あさっぱらから

7月3日(木)

朝っぱらから書き込みです。
書きたいという衝動は抑えられません!

今朝は快晴です。 
夕方からまた降るようです。

どうも最近、いろんなことがとにかくめんどくさく感じ、ネガティブな発想がでてきて、
だましだまし働いているなあ、という感じでした。

弱気になると、とことん弱気になってしまいます。

そういう時は、過去のいやなことばかり思い出してしまいます。
いやーな感じの何かが体を縛るようです。

でもね、

今がすばらしい、充実している、「思い」や「夢」でいっぱい。
そして、目の前の、実現可能な具体的なことに意識を集中させている、
という状態なら、過去はすべて、今のためにあのときがあったんだ、と感じられます。


今がうまくいってないとき、そう、目の前のことに集中できないで、
今考えてもしょうがないような、遠くの漠然とした未来のことを考えて
いるような状況なら、
あの時の過去のせいで、今こうなってるんだ、と感じてしまいます。


気が付きました。

目の前の忙しさに、負けちゃいかん。

今は、こういう時期、と割り切って、ふんばらないかん時期ってのは、ある。

踏ん張っているうちに、淡淡とやれることをやっているうちに、

きっと、何か新しいものが見えてくるはず。そしたら、また次の段階に足を

踏み出せばいい。

その時まで、何かに期待するわけでもなく、ただ、静かなココロで

「待って」みようと思います。



心を亡くす、と書いて忙しい、です。

あまり無理をしちゃいかん。
ココロはなくしちゃいかん。

そして、目の前の小さな忙しさにとらわれて、大きな大きな思いや願いから
目をそらすようになっちゃ、もっといかん。

と同時に、ほっとくつろぐ時間や、穏やかな時間、リラックス時間はかならず
守らなくちゃね。
「ああ本当に今日は幸せだ」と思える時間が、毎日1分ずつでもあればいいですね。
「ああ明日の朝起きるのが本当に楽しみで楽しみでしょうがない」というような夜が
ひと月に一回でもあればいいですね。

いま、ここで、今の自分が、生きているということに感謝できなければ、
おそらく将来のシアワセなどないのだろう、と思います。

さてさて、踏ん張りどころの時こそ、いのちの根っこが、ごりごりごりごりと
音を立てて、太く太く伸びているはず。(ちょっとみつを風ですね・笑)

なので、目の前の忙しさにはまけません!
負けるかもしれないけど、少なくとも、あきらめません!


でも、そろそろ一回きちんとした息抜きお出かけでもしないと集中力が
切れそう(笑)
さてさて、どこにいこうかな。うきうき。
海か、山か。


毎日毎日をしっかり生きていけたらいいですね。

その結果として、「ジンセイ行き当たりばっちり」になれたら、いいですね。

うーん、なんだかちょっと重い文章となりましたね。
まっ、いっか。



スポンサーサイト

2008年07月03日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:4

<< 梅雨明け | 南の大地より  椛島農園日記TOP | いきものたくさん >>

かばちゃん、こんにちは。

「山へ行け。憂鬱も全てザックにつめて」

なんて言葉を先輩クライマーからもらいました。
気分転換は大事。

・人間万事塞翁が馬
・人生起こったことに悪いことはない
・試練を乗り越えられない人に試練は与えられない
・走らず止まらず


なんてことをいつも思います。
僕を支えてくれる言葉集でした。


2008年07月04日 山屋の独り言。 URL 編集

ろく「自分は好きで農業やってるんですけど、どうしてもやる気が出ないときもあって、そんな時でも目の前にやらなくちゃいけない事があったりして。そんな事ありますか?そんな時、先生はどうしてますか?」
TAKAミ先生「そんな時、僕は寝ます。講演の前にどうしてもやる気が起きないときとかあって、そんなときは5分でも大の字になって寝ます。」
あんなパワフルな人も気持ちが乗らないときがあるそうです。

2008年07月04日 ろく URL 編集

今日は自分とこで返信。

そうだよねえ、みんないっしょだよね。たかみ先生でもそんなときあるんだなあ。

最低限のことだけやって、ちょっと一息つきます。

慢心かもしれないけど(笑)自分に課していた「最低限」のハードルの高さがほんのちょっとだけ高すぎたのかも。

いろいろ難しいね。

だから面白い。

ろくさんありがと。

2008年07月05日 ろくさんへ←KB@南阿蘇 URL 編集

生きるねっこさんのリンクから来ました。写真にも文章にも、いつも励まされています。これからもいっぱい書いてください。

2008年07月06日 y URL 編集












管理者にだけ公開する