レストランバス

5月22日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、間引き人参、レタス、スナップエンドウ、新玉ねぎ、(間引き)大根、カブ、セロリ、キャベツ、水菜

(その他入る可能性のあるもの)
ブロッコリー、ミニカリフラワー、(間引き)白菜、ニラ、チンゲン菜、春菊、小松菜、二十日大根、ズッキーニ


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

快晴続きの毎日です。雨も降らず、連日の夏日。でも朝は10℃位。最高に気持ち良い季節です。

遅れに遅れに遅れていたトマトの植え付けも終わり、野菜の作業がとりあえずなんとか一区切り。

aP5220006.jpg



焦っていた気持ちもちょっとだけ落ち着きました。さて田んぼの用意頑張るぞ、と気持ちでいっぱいなのですが・・・、いろいろなご縁をいただきまして、

aP5210177.jpg

地元南阿蘇村を走るレストランバスなるものに試乗してきました。地震からの復興支援であったり、農業と観光を繋ぐ試みであったり、そういう課題の「具体的な形」のひとつとして村の有志達や、村に惹かれて集まってきた若者たちの企画力で実現。

食材の生産現場をめぐりながら、シェフがバスの一階で調理、2階で食べる、というツアーなのです。友人が企画者として奮闘しておられ、モニターといった感じで参加させて頂きました。

aP5210171.jpg

aP5210168.jpg

aP5210172.jpg

aP5210162.jpg

PVはこちら。



普段とはちがった角度から地元の良さを再発見できました。いろいろな課題があることは前提のうえで、ひとつひとつその課題をクリアして具体的な形にしていくというのはやっぱりすごいことだな、としみじみ感じ入りました。

企画運営をされている関係者の皆様には頭が下がります。美味しかったです。ご馳走様でした。お問い合わせ・詳細はレストランバスのHP(こちら)をどうぞ。



子供たちは、久永屋さんのプールを満喫。

aP5210121.jpg

南阿蘇の人気カフェです。駅舎カフェです。南阿蘇鉄道の長陽駅にて週末のみの営業。シフォンケーキ絶品です。うちの卵も使って頂いてます。

お客さんいっぱいでにぎわっていました。地震の後、駅に電車が来なくなったのは寂しいですが、元気に営業されています。プールありがとう~。




息子が何やら発見。

aP5200026.jpg

お昼寝中みたい。暑いからね~。

aP5200028.jpg


カメノコハムシ。

aP5180019.jpg

日本には、〇〇ハムシ、という名前の昆虫がなんと500種類います。その名の通りに植物の葉を食べます。そしてそのほとんどが、お互いに食べる植物が違います。

ウリハムシはウリ類(キュウリや南瓜など)しか食べないし、ヤナギハムシはヤナギ類しか食べません。小さないきものたちから学ぶことは多いです。


さてさて、今週も淡々とやれることやっていきましょうかね。皆さんファイト~!

スポンサーサイト

2017年05月22日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

農繁期

5月15日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、間引き人参、レタス、スナップエンドウ、新玉ねぎ、(間引き)大根、カブ、にら、セロリ

(その他入る可能性のあるもの)
ブロッコリー、(間引き)白菜、キャベツ、チンゲン菜、春菊、小松菜、二十日大根、にんにくの芽、ズッキーニ


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

暑くなってきましたね。昨日は今月3回目の25度超えでした。まだ体が慣れてないので水分補給に気を付けながら、黙々汗汗焦焦の農作業の毎日です。

それにしても・・・・。いろいろ作業が重なってしまう今の時期はどうしても目の前の作業に追われ、気持ちに余裕がなくなってくるなあ、と今年もまた痛感中です。視野も狭くなってくるのが良く分かり、踏ん張りどころ。まさに、農繁期、です。田植えと玉ねぎの収穫が終わるまでのあと2、3週間ぐらいが山場かな。

大体このブログも「いろいろ書きたいことあるけど、やめときます」ということが多いけど、すんません、今日は特に書きたいことも思いつきません(笑)

ま、こんな日もあっていいでしょう。何でも、続けていくというのは大変なことですねえ。

峠の先にはどんな景色が見えるんだろうか・・・。それを思い描き、今日もまた一歩一歩、だな。

aP5140308.jpg

aP5140329.jpg

aP5140333.jpg

aP5140319.jpg

aP5140334.jpg


2017年05月15日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

まっ、こんなもんでしょ

5月7日(日)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、間引き人参、サツマイモ、レタス、スナップエンドウ、新玉ねぎ、(間引き)大根、

(その他入る可能性のあるもの)
(間引き)白菜、(間引き)カブ、キャベツ、にら、チンゲン菜、春菊、間引きセロリ、二十日大根、にんにくの芽


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

皆様、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしになられたでしょうか。我が家にとっては、ゴールデンウィークとは、ずばり得も言われぬ思いになる時間。生きてる醍醐味を味わう時間なのであります。

やることが尽きない農繁期!なのですが、保育園が休みなんだしせっかくだから子供にいろんなことを体験させてあげるための家族の時間をちゃんと作っていくぞ、と。

そして阿蘇は観光地でもあるので、「ちょっと近くまで来てるんだけど寄ってもいいかな」という急な来客も多く、嬉しいけれども作業が進まず、作業が進まないけどこうやってお立ち寄り頂けるのはありがたいことだなあ、と。

そんな感じのところをいかにバランスをとって時間を使っていくか、毎年力を振り絞るのがゴールデンウィークなのであります。


今年は福岡から子守と農作業手伝いでやってきてくれた僕の両親の力を借りて、無事に乗り切れました。よかったよかった。精一杯やった感があります(笑)


地震から1年経ちました。観光業にとっても、地震の影響は大きいものがあります。まだ厳しい状況には変わりはないのですが、連休中はこんな感じで近くの道の駅は大賑わいでした。賑わいが、ちょっとずつ戻ってきているようです。どうぞ皆様、阿蘇にお越しください。

aP5050048.jpg

お米の種をまいたり(次のブログにupしてます)、里芋の植え付けをしたり、

aP5060101.jpg

ナスの植え付けもしたり、

aP5060083.jpg

セロリの草取りをしたり、

aP5050052 (2)

やることはエンドレス。農繁期です!写真は、久しぶりの海外からのウーファーさんであるナオミちゃんと、研修生のマサト君。ナオミちゃんは19歳のアメリカ人。大学入学前のギャップイヤーを利用して3か月間日本をウーフしながらの旅。うちには2週間の滞在です。日本語がお上手で助かります。


今日は農作業をお休みして、近くの山にハイキングに行きました。阿蘇南外輪山の地蔵峠から冠ケ岳へ。親子4人、両親、ナオミちゃん、近所の友人2人、合わせて9名の行脚。距離にして片道4キロ位、高低差はほぼフラットで100m位。

全く山歩きをしないうえに圧迫骨折病み上がりのアラ古希女子から、どこまで歩けるか未知数の4歳児、背負われっぱなしに耐えられるかこれまた未知数な2歳児、という個性的なメンバーを含む9人ですので、「ま、行けるところまで行こう」という感じでの出発でした。

aP5070130.jpg

結果は、まさかの道間違えやなどもあって、冠ケ岳頂上にたどり着けませんでした。縦走路の真ん中で弁当食べて帰ってきました(笑)

aP5070151.jpg

でも、いい時間となりました。ちょっと無理な企画だったけど、行ってよかった~。まっ、こんなもんでしょ。いろいろボロボロでしたが、いい思い出となりました。期待値からの減点主義で物事を見るのではなく、とりあえずでもやったということを褒めてあげなくちゃね~。

aP5070161.jpg

それにしても、車社会どっぷりの村の生活・・・。意識しないと本当に歩く時間が少なくなります。妻のりこは、事務仕事や箱詰め作業担当で、「私、ほんと歩いてない。ちょっとまずいレベルだね~」といつも口にしてます。

息子も、保育園の往復も車だし、土日もそんなに歩かせてないし、明らかに歩くのが足らない。でも今日は彼なりによく頑張って歩きました。

若い時に山登りにはまっていた時は、冬山シーズンに入る前にボッカトレーニングと称して30キロとか40キロの荷物を背負ってひたすら登ってました。丹沢や奥多摩の山々が懐かしいなあ。

大した距離や時間ではなかったけど、下の娘をずっとおんぶし、後半とうとうギブアップした息子を抱っこし、合計25キロの負荷を感じながら歩くのは、昔を思い出して心躍るひとときでした。

それにしても、さすがと比べると体力落ちまくりだなあ。うーん、無駄な体力を使わないようにしたいこの農繁期の最中、我ながら何やってんだろうなあ(笑)まっ、こんなもんでしょ。よし、明日も農作業がんばろう。





2017年05月07日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

田んぼ2017①猫の手

5月7日(日)

引き続き、今年も米作りの記録をぼちぼち書いていきます。

種をまきました。

イネの種って、つまり、普段食べているお米そのものです。正確にいうのであれば、種モミ、です。種籾(モミ)からモミガラをとったものが玄米。玄米からヌカをとったものが白米、です。

米にしても麦にしても豆にしても、穀物ってのは本当にすごいですね。エネルギーの塊です。種をそのまま食べてるんですからね。

規模の大きい農家さんではこういう作業も全自動の機械を使ったりしますが、大した面積の田んぼを耕しているわけではない椛島農園では、こうやって昭和チックな作業で種もみをまきます。

aP5030014.jpg

播いたあとは、上から土を被せる作業です。ご近所さんから頂いた古い手動の機械の調整が今年も(苦笑)うまくいかず、これまた大した量でもないということで、手作業にて。4歳の息子も、彼なりに一生懸命手伝いをしてくれました。

aP5030026.jpg

一昨年は種まきの場にこそいましたが全く戦力にはならない年齢でした。そして去年は地震で妻の実家に避難中でした。2年ぶりの種まきの現場で、彼の成長を感じてちょっと感動しました。

下の娘も、まあ文字通り猫の手を借りることができて邪魔にならない程度に周りで遊んでてくれてました(笑)

aP5030009.jpg


土をかぶせた後は、こんな感じでビニールハウスに用意したスペースに並べて、

aP5030032.jpg
(ちょっと土が乾いている箱がありますね。見る人が見たらツッコミが入るポイントですが、ま、ご愛嬌ということで・・・)

薄くアルミを張り付けた特殊なシートをふわっと被せます。

aP5030039.jpg

数日たって芽が出そろったらシートを剥がして水をあげ始めます。さてさて、今年もいい苗ができるかどうか。育苗期間、しっかり世話をしていきたいと思います。

2017年05月07日 お米 トラックバック:0 コメント:0

花々

5月1日(月)

今週まで、ぼちぼちの発送です。まだ葉物ばかりで、バランスのいいセットとは言えない中身です。連休明けの来週から、葉物以外のものも充実してきますので、本格的な発送再開を予定してます。

今週のなかみです。

(大体全員に入るもの)
卵、間引き人参、サツマイモ、レタス、しろ菜、

(その他入る可能性のあるもの)
(間引き)白菜、キャベツ、にら、間引きカブ、間引き大根、スナップエンドウ、タケノコ、新玉ねぎ、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。野の花や野菜のみどりがまぶしくて、やたらと写真をとってしまったので載っけてみます。


ゴールデンウィークですね。大多数の農家にとっては、まさに繁忙期!この土日は妻と子供たちは所用で実家へ。ここぞとばかりに馬車馬のように働き、イケイケノリノリでひたすらに田んぼの堆肥まきを進めたのでありました。

あまりに体がキレキレだったので調子に乗って夜に久しぶりのジョギングをしたら、軽く腰痛・・・。何事もほどほどが大事ですね(笑)


ようやく春野菜が大きくなってきました。春先の長雨で出遅れましたが、ここのところの晴天と高い気温でぐっと元気になってきました。

春野菜の畑。

aP5010370.jpg

スナップエンドウの花と、小さなさや。

aP5010361.jpg

食べごろの半結球レタス。

aP5010356.jpg

ニンニクや玉ねぎの畑。

aP5010404.jpg

人参。

aP5010421.jpg



ひかりをあびて、草花がかがやきます。いい季節ですね。


どこにでもある雑草、スズメノテッポウ。

aP5010348.jpg

よく見ると、かわいい花を咲かせています。稲作の伝来に伴い、古代に日本に入ってきた帰化植物だとされています。

aP5010343.jpg

ハルジオン。春に咲く紫苑(菊)、でハルジオン。

aP5010390.jpg

花びらの色は、白にちょっとピンクが混ざるようなものが多いですが、個体によって色の程度はバラバラ。この位に紫がかったピンクというのはやはり目につきます。

紫陽花のように、土壌のPHによって色が変わったりするのかなあとググってみると、「空気が清浄なところでは紫色になる」とwiki先生に書いてありました。なんとも曖昧な表現で、真相はいかに・・(笑)。

ちなみにハルジオンは北米原産の外来種。1920年代ごろに日本に入ってきたとのこと。生態系をかき乱すことから、やっかいな外来種として環境省によって指定されています。が、実際には完全に市民権を得てますね。困ったものだ。でも、すっかり市民権をえてしまった外来種植物って多いですよね。セイタカアワダチソウ、オオイヌノフグリ、コスモスなどもそうですね。

こちらもまた然り。コメツブツメクサ。ヨーロッパ原産。道端や畔に良く生えてます。

aP5010398.jpg

100年前、500年前、1000年前、自分が今耕している農地にはやはりその当時の人達が同じ大地を耕していたのだなと想像すると何とも言えないものを感じます。そしてその当時、農地の周りの畔や道端にはどんな草花があったのかな、と想像してみても面白いです。

今ふつうに目にする草花も、当時は全然なかったりするんだろうな。帰化植物、外来種の存在感って思った以上にすごいんだろうなあ。日本には4000種位植物があって、そのうち1200種位は帰化植物だそうです。野菜の場合でも、現代私たちが食べている野菜のほとんどはもともとは外国からやってきたものです。

世の中も、生態系も、本当に複雑です。明らかに生態系をかき乱すケースは論外だとして、そうでもない場合は「外来種=悪」というふうに二者択一的に判断するのはちょっとちがうのかなあ、なんてふうにも感じます。

あ、これは別に外来種問題に限らず、全部そうですね。万策尽きたところでもなお、折り合い点を探り続ける勇気とタフさと寛容さがあふれる社会であってほしいなあ。白でなくてもいいし、黒でなくてもいい。中間のグレーのグラデーションを楽しめる人生でありたいなあ。おっと、脱線(笑)



サルトリイバラの若葉。ちくりちくり。トゲにサルが引っかかるのだとか。

aP4290182.jpg

ハナイカダ。古代のひとの命名センスに脱帽です。

aP4290188.jpg


本当に、いい季節です。皆様、よいゴールデンウィークをお過ごしくださいね~。

2017年05月01日 草花 トラックバック:0 コメント:0

| 南の大地より  椛島農園日記TOP |