玉ねぎ&白菜

今日は、晴れてはいたものの、薄雲が広がり、肌寒い一日でした。
朝の最低気温は2度くらい。冬が確実に近づいています。

玉ねぎの定植をようやく終えました。

結局2400本購入。1本5円。かなり痛い出費です。でもしょうがない。(苦笑)ケチりたかったけど、そうもいってられないですしね。玉ねぎはなんとしてもたくさん欲しいですから。来年は、苗作りをもっと気合入れてやらなくちゃいけませんね。

自前の苗とあわせて、合計6000本弱。全部が全部うまく育つわけはありませんので、さてどのくらいの収量になるでしょうか。どきどきです。

最初に植えた白菜の様子。

1112hakusai.jpg


どんどん出荷しています。

もうしばらくすると、強い霜が毎日のように降ります。
なので、防寒対策です。

1112sibari.jpg


外葉をワラでしばります。こうすることで、少々の霜がおりても、中は問題なしです。年を越して、本格的に寒くなってきたら、もっと本格的に防寒しますが、しばらくはこれでOKでしょう。昔ながらの知恵ですね。

2回目に植えたものは、まだまだ生育途中。

1112atohakusai.jpg



寒さに強い晩生の品種なので、出来上がるのももう少し先です。これらは、しっかりと保存して、冬の間中出荷できる、予定なのですがさてどうでしょうかね。

うまくいきますように!あまり期待せずに見守ります。期待するとろくなことがないですからね。何事にも期待しないように毎日自分に言い聞かせてます。そうすると、何があっても淡々と対処できるし、ちょっとでもいいことがあると素直に嬉しいですよね(笑)

例によってまた激しい蛇足ですが、

「人生に何かを期待するのではなく、人生の期待にどう応えるか」
「幸せは人生の目標などではなく、結果にすぎないのである」

とは、「夜と霧」の著者であるV・Eフランクル氏の言葉。ご存知の方も多いことでしょう。

力を与えてくれる、本当に力強い言葉、だと思います。

スポンサーサイト

2007年11月12日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< 冬支度 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 今日目にしたもの >>












管理者にだけ公開する