畑の様子

9月14日(日)

どうやら台風が東に進路を変えて、日本の南岸沿いを通りそうですね。

いくらなんでも、このまま台風が来ない、というわけにはいかないようです。
まあ、当然といえば当然。予定通りといえば予定通り。

池澤夏樹さんの小説に、「すばらしい新世界」という作品があります。
自然と人の関係、科学と感性。いろんなことに、「中庸」を感じさせる、
こころがほっとする物語です。

主人公は、風力発電のエンジニアです。彼が、妻と子供にいいます。
「台風が来た。台風の風にふかれに、沖縄に行こう」

こんな感じの冒頭だったような気がします(うろ覚えだけど)
印象的なシーンです。

畑やハウス、田んぼ、鶏、家の雨漏りなどは気になりますが、
開き直って風に吹かれてみるのもいいかもしれませんなあ。

秋の畑がにぎやかになってきました。

080914としお畑

左から、ねぎ、山芋、人参、キャベツ、ブロッコリ、コールラビ、ダイコン、
カブ、小松菜、白菜。

そして、今日まいた玉ねぎ。

去年より、1週間遅らせての種まきです。
株間も、狭くしました。

去年は、苗を大きくしすぎて、結果的にとうだちばかりになったので、
今年はもう一工夫、というわけです。
うまくいくかどうか、ドキドキです。

1回目のサラダ菜やリーフレタスは、いい感じです。

080914サラダ菜とリーフレタス

と思っていたのですが、種まきが早すぎたみたいです。
とうがたってきました。苦くて、商品にするには、ぎりぎりの状態です・・・。
2回目にまいたものは、まあ大丈夫でしょう。
これまた試行錯誤ですね。

去年とくらべて、うちの畑では、今年はどうも虫が多いです。
なかなかひどいです。

ネットの中の小松菜を食べたくてうろうろしているダイコンサルハムシ。

080914ダイコンサルハムシ

カメムシと、ダイコンサルハムシに食べられた早生白菜。

080914早生白菜

いろいろと原因は考えられますが、一言で言うと、
「土が出来てない」のでしょうね。

土の中の養分のバランスに偏りがあるのだと思います。
土作りには、時間がかかりますなあ。

気長にいくことにします。

スポンサーサイト

2008年09月14日 田畑 トラックバック:0 コメント:1

<< 今週のお野菜 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 9月11日 >>

台風が近づいて来ましたね。
それてくれると良いんですけど・・。

我々人間他生物は、生きていく中で自然と上手く共存していかないといけないんですよね

自然を受け入れることで沢山の感謝が生まれると思います。

大事なことですね。

2008年09月16日 はっしー URL 編集












管理者にだけ公開する