自問自答

1月22日(木)

なま暖かい雨が降り続いた一日でした。
なんだか変な感じ。大寒なのに。

でも、雨が上がればまた寒くなるみたいです。

出荷準備の光景。
きちんとした出荷作業スペースを作っておらず、縁側でやってます(笑)

090122出荷準備

サツマイモ。

090119.jpg

寒さに弱いので、深く穴を掘って土中に埋めています。ひとコンテナずつほりあげて、出荷しています。保存に必要な温度はばっちりなようですが、湿度が高すぎるのか、かなり芽が伸びてます。
伸びすぎ!(笑)

芽を掻いて味見をしたら、まあ問題なしでした。
でも、一度全部チェックして、もうすこし丁寧に雨よけしなおしたほうがよさそうです。なにせサツマイモは春まで保存がきくありがたい存在。ないがしろにはできません。

最近、変な物欲が湧いてきて、買い物マニアと化しています(笑)

ちりとてちんDVD-BOX(1/3巻のみ。全部は高くて買えないのでとりあえず)
圧力鍋(安いもの。念願の玄米生活スタート)
20kgはかり(オークションでget!これで収穫や餌混ぜが楽になりました)

そして、、、

090122ファーブル

顕微鏡も買ってしまいました(笑)
ニコンのファーブルという商品。逸品です。屋外でも使えます。プレパラートも要りません。畑で気になる虫も、さっと気軽に見ることができます。20倍という程よい倍率。
どうせ農繁期には遠くにでかけるということもなかなか出来ません。だったら、遠くのものではなく、本当に足元のものをどれだけ深く見ることができるのか、という発想で楽しもうと思ってます。

ためしに、もちに生えてしまったカビとか(笑)越冬中の蝶々の蛹とか、自分の指とかを見て、「ホォー」と思わずひとりでつぶやいてしまいました(笑)




1月は、友人知人に会いにいったり、本を読んだりすることに多くの時間を使っています。そういう時間の中で、いい刺激をうけたり、楽しいアイデアが浮かんできます。そして、夏の農繁期をなんとか乗り切ることができるのかな、と感じています。とてもとても、大切な時間です。

でも、そろそろ春夏野菜の準備の時期です。
最初の種まきまであとわずか。2月の頭には、レタスやブロッコリの播種の予定です。それまでに、温床をつくらないと・・・。そして、お恥ずかしいことに、去年の夏野菜の畑の片付けもまだ終わっておらず、かるーくあせってきました。はやいとこ片付けて、堆肥をまいて、耕さないと。ぼかし肥の仕込やら、玉ねぎの追肥。あっ、田んぼも耕しとかないと。確定申告も近いなあ。
とまあ、なんだかんだで慌ただしいです。

今の時期にやるべきことをやっておかないと、あとから響いてきます。収量も落ちます。
でも、一番時間に余裕のある今の時期くらいは、心身のリフレッシュをしないと、あとが持たないというのも確かなこと。ガンガン働いてもいいけど、「敢えて」まだあと少しはゆったりとしようと思います。

でも、押さえなくちゃいかんところは押さえる。何事も中庸、バランス。そのあたりの勘所が、毎日毎日自問自答の繰り返しで、とても面白いです。これが自営業の醍醐味なんだろうなあ、と感じる今日この頃です。

スポンサーサイト

2009年01月22日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 自己満足 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | レオさんとエナガ >>












管理者にだけ公開する