シロ救出

1月30日(月)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サトイモ、九条長ネギ、大根、さつまいも、カブ、チンゲン菜、かぼちゃ、ほうれん草、

(その他入る可能性のあるもの)
大浦ごぼう、キャベツ、水菜、みぶ菜、サツマイモ、レタス、小松菜、セロリ、


これから先の真冬の間、雪による配達の遅れがある日がでる可能性があります。その場合は、できるだけ早めにその旨をお伝えするご連絡をいたしますね。また、クロネコヤマトさんのHPで状況確認ができますよう伝票番号もお伝えいたしますね。

何年か前のすさまじい大雪のような状況にならない限り、遅れたとしても(関東への配達で)翌々日には着きます。輸送中の気温も冷蔵庫と同じ位に低い時期ですの、鮮度的には問題ないと判断して常温で発送しております。もし疑問点やご不明点がございましたら、ご連絡ください。

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、この冬は野菜の不作につき、ぼちぼちお休みをいただきながらの出荷を続けております。定期購入の新規のお申込みや、単発のご注文も、来春5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんだけぼちぼち入れてください」というご注文は冬の間も承りますね。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。

きつい寒波がぬけて、ほっと一息の南阿蘇です。

Time flies. 光陰矢のごとし。いやー、ほんとに日々あっという間に流れますね。今日もがんばってあっさりにおさえます。いろいろ書きたいけど、時間節約。写真のっけときます。この1週間、こんな感じでした。



寒さに耐えるスナップエンドウ。-8度になった日はちょっときつかったみたいです。

aP1280107.jpg

強烈な霜で葉っぱは傷み気味。でも、味はのってます。

aP1280101.jpg


ツグミ。

aP1280113.jpg


「お母さんをびっくりさせるごっこしよう!」という息子のリクエストに応えて・・・。

aP1280124.jpg

aP1280125.jpg


昨年の9月に、うちでの1年間の研修を終えて就農準備を続けていたトシマ君とヒロコちゃん。無事、村の農業委員会の認可もいただき、正式に農家としてスタートすることができました。昨日は、地区の寄合で挨拶。

aP1290135.jpg

aP1290136.jpg

うちはわりとライフスタイル重視の自給自足的なちっちゃな農家だし、技術レベルもまだまだこれからといったところです。経営的にも、企業的手法でガンガン稼ぐという状況とは無縁の細々家族経営です。まあそのぶん無借金経営の安定安心感を味わってます。

なので、人を受け入れ育てるということは、そんなに気軽にできることではないし、まずは自分が成長しなくちゃどうにもならん、というのがこの3年間毎年人を受け入れてみての正直な感想です。

それでもまあ、こうやってもともとは何の縁もなかった彼らがうちを頼って南阿蘇下田地区にやってきて、家と農地を借りて正式な就農までこぎつけられたのは、本当にうれしいことです。なにせ、下田地区の農家の後継者不足もかなりまずい状況になってます。まあ全国どこでも一緒なんでしょうけど。

人数が減ることで、農家の大規模化も進むというプラスの側面もありますが、農村集落の維持のためには、小規模経営でも菜園でもなんでもいいから、実際に農地や道を管理する頭数というのは必要だと思います。じゃないと、本当に日本の山際の農地は獣の楽園と化していきそうな雰囲気です。

はい、そういうわけで、うれしいひと時でした。

一方で、

昨日仰せつかった仕事が、新規就農の相談会の相談ブースにて来場者のお話を聞くという仕事。熊本県有機農業研究会のメンバーのとして仰せつかりました。

aP1290132.jpg

熊本県新規就農支援センター主催の相談会。新しく人を雇いたい農業法人のブースや、熊本県有機農業研究会のように研修生を受け入れしている諸団体のブースが並びます。

関係者のお話によると、最近こういう相談会の来場者数自体が「とっても少ない!」のだそうです。その背景には、世間での「人手不足」という背景があるようです。けっこうな給料でここのところ求人状況という面で見ると景気がとてもよいので、そのぶん、来られる方の本気度は高いそうです。

いやー、世の中けっこう農業ブームだと思っていましたが、案外そうでもないんですね(笑)。ブームもおちついてきたのかな。まあ大変なことももちろんあるし、楽しいばかりではありませんが、田舎で農業をして暮らすというのも人生の選択肢としては悪くないと思います。ぜひぜひ迷ってみる皆様は、一歩を踏み出されてください。

リンクをいくつか。

熊本県新規就農相談ウェブサイト
熊本県有機農業研究会の有機農業者養成塾
有機農業参入促進協議会
阿蘇エコファーマーズセンター


最後に。

作業小屋で野菜の袋詰めをしていると、

「かばさん、渋谷川に犬が落ちてるんですけど」とトシマ君がやってきました。

渋谷川とは、うちのすぐよこの川。防災のために、コンクリート張りになっていたり、時期によってはほぼ枯川のような水量であったり、温泉成分のある水がまざって変ないろになったりと、けっこう残念な状況になってしまっている川です。数年前、真っ暗な夜道で5m位の深さの川底に落ちた方もいて、あなどれない存在。

「どれどれ、いってみよう」と、ハシゴとロープをもってとことこ。

たしかに、いた!(笑)

siro.jpg

隣宅ハツコばあちゃんの家の犬でした。

aimage1 (3)

aimage1 (4)

ばあちゃんはシロの姿を見るなり、「ヨシロー、犬が帰ってきたぞ。椛島さんが連れてくれたぞー」と。ヨシローさんが家から外に出てきて、「よかった。3時間も探し回ったけんなあ」と。やれやれ。よかったよかった。

ちなみに、犬の名前は「シロ」といいます。何年も昔のこと。ばあちゃんに「この子は、名前なんていうとですか」と聞いた時に、数秒間の沈黙ののちにばあちゃんの口からでた名前・・・。

「シロ。シロじゃ。」

頭に浮かぶ疑問。なんで茶色なのにシロなんだ!?ひょっとしてその名前、今思いついた!?

遠慮がちな僕の性格ゆえに聞けず、今にいたります(笑)ま、温かくて天気もよい日だったし、怪我もなくてよかったね、シロ。

スポンサーサイト

2017年01月30日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

無事帰宅

1月22日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サトイモ、九条長ネギ、大根、レタス、カブ、セロリ、チンゲン菜、小松菜、かぼちゃ、

(その他入る可能性のあるもの)
大浦ごぼう、ほうれん草、キャベツ、水菜、みぶ菜、サツマイモ、


これから先の真冬の間、雪による配達の遅れがある日がでる可能性があります。その場合は、できるだけ早めにその旨をお伝えするご連絡をいたしますね。また、クロネコヤマトさんのHPで状況確認ができますよう伝票番号もお伝えいたしますね。何年か前のすさまじい大雪のような状況にならない限り、遅れたとしても(関東への配達で)翌々日には着きます。輸送中の気温も冷蔵庫と同じ位に低い時期ですの、鮮度的には問題ないと判断して常温で発送しております。もし疑問点やご不明点がございましたら、ご連絡ください。

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、この冬は野菜の不作につき、ぼちぼちお休みをいただきながらの出荷を続けております。定期購入の新規のお申込みや、単発のご注文も、来春5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんだけぼちぼち入れてください」というご注文は冬の間も承りますね。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。

さてさて、久しぶりのブログ更新です。7日間の内観の後、いろいろ寄り道をしながら帰り、10日間の旅となりました。留守の間頑張ってくれた妻のりこには本当本当に感謝感謝感謝でした。ご近所の方や、両親にも大変お世話になりました。おかげさまで、充実した時間となりました。出荷のお休みでご迷惑をおかけした皆様にも、厚く御礼申しあげます。ありがとうございました。

やらなくちゃいけないことや気がかりなことを沢山かかえたまま思い切って出発。そして、帰宅後も草々にやることの多さに圧倒されそうになってたじろぎました(笑)。でも、この旅で改めて気づいたことは、

何かの出来事が起きたり、とある状況におちいった時、そのこと自体が不安やイライラをもたらすのではない。それを、そういうふうに認知している自分が、その感情を作り出しているに過ぎない。

ということ。ごく当たり前のことですが、気持ちの持ちようが大事だし、幸せはいつも自分の心の中にあるということ。幸せになるために努力するのではなく、今ここで幸せを感じる力をつけていくということ。

内観で、本当にすっきりとした気持ちになれました。目の前のやることの多さと時間のなさに圧倒されそうになる百姓暮らしですが、それをどう感じるかどうかも自分次第。背伸びせず、自分に期待せず、人生に期待せず、一歩一歩、淡々と。そんな気持ちを再確認。

まとまった時間がないと書けないので、詳細レポートはまた後日にします。

そして、道中寄り道して会いに行った皆様ともすてきな時間が過ごせました。皆それぞれに、それぞれの人生があり、家族があり、今日という一日を生きています。皆が生きるこの世の中が平和であってほしいし、多様性を認める平和な世の中を作っていかなくちゃなあ、と感じる時間でした。

以下、写真だけ、のっけときますね。いろいろ書いてお伝えしたいことがあるんだけど、今日はぐっとガマン。その時間を、家族の時間に使おう。



写真だけのっけときます。雰囲気だけでもお伝えできたらいいなあ。


出発前日のどんどや。

aP1070014.jpg

aP1070036.jpg

aP1070762.jpg

aP1070056.jpg

aP1070774.jpg

aP1070763.jpg


旅先にて。

aP1150871.jpg

aP1150879.jpg

aP1150843.jpg

aP1160898.jpg

aP1160903.jpg

aP1160893.jpg

aP1170913.jpg

aP1170918.jpg

aP1170920.jpg



帰宅したら、すぐに息子の誕生日。

aP1200072.jpg

aP1200067.jpg

aP1200052.jpg

aP1200008.jpg



さて、今日もぼちぼちやっていきましょう!

2017年01月22日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

再び内観

1月1日(日)

お知らせです。

昨年末に、熊本県南関町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生しました。椛島農園のある阿蘇と南関町は50キロほど離れており、影響はありません。今冬は各地で鳥インフルエンザの発生が相次いでいます。椛島農園でも、野鳥が鶏舎に入らないようにしたり、出入り口の衛生管理を気を付けたりと、最深の注意をしています。

万が一ウイルスに感染した鳥の肉や卵を食べても、そのことで人間に感染したという事例は国内でも海外でもありません。海外で人に感染した事例は、発症した鳥と濃密に接触した人間が埃や糞を吸い込むことで起こると言われています。日本国内の状況ではそのようなことはまずありえません。どうぞ安心してお召し上がりください。

鳥インフルエンザ自体の詳しい説明は、愛知県HPのものがとても分かりやすいです。よかったらご覧ください。

***********************************************

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サトイモ、九条長ネギ、大根、カブ、セロリ、チンゲン菜、小松菜、かぼちゃ、

(その他入る可能性のあるもの)
大浦ごぼう、ほうれん草、キャベツ、春菊、水菜、みぶ菜、ルッコラ、サツマイモ、レタス、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、この冬は野菜の不作につき、ぼちぼちお休みをいただきながらの出荷を続けております。定期購入の新規のお申込みや、単発のご注文も、来春5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんだけぼちぼち入れてください」というご注文は冬の間も承りますね。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。


新年あけましておめでとうございます。

aP1010086.jpg

今日は、すっきりと晴れ渡った青空の南阿蘇でした。年末に厳しかった冷え込みも落ち着き、日中はポカポカでした。

aP1010139.jpg

今年も、一日一日大事にして暮らしていけたらいいなあ、と思います。


さて、ひとつお知らせです。

1月8日から10日間ほど、わたくしひとり、研修で家を空けます。のりこは家にいますが、子供もまだ小さいので無理をせずに出荷も卵やお米メインの方、毎週お届けの方以外はお休みを頂く予定です。詳しい発送スケジュールは、個別にご連絡差し上げている通りになります。新年早々、お客様の皆様がたにはご迷惑をおかけしてしまうことになり申し訳ありません。

さてその研修ですが、農業研修ではなく、自己啓発の研修です。ちょっとマニアックなものですが、「内観」というものです。ご存知ない方にとってはかなり怪しげですが(笑)、ご存知の方にとっては、「ああ、内観ね。知ってる。あれいいよね。」というものです。

1週間、ひたすら自分自身と向かい合うというとっても贅沢な時間です。ちょうど6年前に一度体験して、何とも言えないほどにココロがすっきりした経験があります。

その手法は実にシンプルで、

①誰か(お母さん、お父さん、配偶者、友人などの特定の人物)にしていただいたこと
②同じく、その誰かに対してお返ししたこと
③同じく、その誰かに対して迷惑をかけたこと

を、思い返していくのです。1時間半に1回くらい面接の先生が来てくれて、ただ話を聞いてくれます。それに対してのコメントもアドバイスも基本的には一切なしです。あくまでも、自分自身が、過去の記憶を振り返っていくという作業をタンタンと繰り返していくのです。

最初の一日はお母さん、次の日はお父さん、というふうに進めていきます。

次第に集中力が高まり、ある時点でハッと目が覚めるような、いや、頬をぶたれるような感覚になるのです。「ああ、自分はなんて自分の事ばかりかわいがって、人に対して迷惑をかけて生きてきたのか。こんな自分でも生きて行っていいんだ」とか「母のせいで自分の人生はこうなってしまったと思い込んでいたけど、そんなことはなかった。逆に、母にこんなに愛されてきたじゃないか」とか。

僕の前回の感想としては、大げさにいうと自分と他者、あるいは自然との壁がなくなるような感覚をちょっとだけ感じました。「般若心経でいうところの色即是空空即是色はこのことか!?」とたまげたほどです。

面接の先生とのやりとり以外は誰とも一言も話すことなく、1週間を過ごします。研修が終わるときには、途中の苦しさを越えてすがすがしい気持ちで家に帰るのです。深刻な悩みを抱えている人にとっても、なんとなくリフレッシュしたい人にとっても、自己啓発が好きな向上心あふれる人にとっても、言葉では言い表せないほどに素晴らしい体験になりえます。

もともとは浄土真宗の一派の修行法とされていたものですが、今は宗教色が除かれて一般化され、自己啓発の手法としてはもちろん、メンタルヘルスの臨床治療にも用いられています。日本発祥ですが、世界各地に広まり、韓国や中国では医療保険適用だとも聞いています。

我が家では、夫婦二人とも内観を体験して、夫婦間のけっこう大事なキーワードとなってます。合う合わないはもちろんありますし、1週間という時間や、6万円ほどの費用もかかりますので、内観をおすすめしても実際に行ける方はあまりおられません。ただ個人的には、「人生なんとなくうまくいってない」という方で「親子関係がしっくりきていない」という方にとっては、劇的に人生が変わる可能性があるものなのではないか、と思います。実際うちに来てくれたウーファーさんのなかで、おひとりそのような方がおられました。

こういってしまえば身も蓋もないのですが、人間どんな過去があるにしろ、「過去は変えられない」けど「過去をどう見るか」は変えられるということです。あらゆる事象もどういうふうにとらえるかは、結局のところ脳の認知の問題なわけですし。

僕が今現在、何らかの過去の体験にとらわれて苦しくなって内観に救いを求める、というわけではないです。ただ、自分の気質として、ちょっとソウウツっぽいところがあり、「こうあらねばならない」「こうできないともう終わりだ」といった「完璧主義で、いかにもウツになりやすい思考パターン」が強くなっちゃってるんですね、ここのところ。けっこうきついんだなあ、これが。

それをまあしっかりと自覚できているので、よし、こりゃちょっとリフレッシュに行ってくるぞ、というわけです。まあ、いわば「心の温泉旅行」といったところでしょうかね。体のメンテナスと同じく、心のメンテナスも大事です、ほんと。就農して10年たったので、リフレッシュ休暇です。

ご興味がある方は、よかったら

キャプチャaa

こちらの動画をご覧ください。熊本の玉名市の蓮華院誕生寺、内観研修所の大山氏がTED×熊本市という企画でプレゼンをされている動画です。

ちなみに大山氏は妻の伯父であり、そういったご縁で妻はこれまで3回も内観を受けています。僕と違ってとても安定した性格をしているので、そんなに行く必要があるのかなあ、と思うんですけど(笑)行くたびに発見があるようです。子育て落ち着いたらまた行きたいわ~、と言ってます。行く動機も人それぞれ。面白いものです。

あるいは、とーーーっても長い文章でも苦にならない方であれば、6年前の僕の体験記もよろしかったらどうぞ。


そして、せっかくなので内観後に、ちょっと寄り道しながら帰ってくる予定です。さてさて、どんな時間になるのか。こんなに長く家を空けて大丈夫なんだろうかという不安と、留守にするための段取りと、内観と旅で得られるものへの期待と、こころよく送り出してくれる妻への感謝と申し訳なさと、そんな何とも言えない気持ちを感じながらちょっと落ち着かない気持ちの元旦でありました。

というわけで、今週はぎりぎりまで準備やら出荷作業やら、地区のどんどやなどでドタバタしそうです。ブログも、出発前にかけたらかけますが、場合によっては帰宅する今月中旬までかけないかもしれません。

ご連絡を頂く際は、電話でもFBでも、普段どおりに対応させていただきます。ただ、ご存知の通り我が家では夫婦で携帯一台という平成前期的アナログ生活を好んで実践してますので、今回の企画にともなって、一時的に1~2日間ほど携帯が不通になる可能性があります。ご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします。



2017年01月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |