にぎやか

6月5日(木)

さてさて、いよいよ梅雨です。

阿蘇では、日曜から本降りとなりそうです。そしたら、畑に入れない日が続くと思うので、
しばし夏の農繁期に向けてちょっとした休息といった感じです。

それまであともうひとふんばりです。

昨日自家用田んぼの田植えも終わり、一安心。
今日は、除草と、夏野菜の剪定。サツマイモを植えるために畑の準備。

晴れるのは土曜日まで。明日、明後日中にいろいろ終わらせるぞー。



昨日の田植え。

手伝ってくれたみんな、ありがとー。

080604田植え


田んぼは、米を生産する場所だけではなく、生き物たちの住む場所でも
あります。

シマゲンゴロウ。

0


ご近所Hさんの田んぼにいた、すっぽん。

080603すっぽん1


田んぼの水は温かいので、川から上がってきたのだろう、とのこと。

080606すっぽん3


080603すっぽん2縮小


すっぽん鍋を想像して大喜びしていたのですが・・・、

調べてみると、野生のすっぽんは100年くらい生きるものもいるそうです。

するとこいつはひょっとしたら40歳位か?俺より年上か?

などと想像するととても食べる気がなくなっちゃいました。

家の隣のコンクリート張りの川の法面。

080605渋谷川の法面


テイカカズラと、

080605テイカカズラ


スイカズラが、

080605スイカズラ


咲き始めました。

スイカズラは、吸い蔓、ということで、昔はその蜜を砂糖代わりとしていたそうです。


手が回らずにほったらかしになっていたナス。

080605ナス


畑に地力がないので、どっさり堆肥をいれました。

堆肥がききすぎて、すごい勢いでおおきくなっています。
これからきつめに剪定していけば、まあなんとかなるかな、と思っています。

ナスの株もとにいた、ヤマイモハムシ。

080605ヤマイモハムシ


その名のとおり、山芋につく虫ですが、気まぐれにナスにきたようです。

ヤマイモにはヤマイモハムシ、ウリにはウリハムシ、桑にはクワハムシ、イチゴにはイチゴハムシ。

その棲み分け、多様性、前ばねの光沢。
いつも、ハムシには惚れ惚れしてしまいます。

ご近所さんから頂いた、ウドの地下茎。大きさが分かりにくいですが、30センチ
くらいあります。ウドの大木、のウドです。大木、とありますが、木ではなく草です。

080605ウド


ちょこっと芽がでています。
確かに地下にこんなに栄養を蓄えていれば、どんなところでももろもりと
大きくなるのも納得ですね。

さて、どこに植えつけようかな。来春には新芽を楽しめます。

忙しいけど、生きもので賑やかな今の季節は、いいものですね。

スポンサーサイト

2008年06月05日 昆虫 トラックバック:0 コメント:1

<< 今週のお野菜 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 今週のお野菜 >>

生き物がいっぱいいる田んぼですね。
田んぼにスッポンが入ることがあるとは知りませんでした。

2008年06月09日 ささどん URL 編集












管理者にだけ公開する