モウシワケナイココロ

春本番ですね。

苗も、すくすく成長しています。

畑にまいた、人参や大根、小松菜なども順調です。

出荷がいったんお休みに入り、時間の余裕ができてきました。

こういうときこそ遠くに遊びに行く、というのも楽しいでしょう。

でも、苗の管理もあるし、お金の余裕もないので、足元の自然との付き合いや、身の回りのささやかな楽しみを見つける、というのが癖になってます。

それに、今月末にはヒヨコが80羽やってくるので、準備をすすめなくちゃなりません。種まきや植え付けも続いていきます。
やっぱりなんだかんだで忙しいです。

それでも、どことなく余裕が感じられるのは嬉しいです。1月2月に、前倒しでどんどん畑の準備をしておいた貯金といったところでしょうか。

「今日はこれを終わらせるぞー」と思って無意識のうちに段取りを頭の中で考えて、自然と朝早く目が覚める、という実によい傾向です。

ずっとこんな感じだといいのですが、農繁期にはやっぱり追われてしんどくなります(苦笑)

たまにでも、こんな状態が続くと、申し訳ないくらいによい気分になります。

この、「申し訳ない」という感覚は、大事にしたいと思っています。

自分より恵まれた環境にいる人をみて、うらやましく思う心。ではなく、

自分より恵まれない環境にいる人をみて、かわいそうに思う心。ではなく、、

『自分より恵まれない環境にいる人をみて、申し訳なく思う心』。

神谷美恵子さんが、著書の中でよく用いた言葉です。

申し訳なくなる、ココロ。

また脱線ですね、いかんいかん(笑)



ヒヨコは、最初の3、4週間は家の部屋の中で飼うことにしました。本当は外に、獣や(我が家の)猫が入ってこれないようなぴちっとした小屋でもほしいのですが、時間がないので今回は台所の横の部屋にて共生生活です。ここなら獣もレオもはいってこれないので気楽です。

温度を保ってあげるためのヒヨコの箱です。あとは、籾殻を床にどさっと敷き詰めれば完成。
給水器は、キムチ瓶とペットボトルでのお手製です(笑)

080313育雛箱


中はこんな感じです。コタツに、温熱電球、灯り電球に、ガラス天窓。超デラックスです。

080313中から


総工費0円です。感謝です!

昼の仕事が終わり、暗くなってから、「明日にすればいいじゃないか」という理性を無視して、衝動を抑えきれずに物置部屋のリフォーム開始。やりだしたらとまりません(笑)

080313リフォーム


今日は古くなった天井ボードはがしまで。ああ早く仕上げたい。

こんな感じの一日でした。モウシワケナイくらい平和です。

だからこそ・・・、


晴れの日に、忘れないようにしたいこと。

いつまでも晴れているわけがないということ。
雨がなければ、草木は育たないということ。


雨の日に、忘れないようにしたいこと。

やまない雨は、ないということ。
雨上がりの、空の、青さ。

また蛇足でした!







スポンサーサイト

2008年03月13日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:2

<< てんこもり | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ささいな喜び >>

うわぁ~!ほんとに超デラックス・ひよこルームですね。すごいすごい。
80羽ってすごい数…
我が家にも5月には13羽のニワトリが仲間入りして、全部で17羽の雌鶏(+役立たず雄鶏が1羽)になります。新しいニワトリはまだ成鶏ではないけれど、1ヶ月ほどすると卵を産むようになります。
ひよこだと、この寒い北の大地で育てられる自信がないなぁ。。。かばやんのひよこ達、楽しみです。無事に大きくなってくれますように!

2008年03月19日 佐奈枝 URL 編集

確かに北海道だと、生き物を飼うのにも大変な防寒対策の努力がいるんだろうね。
ひよこの近況もupしていきますね。
そして、はやく豚が飼えるように環境をととのえていきたいものです。あと、最近は馬を飼いたいなあ、と野望が沸いてきています。馬で旅がしたい!
30年後は、再び馬の時代が来ることを思いつつ、さしより今は軽トラフル活用の我が身です。まあでも、まずは「思う」ことからだよね。思わないと、何も始まらないものですね。

2008年03月20日 佐奈枝ちゃんへ←KB URL 編集












管理者にだけ公開する