12月27日(土)

今日は、冬晴れの一日でした。

お昼に近くの友人の新宅の棟上式に行きました。

081227棟上

大工さんの腕に、ふゎーっと、感心しきりでした。




たまたまみつけた詩。


友達  ビートたけし

困った時、助けてくれたり
自分の事のように心配して
相談に乗ってくれる
そんな友人が欲しい
馬鹿野郎、
友達が欲しかったら
困った時助けてやり
相談に乗り
心配してやる事だ
そして相手に何も期待しない事
それが友人を作る秘訣だ

祥伝社  ビートたけし詩集  「僕は馬鹿になった。」




よっしゃ、ついでにもういっちょ(笑)


馬   拙詩


どこかの国ではまだ
当たり前なように
馬と一緒に
畑をすいたり
田んぼを起こしたり
できたらなあ。
そんな日はござを敷き
草をはむ馬の横で
おにぎりをほおばると
きっとおいしいんだろうね。

ほんの少し前には
当たり前だったように
馬にまたがって
好きな人に会いにいったり
家族で巡礼の旅に出たり
できたらいいね。
そんな夜は火を囲み
星を眺めながら
語り明かせたら
素敵だね。

みんなの時間が
ゆったりとゆったりと
流れていくと
いいなあ。

スポンサーサイト

2008年12月27日 ことば トラックバック:0 コメント:0

<< 謹賀新年 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | はかどらないので・・・ >>












管理者にだけ公開する