春の景色

4月19日(土)

若葉の季節です。

農家にとっては、農繁期。

でも、どんなに忙しくても、毎月参加している探鳥会には参加です。

同じ場所に、月に一回でもいいから、通い続けて季節の変化を見続けることが何よりも

大切だなあ、と感じます。

根子岳が綺麗でした。

080419根子岳


夏鳥が熱帯雨林の森から繁殖のために日本へ渡ってきました。

緑が深まれば、葉っぱの茂みの中にいる彼らの姿をみることは難しいのですが、

今のこの時期は、まさに見ごろ!

オオルリの♂です。

オオルリ_2

オオルリ_1


 (写真提供:よしおさん。ありがとー)

毛虫を見つけて、くわえた後にもすぐには食べずに、何回も枝に打ちつけ、こすりつけていました。

食べやすくしてメスにプレゼントするのかなあ、などと皆でいいあっていたら、

パクンっと自分で食べました。

どんな意味があってそうするでしょうか。

知れば知るほど。分からないことがどんどん増えていきます。

サクラソウ。希少種です。

080419サクラソウ


ハナイカダの若葉。葉っぱの真ん中のぽっちはつぼみです。葉っぱの上に、花を咲かせます。

080419ハナイカダ


ヒトリシズカ。

080419ヒトリシズカ


フクジュソウ。

080419フクジュソウ


虫の視点で、雑木林の春。

080419虫の目から雑木林


シロダモの若葉。金色の産毛がなんともいえません。

080420シロダモ




思いつきで、山菜てんぷらパーティーを決行しました。

食材をさがしにいった白川の眺め。

080419白川


たらの芽、こごみ、たんぽぽ、たけのこ、ハナイカダ、ネギボウズ、ヨモギ、フキ。

080419てんぷら


ごちそうさまでした。

忙しい時期にこそ、無理やりにでもメリハリをつけて遊ぶ時間を捻出する。

衝動的に「てんぷらしたい!」と思い立ち、食材が集まり、ひとも集まる。

なかなか素敵です。感謝!

スポンサーサイト

2008年04月20日 草花 トラックバック:0 コメント:0

<< マルチ張り | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 祝婚歌 >>












管理者にだけ公開する