手が回らん

7月27日(日)

毎日暑いです。

畑の様子です。

途中まで順調だったカボチャですが、元気がないです。

080726カボチャ

6月の終わりの豪雨で病気がはいったようです。葉っぱが黄色くなって枯れ始めました。
8月に入って収穫期になるまで、葉っぱが持ちこたえてくれれば、
実は熟して何の問題もないのですが・・・。
どのみちかれるにはかれるのですが、ちょっと早いです。

080726カボチャわれた

まだ熟してきれていない実が猛烈な日光を浴びて、悲惨なことに・・。

大慌てでとりあえず草で日よけしました。

今のところ、全体の2割くらいの被害です。

もっとはやく気が付けばよかった。
でも、とりあえず気が付いてよかった。
まあ、しょうがないしょうがない。
なんでもかんでも完璧にこなすのは、カラダひとつでは無理ですなあ。

大豆も、草だらけ。

080726大豆

人参も、芽が出ました。
でも、さっそく草だらけ。

080726人参

手前がうちの畑です。夜峰山がきれいです。

080727上畑

左から、ねぎ、ゴーヤとキューリのネット、草だらけの畦(笑)、トマトハウス。

080727上畑2

ゴーヤの回廊がきもちいいです。

080727ゴーヤ

秋に向けての種まきが本格化してきました。
キャベツやブロッコリ、レタスなどの苗です。

080727苗


さてさて、とにかく畑は草だらけ。

まったくもって「手が回って」いません(笑)

ま、しょうがないしょうがない。

あせらず、ゆっくりと、歩んでいくことにします。



えー、唐突ですが(苦笑)例によって唐突ですが今日の言葉。

「本当は、生きることは次の世代への「つなぎ」でしかないのに、そこに意味を
見出そうとするから、人はもがき、苦しみ、悩む。深く考えないでいい。
今を、一生懸命生きよう」  

大分に、野生のサルの群れで有名な高崎山自然動物園という公園があります。
そこに長年お勤めになり、サルの観察をつづけてきた河野光治さんの言葉です。
昔の新聞記事の言葉が手元にあったのをたまたま発見しました。

一生懸命生きる、ということと、肩の力を抜く、ということの
両立がなかなか難しいなあ、と感じる今日この頃です。

まあ、難しいことほど面白いです。
やれることをやっていきましょう。


冬に時間をみつけて、高崎山&別府の温泉にいこうかな。

例によって、またささやかな楽しみが増えました(笑)
 

スポンサーサイト

2008年07月27日 田畑 トラックバック:0 コメント:2

<< 今週のお野菜 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 最近みかけた生きものたち >>

日射病にならんように、がんばって~。
夜峰の写真いいな~。

2008年08月03日 soh URL 編集

夜峰はなかなか奥が深いです。
日射病ならんようにぼちぼちがんばります
。ありがとうございます。

2008年08月05日 sohさんへ←KB@南阿蘇 URL 編集












管理者にだけ公開する