ハウスの様子

阿蘇では暖かい日が続いております。
どうやら今年も暖冬のごたるね、とみんな口にしだしました。
正月には寒波が来そうです。どうなるでしょうかね。

ハウスの中の菜っ葉の様子です。

1226hausunonaka.jpg


保温用の資材(光も水も通す布)をかけたりはずしたりしています。べた掛けにしたり、ポールの上にかけてみたり、いろいろ試しています。

サラダ菜。

1226saradana.jpg


水菜。

1226mizuna.jpg


ハウスの中でぬくぬくと育っているので、それらしい顔つきです。出荷前には、少し寒くして鍛えてあげないと美味しくはなりません。

街に配達に行ったついでに、出荷に使うダンボールを集めてきました。

1226danbo-ru.jpg


大きなスーパーから出るものから、綺麗で丈夫なものを選んで頂いてきます。買えば中古のものでひと箱50円です。今日は、30分位かけて60箱ほど集めてきました。街に行ったついでの仕事ですので、単純に純利益となります。なので時給にすると6000円の仕事です。これなら割にあいます。

百姓の労働費、人件費はただだ、とよく言われます。すごく納得もできます。でも、それではいかん、という気もします。自分の仕事の時給換算は、意識してやっていきたいものです。

ちなみに僕にとって、畑の仕事自体は、趣味だけど仕事、仕事だけど趣味、でもやっぱり仕事、というような不思議なものです。自分の意識としては時給0円です。

収穫、調整、箱詰め、発送は、そして発送に付随する事務仕事は、仕事と思ってやってます。収穫~発送仕事の時給は、今の時期だと2000円位でしょうか。でもそこから経費がマイナスになりますから、実際にはもっと低いなあ。

さて、お金にならない仕事の意味深さ、面白さもまた忘れないようにしたいものです。

柿酢を仕込みました。

1226kakisu.jpg


作り方を調べると、例によって十人十色です。いちばん簡単な方法で「とりあえず」やってみました。皮を拭いて、へたをとって、入れるだけです。数ヶ月後には、皮についている酵母菌の力で発酵がすすみ、酢ができあがる予定です。

自家用の加工品なので1円にもなりませんが(笑)、こういう仕事はすごく大切にしていきたいです。

スポンサーサイト

2007年12月27日 田畑 トラックバック:0 コメント:1

<< 雪降る大晦日 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 本の紹介 >>

こんばんは!?
今年もあと少しで終わり、また新しい年がやってきますね。
こちらは雪が舞っています。
阿蘇の方は、もう積もっているのではないでしょうか?

KB1976さんのブログでは、野菜の事はもちろんですが、温かい記事の内容に、随分と和ませて頂きました。
また来年も、懲りずにお邪魔させて下さいね(^^)
お体に気をつけて、良いお年をお迎え下さいね。

2007年12月31日 トマコ URL 編集












管理者にだけ公開する