体が動く!

マーフィーの法則というものが、一昔前にはやりました。
しばらくの間はブログの更新を控えよう、と思った矢先に「お伝えしたいこと」が現れてしまいます。

「人生とは、何かを計画したときに起こる別の出来事である」
とは、写真家星野道夫氏の本で紹介されている言葉です。同感です。

=====================

さてやはり今年も暖冬のようです。

12月は寒い日が続きましたが、正月を過ぎてからは、なんだかずっと暖かいです。

今日も、日中の気温が13度位にまで上がりました。

ラジオでも盛んに、「3月下旬の気温」と言っていました。

さすがにこのまま暖かいままという訳にはいかないでしょうが、なんとなく暖冬の気配が濃くなってきました。

あまりに暖かいのも気持ちが悪いですが、嬉しくもあります。

明らかに、暖かいほうが体が動きます。12月は、シーズンオフと称してのんびりしていました。おかげで体も楽になり、働く気力がまたもりもりと出てきました。

そんな折にこの陽気。久しぶりに、バンバンと体が動いて、かなり気持ちがよかったです。働くことが喜びであるというのは、幸せなことですね。

今日は、落ち葉を集めました。土作りには欠かせない素材です。

ご近所さんに、落ち葉集めに絶好のクヌギ林を紹介してもらいました。

1010otibaatume.jpg


どんどん詰め込んで、運びます。

0110otibahausu.jpg


林の落ち葉の下では、冬を越しているムシ達の姿。

モリチャバネゴキブリの終齢幼虫です。ゴキブリ嫌いな方(殆どの方ですね、笑)ごめんなさーい。

1010motityabane.jpg


家の中にいるチャバネゴキブリの親戚筋です。でも彼らは屋内ではなく、森の中に生息します。森の生態系に欠かせない一員です。

ちなみにこのクヌギ林ですが、隣は田んぼとヨシ原の川原、川向かいには雑木。夏にはおそらく昆虫天国でしょう。楽しみです。

畑では、ヤーコンの収穫。

1010ya-kon.jpg


春先に、痩せた畑に、あまり肥料もいれないままに植え付けたら、やはり散々な結果でした。冬の、野菜の種類が減ってくる時期にセットに入れられるので、来年以降はしっかりと作っていきたいものです。



スポンサーサイト

2008年01月10日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< ご報告 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 鳥的一日 >>












管理者にだけ公開する