ブッシュマンの詩

突然ですが、好きな詩を紹介いたします。



ブッシュマンの詩


日が昇るから目を覚ます

目を覚ますから腹が減る

腹が減るから狩りをする

狩りをするから飯食える

飯食えるから金いらない

金いらないから働かない

働かないから時間がある

時間があるから遊んでいる

遊んでいるから不満がない

不満がないから喧嘩がない

喧嘩がないから気分がいい

気分がいいから眠くなる

眠くなるから日が沈む

日が沈んだら後知らない

だからアフリカは平和です

だから僕らはブッシュマン



理想です。

理想は理想であり、現実とは違います。

でも、理想を持たない限りは、現実に飲まれてしまいます。

折り合い点を探る努力の第一歩は、理想を持つことから始まります。

折り合い点をつけようと考え続けること、動き続けることが大切なことであり、

どのような手段をとるか、どのような結果になるかは、

文字通りに結果にすぎないと、思っています。

スポンサーサイト

2008年03月05日 ことば トラックバック:0 コメント:2

<< イカル | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 気持ちの余裕 >>

いい詩ですね。
ぼくは単純な考え方の中に深い精神性を感じるほうです。ほんとうに実際の生活は忙しいものですが、折り合いをつけながら動き続ける実際のKBちゃんはなかなか輝いています。
現実と理想を両肩に背負って張り切って行こう!

2008年03月06日 こーた URL 編集

ひさしぶり!
まさに、ブルキナファソの世界の詩だね。余裕があるよね。
暖かい場所は、あとは「平和」があれば詩のような生活が
成り立ちうると思います。

偉い学者さんたちが頭を絞って出した
「人間の9つのニーズ」ってのがあって、基本的に以下のことが満たされれば、満足なのではという考えです。
身体的ニーズ・愛・安全・理解・参画・自由・休息・創造・アイデンティティ
全部そろうのは難しいと思うけど、ブルキナは結構あったなあ。阿蘇にも都会よりある気がします。ではね

2008年03月07日 kage URL 編集












管理者にだけ公開する