ひよこ移動

4月11日(金)

暖かな春の一日でした。

ヒヨコを、雛小屋に移動しました。

080411ヒヨコ


朝のうちに移動して、新しい環境になれてもらうようにします。

それでも、夕暮れ時には、闇が怖くてピーピーとすごい声で鳴きました。

ご近所さんからクレームがこないかと、ちょっとどきどき。

2,3日すると慣れてくるとは思うのですが、さすがに初日はうるさいほどの声です。

闇だけでなく、なにかしらびっくりすると集団で角っこに固まってしまうので、圧死したりすることもあり

ます。なので、角っこの藁は、圧死防止のクッションです。


近所で鶏を飼っている方もちらほらといますが、皆せいぜい5,6羽程度。

80羽という数は、何万羽も飼う企業養鶏とくらべれば、ままごとみたいな規模です。

でも、ご近所さん方の庭先養鶏と比べれば、多いです。

みなさん、「はー、80か。そりゃおおごつたい」といいます。

よく、雄鶏がうるさいとか、臭いがするとかいうクレームが、鶏を飼う人にはきます。

特に、よそから移住してきて新規に鶏を飼い始める人には。

今のところ、近所の皆さんは好意的です。

「ひよこかわいかね」

「イタチにたぶられんごと、しっかりと小屋ばつくらんといかんたい」

というようなお言葉ばかり。

ありがたいことです。


人生、「いきあたりばったり」ではなく、

「いきあたりばっちり」でいけたらなあ、と思っています。

なんとなく、そんな臭いがただよいつつある我が家です(笑)

でも、油断しているとなにかしら事件がおこるんでしょうね。

まあ、それもまた、いや、それこそが楽しみではあります(笑)


そんなこんなで、今のところは順調なひよこ達です。

スポンサーサイト

2008年04月11日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

<< ミズキ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | >>












管理者にだけ公開する