パンダ銭湯

8月29日(月)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ナス、ピーマン、ゴーヤ、キューリ、かぼちゃ、オクラ、

(その他入る可能性のあるもの)
ミニトマト、ニラ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、オオバ、にんにく、ゴボウ、チンゲンサイ、長ネギ、

夏野菜が夏バテしはじめてきました。秋野菜がしあがるにはまだ1ヵ月位かかります。この先の1ヵ月が「入れられるものが少ない。困った。申し訳ない」という農家にとって苦しい時期になります。種類や量が少ない日には、ゴボウや長ネギを入れますね。まだ生育途中なのでなるべくならもう少し畑においておきたいところですが、そうもいってられませんし。

箱を開けてもらった時の「わお、今日も沢山の種類の野菜がチョコチョコばらんすよく入ってるわ」というワクワク感と安心感をお届けするには、あの手この手でやっていくのみであります。きつい時期こそ腕の見せ所。がんばります。

あっ、でもどうにもこうにもならない時はいつものように「1回お休みを下さい」のご連絡をいたしますね。「出来たしこ」と「頑張る」こととのバランスは永遠の課題です。

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


お知らせです。地震で発送をお休みしていた影響もあり、今年はお米の在庫に余裕があります。玄米保冷庫、および籾での貯蔵をしており、フレッシュな状態のお米を夏でも味わっていただけます。ご注文、お待ちしております。




野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。畑の様子、生き物観察、絵本イベントの様子、など。写真多め、文章あっさり、ダラダラと長いです(笑)


まだまだ暑い日が続いています。雨も少ないです。でも、だいぶ朝晩は涼しくなってきました。東日本では台風続きで大変な状況だと思います。あまり被害のないように、と熊本から思っております。

かなり夏バテしていますが、淡々と毎日動いてます。何があってもアウトプットは淡々と。心がソワソワしてても、ワクワクしてても、オドオドしてても、ルンルンしてても、日々とにかく淡々と百姓仕事。そういう場があるということ自体が、ありがたいなあと思いつつ、今日もまた淡々であります。


畑の様子。

カラカラの炎天下の中で種を蒔いた人参が、なんとかきちんと芽を出してくれました。水やりの成果です。ほっとひと安心。

aaIMG_8616.jpg

里芋も、雨が降らずにとにかく苦しそうです。水やりもしてますが、なかなか思うほどの量はやれてません。

aaIMG_8556.jpg

里芋の葉っぱの水玉。葉っぱの表面には、小さな小さな粒粒が規則的にならんでおり、そのことで水の表面張力が働き、水滴がころころ丸くなって転がり落ちます。そして、葉についた泥や小さな虫などもからめとって、いつも葉が綺麗で乾いた状態でいます。

aaIMG_8593.jpg

この、小さな粒粒によってもたらされる撥水作用を、ロータス効果といいます。ロータスとは、Lotus、つまりハスのことです。ハスの葉も里芋の葉と同様です。このロータス効果を身近に感じられるのは、「しゃもじ」です。プラスチック製のツブツブのついた、ご飯つぶがひっつかないしゃもじです。 以上、ちょっとしたウンチクでした。


ネギも、雨がふらずにきつそうです。しかも・・・、半分は6月の大雨で泥に埋まってしまいました。

aaIMG_8588.jpg

蒔きなおした苗も、やはりこの天気で生育がいまひとつ。もっと水やり頑張んないといかんなあ・・・。と考えながら、株間の雑草を手で取っていると、

aaIMG_8566.jpg

めについたこの雑草。とってもかわいいじゃないですか。調べてみると、(間違ってたらごめんなさいですが)、マルバサワトウガラシという名前の草でした。湿地の減少で減ってしまい、環境省による絶滅危惧種リストの中で「絶滅しかかっている。保護しましょう。」という絶滅危惧Ⅰ類というカテゴリに分類されていました。

もとは田んぼだったこの畑。湿地を好むマルバサワトウガラシの種がまだ生き残ってネギの間で発芽したというわけです。うーん、でも結局畑として使っていると、間違いなくマルバサワトウガラシは無くなっていくだろう。田んぼの畦にでも植えなおすかなあ。うーん、いろいろ困った。絶滅危惧種よ、なぜ畑にあるのだあ!!。困った、困った。


同じくネギ苗の株間にあった、ハキダメギク。名前がすごいです。熱帯アメリカからの外来種で、1920年頃に世田谷の「掃き溜め」(ゴミ捨て場)で発見されたのが命名の由来だとか。

aaIMG_8564.jpg


オオバの花の蜜を吸いに来たクロアナバチ。キリギリスなどの昆虫を麻酔をかけて生け捕りにして産卵、孵化した幼虫は昆虫の身体を食べて大きくなる、という生態です。この時期、獲物を捕まえて飛んでる姿や、地面に穴を掘って獲物を入れ込む姿を時々みかけます。密を吸うのは狩りの前のカロリー補給かな。

aaIMG_8608.jpg


ピーマン、収穫しきれずにそのままおいといたものが赤く熟してます。中途半端な色づきのものも、美味しいです。セットに入れていきますね。

aaIMG_8582.jpg

aaIMG_8584.jpg



近所の農家さんお手伝い。刈り取ってラップでまいた牧草のロールを納屋に運び込む作業。ザ、人海戦術。

aaIMG_8576.jpg

このロール1つ、母牛1頭が1週間くらいで食べきるそうです。

aaIMG_8578.jpg



最後に。

パンダ銭湯

(youtubeからリンク)

などで大人気の、tupera tuperaの亀山達也さんの絵本読み聞かせイベントに行ってきました。

パンダ銭湯読み聞かせ。

aaIMG_8651.jpg

ノリノリです。

aaIMG_8652.jpg

うんこの作り方、のワークショップも(笑)。子供たち、大盛り上がりでした。

aaIMG_8640.jpg

人気のツペラツペラさん。どんな世界でも一緒なのでしょうが、一流の方のオーラって、ありますよね。うまく言葉に出来ないのだけど、そういうものを感じました。

「子供にこびない、子供のための絵本」という雰囲気が僕は好きです。シュールな感じがなんとも楽しい。「パンダ銭湯」も、ジンセイに対する教訓めいたものは一切ありません。ただただ面白く、可愛い。なんというか、成熟社会の象徴のような一冊、と勝手に解釈してます(笑)。たった一冊の絵本でこんなにも独特の世界観を表現できて、グッズも売れるのか、と驚くばかり。

ひとことでいうと、亀山さんは、アーティストなんだな、と納得。これからの時代、イケイケドンドン大量生産大量消費の時代が終わって求められているのはアートなんだなあ、創造力なんだなあ、と妙に感じたひと時でした。

いやはや、アート色ゼロな我が家には大変な時代だあ・・・。せめて子供には時代を生き抜く力をあたえてあげなくちゃ、と思っているのですが

aaIMG_8653.jpg

息子は途中で爆睡モードに。あ、こりゃだめだわ~(笑)。まっ、元気だからいっか。

スポンサーサイト

2016年08月29日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

稲の花&農業ボランティア

8月22日(月)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ナス、ピーマン、ゴーヤ、キューリ、かぼちゃ、オクラ、

(その他入る可能性のあるもの)
トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、ニラ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、にんにく、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


お知らせです。地震で発送をお休みしていた影響もあり、今年はお米の在庫に余裕があります。玄米保冷庫、および籾での貯蔵をしており、フレッシュな状態のお米を夏でも味わっていただけます。ご注文、お待ちしております。



野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。田んぼの様子や、近所へのお出かけの様子などなど。今日は久しぶりに長め。写真たくさん、文章あっさりです。



いやはや・・・、暑いですね。ほんとに、暑い・・・。悲しいけど、それ以外の表現が出てきません。ただただ、暑い・・・。雨もあいかわらずほとんど降りません。がまんどころです。

この酷暑の中、農業ボランティアの方が畑の手伝いに来てくださいました。

梅雨の大雨・・・。川が溢れ、流木や泥がサツマイモの畑に流れ込んでしまいました。2ヵ月前のことです。

aaIMG_7669.jpg
(6月、大雨直後の様子)

これはもうだめかな、と半ば諦めていたのですが、サツマイモは本当に強いですね。1/3くらいの芋は駄目になりましたが、残り2/3は見事に復活。ただ、細かな流木がどうしようもにくらいに入り込み、泥も

aaIMG_8421.jpg

こんな感じで畝間で固まってしまいました。たまたま今年は実験で畝間もマルチで覆う全面マルチ栽培を試みていたところでこの状況に。泥をとらなければマルチもはがせずに、収穫はおろか片付けのためのトラクターがけすらできません。うーん、これは人手をかけてどうにかしなくちゃどうにもならん、と困っていたところ、

近所の方が、RQ九州という、宮崎のボランティアセンターを紹介してつないで下さり、先週8名の方が着てくださいました。

さつまいものつるをどかして流木を集めて燃やし、泥をかき集めてもらいました。

aaIMG_8420.jpg

aaIMG_8423.jpg

それにしても、まー、暑かったです。農家はこの時期早朝から動いて、昼間のあつい時間は休むなりあまり体力を使わない仕事をするなりの工夫をして体力消耗を防ぎます。しかし、どうしても時間を決めて動かざるを得ないボランティアの方々は酷暑の中での作業となります。僕も、申し訳なくて一緒に動きましたが、久しぶりに真昼の酷暑の折に体力を使う作業をしたので疲れました。みなさまに、本当に感謝です。

来て下さった方の職業は、大学の先生や、学生さん、林業の方、などなど。お住まいは、四国、東京、熊本市内、などなど。地震後ずっと泊り込んでボランティア活動を続けておられる方もいらっしゃれば、会社の夏休みを使って来られたという方も。あまり時間はありませんでしたが、ボランティアの方々とのお話も楽しかったです。みなさま、お世話になりました。ありがとうございます!

そうそう、東京の女子学生さんが、半ズボンで作業して草負けして足が痛いとのことで、のりこのモンペをお貸ししました。お連れのご友人の女子学生さんと2人で「うゎ、似合う、かわいー」「ほんとー、うれしー。モンペちょー楽チン。気持ちいーよ」と楽しそうでした。なんだかほっこり嬉しいよい光景でありました。

ちなみにRQ九州は、宮崎県五ヶ瀬町のNPO五ヶ瀬自然学校のメンバーが運営母体だそうです。地震直後から10日間ほどお世話になった避難所である小学校に、さいしょに駆けつけてくれて物資を届けてくれたのも五ヶ瀬の皆様でした。本当に、ありがとうございます。




稲の花が咲いています。

aaIMG_8469.jpg

この時期は、草取りなどで田んぼに入らずにそっと見守ります。そして、受粉がうまくいくように雨風が来ないようにそっと祈ります。

朝の光を浴びる小さな生き物たち。

シオカラトンボのメス。

aaIMG_8470.jpg

クロウリハムシ。稲の花か、花粉をお食事中でしょうか。

aaIMG_8447.jpg


→と、のんきなことを書いてみましたが、庭先のカラスウリの葉っぱを食べているクロウリハムシをみて、「あっ、大きさが全然違う。稲についてたのは違うハムシだ。そもそも、ウリハムシは大体は瓜科の葉っぱしか食べないし」と気付きました。調べてみると、「イネクビボソハムシ」というイネの害虫に似ている・・・。でも、シルエットがちょっと太くて違うような・・・。うーん、正体が分かりませぬ。


(多分)アジアイトトンボのメス。脱皮途中の蜘蛛を捕らえて食べています。

aaIMG_8452.jpg


田んぼから家への小路にて。

オオバコの花満開。

aaIMG_8444.jpg

トリノフンダマシ。

aaIMG_8437.jpg


蜘蛛の仲間です。鳥の糞に似た姿をとることで、鳥から食べられることを防ぎます。進化恐るべし!。夜には網を張って他の蜘蛛と同じように餌となる虫を捕まえます。


木登りをするホモサピエンスの子供。

aaIMG_8496.jpg

急に「登ること」に目覚め、庭の柿の木やら納屋の屋根にのぼりまくってます。

aaIMG_8486.jpg

親はヒヤヒヤしますけどね(笑)




地震から4ヶ月が経ち、地震直後とは違った形で全国各地からいろいろな形のご支援を熊本に頂いています。日本財団の助成をうけて一昨日名古屋から南阿蘇に公演に来て下さったのは、

aaIMG_8512.jpg

プレジャーBの皆さん。海外公演もされるほどの有名なグループのメンバーが着てくださっての無料公演。観客を巻き込んでのあたたかなパフォーマンス、圧巻でした。

aaIMG_8520.jpg
(ひとりステージに取り残される(笑)、の図)

記念撮影。

aaIMG_8525.jpg

aaIMG_8526.jpg
(はいはい、そのまま、もう一枚。と言われるがままにパシャリ。
なんとカツラじゃなくて地毛でした!・笑)

最後に。

南阿蘇の夏の風物詩。風鎮祭。

目玉の「にわか」。コントです。

aaIMG_8536.jpg

ステージも衣装も何もかも地区の人たちによる手作り。にわかの出来を競い合います。

aaIMG_8544.jpg

はやりの芸人さんたちのコントのような分かりやすい面白さはないですが、なんというか、ほっこりするような面白さと温かさが場に充ちます。落語の雰囲気にちょっと近いかなあ。去年は行けなかったので、2年ぶりのにわか。やっぱりいいものだなあ。

これもまたあっぱれです。

aaIMG_8528.jpg

日用雑貨をつかってのオブジェ。地区ごとに作って競り合うというのだからすごいなあ。




暑い、暑い・・・・。それでも、朝晩は確かに涼しくなってきました。横になる時は暑くて扇風機をつけて蚊帳の中にもぐりこみ、毛布も何もうっぱがして寝付きます。朝は寒くて目が覚めます。喉の痛みを感じながら「こりゃいかんっ」と毛布にくるまります。そんなことを毎日繰り返す季節。気がつけば風邪気味に。まあ、これもまた季節の風物詩。


皆様も、ご体調管理に気をつけてお過ごし下さいね。お風邪など召されませぬように~。

2016年08月22日 お米 トラックバック:0 コメント:0

夏はサバイバル

8月14日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ナス、ピーマン、ゴーヤ、キューリ、かぼちゃ、オクラ、

(その他入る可能性のあるもの)
トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、ニラ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、インゲン、にんにく、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


お知らせです。地震で発送をお休みしていた影響もあり、今年はお米の在庫に余裕があります。玄米保冷庫、および籾での貯蔵をしており、フレッシュな状態のお米を夏でも味わっていただけます。ご注文、お待ちしております。



野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。今週も写真中心のあっさり、田畑の様子などです。



毎日暑いですね。けっこうバテてます・・・。

夕立もなかなか降らず・・・。まいってしまいますねえ。

秋冬野菜の植え付けもスタート。ただ、35度を上回る日差しの中でカラカラの土に植えても枯れるだけなので、曇りの夕方に水をあげながら植えてます。

aaIMG_8323.jpg

このちっちゃい苗が2ヵ月半後には立派なキャベツになるのだから、植物の力ってすごいなあと思います。光、土、微生物、水のめぐみ。そして、光合成。こんなに科学技術が進んでいる現代でも、人間は光合成を出来ないもんなあ。

aaIMG_8326.jpg



人参の種も蒔きましたが、雨がふらないのでちょっと大変です。

aaIMG_8372.jpg

堆肥と米ぬかを入れて、透明ビニールで覆うこと3週間。ゲリラ豪雨で種が流されないように、ほどよい雨が降りそうなタイミングでビニールを剥ぎ、蒔きます。ビニールはそのまま畝間にかぶせて草がはえないようにします。

aaIMG_8395.jpg

水は、畑の横の川からポンプで上げます。

aaIMG_8385.jpg

大雨の時には暴れ川となるこの渋谷川。防災のためにコンクリートで固められたちょっと悲しい河川です。72歳の近所のおじさんが「ちっちゃい時は渋谷川も魚がいっぱいいて、泳いで遊んでたんだけどなあ」とおっしゃってました。

aaIMG_8387.jpg

しかしながら、平成の今でも、子供の水遊びぐらいならいけました、渋谷川。土石流で流れてきた岩やら砂やらがいい具合に凹凸をつくり、水の流れを複雑にします。堰の下には泥がたまって大人ならあまり入りたくない状態ですが、子供はそんなのお構いなし。春人も、埼玉から来たコースケ君も、大はしゃぎ。子供の水遊び欲というのはすごいものです。

aaIMG_8285.jpg



カラカラ天気ですが、ナスがなかなか元気です。一時、ムシに負けかけて本当に苦しそうでしたが、この1週間ほどでグンと盛り返してきました。畝間に入れ込んであった肥料に根っこが届いたようです。よかったよかった。

aaIMG_8359.jpg


庭のコアカソ。満開。

aaIMG_8328.jpg


イラガの幼虫。柿の葉っぱが大好物。

aaIMG_8404.jpg


レオさん。最近ちょっと影が薄いですが(笑)、元気です。

aaIMG_8316.jpg



ところでオリンピックのメダルラッシュ、すごいですね。もともとオリンピックは「毎回ほとんど見ないし、興味もあまりない」「国威掲揚的なメダル争いをする時代でもなかろう」「東京オリンピックだって、今さらやんなくていい」と豪語していたのですが・・。悔しいかな、今回のメダルラッシュはちょっとワクワクしてしまいました(笑)。

自分が少年時代にやっていた柔道の選手達が活躍したのが思った以上に嬉しかったようです。「素直に嬉しいって認めなさいよ」と妻につっこみを入れられ、自覚しました。そうだ、嬉しいんだな、俺は。4年に1回のお祭りというのもなかなかいいものではないか、なんて思ってみたり・・・。

いやはや、それにしても、暑いですね。みなさん、しっかり水分とってのりきりましょう。

「夏はサバイバル!」我が家の家訓の一つです。農業のお師匠さんの名言を受け継ぎました。その位の気持ちでいれば、心が折れずにやってけます。よっしゃ、夏は、サバイバルだ~!!



2016年08月14日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

畳干し

8月7日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ナス、ピーマン、トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、かぼちゃ、ゴーヤ、キューリ、

(その他入る可能性のあるもの)
ニラ、オクラ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、インゲン、にんにく、

玉ねぎ、終了しました。この時期に出荷終了は、10年目にして初の出来事。そのくらい、ひどい出来でした。とほほ。9月の種蒔き、来年6月の収穫に向けて、そろそろ土作りもスタートです。がんばります。

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


お知らせです。地震で発送をお休みしていた影響もあり、今年はお米の在庫に余裕があります。玄米保冷庫、および籾での貯蔵をしており、フレッシュな状態のお米を夏でも味わっていただけると思います。ご注文、お待ちしております。



野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。目の前の用事やら雑務やら作業がてんこもりで、眠さピークの中書いててます。そして、うーん、書き書きスランプ中。たいして面白い事けも書けずにもがいてます(苦笑)。まあ、波がありますね。というわけで超あっさりです。


さてさて、暑さはピークを迎えていますが、暦の上では立秋です。夜に聞こえてくる虫の音色と、夏至から思うとはるかにはやくなった日没の時間に、確かにほんのちょっとだけ、かすかにかすかに、秋を感じられないこともないなあと思います。それにしても、暑いですが・・・。

古今和歌集に、「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」(藤原敏行)という歌があります。なるほどなあ、と思います。平安時代は今と比べても暑かったという説がよく聞かれますが、もしそれが本当なら、この時期に秋を感じる古人の感性にはやはり頭が下がります。

というわけで、暑さに負けず淡々と動いてます。


思い切って、畳を干しました。寝室の畳がずっとあやしかったので、ダニ対策です。忙しい最中、さすがに億劫な作業でしたが、両親が来てくれて手があったので勢いで干しました。何だかんだで天日干しに勝るものは無し。抜群の効果なのであります。

aaIMG_8227.jpg

父いわく、「昔は家族総出でどの家も干してたなあ。夏休みに入る時、学校が終わってから手伝ってたのを覚えてる。夏は畳をはいで板張りで、秋から春は畳を敷いて使ってた部屋もあったなあ。」と。なんだか懐かしい気持ちになれるエピソードでした。


あっ、うちに滞在をお考え&予定の皆様へ。ゲストルームの畳はもともと新しいのでダニの怪しさもありませんのでどうぞご心配なさらないでお越し下さいね(笑)



出荷できないレベルの割れトマトが多くでたので、

aaIMG_8234.jpg

自家用のピューレを作ってます。ちょっと贅沢な気持ちになれます。

aaIMG_8239.jpg




今日は、日曜日らしい時間の使い方をしました。

息子が、にわかに「田んぼの生き物」ブーム。午前中2時間、ひたすら田んぼの生き物探しに付き合い。

aaIMG_8263.jpg

うちの田んぼはもともと畑だったところに井戸を掘り、地下水を汲み上げて使っている田んぼです。水路で他の田と繋がっているわけでもなく、冬は水もないので、生き物は古くからの水田と比べると少ないのが残念なところ。

午後は近所の川ぞいの昔からの水田地帯に足を伸ばして生き物探しに。さらに場所を変えて水路でサワガニをつかまえ、オニヤンマの産卵をじーっと観察したり・・・。いい時間だなあ、としみじみ。

ちなみにずっとスッポンポンで動いていた息子は、草に負けて膝にちょっとした切り傷が。なんだかそれがとても傷んで気になったようで「絆創膏はって、はやくはやく」と泣き出してしまい、いそいそと帰宅。心の中では「くっ、絆創膏をはれば傷みがすっとぶと信じてる子供のこの感性っていったい・・・」と笑いをかみ殺しながら息子をだっこしたのであります。


さて、今週もがんばろーっと。皆様、夏バテ、熱中症にはお気をつけ下さいね~。

2016年08月07日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |