューリ)


昨日は、集落の夏祭りでした。

もともとは、消防団のメンバーが「子供が楽しめるとよかね」と数年前に始めた祭りです。下田地区住民による、下田地区住民のための祭り。完全ローカル主義(笑)。この祭りにあわえて子供をつれて里帰りする方もたくさんあつまりました。こういうのもいいものですね。

朝から準備をして、

aaIMG_8145.jpg

夕方から人が集まりはじめ、

aaIMG_8141.jpg

aaIMG_8150.jpg

夜がふけるまで。

aaIMG_8156.jpg

地震や土砂災害があったこんな時だからこそ、こういう場が盛り上がるのでしょうね。今年はいつにもまして大盛況でした。75世帯、200人くらいの小さな集落ですが、僕も10年かけて、大部分の方のお顔とお名前がわかるようになってきました。いつも会って話す人は限られますから、それ以外の方の顔とお名前をいかに覚えて、世間話のひとつやふたつできる隣人関係をつくっていくか、というのがポイントです。

大事なことですが、意識しないとけっこう大変なことです。僕の場合、こういう場や、草刈、野焼き、球技大会などで、「1回参加したら、何人かはお名前を覚える」と決めてます。そうすると、例えば1回3人、年に5回だとしても、10年で150人は超える、というわけです。

今、南阿蘇に来て5年弱ののりこも頑張って覚えてます。

「ねーねー、かばさん(と、妻は僕のことを呼ぶ。あなたもかばさんなんですけど・笑)」
「何」
「あそこに座ってる、黒い帽子を被った方、どなただっけ?」
「ああ、〇〇君のお母さんだよ」
「あ、思い出した。じゃ、そこに座っている、白い服の方は?」
「△△さんだよ。あれ、のりこちゃん、この間の神社の掃除で△△さんと話したって言ってなかったっけ?」
「えー、あの方△△さん!?全然わからなかった」
「何じゃそれ」
「だって、掃除の時、女性陣はみんなすごい日よけ完全防備で顔がほとんど見えなかったんだもん」
「・・・・」

てな感じです(笑)。

この努力は、移住してきた者の義務だと思ってます。努力あるのみ!義務を果たした後に味わえる喜びは、地域の中で生きていくと決めた者にとって、かなりの大きなものがあるのでしょう。そういう感覚が、ちょっとずつつかめてきました。でも、まだまだ道半ばです。引き続き、淡々と、がんばっていこーっと。

スポンサーサイト

2016年07月31日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

家訓

7月24日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、玉ねぎ、ナス、ピーマン、トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、かぼちゃ、ゴーヤ、

(その他入る可能性のあるもの)
キューリ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、インゲン、オクラ、枝豆、にんにく、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

今週から、ほぼ通常の発送件数に戻せました。これまでの数ヶ月間、なかなかリズムを作れずにお休みが多くなり、大変なご迷惑をおかけいたしました。

この先も、近年の傾向から、大雨や雨不足、以上高温などの厳しい天候や、大型の台風の到来など、いろいろなことが想定されます。やれることはやって、あとは「どうしても無理な時はしょうがない。できたしこお届けいたします」のスタンスで、長く続けていけるように頑張ってまいりますね。

なお、地震で発送をお休みしていた影響もあり、今年はお米の在庫に余裕があります。玄米保冷庫、および籾での貯蔵をしており、フレッシュな状態のお米を夏でも味わっていただけると思います。ご注文、お待ちしております。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。田畑の様子と、海水浴。あっさりです。



暑いですね。太平洋高気圧の勢力がいまひとつとはいえ、さすがの梅雨明け直後、雨も降らずに夏空が続いています。

ひとつひとつ作業をこなしていく毎日です。体力的にはきついですが、淡々と、淡々と。


肥料として蒔いておいたソルゴー(とうもろこしに近い仲間の牧草)を、ハンマーナイフモアという機械で粉々にしています。この後、堆肥や鶏糞を蒔いて耕します。土ごと発酵させるイメージ。秋冬野菜にむけた土作りです。

aaIMG_7948.jpg


ナスやピーマンの畑。

aaIMG_8090.jpg

ピーマン、鈴生りです。

aaIMG_8095.jpg

カメムシの卵。葉っぱを一枚一枚チェックして、見つけ次第はっぱごとちぎってポイしてます。けっこうな仕事です。それにしても、このメタリックな感じと、等間隔に産みつけるこのセンス、なかなかのものです。カメムシ、お見事だなあ。

aaIMG_8040.jpg


チェーン除草の後の田んぼ、こんな感じで藻が生えてきました。

aaIMG_8052.jpg

aaIMG_8053.jpg

アミミドロという藻です。生えるときと生えない時があるのですが、生えてきたらラッキーです。アミミドロが大繁殖すると、他の雑草は光合成がうまくできずにあまり茂りませんん。

aaIMG_8055.jpg

ちなみに、網をのばすとこんな感じ。6角形って、強いのでしょうね。ビバ造形美です。



さて、予定どおりに海に行ってきました。去年、行こう行こうと言いながらもいざ行く時になって用事が入っていけなかった悔しさから、今年は梅雨明け直後に決行。


がらがらの芦北の御立岬公園。午前中は、プライベートビーチかというくらいに人が少なかったですが、午後はそれなりに賑わい、いい雰囲気でした。

中学校時代は水泳部だったのりこは、イキイキと娘を抱いて海に入ってきました。かあちゃんやるなあ。

aaIMG_7970.jpg

まともな海水浴はジンセイ初の息子。楽しいよ~、入りなよ~、と母にさそわれてもびびってる様子。

aaIMG_7971.jpg

じょじょに、馴れてきて、

aaIMG_7972.jpg

午後はノリノリでスッポンポンでずっと海に入ってました。なかなか上がらせてくれず、父ちゃんヘロヘロに。

はい、そういうわけで、『こういう時間は後回しにせず、先に作るべし。』ですね。うん、これ、家訓にしちゃおう。百姓の仕事は、家事と一緒。終わりがなく、終わってから行こうと思っても、タイミングを逃してしまいます。行ったもん勝ち、なのであります。留守をあずかってくれたトシマ君に感謝だなあ。

いい1日でした。

aaIMG_8013.jpg


2016年07月24日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

7月17日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、玉ねぎ、人参、ナス、ピーマン、トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、かぼちゃ、

(その他入る可能性のあるもの)
キューリ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、インゲン、オクラ、ゴーヤ、セロリ、キャベツ、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

少しずつ、通常の発送件数、リズムにもどせてきました。今週もまだ少しお休みを頂きますが、いい感じになってきました。嬉しいです。しかしながら、通常態勢にはあともう一息といったところです。引き続き、出荷件数の調整のうえお休みをお願いするお客様にはご迷惑をおかけいたします。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。今日のお題も、田んぼ、です。

梅雨の後半らしい天気が続いています。何日も続く大雨であったり、曇天の下での急な雷雨であったり、はたまた時折顔を見せてくれるお日様の強烈な日差しであったり・・・。でも、もうそろそろ梅雨明けという雰囲気になってきました。

実を言うとここのところ、どうにもこうにも気分が上がらないプチ鬱状態でした。生活に支障がでるレベルではないのですが、明らかにネガティブな発想しか頭に浮かばず、困ってました。

それでも、自分の感情は切り離して「淡々と作業をこなしていきながら」気持ちが変わるのを待つしかないな、といつもどおりに感じるのであります。

幸いにも、懸案事項がこの1週間でいくつか片付き(始め)、ちょっと気が楽になってきました。

大雨の中、借りてきたトラックで鶏の餌の主材料である麦を県北まで買いつけに行き、プラスチックドラム缶に貯蔵しました。約4トンの麦がドラム缶の中に無事入りました。

aaIMG_7822.jpg

畑仕事もすすめてます。

お盆前に種をまく人参の土作りと雑草対策のためのビニールマルチ張りを終わらせたり、

aaIMG_7940.jpg
(中熟堆肥と米ぬかで善玉微生物を繁殖させ、太陽熱で表層の雑草の種を蒸し焼きにしてしまいます)


秋かぼちゃの植え付けを終わらせたり、

aaIMG_7936.jpg
(今年はマルチ無し、高畝、でいってみました)

畑に入れないときは、ひたすら、

aaIMG_7811.jpg

田んぼの草取りです。

除草剤を使わないお米作りにおいては、全国各地でたくさんの方がいろんな方法で創意工夫をこらして雑草対策を考えて実践しておられます。その地域ごと、土地ごと、農家ごと、田んぼごとに条件は異なります。うちの場合は、主に「チェーン除草」「機械除草」「手取り除草」の組み合わせでやってます。

でこぼこがないように田を平らに均し、きちんと水を張り続け、なおかつベストなタイミングで

aaIMG_7793.jpg

チェーンを引っ張って歩くと、おもしろいように、

aaIMG_7787.jpg

生え始めた雑草が取れます。しかし、「稲を傷めずに雑草だけとる」というヒヤヒヤスレスレのタイミングを狙うのは本当に難しいものがあります。

とにかく、草を生やさないために一番大事なのは「深く水を張る」ことです。今年は、大雨で畦が崩れたり、逆にその反動で雨のたびにビビッて水位を落としすぎたり、はたまた指の怪我をして水位の管理がおざなりになったりで、気がついたら、

aaIMG_7821.jpg

こんな状態に・・・。それを、人海戦術でひたすら手で草を抜き取って、邪魔にならないように畦に放り投げ、

aaIMG_7820.jpg

この位にまでもっていき、さらに、

aaIMG_7781.jpg

この中耕除草機で仕上げる、という一連の作業をやってます。

本当にありがたいことに、いろいろご縁があって、人海戦術パワーを賜り、なんとか除草の目処がついてきました。


旅人ジンセイを謳歌しているウーファー、オサム君や、1日研修できてくれたオータさん。

aaIMG_7818.jpg

東京から来てくれた大学の先輩サワダさん。もう長いこと、20年近くご無沙汰していましたが、地震が再びつないでくれました。子守も快く引き受けてくれ、本当に大助かりです。

aaIMG_7905.jpg

「熊本に一緒にダイエット旅行にいこう」という澤田さんのお誘いにのって(笑)、わざわざ熊本にボランティアに来てくださった、澤田さんの会社の後輩であるYさんにも、草取りを頑張っていただきました。本当に、ありがとうございます。

aaIMG_7913.jpg



てなことを書いていると「気分もすっきり順調」という雰囲気がしないでもないですが、やっぱり気分はいまひとつ。今年は、やっぱり地震の影響も大きく、こんな状況で例年にもまして「農作業」しかしてないといっていい農繁期。明らかにワークライフバランスが崩れるなあ、と自覚。農業と離れたことでの知的好奇心がすっかり閉じ気味に。センスオブワンダー枯渇中。そしてなにより、子供に手がかかる時期でもあるし、いろんな体験をさせてあげたいと思うのですが、これだけ仕事ばかりしてると現実にはなかなか難しいなあ、と凹んでいます。

というわけで、

よっしゃ。

梅雨があけたらみんなで海に行こう。ずるずると用事や仕事が入り、結局行けなくなるのが目に見えてるから、梅雨があけて晴れたら保育園休んでいこう。その日は、農作業ほっといて行こう。子供たちにとっては、ジンセイ初の海水浴だぞ。だから、もうちょっと待っててな。とりあえず今日は草を取るのだ。


ということを免罪符か、はたまた呪文のように唱え、今日も田んぼに入るのであります。


夫婦ミーティングでは、いつも堂々巡り・・・。どうも僕が「家族のために必死に仕事してくれているのは十二分にわかるのだけど、それ以上に単に仕事が面白いのと、仕事をしてないと落ち着かないからしてるように見える」ということを指摘され、けっこうドキリ(笑)。僕は僕で、「もうちょっと外の現場のことをわかってくれるといいのだけど」と、現状では難しいことを勇気を持って伝えたみたり・・。今日も悩める自営業者の暮らしなのであります。農繁期はこういう苦しさが繰り返されるなあ・・・。

とはいえ、とりあえずできる事をば。せめて、こういう環境だからこその何かが出来ないものかと子を田に誘ってみると、

aaIMG_7837.jpg

それなりになんだか楽しそうにしてくれるので、救われる気がします。なにやら、生き物探しに夢中の様子。

得意げに見せてくれました。

aaIMG_7826.jpg

「お父さん、見てごらん。カエルがオタマジャクシになってる途中だよ」と。

惜しいぞ、息子。逆だよ、逆(笑)。

娘も、泥の感触を楽しんではいましたが、さほど気分は乗らなかったみたいで・・。

aaIMG_7867.jpg



昨晩は、四国に嫁いだ友達が阿蘇見舞いに帰ってきてくれて、何家族か集まってご飯会。その場で盛り上がったのが・・・、

aaIMG_7932.jpg

セミの羽化の観察会。

ワイのワイの見ていたら、足場であるざるをガタンと揺らしてしまい、落っこちてしまいました。どうなることかとヒヤヒヤしながら見ていたら、なんとか羽化してくれて、朝には

aaIMG_7934.jpg

立派なアブラゼミに。

子供たちも食い入るように観察していました。まっ、さすがに長くて途中で飽きてましたけど(笑)





こういうのが大事なんだなあ、きっと。幼虫を見つけて持ってきてくれたカゲさん、ありがとう。



はい、そんなこんなで毎日生きています。いろいろ波はあります。課題を抱えつつも一歩一歩。なんだかすっきりしない気分ですが、それも夏空が吹き飛ばしてくれるといいなあ。

2016年07月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

七夕米と、納豆米

7月10日(日)

今週の発送についてお知らせです

今週も、引き続き件数を減らしての発送といたします。お休みのご連絡は個別にご連絡のうえで相談させていただいております。
ただ、野菜の種類も量もだいぶ戻ってはきました。天気にもよりますが、来週以降、徐々に通常体制に戻していけるのではないかと思っております。

地震発生以来、お客様の皆様には大変なご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。通常体制に戻るのを待っていただけることに、ただただ感謝申し上げます。


今週の中身をお知らせしておきます。

卵、じゃがいも、玉ねぎ、セロリ、人参、キューリ、ナス、ピーマン、トマト、ミニトマト、ミディトマト、空芯菜、モロヘイヤ、インゲン、青シソ、バジル、オクラ、つるむらさき、キャベツ、などです。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。


***************************************************
以下、ブログ本文です。今日はあっさり書いてます。


これでもかという位に続いた、家の上の田んぼの田植えがようやく終わりました。

aaIMG_7772.jpg

一枚の田んぼは7月7日に、もう一枚は今日7月10日の田植え。いやー、一ヶ月以上遅くなりました。果たしてちゃんと実が付くのか、籾が太るのか・・・。

昔は今みたいに田植えが早くなく、梅雨の雨で代掻きをしてたのだそうです。7月中旬に、地区の神社の夏祭りがあるのですが、隣のおばあちゃんがおっしゃるには「祭りまでには植えないと実が入らない」と昔は言われていたのだとか。

逆に言えば、祭り前に植えればある程度はなんとかなる、ということなのでしょうか・・・。ま、いろいろ欲張ってもしょうがないです。植えられただけよしとします。よかったよかった。

ちなみに、7月7日に植えたお米は「七夕米」だな、えらく縁起のよい米みたいだな、ブランド化か!?(笑)なんて思ってみたり・・・。ううむ、そうなると、7月10日に植えたお米は・・・、語呂合わせで「ナットウ米」かな。納豆とよく合うお米、なんてね・・・。

と、くだらないことを考えながら作業し、田植えが終わって軽トラを見てみたら、助手席に

aaIMG_7779.jpg

納豆が3パック置いてありました。納豆作りが趣味の近所の方から時々いただくのです。すぐにお礼の電話をかけたら、「田植え終わったかい」と。地震の後から、崩れた畦の工事やら、壊れたポンプの掘り出し、マンホールの設置、新しいポンプの上げ下ろしやら調整など、2ヶ月半ほどドタバタしていたのをやはり近所の方は見ておられたのだなあ、と嬉しい差し入れでした。

梅雨が明けるまでもう少し。湿気や日照不足でトマトも苦しそうです。酢を葉っぱにかけて病気予防をしてます。

aaIMG_7758.jpg

トマトさん、ファイトだぜ。

aaIMG_7759.jpg



合歓(ねむ)の花も満開です。

aaIMG_7776.jpg



隣町のふれあい動物園「フェアリーテール」にて。

aaIMG_7765.jpg

息子の大好きな場所です。時々思い返したように「連れてって」と言われ、ぷらっと行きます。今日は息子がせっせとウサギに人参をあげている横で、経営者の方と「大人的」な雑談・・・。観光業のみなさんにとって、この地震の影響はやっぱりかなりの大きさのようです。踏ん張りどころ、我慢どころです。復興割キャンペーンで阿蘇におこしになる皆様、お子様が喜ぶふれあい動物園フェアリーテールにも是非お立ち寄り下さいね。

2016年07月10日 お米 トラックバック:0 コメント:2

徒然駄文と選挙

7月3日(日)

今週の発送についてお知らせです

引き続き通常とくらべてかなり件数を減らしての発送といたします。

梅雨の間は今後も同じ状況が続くと思われます。しばらくイレギュラーな出荷体制となってしまいます。お休みのご連絡は個別にご連絡のうえで相談させていただいております。

梅雨明け、夏野菜本番の時期を目安に、本格的に再スタートできればと考えております。お客様の皆様には大変なご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。お待ちいただけることに、ただただ感謝申し上げます。


一応今週の中身をお知らせしておきます。

卵、じゃがいも、玉ねぎ、セロリ、人参、キューリ、ナス、ピーマン、トマト、ミニトマト、ミディトマト、空芯菜、モロヘイヤ、インゲン、青シソ、バジル、オクラ、白菜、などです。

春野菜はほぼ終わり、夏野菜がぼちぼち出てきました。種類はありますがまだ量が揃わないので、調整のうえお休みをお願いしているといった次第です。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。


***************************************************
以下、ブログ本文です。今週はとにかくドタバタで、写真もとっていませんでした。思いつくままに徒然と、とるにたらない駄文をつづってます。


さて、梅雨が続いています。ここ数日は「梅雨の中休み」っぽい雰囲気になりましたが、やっぱり雨は降っています。貴重な晴れ間もありますが、そういう日に限って集落の草刈やら病院やら出荷作業が入るから不思議なものです(笑)。作業の遅れがすさまじいことになっており、苦しさと、開き直りのすがすがしさとを感じてます。この週末は、のりこと子供たちは福岡の僕の実家へ。じいちゃんばあちゃんに会えて大喜びの春人だったようです。

僕はちょっとでも作業の遅れを取り戻すべく居残り。家の中が静かで寂しかったですが、仕事ははかどりました。指はすこぶる順調に回復し、包帯も取れました。じゃがいも掘り、ナスやキューリの剪定、田んぼの代掻き、秋野菜の畑に堆肥まき、畦草刈り、などなど。変な力が入らないようにと、汚れと濡れにだけ気をつけて、指を動かし始めました。人間の体は面白いもので、指先を守るために指全体をしばらく固定していたら、怪我した指先とは関係ない第一関節がかなり痛くなってしまいました。意識してリハビリを兼ねて手を使う作業をしていく時期に入ったようです。よかったあ。



この1週間の一番大きな出来事は、「ポンプ水没」でした。新しく据え直した新品ポンプを、水没させてしまいました。深さ7mのマンホールの底に据えていたのですが、水がすごい勢いで底に溜まっていったのです。

その可能性があるということを自覚はしていたのですが、いろいろ訳があってそのスピードが想定外でした。気付いた時にはすでに遅し。ああ。急きょ、再びユニックで7m底から吊り上げてもらい、乾かすこと数日。急いでまた据えたいのですが、これまたいろいろ訳があってもうちょっと時間がかかりそう、という状況。というわけで、まだ田植えが完了してません。例年の1ヵ月遅れ。でも植えられるだけマシです。そして、同じ集落内の田んぼでは、植えた後に川の氾濫やら水路が潰されたりやらで大変な事に・・・。本当に、いやはやであります。



雨がひどい時には、小学校の体育館に避難しました。今回は3泊お世話になりました。ありがたいことに、春人のいちばん仲良しの近所の子の家族もみな一緒だったので、寝るまで遊びまわり本当に楽しそうでした。菜月は菜月で、いつのまにか近所の方の懐にだかれて、そのままどこかに行ってました(笑)体育館内のあちこちで沢山の方にダッコしてもらい、まんざらでもないようすでニコニコ笑ってました。

気がついたら夫婦2人で布団の上に座り、ほっとひと息。子供たち姿を見て「大きくなったなあ。成長したなあ。いままで頑張ってきたよなあ。」と手を握りあったのでありました。

現在家を失った方の多くは、2次避難所となった村内の宿泊施設に移り、仮設住宅の工事も急ピッチで進んでいます。小学校の体育館は意外なほどすいていて、和やかな雰囲気でした。ちょっと心あたたまるひと時でした。

さて、そんなこんなで落ち着かない毎日です。今年はやっぱり厳しい年になりそうだと覚悟してます。でも、指の怪我をして以来焦りはあまりなくなりました。諦めるところは諦めるしかありません。



それにしても・・・、いつにも増して今は「目の前のこと」しか見れてないなあと感じてしまいます。目の前のことに追いまくられているうちに、全体が見えなくなる感覚・・・。そういう時って、ありますよね。それが、今はやっぱりとにかく激しい感じがして困ってます。

1週間後には参議院選です。目の前の復興支援策は本当にありがたく思います。頭が上がりません。と同時に、落ちた橋も、トンネルも、鉄道も、全部国が再建を進めてくれるそうです。国家の力って、いい意味で凄まじいものがあるなあと感じます。同時に、今回の断層のすぐ近くに建設予定だったダム工事も止まる様子はないみたいです。この凄まじさが違うベクトルに向かった場合はどうなんだろ、とも感じます。

そして、いったい、どこからお金がでてくるというのか・・・。ありがたいけど、やっぱりちょっと怖くもあります。

選挙については、そんなこんなで目の前のことに追われる毎日で、今回はいつにもまして勉強をしていません。なので何も語る資格はありませんし、強く支持する政党もありません。典型的なサイレントマジョリティーであることを自認しています。

しかしながら、メディアでもよく取り上げられているように、自民党の選挙戦略なるものについては一歩引いてみたほうがいいだろうということは不勉強ながらに考えています。選挙の際には経済政策のことばかり訴え、選挙後に安保法制などを進めていくというパターンがここ数回の選挙で顕著になっています。

もちろん、公約にも安保法制のことは言及されているし、その戦略も法的には全く何も問題はありません。選挙の後に「アアダコウダ」いってみてもしょうがないというのが事実です。

なので、

『不勉強だし、よく分からん。改憲ももし本当に必要でありかつ国民の過半数が賛成するならやればいい。でも、今、こういう選挙の有り方で、議論を尽くさないまま進めてしまっていいのか!?』

という僕のようなサイレントマジョリティーのみんなが「とりあえず、改憲はちょっとひと息つきましょうや。もうちょっとゆっくり決めましょうよ」の一票を入れるというのは、とてもバランスの取れた世の中を作るのではないかと思うのですが、いかがでしょ。やっぱり、組織も、世の中も、いろんな意見があったほうがいいし、いろんな人がいた方が豊かです。

はい、そういうわけで、とにかく投票に行きましょう。前回の参議院選の投票率はわずか52%です。ちなみに60代は68%で、20代は32%。数字は雄弁です。若者よ、選挙行こう!

2016年07月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |