綾の照葉樹林

4月23日(木)

ショック!

またいつものように、テンションがあがり、のりのりで(笑)長い文章を書いていました。なのに・・・、ちょっとしたミスで消してしまったぁ。。。

消えた文章のテーマは、「森」についてでした。

書き直すのはちょっとしんどいので、またいつかの機会にします。ハァ(ため息)。


なぜ、「森」なのかというと、先日、宮崎県の、綾町に行ってたからです。

綾町は、「照葉樹林」「有機農業」「ものづくり」などで有名な町です。

照葉樹とは、常緑広葉樹ともいいます。クスノキ、タブ、カシなどのように、一年中緑の葉っぱをつけている木です。綾町には、日本でも最大級の、照葉樹林の森があります。照葉樹林には、モミジやブナなどの落葉広葉樹林のような紅葉の美しさはないですが、新緑には独特な美しさがります。なので、農繁期にもかかわらず、あまりに行きたかったので、けっこう無理やり(笑)新緑&自然観察ツアー決行です。

文が消えたショックがひどいので、説明ほとんどなしにて。しかも同じような写真ばかりで恐縮です(笑)



吊り橋。

090422橋を下から縮小

こんな感じ。

090422橋をわたる縮小

あちこち花が乱舞です。照葉樹は、名前の同定が難しい・・・。

090422橋から2縮小

090422橋から縮小

090422下の橋から縮小

イチイガシ。

090422イチイガシ大木縮小

タツナミソウ。

090422タツナミソウ

シーボルトミミズ。でかい・・・。触ったら、5センチくらい跳び上がりました。

090422シーボルトミミズ縮小

090422シーボルトミミズ拡大縮小

ニホントカゲ。

090422ニホントカゲ

ギンリョウソウ。

090422ギンリョウソウ


その他、写真は撮れませんでしたが、オオルリや、イシガケチョウなどに遭遇。満足でした。

そして、こういうことをやっていていつも感じること。「どこそこ行こうよ」と言って「よし行こう」といってくれる友達の存在のありがたさ。独りで歩いていてはなかなか気付かなかったり、名前すら分からないものでも、いろいろなことを教えてもらえるというのは、本当に嬉しいことです。

新しいものに出逢える喜びや、より深く観るための気付き。その楽しさを感じると、ヒトというものはついつい「教えたがり」になるものです。5年くらい前に自然観察に目覚めた時、観察会などで出逢う皆さんがとにかく全員何でも親切に教えてくれることにびっくりしましたが、その気持ちが最近ちょっとだけ分かってきました。ちょっとずつ、ちょっとずつ、自分のペースでの積み重ねというものは、素晴しいものです。

それにしても、長い文が消えると、ショックだなあ。
んっ、くどい!?
すみませんです(笑)

スポンサーサイト

2009年04月23日 風景 トラックバック:0 コメント:2

<< いろいろ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 一歩 >>

こんにちは。お久しぶりです。
長文消えたの?私もメールで経験あり・・・がくーーーっときてしまいますよね・・・
泣かないで~

緑がいっぱいの写真で、見ていて心地良いです。あと、ギンリョウソウは初めて見ました!ゲゲゲの鬼太郎に出てきそうな姿をしてますね。体が半透明で目が付いているようにも見えて。驚きました。

夫は、安曇野でセルフビルドスタッフやってます。今週末戻ります。知り合いの輪、広がってます。

2009年04月24日 静岡夫婦 URL 編集

こんにちは。お元気そうで何よりです。

最近僕も思うのは、なにはさておき人とのご縁は本当に大切だなあ、と感じています。そのためのヒントも、自分の中にあるんだろうなあ、とも感じております。

セルフビルドの勉強、いいですね。大工仕事も、「百姓」の仕事のひとつですしね。充実の日々でありますように。

2009年04月29日 静岡夫婦さんへ←椛島農園 URL 編集












管理者にだけ公開する