再会

4月24日(月)

そろそろ、お届けできる野菜が増えてくる時期ではありますが、今年は種まきも遅れ気味だったり、春先に長雨や低温が続いたりで野菜の生育が遅れ気味です。なので、まだ端境期中ということで、定期発送のほとんどの方へのお届けはお休みを頂いていますが、一応今週のセットの中身を挙げておきますね。

(大体全員に入るもの)
卵、間引き人参、サツマイモ、大浦ごぼう、レタス、しろ菜、

(その他入る可能性のあるもの)
にら、間引きカブ、間引き大根、小松菜菜の花、タケノコ、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

長雨が終わり、ここ数日いい天気が続いている南阿蘇です。

農作業も忙しい時期に入ってきました。毎日いっぱいいっぱい。生きてるって感じがします(笑)

やはりこの素晴らしい季節、引き続き来客も沢山です。

aP4200009.jpg

お二人とも看護師さんというご夫婦。転職の間の2か月という時間を使って、車で家族旅行中。「来年上の子が小学校だし、なかなかこういう時間も作れないし、エイッと出発しました」と。豊かな人生の何たるかを感じさせてくれました。子供ってすごいですね。あっという間に仲良くなってずーっと一緒に遊んだり、喧嘩したり、遊んだり・・・。あっぱれでした。


aP4230085.jpg

タイから来てくれたご夫婦。クワンさんとナさん。クワンさんは、若かりしときにお世話になったアジア学院時代の友人。タイ北部のチェンマイ近郊の山の中でコーヒーを有機栽培しています。

せっかくだからと観光にお連れしようとしたら「いやいや、それはいいから、農作業手伝うよ。そうしたいんだよ。」と。お言葉にあまえて田んぼの堆肥まきなど手伝ってもらいました。あまりせかせかとは動かず、手を止めていろんな話をしながらの作業。豊かな時間でした。苦手な英語での会話で脳みそがポワーンとするほど疲れましたけど(笑)

お土産に頂いたコーヒー。

aP4240096.jpg

標高の高い山でのみ、極上の味が出るのだそうです。コーヒーの味はよくわからない僕ですが、美味しかったです。森の中で、他の木々や生き物たちの環境を崩さない中に植えているので可能になる有機栽培。ひとつひとつ手で熟した豆を摘んで収穫していくのだとか。収穫する豆の熟し具合の見極めがかなりシビアで難しいのだそうです。

ホームページはコチラ。タイの文字は読めませんし、翻訳ソフトで翻訳してもらってもいまひとつ分かりにくいですが、一応ご紹介を(笑)。

キャプチャaa

この暮らしをしていて、このような来客を沢山迎えることができるのは、大きな喜びです。十数年ぶりの再会、なんてこともよくあります。しかも、当時そんなに親しく接していたのかというとそうでもないという方も訪ねて来てくださるということも実に多いです。

改めて話をしてみて、新たな気づきであったりつながりであったり、そういうものを感じて人生の奥深さを感じるのであります。

若い時は、人と人つながりは深くあらねばならないし、中途半端な親しさの友人知人を数多く持つのはストレスだと感じていました。でも、年をとってくると、それはストレスではなく財産だと思うようにもなりました。年を取るのも、悪くはないですね。

FBをまめに開いて活用していればまた違った感覚を覚えるのでしょうが、情報の多さを脳が処理しきれないので(笑)敢えてそうせずに、こんな感じの再会や一期一会を深く感じ入るというのもなんだか昭和っぽくて好きなのであります。

居候研修生のまさと君がクワンさんのコーヒー園の話を聞いて、「行ってみたい」と思ったそうです。うちの今の暮らしでは海外旅行はあんまり想像できないけど、若いまさと君ならその気になればいつでも行けます。こういうところからご縁ってひろがるのかな。そうなったら面白いなあ。


aP4230088.jpg

お二人に、南阿蘇の景色を見てもらいたくてちょっと山の上に。これからグングン山が緑になっていきます。


堆肥まきの最中に現れたタイコウチ。

aP4230083.jpg

土の中で冬眠していたのでしょう。春ですもんね。出てきましたね。おはよう。

ちなみに、タイコウチは漢字で書くと、太鼓打ち。水中にすむ、カメムシの仲間です。肉食性で、小魚やほかの昆虫の体液を吸います。英語では、water scorpion。水の中のサソリ、という意味ですね。ふむふむ。


ミズキの若葉。一番好きな若葉です。

aP4190006.jpg


少しだけ、ひよこをいれました。

aP4210041.jpg

連れてきた早々に、春人と菜月に触られすぎて数羽が弱ってしまいました。う、油断した・・・。1週間位たてばある程度力強くなるので、そしたら近所の子供たちにも改めてお披露目、といった感じかな。どうぞお声かけ下さい。

スポンサーサイト

2017年04月24日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

地震から1年。

4月17日(月)

端境期ということで、定期発送のほとんどの方へのお届けはお休みを頂いていますが、一応今週のセットの中身を挙げておきますね。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サツマイモ、大浦ごぼう、水菜、わさび菜、間引き人参葉

(その他入る可能性のあるもの)
小松菜菜の花、レタス、タケノコ、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。単発のご注文も、5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。


なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。地震から一年。とりとめのないことを書いております。



熊本地震から1年が過ぎました。週末は、県内各地で復興イベントや、記念式典、防災訓練などが行われました。

1年経って、うちは幸いにも元の暮らしに戻れました。でもまだまだ生活再建の展望が描けないという方も村内にも沢山おられます。生活の足でもあり観光のシンボルであった南阿蘇鉄道の復旧がどう進展するかもまだ良く分かりません。

自分にできることは何だろうかと考えてみたりします。ほんとに、何だろう・・・。被災地域内でも、当然被害の程度の差は大きく、いろいろ気を使います。被害が大きかった方に対して、腫れ物に触るような感じになるのも変だし、気にしないのも変だし・・・。まあ、自分に何かできると期待せずうぬぼれず、淡々とできることをやるのが大事なんでしょう。

うちにできることは、やっぱり日常をしっかり淡々と歩んでいくということかな。農家らしく目の前の自然や作物と向かい合い、里山の景観を守り、安心安全でおいしい食べ物を育てる、ということに尽きるのだろう、という答えになります。人がそれぞれ得意なことをやっていって、みんな毎日いい仕事をしていくのが一番だなあ、と思います。「働く」ということは、「傍を楽にする」ということだとどなたかがおっしゃっていたなあ。そんなわけで、今日も、明日も、淡々と体を動かすのであります。

日常を淡々と過ごす中で、何のご縁か、

aP4150098.jpg

aP4150108.jpg

あちこちからいろんな方が南阿蘇まで訪れてきてくれます。ありがたいなあ、と思います。4年前の研修生さん、愛知からのウーファーさんご一家、熊本のお客さん・・・。ここのところ、実ににぎやかなわがやです。玉ねぎ畑の草取りも人海戦術です。

aP4160135.jpg

決して人付き合いが得意とは言えない僕であります。基本的に、人と話をするときはいついかなる時でも気を使ってしまいます。妻に対しても(笑)。

でも、面白いものですね。そんな自分の気質を自覚して、これだけを大事にしてご縁を受け取ってきました。

来るもの拒まず。一期一会。来た方から、何かひとつでも面白い話を聞き出して学ばせて頂く。農作業の手伝いを申し出てもらった時は、素直にご厚意を受け取る。遠慮せずに甘える。「お役に立てると嬉しい」というお気持ちに応えられるように、作業の段取りをきちんとしておく。それでいて、戦力として過剰に期待して勝手にがっかりという奢った気持ちを持たないように自分を戒める。して頂いたことは何らかの形で具体的にお返しする。

こうやって、いろんなご縁が広がり、人が人を呼び、それなりに暮らしを営んで行けているのことに、人生捨てたもんじゃないな、と思うのであります。ま、とかなんとか言えてるのも、人付き合いを純粋に楽しんでいる妻の存在のおかげでありますけどね。感謝!。いつも、ぱっとご飯を作ってくれてありがとう。


夏野菜の苗も元気に育っています。

aP4160115.jpg

菜月も、無事2歳になりました。

aP4130075.jpg


春らんらん。太陽のエネルギーが降りそそぎ、大地が温まってきました。生き物たちのハーモニー。いい季節です。

テントウムシのさなぎ。

aP4130062.jpg

タチイヌノフグリ。

aP4160147.jpg

オカオグルマ。

aP4160151.jpg

オドリコソウ。

aPa4160141.jpg


さあて、グングン忙しくなるぞ~。焦らず、ぼちぼち、一歩一歩でいきます!

2017年04月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

エンゴサクとカブトムシ

4月10日(月)

先日の「野菜の出荷・作付け量を減らします」の記事への、ご反響を沢山いただきました。温かい励ましや応援のメッセージに本当に大きな勇気を掴むことができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございます。


端境期ということで、定期発送のほとんどの方へのお届けはお休みを頂いていますが、一応今週のセットの中身を挙げておきますね。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サツマイモ、大浦ごぼう、水菜、わさび菜、

(その他入る可能性のあるもの)
ヤーコン、小松菜菜の花、レタス、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。単発のご注文も、5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。


なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。雨続きで、畑も霜よけ不織布で覆われてちょっと殺風景な時期なので、ひさしぶりに足元の自然観察ネタです。



寒い日が続いて花の開花も遅かった今年の春ですが、4月に入って一気に木々が芽吹いてきました。レンギョウ、コブシ、モクレン、そして、桜も、ようやく。

子供の時に感じた、新学期のドキドキとワクワク感・・・。自営業を営むようになってすっかり忘れてしまっていた感覚を、子供の成長にともなって思い出す今日この頃です。新しい教室、新しい先生、新しい名札・・・。新しい環境で感じる緊張感こそ、成長へのきっかけ。起こる出来事すべてに、自分なりのいい意味付けをできるように『生きる力』を伸ばしていきたいものですね。子供も、そして、大人も。

そして、そんなヒトの営みとは無関係にめぐっていくのが季節。回っているのが地球。

咲くべき時期に花は咲きますねえ。

スミレが満開。タチツボスミレ、かな。日本で自生しているスミレの仲間は、約60種類もあるそうです。

aP4080035.jpg

エンゴサクの仲間。エゾエンゴサクか、ヤマエンゴサクか、ジロボウエンゴサクか。林などの日陰に生えます。そのへんのはっきりした識別(同定、といいます)は、一時はまって勉強したけど、最近はそのあたりにエネルギーをまわす余力なしだなあ。ま、ぼちぼちでいきましょ。

aP4080025.jpg

いずれのエンゴサクも、ケシ科の草です。毒があります。エンゴサクとは、漢字で書くと延胡索。漢方薬の名前です。誤って食べると、嘔吐などの症状がでるそうです。でも、塊茎(土の中の茎が膨らんで芋のようになった部分)は漢方として使われ、名前の由来となってます。あな不思議。薬も毒も紙一重ですね。人間関係もそういうものなのかも。なんて思ってみたりもして・・・。

ちなみに、ウスバシロチョウという蝶の幼虫は、エンゴサクの仲間の草を食べます。なので、ウスバシロチョウの体にも毒があります。そんでもって、鳥もそれを分かっていて、食べない、ということなんでしょうね。すごいですねえ。見てみたい。でも北方系の蝶なので九州にはいない、とwiki先生には書いてありました。


シロバナタンポポ。

aP4080037.jpg

在来種です。昔から、日本にあったタンポポです。近代になって、ヨーロッパからもちこまれたのが、現在都市部でみるほとんどのタンポポであるセイヨウタンポポ。シロバナタンポポ(や、同じく在来種のカンサイタンポポ)は、農村に行かないとみられなくなりました。どんなタンポポが生えているかが、その地域の自然環境がどんな状態なのかの指標となります。面白いなあ。

最後に。

野菜の苗づくりに使う腐葉土の山を掘ってみました。

aP4080016.jpg

今年は、豊作です!!!

aP4080023.jpg

おすそ分けいたしますので、ご入用な方はご連絡くださいね。薪との物々交換、特に大歓迎です(笑)。あ、薪などなくてもどうぞお気軽にお声かけ下さいね。



2017年04月10日 草花 トラックバック:0 コメント:0

結婚式で仕事について考える

4月3日(月)

先日の「野菜の出荷・作付け量を減らします」の記事への、ご反響を沢山いただきました。温かい励ましや応援のメッセージに本当に大きな勇気を掴むことができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございます。


端境期ということで、定期発送のほとんどの方へのお届けはお休みを頂いていますが、一応今週のセットの中身を挙げておきますね。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サツマイモ、小松菜の菜の花、ほうれん草、大浦ごぼう、水菜、

(その他入る可能性のあるもの)
小豆、うどん、原木しいたけ、ヤーコン、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。単発のご注文も、5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。


なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

4月になりましたね。新しい季節。新しい学年。生き物たちが動き出す季節。温かくてほどよく湿った空気。

小松菜の菜の花や、

aP4020048.jpg

ソラマメの花。

aP4020078.jpg

本当に、いい季節になってきました。

畑は、まだ霜よけの不織布やビニールで覆われて殺風景ですが、

aP4020082.jpg

ビニールをとれば、こんな感じで春野菜がすくすく育っています。人参さん。

aP4020040.jpg

草取りのbeforeとafter。野菜は、人が手を加えて何千年もかけて育ててきたものです。交配に交配を重ねて、野生の原種とはかなり異なるたたずまいになっています。その分、世話を必要とします。残りの草も、ちゃっちゃと取らなくちゃ。がんばうっと。

aP4020030.jpg


しかしながら・・・、3月は雨が多くて寒かったですね。畑の土もずっと湿っていて、畑仕事も全然はかどりませんでした。しかも、なぜか貴重な晴れ間に限って用事が入ってしまうということの連続・・・。一昔前に流行したマーフィーの法則というやつですな(笑)

一昨日は、中学校の同級生の結婚式で福岡に。忙しい時期だし夜のうちに阿蘇に還りたかったのだけど、「お祝い事だし、まあまあ、飲もう、飲もう」という同級生たちのお誘いに乗って祝杯をあげ、福岡の実家泊。

式場で再会して話をした同級生の人数は10数人。何か、普段の暮らしでは得ることのできないアイデアや思考のヒントを得ることができるかな、と思って出席したのでありますが、よかったです。

水泳部員だった同級生は、「泳ぐ」という好きなことの延長にある「水族館職員」という仕事についていました。僕は、子供の時は何も考えずに「とりあえずまずは大学」と勉強ばっかりしていましたが、こういう豊かな進路選択もあるんだなあとあらためて感じました。

今回話をした同級生のほとんどは、サラリーマンの方々でした。やはりうちのような暮らしや仕事は彼らにとっても興味を引く存在のようでした。みんな、「農業大変だろう。自営業かあ、いわば社長だもんな、すごいなあ。でも大変そう。」と。

僕には、サラリーマンはできません。いろいろ気を使いすぎて、潰れる自分が容易に想像できます(笑)。どんな仕事も大変だろうし、どんな仕事も自分のとらえようによっては楽しいのだと思います。そして、どんな仕事であっても、社会を動かしていくために必要だから存在しているのだと思います。

若い時にお世話になったバイト先の社長がおっしゃってた言葉も思い出すなあ。

「いいか、かば、どんな仕事であっても、自分でめし食ってるっていうだけですごいことなんだ。どんな仕事でもな」。人生の方向が定まらない22歳の僕にとっては、心を軽くしてくれる言葉でした。進路選択なんてものも、正解を選ぶようなものではなく、結果としてそうなってしまうものなのかもしれませんね。


最後に。

ただ今大掃除中。現場仕事の効率を上げるには、一に片付け、二に片付け!片付け偏差値30位の我が家にとっての一番の伸びしろも、片付け!

aP3290008.jpg

とりあえず、昔もらってきてた廃材で棚を作ることからスタートです。

aP3290023.jpg

さっそく、息子のジャングルジムになってますけど(笑)。こんな棚も、パイプや木材を買ってくれば3万円位かかります。廃材や、ホームセンターでもらってきたパレットを使えば、ビス代位ですみます。大根150本とか200本位に相当する経費が浮きましたわ~。自分の人件費は計算外ですけどね。まっ、とにかく、ビバ貰い物ですね~!!

2017年04月03日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |